39話② 豚骨ラーメンの老舗「長浜ナンバーワン」

エピソード文字数 2,479文字

よっ、待ってました!
今日おススメするんは、長浜ラーメンの老舗「長浜ナンバーワン」さんじゃ!

そういえば気になってたんだがよ。

長浜ラーメンと博多ラーメンって違うもんなのか?

ええところに気が付いたの。

実はもともとは別のもんじゃったんじゃ。

もともとは?

おう、博多ラーメンは博多で食われとったもん、

長浜ラーメンは福岡の長浜いう漁港周辺で食われとったもんじゃったんじゃ。

で、博多の方は豚骨でも醤油ベースで、

本来はいまみたいな豚骨ラーメンとはちと違うとったらしいんじゃ。

いまは博多ラーメンも豚骨メインだよな?
ああ。豚骨メインの長浜ラーメンが博多ラーメンにも侵食して、

いつしかどっちも豚骨メインになったいうわけなんじゃ。

なるほどな。

じゃあ、いまはそれほどの差異はねえってことか。

ああ、地名の違い程度しかないのう。


でも、豚骨メインとしては長浜の方が古いってことになるんだよな?

ああ、そうじゃな。

その中でも今回は老舗の店を紹介させてもらおういうわけなんじゃ!

今回食うたのはこれじゃっ!

おおっ、これはシンプルでいて、旨そうなラーメンだぜ!

ほうじゃろう。この店は昭和46年創業でな。

長浜ラーメンの元祖ほどではないが、かなり老舗の店の一つなんじゃ。


昭和46年からか。

そりゃ、年季が入ってやがるな。

ちなみにわしは「ラーメン(550円)」

「おでんセット(ご飯&おでん1品で200円)」を頼んだんじゃ!

これだと腹にもたまりそうでいいな!
じゃろ……。



………………。
…………すまん。

…………ほんまわしらが悪かったけえ、そろそろ許しんさいや。


憎しみで人が殺せれば…………。

い、いや、登場作品でいろいろあったお前が言うと、

ほんと、洒落にならねえからよ……。

ぶ、武松の言うとおりで!

だいたい作者のわしを殺ったら、

ここがどうなるかわかったもんじゃないけえの!

ふふふっ…………。
(おいっ、やべえぞ! マジでなんとかしろ!)
(わしにどないせえいうんじゃあ!)
(てめえ、作者だろ。作者権限でなんとかしやがれ!)
(作者権限いうてものう…………)

あ~、ニコル……。

せめて次回はお前のおススメの紅茶を紹介するけえ、

それでなんとか手をうっちゃあくれんかいの?

紅茶?
ああ。
スーパーで売ってるようなのじゃないですよね?
ちゃんとした茶葉のを紹介するけえ、それでなんとか機嫌なおしんさいや。

…………しょうがないですねぇ。

では、それでいいとしましょう。


そんなわけでして、今回おススメのお店は、長浜ラーメンの老舗「長浜ナンバーワン」さんでした。

みなさんも福岡に行かれた際はぜひお立ち寄りいただければと思います。

(なんとかなったな…………)
(生きた心地せんかったけどな…………)
ラーメン!!

これは美味そうですな。


ところでラーメンにおでんは、普通なんですの?

豚骨ラーメン!

いいですね~。系統は博多ラーメンの方になってしまうのですが、福岡の天神、一風堂本店で食べたことが何度かあります。

そのとき、父親に「ラーメンの麺は固ければ固い方がいい」と言われたことが子供心に残り、今でも豚骨ラーメンは粉おとしで注文します。

ただ、関東圏で「粉おとしで!」って言うと、周りから「ん!?」って顔されるんですよね。

>>ラーメンにおでん
長浜ラーメンにおでんは割とある感じです。
たぶんもともと屋台系が多いところなんで、
そういうのがきっかけいう感じなんですかのう。
福岡市内で行ったラーメン屋は長浜系じゃなかったんで
そっちではおでんは見かけんでした。
>>豚骨ラーメンは粉おとし
九州の人はバリ堅とか粉落としを好む傾向がありますのう。
最近はそのさらに上をいく「湯気通し」や「生麺」があるそうなんじゃが……、
わしは広島人なんで「ふつう」でええです(笑)
>>もともと屋台系が多い


なるほど、そういう繋がりでしたか。

福岡は屋台文化というべきものがあって、屋台の数は日本一と言われています。

実際、何もない平日でも、夜になると天神の川沿いなどに屋台が並びます。

東北とかもそうだと思うのですが、北九州も独特の食文化がありますね。

何よりも醤油。

醤油がびっくりするくらい、甘くて濃い。

私の実家は千葉県千葉市なのですが、昔から父方の親戚(福岡県在住)が西日本の醤油を送ってくれるので、私も西日本の醤油で舌が慣れました。

また近所のスーパーで買った東日本の辛口ですっきりとした醤油も用意されていました。なので私の実家では食卓の上には常に二種類の醤油がありますね。

>>そういう繋がり
数年前に違法屋台の撤去に伴い、名店がいくつか移転を余儀なくされましたが、
店舗型のところはしっかり残っとります。
今回の店もそういう店ってわけですわ。
>>醤油がびっくりするくらい、甘くて濃い
九州はたしかに醤油が甘いですのう。
ちなみに昔は砂糖が貴重じゃったんじゃが、
鹿児島や沖縄に近ければ近いほど砂糖が手に入りやすく、
その結果、九州はふんだんに砂糖を使った味付けになったと言われとります。
現代のブラジルでも、コーヒーと砂糖が多く採れるため
現地の人らはコーヒーに砂糖をざばざば入れて
その上澄み液だけを飲んどるそうなんじゃが、
なんか近いものを感じないでもないですな。

はぁ~

やはり醤油一つ取っても歴史があるものですね。

また、迅速な対応ありがとうございます。

今日は何かやる気が出なくて、今岡さんと星崎さんのところで管を巻いております。

仕事をしないならしないで本を読むなり、外国語の勉強をするなりしろよって話なんですが、それすらやる気が出ません。

>>醤油一つ取っても歴史がある

わしの場合、外国語には疎いですが、

そのぶん歴史を突き詰めて調べとりますけえのう。

もっともグアム旅行で現地人しか使わんスーパーにふらっといって

片言英語で買い物するぐらいはしますが(向こう見ずなだけ)


>>今日は何かやる気が出なくて

そういうときは、のんべんだらりとするんがええです。

やる気でんときに無理する必要はないですけえの。

わしはやる気でんときは気分転換に

本読んだり漫画読んだりして無為に過ごします。

気分転換すら本かと言われればしまいですがの(笑)

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

今岡英二(天使)


最近「小説のキャラよりキャラが立っている」といわれる、同コラボノベルの作者。

無駄に行動力だけはある。

なお、この絵は作者がバンド活動をしていたとき、知り合いのイラストレーターが作成してくれたお気に入りの一枚。現在はバンド活動から離れ、体重が増加したため、ここまでかっこよくはない。


「上京して十数年経つが、広島弁が抜けりゃあせんのう(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、天使と対立しているわけでもない。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、近年カープが人気しすぎて、年一回の帰省でも現地で野球が見れないのが最近の悩み。


「ええんじゃ。昔の貧乏な頃のカープに比べりゃあのう。みんなが見に来てくれて、潤うようになったカープがありゃあ、それだけでええんじゃ……」とは作者のコメント。

今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなことまで知っているんだ」「ふつうそこまで知りませんよ」とキャラにつっこまれても、「勉強したけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。

ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。

武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。

石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色