【乱入自由】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

19話① 「左近ちゃん 見参!」の聖地、堺の「かん袋」

エピソードの総文字数=1,243文字

今日は「左近ちゃん 見参!」に登場する茶屋「餡袋屋」のモデルの店を紹介するけえの!

え? なに?

もうはじまってるんですか?

いつもとパターンが違くねえか?

パターン? なにをおかしなこと言うとるんなら。

ぼさっとしとらんで、ちゃんと仕事しんさいや!

お、おう。悪い……。

あ、はい、すいません……。

いつも前説っぽいところからはじめるのに、今日はいきなりなのでちょっとびっくりしてしまって……。

ま、たまには趣向を変えようと思うてな。
で、茶屋「餡袋屋」っていえば、「左近ちゃん 見参!」の第三話の舞台にもなったところですよね?

おう。そこの名物「くるみ団子」自体は、一話の冒頭からも登場しとるがの。


それにモデルなんてあったんですか?
ああ、ちゃんとある。それがここ、今回紹介する「かん袋」じゃ!
モデルってわりには、なんかふつうの店って感じだな。

ふっふっふっ、甘い。甘いのう。

この和菓子屋で出しとる和菓子より、さらに甘いのう。

あ? なにが甘いってんだよ?

たしかにここは建物こそ現代的じゃがな、創業はけっこう古い、堺でも老舗の店なんじゃぞ。


そんなに古いんですか?
江戸時代ぐらいからあるとかか?
そんなもんじゃない。ここは鎌倉時代末期の元徳元年、つまり西暦1329年の創業なんじゃ!
1329年っ……!?
700年近くも前からあるんですか!
おう、三成たちはむろんのこと、秀吉が生まれるさらに前からあったってことなんじゃ。
それはすごいですね。

しかし、なんで「かん袋」って名前なんだ?

あまり和菓子屋って感じがしないんだが。

おう。実はその屋号にはな、「左近ちゃん 見参!」にも登場する秀吉がかかわっとるんじゃ。


秀吉が?
この「かん袋」は、元の屋号を「和泉屋」といったんじゃ。
そっちの方が和菓子屋っぽいですね。
ほうじゃの。で、秀吉が大坂城を建築してる最中、堺の商人たちを大坂城へ招いたんじゃ。
建築中に招くか、ふつう?
当時はまず住むところを建てて、そこに腰を落ち着けてから、徐々に拡張していくっていう手法が一般的じゃったんでな。さしてめずらしいことではないんじゃ。
なるほど。そうなのか。
で、その招かれた中に、和泉屋の主人・和泉屋徳左衛門もおったんじゃが、この徳左衛門が「職人一人一人が瓦をかついで、えっちらおっちらと天守閣へと運ぶ」様子を目撃したんじゃ。
まあ、ふつうの光景なんでしょうね。

おう。じゃが、徳左衛門は思うた。これではいつまで経っても片付かないと。

そこで徳左衛門はその日から、自ら率先して手伝いにくるようになったんじゃ。


えらいですね。
でも、おっさんが一人ぐらい増えたところで大したことねえだろ?

いやいや、さにあらず。

この和菓子屋のおっさん、半端ない腕力の持ち主じゃったんじゃ。

なにしろ毎日、和菓子の餅作りで鍛えられとったけえな。

人の数倍運んだのか?
いや、投げた。
地面から天守閣へ向かって、瓦を次々に投げたんじゃ。

マジかっ!


それ見つかったら、下手する打ち首とかになったんじゃないんですか?
逆なんだよなぁ……。(震え声)

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

TOP