生存凝視

エピソード文字数 238文字

 凝視しよう 生を とりわけて無意味な生を
 視線で鱗を剥落させよう 慣習と惰性による生存の表皮をこそげとろう 繊維のように細い骨格だけを見出だそう そこに生存の理由の本然があるかといえば きっとない 本能による欲求くらいしかたぶん見つからない
 それでも飾りを一掃するのは こころ躍る自浄的自傷行為だ 生存を細く細く限定する どんなふうにも生きられる という幻想を指先ですりつぶすのは 鉛筆の先を削るような作業的快楽がある
 凝視しよう 生を とりわけて死に近い無意味な生を
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み