62話② 佐賀駅前の名ラーメン店「ビッグワン」

エピソード文字数 1,018文字

で、今日のおススメのお店は?
佐賀いうたら、「佐賀ラーメン」は外せまいな。
佐賀ラーメン?
ほかの九州ラーメンとどう違うんですか?
だいたい一緒。


おいっ!

いや、一応佐賀としての特徴はあるで。

ただ九州はとんこつラーメン文化が盛んでな。

基本的に各地の名前がつけられておるものの、

そのすべてが「とんこつ」でひとくくりにできるんじゃ。

なるほど。

じゃあ、すでに紹介されている博多も長浜も鹿児島も熊本も、

全部「とんこつ」でひとくくりにできるという認識でいいですか?

いい。

なので、とんこつが苦手な人は

九州には住めんじゃろうて(笑)

ちなみに鹿児島や博多との違いはあるんですか?

一応あるで。

佐賀ラーメンの場合は、麺がやや太目で、わりとやわらかめ。

スープは薄目の味付けで、わりとあっさりめ、いうのが大きな特徴じゃな。

とんこつなのにあっさりなのか、

わりとするっと入る感じか。

おう、そういうところじゃな。

わしが行った「ビッグワン」さんもそんな感じじゃったわ。

これがそうよ!

ほう、旨そうだな!

これであっさりめとは

ありがたい限りですね!

しかもここは佐賀駅の目の前という超いい立地条件なのに

ラーメンが580円いう安さなんがありがたいところなんよ。

ライスも130円じゃけえ、安うて腹ふくれるんもええところじゃな。

他にオススメはありますか?

しいていえば「玉子入り(630円)」かのう。

佐賀ラーメンはゆでたまごより生卵が多ゆうてな、

ここも御多分に漏れず、それを看板の一つにしとるんじゃ。

それもそれでおいしそうですね。

実際、わしはどっちも食うたが

いずれも甲乙つけがたかったのう。

知り合いの佐賀県民に聞いたら筆頭に挙げられた店じゃけえ、

まず間違いはなかろうて。

佐賀県民のお墨付きか。
それは間違いなさそうですね。
そんなわけで佐賀県民のふるさとの味「ビッグワン」、みなさんも佐賀に行かれた際はぜひ訪れてみてつかあさい!
生卵……美味しそうじゃないっ!!

気になりますね。

生卵といえば月見うどんですが、ラーメンに生卵とは。

いやチキンラーメンとかもあるし意外といけるのかも

>>生卵……美味しそうじゃないっ!!

ゆで卵をおいとる店もあったりはするんですが、

基本的に生たまごが主流ですな。

佐賀ラーメンにはつき物いうても過言じゃあありゃあせんです!


>>ラーメンに生卵とは

徳島のラーメンも生卵を主流としとるんで、

わりととんこつベースとは合うようです。

いずれ徳島のラーメンも紹介しましょうかのう(*OwO)ノ

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

今岡英二(天使)


最近「小説のキャラよりキャラが立っている」といわれる、同コラボノベルの作者。

無駄に行動力だけはある。

なお、この絵は作者がバンド活動をしていたとき、知り合いのイラストレーターが作成してくれたお気に入りの一枚。現在はバンド活動から離れ、体重が増加したため、ここまでかっこよくはない。


「上京して十数年経つが、広島弁が抜けりゃあせんのう(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、天使と対立しているわけでもない。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、近年カープが人気しすぎて、年一回の帰省でも現地で野球が見れないのが最近の悩み。


「ええんじゃ。昔の貧乏な頃のカープに比べりゃあのう。みんなが見に来てくれて、潤うようになったカープがありゃあ、それだけでええんじゃ……」とは作者のコメント。

今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなことまで知っているんだ」「ふつうそこまで知りませんよ」とキャラにつっこまれても、「勉強したけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。

ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。

武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。

石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色