幽霊のようなきみの涙

エピソード文字数 732文字

 泣いている
 きみは泣いている
 きみの涙は誰にも見えない
 そればかりかむしろ
 なぜそんなにも無感動なのかと
 人に会うごとに言われる始末
 けれどもきみは泣いている
 そうしてきみは
 みんなが泣いているそのときに
 誰の涙も信じられなくて
 人の非難する仏頂面のまま
 人々の涙の裏側にある
 背筋の凍るような残酷さに怯えている

 なるほどたしかに
 あなたたちは泣いている
 それならばなぜ
 あなたたちは自らの足が踏みにじっている者に気づかないのか
 誰からも涙を注がれない
 あまりにも稀薄な弱者たちを無視するのか
 きみは声なき声をあげる
 きみの涙のように伝わらない声で
 そうしてきみの足下にも
 きみがどれだけそれを望まなくとも
 きみがどれだけそのことで狂いそうになっても
 きみの足下にも
 踏みにじられた弱者たちの影
 無言で見上げるかそけき眼差し

 もしきみが
 優しすぎるあまりにこころの破れた
 きみの友達の(てつ)を踏まずにいようとするならば
 落涙の報いを期待するな
 他者からの励ましを期待するな
 もしきみが
 優しすぎるあまりにこころの破れた
 きみの友達を忘れたくないならば
 見えない涙をこぼすことをやめるな
 魂を賭けた正義を捨て去るな

 決して歪んだ涙を流すな
 決して歪んだ正義を振りかざすな
 歪みきったそれらは
 人を傷つけても(てん)として恥じない
 そうしてこころに誓ってもなお
 自分が歪んでしまったことに気づいたとしたら
 そのときは足下の彼らを思い出せ
 彼らの眼に宿る光を思い出せ

 幽霊でさえ
 誰かが見つけてくれることもある
 きみの涙も
 きっとどこかで見守られているはずだ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック