72話① 【桜の名所】湯島聖堂と明大の学食「スカイラウンジ暁」

エピソード文字数 885文字

今回はどの桜名所を紹介するんだ?

ああ。

今回は湯島聖堂でも紹介しようかの。

湯島聖堂?
聞いたことはありますね。

まぁ、有名な史跡じゃけえな。

文京区の湯島にあるけえ、湯島聖堂いうんじゃ。

じゃあ、ここがなんの聖堂かは知っとるか?

聖堂というぐらいだからキリスト教でしょうか?

ブッブーッ!!

答えは儒教じゃ!

儒教!?

ああ。

ここは孔子廟でな。

徳川幕府が儒教思想をプッシュするために建てた聖堂なんじゃ。

ちなみに近くにはニコライ堂があるんじゃが、こっちは正教会、れっきとしたキリスト教の大聖堂じゃな。

そんな近くに建てていいもんなのか?

日本は宗教にゆるい国じゃけえな。

だいたいニコライ堂はともかくとして、儒教の湯島聖堂を宗教関連施設と思っておる日本人はそうおるまいて(笑)

そりゃ、そうかもしれませんが……。

あ、そうそう。

この湯島聖堂とニコライ堂の間に立つ橋を「聖橋」いうんじゃが、これはキリスト教の大聖堂と儒教の聖堂に挟まれとるけえ、ついた名前なんじゃ。

このことからも日本の宗教の緩さ加減がわかろういうもんじゃろうて。

ほんと、ゆるい国だな……。
で、その湯島聖堂ってどんなところなんです?

いまある湯島聖堂は関東大震災以降に建て直されたもんなんじゃが、なかなかの威風をほこっとって、見応えあるもんなんで。

桜もあわせて、紹介しよう。

こんな感じじゃ!

ほう、これはなかなかのもんだな。
関東大震災以降に建て直されたものとは思えませんね!

ほうじゃろう。

じゃけえ、この湯島聖堂ではこの雰囲気を活かして、ある有名ドラマのロケも行われたんじゃ。

それがなにかわかるか?

有名なドラマ?
俺でもわかるものなのか?

わからいでか!

なにしろここで撮影されたんは、ドラマ『西遊記』じゃ!

マジかっ!?

おう。

1970年代の堺正章主演の方でも、2006年の香取慎吾主演の方でも使われとるんじゃ。

本場中国の雰囲気を気軽に味わえる場として、使われたいうことよの。

意外な街中で撮影されてたんですね……。

そういうのも込みで見に行くと、さらにおもしろいいうわけじゃな。

桜を愛で、史跡を眺め、意外なものも楽しめる。

名所とはかくあるべし、いうことよ!

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

今岡英二公式ツイッター(一日トリビアつぶやき中)



■今岡英二(天使)


最近「小説のキャラよりキャラが立っている」といわれる、同コラボノベルの作者。

無駄に行動力だけはある。

なお、この絵は作者がバンド活動をしていたとき、知り合いのイラストレーターが作成してくれたお気に入りの一枚。現在はバンド活動から離れ、体重が増加したため、ここまでかっこよくはない。


「上京して十数年経つが、広島弁が抜けりゃあせんのう(笑)」とは本人の弁。


■今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、天使と対立しているわけでもない。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、近年カープが人気しすぎて、年一回の帰省でも現地で野球が見れないのが最近の悩み。


「ええんじゃ。昔の貧乏な頃のカープに比べりゃあのう。みんなが見に来てくれて、潤うようになったカープがありゃあ、それだけでええんじゃ……」とは作者のコメント。

■今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなことまで知っているんだ」「ふつうそこまで知りませんよ」とキャラにつっこまれても、「勉強したけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。

ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。

武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。

石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色