【乱入自由】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

06話① 埼玉・蕨の「焼肉 牛星」

エピソードの総文字数=993文字

今回は埼玉県ですか。ここにはいつ行かれたんですか?
今日。

はい?


つい数時間ほど前
行ってきたばかりじゃねえか!
もしかしてもうネタが切れました?
いや、それはないけえ心配するな。
では、またどうして?
あなた、地元は広島でしょうに。
いま住んどるのは関東じゃけえ、よかろうて。
で、本音は?
もともと今日は焼肉行く予定があった。オススメの店でもあるけえ、そこを紹介しよう思うた。これ以上の理由は必要あるまいて。
まぁ、いいですけどね。でも、埼玉って関東でも有数の「観光の魅力なし県」ですよね。
素人さんにはそうかもしれんのう。

素人?

観光に素人も玄人もあるのか?

ある。

知名度の高いところ行きゃあええゆうもんでもないんじゃ。前も言うたとおり、わしにとって旅や観光は小説のネタ集めの一環でもあるからな。その気になればいくらでも見るべきものはあるもんよ。

たとえば?
ほうじゃのう。たとえばこことかな。
……土手、ですか?

あほう!

これは「石田提(いしだつづみ)」といってな。石田三成が「忍城(おしじょう)」を水攻めにした折、築かれた堤防跡よ。ここもいずれ「左近ちゃん 見参!」のええ参考資料になるかの思うて行ったんじゃ。


一見すると、ただの土手にしか見えんがな。
一応これが証拠じゃ。
おおっ、たしかに「石田提史跡公園」とありますね。
ほうじゃろ。こういうところにも目を向ければ、いくらでも見るべきところはあるもんなんじゃ。
で、実際それを見に行った日、ここにはお前以外に何人ぐらい人がいたんだ?
……ゼロ。
……ゼロでした。
しばし沈黙のときが流れる。

eijivocal23

………………(無言の涙)
武松さん、謝ってください。
あ~、その、なんだ……。なんか知らんが、悪かった。
ほら、武松さんもああ言っていることだし、そろそろ今岡先生も機嫌を直してください。先生だって、ご自身のことを「人がわざわざ見に行かないところにも平気で行く変人」という自覚はあるんでしょう?
ある。
あるのかよ!
自覚がなければそれこそ救いようがあるまいて。わしは小説のためとか言うておるが、自覚があるぶんまだマシじゃろうて。
(いや、自覚のあるなしで済む話でもないと思うんだが……)
(武松さん、また泣かれても厄介ですから、そのへんにしといてください)

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

TOP