ファンレター一覧

  • 緊迫の第11話!

    第11話まで読みました。事実の重みがあることももちろんですが、やはりなんと言ってもつばめさんの筆力ですね!緊張感に満ちていながら、感情過多になることなく、的確に御主人や、更に救急救命士、研修医、ベテランの先生といった人々が描かれ、小説のような厚みのある人間ドラマとして読者に迫ります。そ、それにしても、ここで「以下、次回」となってしまうとは…!続きが気になって眠れなくなりそう~><

    ハッピーエンドのその先にあおぞらつばめ

    ディズニー映画みたいに、魔法と王子様のキスですべてが解決したらいいのに……。 現実の問題に直面すると、いつもそんな風に思ってしまう私。 でも、そうはならないのが人生ですよね。山あり谷ありは当たり前。 私たちが「ハッピーエンド」を迎えて約二十年(年齢がバレますな)。数々のきつい現実との戦いがありましたが、基本的に「ハッピー」は続けているつもり。 特定の価値観を押し付けるつもりはありません。ただ悪戦苦闘の現実をつづってみたら、何かヒントが出てくるかも。 というわけで、人生の一ケースをあ ... 続きを見る

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • 11話 救急外来という所

    なにが起こるかわからない育児、それぞれの親がそれぞれの悩みを抱えているなか、このエッセイはとても参考になると思います。実体験プラスその時の心情が細やかに描写され、そして親身に寄り添うような文章なので無理なく浸透するのです。 ……最後、ハラハラするところで終わりましたね(>_<)もう次回が気になって仕方ありません!

    ハッピーエンドのその先にあおぞらつばめ

    ディズニー映画みたいに、魔法と王子様のキスですべてが解決したらいいのに……。 現実の問題に直面すると、いつもそんな風に思ってしまう私。 でも、そうはならないのが人生ですよね。山あり谷ありは当たり前。 私たちが「ハッピーエンド」を迎えて約二十年(年齢がバレますな)。数々のきつい現実との戦いがありましたが、基本的に「ハッピー」は続けているつもり。 特定の価値観を押し付けるつもりはありません。ただ悪戦苦闘の現実をつづってみたら、何かヒントが出てくるかも。 というわけで、人生の一ケースをあ ... 続きを見る

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • 埋め立てられても。

    埋め立てられても、人間の命に対する思いは蠢いていますね。

    姉ヶ崎の終戦兵奈良原生織

    原稿用紙6枚のみじかいお話ですので、お気軽にどうぞ。 一話完結。 第9回六枚道場にて掲載した小説です。

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • 小さな一ページ。

    ほんの少しの出来事にも、ささやかな愛情がありますね。

    見送る島田詩子

    目覚ましの音はひどく短かったので、すぐに起きたのだろう。

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • 舞台裏を見れたような気がしました

    一人の脚本家の舞台裏を見れたような気がしました。

    舞台の裏方SARTRE6107

    僕と汐里は夫婦になった。でも名字は違う。その理由を話す。 (2000字家族小説コンテスト参加作品)

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • これぞ真骨頂!

     今度は、おうちを建てよう編ですね! それにしても、脚色はされていると思いますがご家族のキャラが立ってて凄い。(復縁正解…!?)本当はごく普通のご家族かもしれませんが、佐久田さんの筆にかかると名優になってしまうのかもしれませんね。復縁という本当はとてもハッピーな状況をクールでシニカルな味付けで料理してあって思わず笑ってしまいました。これから、建築がどんなふうに動いていくのか、名優の皆さんがどう動いていくのか楽しみにしています。(実家の御母様の登場が待ち遠しいです)

    憧れの注文住宅と恐怖の方位気学佐久田和季

    マイホーム建設時の体験談です。自分で希望通りの間取りを考えたまではよかったけど、次第に迷信のような占いに振り回されていった私。暗示にかかりやすいおバカさんなのです。 ※マイホーム建設に伴う登記(建物滅失登記、建物表題登記、建物保存登記)は、金融機関や売主、不動産仲介業者が絡まなかったので、素人ですが自分でやってみました。(セルフ登記を推奨するものではありません)

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • やっぱり気になる方位気学!

