言葉の涙

エピソード文字数 194文字

 言葉が泣いている
 意志も感情も伝えきれない
 自分のいたらなさを恥じて
 言葉が泣いている

 詩は
 言葉の涙を忘れない
 慰めることはかなわないが
 言葉の泣き顔をみつめている

 なぜわたしはこんなにも
 不恰好なのだろう
 わたしの失敗で多くの人たちが
 すれ違い争い傷ついていく

 言葉よ
 泣きながらでもかまわないから
 どうか笑ってくれ
 あなたの笑顔こそ詩なのだから
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み