雨の最初の一滴

エピソード文字数 217文字

 雨の最初の一滴が
 唇に優しく触れた
 それから
 ぽつぽつぽつ
 ざあざあざあ
 人間の生まれた数と同じほどに降りそそぐ雨滴(うてき)
 でもずぶ濡れのぼくが求めるのは
 死にたくなるほどに恋い焦がれているのは
 初めて触れたあの(しずく)だけ
 この世の終わりまで雨が降り続いても
 代わりなんて存在しない
 雨の最初の一滴は
 どこへまぎれてしまったのだろう
 どうして触れてくれたのだろう
 どうして消えてしまったのだろう
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み