浅い死

エピソード文字数 132文字

 朝おきるとわたしは死んでいる
 昼間は中有とでもいうべきモラトリアム
 夕方すこし息を吹き返す
 夜は朝とは違う死に沈む
 これがいまのわたしの毎日
 これは比喩だが比喩ではない
 これは嘘だが嘘ではない
 わたしの繰り返す浅い死は
 きっとだれもが経験している
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み