コラボノベル作品詳細

【乱入自由】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

レアガチャ扱いですか……。全国的に無名なのはそのへんもあるんかもしれませんのう。あとは大和牛もありますが、ありゃあ高うてなかなか手が出ませんしな。むろん食うてみたら旨かったことは言うまでもないですが。

77|その他|連載中|48話|59,033文字

食レポ, 食通, グルメ, 食べ歩き, コント, 乱入, 美食

12,125 views

食通としても知られた、文豪・池波正太郎先生はその著書の中で「男の人生というものは、毎日確実に死に向かって歩むことだ。なればこそ今日という一日が大切。今日が最期の覚悟で、日々の酒を飲み、飯を食え」といわれています。
一方で、洒脱にも「てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでもあったように揚げるそばからかぶりつくようにして食べなきゃ」とも。

かくの如き、名言を残せるかはさておき、わしも食レポなるものを徒然なるままにしてみんと欲す。


というわけで、どなたでも「乱入自由」、天衣無縫の食レポが、いまここに──開演!

もくじ

登場人物紹介

今岡英二(天使)


最近「小説のキャラよりキャラが立っている」といわれる、同コラボノベルの作者。

無駄に行動力だけはある。

なお、この絵は作者がバンド活動をしていたとき、知り合いのイラストレーターが作成してくれたお気に入りの一枚。現在はバンド活動から離れ、体重が増加したため、ここまでかっこよくはない。


「上京して十数年経つが、広島弁が抜けりゃあせんのう(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、天使と対立しているわけでもない。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、近年カープが人気しすぎて、年一回の帰省でも現地で野球が見れないのが最近の悩み。


「ええんじゃ。昔の貧乏な頃のカープに比べりゃあのう。みんなが見に来てくれて、潤うようになったカープがありゃあ、それだけでええんじゃ……」とは作者のコメント。

今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなことまで知っているんだ」「ふつうそこまで知りませんよ」とキャラにつっこまれても、「勉強したけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。

ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。

武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。

石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


小説情報

【乱入自由】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

今岡英二  eijivocal23

執筆状況
連載中
エピソード
48話
種類
コラボノベル
ジャンル
その他
タグ
食レポ, 食通, グルメ, 食べ歩き, コント, 乱入, 美食
総文字数
59,033文字
公開日
2018年12月27日 00:30
最終更新日
2019年01月17日 00:54
応援コメント数
4

応援コメント一覧

奈良のラーメン食レポ立てしました!

帰宅して速攻で立てさせていただきました。期待しております!

誤字

平城宮跡でした。すみません

ラーメン屋の写真が撮れたので

今岡先生、もしお邪魔じゃなければ奈良のラーメン食レポ立ててもらってよろしいでしょうか? タイトルは 平常宮跡と薬師寺とスタミナラーメン でお願いします。

フォローしました!

返事が送れて申し訳ない。いまようやく帰宅いたしましたので、速攻でフォローいたしました。お手数をおかけしました。

作者プロフ

今岡英二  eijivocal23

過去出版時ペンネーム:今岡英二
過去の出版物:
「天下人の軍師〈上〉 ―黒田官兵衛、風の如く迅速に―」
「天下人の軍師〈下〉 ―黒田官兵衛、水の如く泰然と―」
(いずれもメディアワークス文庫<KADOKAWA>)
希望レーベル:講談社タイガ、講談社ラノベ文庫、Kラノベブックス、単行本、講談社ノベルス


1978年、広島県生まれ。日本史・中国史に造詣が深く、歴史ライターとして多くの著作物に執筆参加している。小説以外の主な執筆は「三國志11 武将FILE(単著/光栄)」「信長の野望・天道 武将FILE(共著/光栄)」「三国志占い(企画立案・共著/ぴあ)」「新渡戸『武士道』が本当によくわかる本(執筆参加/東邦出版)」など。

この作者の他の作品

小説

 中国四大奇書の中でも、「三国志」と並んで有名な古典・「水滸伝」。そこに登場する元梁山泊軍の頭目の一人・武松が、水滸伝の話後、杭州六和寺の寺男として妖怪退治をしていく物語。...

203|ホラー|完結|47話|111,583文字

2019年01月17日 01:22 更新

ライトノベル, バトル, 男主人公, 水滸伝, 中国, 歴史, ホラー, オリジナル作品, 妖怪, オカルト, 伝奇, 【リデビュー小説賞】

コラボ

食通としても知られた、文豪・池波正太郎先生はその著書の中で「男の人生というものは、毎日確実に死に向かって歩むことだ。なればこそ今日という一日が大切。今日が最期の覚悟で、日々の酒を飲み、飯を食え」といわれています。...

77|その他|連載中|48話|59,033文字

2019年01月17日 00:54 更新

食レポ, 食通, グルメ, 食べ歩き, コント, 乱入, 美食

小説

1893年11月29日、イギリスのロンドン、イースト・エンドと呼ばれる貧民街のホワイトチャペル地区にて女性の殺害事件が起きた。その遺体には、29箇所に及ぶ切り口があり、うち1つはずたずたに腹まで割かれていた大きなものまであっ...

176|ミステリー|完結|34話|87,421文字

2018年12月23日 14:22 更新

ライトノベル, キリスト教, 男主人公, サスペンス, 教会, 歴史, サイコパス, オリジナル作品, 推理小説, 【リデビュー小説賞】

小説

 天正十一(一五八三)年、秀吉と柴田勝家によって織田勢力を二分する大戦(おおいくさ)が行われた。世に言う「賤ヶ岳の戦い」であった。...

103|歴史|完結|13話|138,030文字

2018年12月15日 21:56 更新

ライトノベル, 歴史小説, 戦国時代, 小説, 時代小説, バトル, 歴史, オリジナル作品, 和風, 男主人公, 【リデビュー小説賞】

TOP