エピソード文字数 146文字

 カーテンをきちんと閉めたはずなのに
 必ずほんの少し開いている
 その隙間から
 眼

 図書館で本棚のあいだを歩いていると
 必ず本が抜かれて穴がある
 その隙間から
 眼

 鏡に自分の顔を近づけて見てみると
 必ず瞳に自分の顔が映っている
 鏡のなかの鏡に映った
 無限につづく
 眼
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック