沈丁花と不死鳥

エピソード文字数 503文字

 沈丁花(じんちょうげ)のようなきみの苦しみ
 不死鳥のようなぼくの希死念慮(きしねんりょ)
 幸福を感じたことがないときみは言っていたけど
 幸福をたびたび感じたことのあるぼくも
 死にたさは一緒だと思っていた
 でもきみの死にたさと
 ぼくの希死念慮は
 同じようで違うものだったんだね
 死ねばみんな塵だけど
 死にたがる内実は個別のものだ
 少しは重なるところがあっても
 結局は他人でしかなかったんだね
 そんな当たり前の事実に
 やっと気づけたよ
 沈丁花のようなきみの苦しみ
 不死鳥のようなぼくの希死念慮
 まあなにはともあれ
 ふたりは病的な死にたがり
 きみが死ぬのは耐えがたいなあと
 ぼくは勝手に思ってしまうけど
 そんなのきみを苦しめるだけ
 きみを苦しめるくらいなら死んだほうがマシだけど
 もともと死にたがっているから
 死ぬのがきみのためだか自分のためだかわからない
 まあなにはともあれ
 まあなにはともあれ
 ぼくより先に死なないでほしいよ
 これから二度と会わないとしても
 どこかで生きて笑っていてほしいよ
 沈丁花のように死にたがるきみ
 不死鳥のようなぼくの懇願
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み