欠けた記憶

エピソード文字数 646文字

 いつ果てるともしれない
 子どものとめどないおしゃべり
 相槌をうつと
 反応が嬉しいのか
 なおも話の種は尽きない
 思いつくままに
 曲がりくねるままに
 時間も気にせず
 目的地も定めず
 ただひたすらに
 つたない言葉で語りつづけている
 ひたすらに

 いちばん古い記憶はどんな記憶かと
 たずねてみた
 母親と別れて
 泣いていた時だそうである
 それはとてもよくわかる答えだ
 ぼくはたしか幼少時
 もっとも古い記憶が三つあった
 二つの情景はいまでも思い出せる
 あとの一つは
 忘れてしまった
 いつかまた思い出せるだろうか
 死ぬまでに

 子どもはずっと無防備なまま
 なおもしゃべりつづけている
 不思議なくらいに懐いてくれているこの子どもが
 どんなふうにぼくを記憶するのか
 どんなふうにぼくを忘れるのか
 よくわからない
 ぼくはこの子どもをどんなふうに記憶するのか
 どんなふうに忘れるのか
 死ぬまでに

 欠けた記憶
 初源の記憶
 そんな大切なものさえ忘れてしまえるなら
 この世に忘れられない記憶なんて
 ぼくにはきっとないだろう
 あの人のことも
 死ぬまでに

 しゃべるだけしゃべった後に
 子どもは寝息を立て始めた
 どんな夢をみているのだろう
 夢のなかでも
 しゃべりつづけているのかもしれない
 ぼくは無言で起きたまま
 これまでに何度も反芻(はんすう)した
 記憶に刻まれた優しい声を
 忘れないうちにまた思い出していた
 死ぬまでに
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み