遺された歌を聴きながら

エピソード文字数 335文字

 夭折(ようせつ)した歌い手の年齢を
 ついに追いこしてしまった
 十代の頃に憧れた
 才能ゆたかな音楽家

 彼の声と
 つむがれる言葉がとても好きで
 聴くたびにこころを揺らされた
 季節とつがいになった叙情に憧れた

 人は死に
 年は過ぎる
 そうしてどれだけ好きな歌にも
 倦んでしまうときは来る
 どれだけ好きだった人も
 忘れてしまうときは来る

 季節は移ろい
 なにもかもが忘れられていくが
 生きている限りは
 どんなことも思い出せる

 あおぎ見ていた人が死んで
 どれだけ年数が経っても
 歌は残る
 歌声のなかの彼は
 いまでもやはり年上だった
 いまでも気高い歌い手だった

 時は流れて
 季節はめぐり
 遺された歌にも
 四季はおとずれる
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み