115話① 夏競馬なら「福島競馬場」

エピソード文字数 941文字

今週から夏競馬も始まって、福島開催もスタートしたけえ、

今日は福島競馬場の名物でも紹介しちゃろうかの。

夏競馬?
夏というには、まだ早いような気もするんですが……
先週、宝塚記念いうレースがあったのは知っとるか?
おう、それぐらいは知ってるぜ。
G1っていうレースなんですよね?

ほうじゃな。

で、競馬界ではこのG1宝塚記念が終わったら、

その翌週からは「夏競馬」いうことになるんじゃ。

ふつうの間隔より早いんですね。
で、夏競馬はいつからいつまでなんだ?

6月の最終週がスタートで、

終わりは9月中旬頃までじゃな。

長いな……

ああ。

実は競馬でG1がないのがこの時期だけでな。

なので、秋競馬とか冬競馬とか春競馬はあまり言わんのじゃが、

ことさら夏競馬のみ強調していうようになっとるんよ。

G1がないってことは、

そのぶん盛り上がりに欠けるんじゃないんですか?

ところがどっこい。

意外とそうでもないんじゃ。

そうなのか?

ああ。

たしかに大きいレースがないが、

そのぶん、以前、新潟競馬場を紹介したときに説明したように

サマーシリーズいうレースが展開されるんじゃ。

中には「夏馬」いうて夏に走るのを得意とする馬もおるけえな。

ふだんとはまた違った楽しみ方もできるもんじゃて。

夏馬?

夏男とかみたいなものか?

ほうじゃな。

さして変わらんじゃろうて。

基本的に馬は寒冷地の生き物じゃけえ暑さは苦手なもんなんじゃが

中にはその暑さを苦にせんのもおるんよ。

人間みたいに右利き・左利きもあったりして、

いろんなクセがあるのも楽しいもんよな。

利き腕……じゃない、利き足とかあるんですか?

おう、あるで。

コースは競馬場によって、右回り左回りがあるけえな。

中には右回りばかりを得意とする馬、

左回りばかりを得意とする馬もおったりするんよ。

奥が深いんだな……

そう、見ても見飽きんほどに奥深いんよ。

で、その夏競馬開催時に活気を持つ

ここ福島競馬場もなかなかのもんなんじゃ。

これがそうじゃ!!

見事なもんだな!
ゴール板も特徴的ですね!

ほうじゃろ。

福島には三春駒いうのがあるけえな。

それをモチーフにしたものがゴール板を飾っとるいうわけなんじゃ。

競馬場ごとに特色があるものなんですね。

そういうことよ。

じゃあ、お待ちかね、次のページでは

その福島競馬場名物でも紹介しちゃろうかいの!

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

今岡英二公式ツイッター(一日トリビアつぶやき中)



■今岡英二(天使)


最近「小説のキャラよりキャラが立っている」といわれる、同コラボノベルの作者。

無駄に行動力だけはある。

なお、この絵は作者がバンド活動をしていたとき、知り合いのイラストレーターが作成してくれたお気に入りの一枚。現在はバンド活動から離れ、体重が増加したため、ここまでかっこよくはない。


「上京して十数年経つが、広島弁が抜けりゃあせんのう(笑)」とは本人の弁。


■今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、天使と対立しているわけでもない。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、近年カープが人気しすぎて、年一回の帰省でも現地で野球が見れないのが最近の悩み。


「ええんじゃ。昔の貧乏な頃のカープに比べりゃあのう。みんなが見に来てくれて、潤うようになったカープがありゃあ、それだけでええんじゃ……」とは作者のコメント。

■今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなことまで知っているんだ」「ふつうそこまで知りませんよ」とキャラにつっこまれても、「勉強したけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。

ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。

武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。

石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色