【乱入自由】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

16話② 維新の地、鹿児島「うなぎのふじ井」

エピソードの総文字数=635文字

で、今回のおススメのお店は?
今回の名店はここじゃ!
中にいっぱいサイン色紙がありますが、ここは?
鹿児島で旨いうなぎを食わせてくれる「うなぎのふじ井」じゃ!
鹿児島はうなぎが有名なんですか?
おう、去年の大河ドラマでも西郷さんがうなぎを捕まえとったように、鹿児島では昔からうなぎの名産地なんじゃ。実はいまでも鹿児島はうなぎの養殖量で日本一なんじゃぞ。
マジかっ!
おう。じゃけえ、鹿児島はうなぎの名店と呼ばれる店が多いんよ。
で、今岡先生はここではなにを食べられたんですか?
わしが食うたのはこれ、「ひつまぶし(竹・2100円)」じゃ!
ほう、これはなかなかに旨そうだな。
ああ。実際のところ、かなり旨かったわ。特にこれのええところは3種類の味が楽しめるところなんじゃ。
3種類?
おう、これは文字通り「おひつ」で出てくるんでな。一杯目はふつうのひつまぶしを楽しみ、二杯目は薬味のわさびやねぎで味を変えて楽しみ、三杯目は茶づけにして楽しめる。一度に三度も楽しめるおススメの逸品なんじゃ!
それはたしかにすすめるのもわかる気がするぜ。
ほうじゃろう、ほうじゃろう。一番安い梅なら1600円でもいけるが、2100円の竹ならお吸い物やおしんこ、サラダも付くけえ、個人的にはこの竹で頼むのをおススメするわ。
メインの通りではないので「隠れた名店」という感じですが、だからこそ行く価値があるという趣ですね。
おう、そういうわけでこの「うなぎのふじ井」、みなさんも鹿児島に行かれた際はぜひ一度訪れてみてつかあさい!

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

TOP