末っ子ぶち猫の歌

エピソード文字数 416文字

 ひとりぼっちの猫殺し
 猫の一家を一網打尽
 気まぐれ起こして末っ子逃がす
 猫の末っ子すたこらさっさ
 家族を残してすたこらさっさ
 末っ子名なしの痩せっぽち
 かわいさ皆無のガリガリぶち猫
 ゴミ箱あさって煙たがられ
 猫好き(おど)して煙たがられ
 ひとりぼっちで野を越え山越え
 人間嫌ってすたこらさっさ
 気づけば年月(としつき)過ぎ果てて
 末っ子故郷に舞い戻る
 ぶち猫すっかり性根が腐って
 まるでどこかの誰かさん
 裏路地こそこそ這いずりまわると
 あれなつかしや
 ひとりぼっちの猫殺し
 ぶち猫見つめて言うことにゃ
 おまえはおいらとそっくりだ
 誰とも群れず
 親しまず
 この世が嫌いでしかたない
 あのとき逃がして正解だった
 おいらと寝床で温もろう
 ぶち猫それ聞き大笑い
 いまや(かたき)は隙だらけ
 喉笛狙って噛みちぎる
 末っ子ぶち猫仇討(あだう)ち完了
 今日も今日とてひとりさまよう
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み