【乱入自由】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

19話② 「左近ちゃん 見参!」の聖地、堺の「かん袋」

エピソードの総文字数=1,178文字

逆っていうのは?

むしろ賞賛されたそうじゃ。


マジかっ!

なにしろ重い瓦を、なんでもないかのように次々に放り投げたそうじゃからな。そこまで突き抜ければ、褒めるしかなかろうて。

当時の大坂城はもうないが、一応復興された現在の大坂城はこんな感じじゃ。

でかっ!!

え?

この高さまで、瓦を投げたっていうんですか?

投げた。

しかもその様子、「紙袋を散らすが如し」というありさまだったそうじゃ。

瓦を紙袋のように次々に投げるおっさん……とんでもねえな。
武将になっても、活躍しそうですよね……。
したじゃろうなぁ。

で、それを目撃した秀吉が喜んだ挙句、「今後は和泉屋じゃなく、紙袋と名付けよ」と言ったそうじゃ。そして、それがなまって「かん袋」となった、とのことじゃ。

うん。いい話なのに、最後で台無しになってませんか?
だよな。いくら喜んでも、紙袋はねえだろ、紙袋は。
まあのう。秀吉は家康ほどひどかったわけじゃありゃあせんが、たまにぶっとんだネーミングセンス披露するときがあったそうじゃけえのう。
家康はもっとひどかったんですか?
おう。為政者としては大したもんじゃが、ネーミングセンスはかなりのもんなんじゃ。たとえば家臣への命名なんて、本人からしてみたら一生ものなのに、軽くひどい名前つけたりしてるけえな。
どんなのだ?
ある時、譜代の家臣の本多信俊に兎唇の子が生まれたんじゃ。
兎唇というと、口唇口蓋裂のことですか?
ああ、いまでは幼少期の外科手術で簡単に治るものじゃが、当時はどうすることもできなくてな。見た目が非道いということで、その本多信俊は嘆き悲しんだそうじゃ。
そりゃ、親としては当然の話だな。
で、それを聞いた家康は「武田四天王の一人・山県三郎兵衛昌景も兎唇だった。その子はその生まれ変わりである」と言って励まし、「その生まれ変わりにふさわしい名前を付けてやろう」と言ったそうな。
おおっ、いい話じゃねえか!
で、どんな名前が付けられたんです?
本多山県。
本多山県。

ちょっと待て……。

また悪い話になってんじゃねえか!

さすがにこれはひどいですね……。

本多三郎兵衛でも、本多昌景でもよかったはずなのに、なんでそこを足してしまったんでしょう?


いまの日本人でいえば「星崎今岡」とか名付けられる感じか?

変なところに飛び火させないでください。

でも、絶対お役所とかが受理してくれないでしょうね。

ま、天下人ってのは、どこかぶっとんだセンスしとるってことなんかのう……。(遠い目)


今も昔も成功者というものは、どこかぶっ飛んだところがあるものなんですかね。

それにしても、昔の日本人は腕力が凄い。

あ、飛び火しやがったところだ!
お前はなんてことを言うんじゃ!


>>成功者というものは、どこかぶっ飛んだところがあるもの

じゃあ、わしも星崎先生も成功しそうですのう(笑)

フォローになってるんだか、なってないんだか……

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

TOP