小さな灯り

エピソード文字数 152文字

 本を読んでいて
 ある一節を読んで
 あるいは
 音楽を聴いていて
 ある一節を聴いて
 あるいは
 過去をめくっていて
 ある記憶に触れて
 そんなときに
 たまらない気持ちになる
 胸に
 なにかがこみあげて

 その震え
 それだけが
 生を知らしめる灯台
 崩れそうな自分を支える
 小さな灯り
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み