    以前佐久田さんとやりとりをさせていただいた中で、佐久田さんが家を建てた時に、方位学的なことや占い(風水的な?)をなさったと書いていらしたのを見て、そのお話をエッセイで読ませていただきたいなあとひそかに思っていました。願いがかなって、とても嬉しいです!楽しみな連載がまたひとつ増えました~(*^^*)

    憧れの注文住宅と恐怖の方位気学佐久田和季

    マイホーム建設時の体験談です。自分で希望通りの間取りを考えたまではよかったけど、次第に迷信のような占いに振り回されていった私。暗示にかかりやすいおバカさんなのです。 ※マイホーム建設に伴う登記(建物滅失登記、建物表題登記、建物保存登記)は、金融機関や売主、不動産仲介業者が絡まなかったので、素人ですが自分でやってみました。(セルフ登記を推奨するものではありません)

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • はじめまして。RAIZOと申します。

    カクヨムで小説を書いていたのですが、公募ガイドでNOVEL DAYSを知り、ざっと作品のレヴェルを眺めていたところ、平岡さんの小説を目にしました。落ちついている文体で、しかも、私、故郷が北関東なため、妙な親近感が湧き、いきなりこうやって、メールを送ってしまっています。すみません(笑)なにかの縁かもしれないし、そうでないかもしれません。ただ、平岡さんの小説がきっかけで、こちらのサイトにも顔をだしたのは、事実です。ありがとうございました。ちなみに、ツイッタ―で、蜜柑と薔薇と炭酸水を検索すると、私の小 ... 続きを見る

    2020年7月3日平岡 亜紗

    日常がかわると感じたあの日から今日までのこと。

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • この曲は。

    モーツァルトの中でも有名ですね。クラリネット協奏曲と並んで好きです。

    心が折れそうになったときのプレイリスト朽木桜斎

    わたしが精神的につらくなったときは、音楽をよりどころとします。 そのプレイリストをつれづれに紹介してみます。 「アルファポリス」「ノベリズム」「ステキブンゲイ」にも投稿しています。

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • これ、本当に存在する中国の故事ですか?

     ……ってくらい、文章の雰囲気が訳文っぽく、また、内容についても「ありそう」な感じで、作品の世界にどっぷりと浸かることができました。  途中、「あれれ? 怒らせた?」とびっくりするもラストでなるほど。本当に粋な計らいにくすりと笑みが浮かびます。二人のその後を想像しながら、にやりと「ファンレター」ボタンを押して今に至ります。  面白かったです。

    酔仙譚不二原 光菓

    唐の時代に李旦という物静かだがたいそうな酒好きの官吏がいた。若い嫁をめとった彼だが……。

    ジャンル:ファンタジー

  • 寸鉄しなやか

     公式がTwitterで紹介していて知りました。実に闊達、そして一抹のほろ苦さをも感じる筆致であり、なおかつコンテストの主題も完璧に消化した良作かと。思わずこちらのタイムラインで紹介しました。

    家族になれないわたしたち西荻麦

    わたしと恋人は家族になれない。 悲観的なわたしに、恋人はあくまでも楽観的だが――。 ※2000字文学賞「家族小説」参加作品。

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • 何という

    何という上質なファンタジー! 一気読みするのはもったいないと思いながら、結局息つく暇もないほど一気読みしてしまいました(笑)。 どれも素晴らしい出来栄えですが、私は「河神」がツボでした。主人公の運命がどうなっちゃうんだろうと先を追わずにはいられないし、異国の言葉で書かれた単語の一つ一つに、見事に別世界へといざなわれます。倭寇の言葉がありましたが、明時代あたりのイメージなのでしょうか。この河神が出てくる長編も読みたいな~などと思ってしまいました。ほんと、素晴らしいです! 「右手」もコミカルで楽 ... 続きを見る

    奇譚草紙南ノ三奈乃

    奇譚――奇妙な味の短篇、あるいは変てこな短い物語を、ほろほろと書いてみようと思います。 ※不定期連載です。

    ジャンル:ファンタジー

  • 自己分析が◎

     こんにちは。  興味深く拝読いたしました。  自己分析がしっかりできていらっしゃいますね。  これまで、ご自身と真摯に向き合ってこられたからでしょう。  この先、どんなふうに纏めて完結されるのかも含め、続きを楽しみにしております。  ※僭越ながら……   タグに「エッセイ賞」と登録されていますが、応募要項によりますと、「【エッセイ賞】」(【】を含む)のようですよ。  (たぶんですけど。応募要項をご確認のうえ、自己責任でお願いします。私も「【エッセイ賞】」で応募しています) ... 続きを見る

    発達障害からの休職復職転職日記時折カバネ

    長年の激務がたたって遂にダウンした会社員の、約2年にわたる休職、復職、そして転職した日々の振り返りです。 暗い内容はあんまり無いと思います。読み物として楽しんでいただければ! ぶっ倒れてから双極性障害の診断を受け、更にそれは発達障害(ADHDやASD)由来のものではないかとなり、色々と勉強したり足掻いたりしながら何とか社会復帰しました。 発達障害と一言でいってもその傾向は種々様々。あくまでただの1サンプルという事で。 ※基本的に毎日更新(20時頃)、約50話完結で進める予定で ... 続きを見る

    ジャンル:ノンフィクション

  • リアリティある!ステキな家族!

    作品のなかにあるモノローグで、『お父さん……』と娘に語りかけるように書いてあります。見守る父親の感情がバッチリ表現されていて、リアリティがあります! ラストのあとで、家族がどう過ごすか想像できます。読み終わったあと、余韻に浸りました。

    お父さん遅くなってごめんな奈月沙耶

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • 日常動作を描くだけで、家族が表現できるとは!すごいです!

    爪切りのジンクスは、知っている人が多いです。その話を小説に落とし込む。不自然さが全くないです。「エッセイなんですよ」と言われても、読者は納得するでしょう。爪を切りたくなるときの仕草も具体的に書いてあります。夫婦の愛情がしっかり表現されています!

    爪をきる碧海コオ

    【2000字家族】 家族小説コンテストの参加作品です。 夜に爪を切ると親の死に目に会えなくなる、という言い伝えを美緒は信じているから、今夜は爪を切りたくても切らない。

    ジャンル:恋愛論・結婚

  • 9話、10話を読みました。

     物が捨てられない(特に本)私の部屋はたまに掃除をすると、翌日熱が出ます。これは汚部屋の神からの「片付けるのではない!」というお叱りだと勝手に理解していましたが、ホコリの中の病原体だったのですね。最近熱が出ないのはマスクをしてるから!? 本が散らかってないとアイディアが出なくなるようで片付けられないのです。つばめさんのエッセイを読んで、もし他人様に片付けてもらう事になればこんなに大変なのだと心を入れ替えました。  着物素適な趣味ですね。着付けができるなんて凄い! 着物は柄を見るだけでもうっとり ... 続きを見る

    ハッピーエンドのその先にあおぞらつばめ

    ディズニー映画みたいに、魔法と王子様のキスですべてが解決したらいいのに……。 現実の問題に直面すると、いつもそんな風に思ってしまう私。 でも、そうはならないのが人生ですよね。山あり谷ありは当たり前。 私たちが「ハッピーエンド」を迎えて約二十年(年齢がバレますな)。数々のきつい現実との戦いがありましたが、基本的に「ハッピー」は続けているつもり。 特定の価値観を押し付けるつもりはありません。ただ悪戦苦闘の現実をつづってみたら、何かヒントが出てくるかも。 というわけで、人生の一ケースをあ ... 続きを見る

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • うおお。

    感情が昂ります。何よりも心が大切だと気付かされる作品でした。

    君へ…宮杜有天

    2000字文学賞 「家族小説」参加作品。

    ジャンル:その他

  • 一人一人がとても魅力的

     8-5まで読了しました。合戦シーンの重厚さはもちろんですが、登場人物一人一人の背景がしっかり描かれていて、激しい運命の中で変っていく彼らが愛おしいです。

    ルーサ戦記外伝 北の獅子ーReo Sepemtrionesー海乃 眞

    ユースティリア大陸の北、氷と雪に閉ざされた北方地域。レオンが産れたのは極寒の地、エンデ公国だった。貧しさから七歳で親に売られ、買われた先がエンデ将軍ヴィクトール・ブレイドの屋敷だった。アスランの子主人子、レオン・ブレイドの半生記。親に売られた孤児は将軍の元で成長し、武人となる。

    ジャンル:ファンタジー

  • ついに攻勢に!

     おお、ついに攻めに出られてお電話ですね。で、(空気を読んだ?)税理士さんが、まるでレポートの提出が遅れた学生のようなあやふやなお答えをしてくれて、読者としてはとても楽しかったです。仏壇の魂を抜く儀式とかあるんですね、知りませんでした。魂が抜けたら、ただの美麗でエキゾチックな箱なので海外ではインテリアとして買っていくかたもおられるようです。私はそのうち仏壇もデジタル化されて必要なときだけ壁に映し出すようになるんじゃないかなあと密かに思っています。ご先祖様が動画で大集合とか……。

    泣き方がわからない(コロナ禍での葬儀と相続)佐久田和季

    コロナ禍により葬儀が簡略化したために泣けないとかではありません。泣けないのは自分の性格によるものです。エモが不得意なのです。創作はリハビリの一環かもしれません。みなさんもそうですよね? 過剰や欠落を抱えているから創作をしたり読んだりしているんですよね? 違う? 失礼しました。

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • 30話まで読了

     サッカーのシーンとても面白かったです。解説が丁寧で、隅々まで理解しながら頭の中で映像が浮かぶように読めました。度重なる危機やチャンス、中々決着がつかない一進一退のハラハラに加え、キャラの個性が炸裂してコミカルな魅力も満載でした。(春野さんの心の中のつぶやきで面白さ倍増!)今回、私としては薬師寺さんが魅力的でした。これからの静かな刃のような活躍に期待します。あ、もちろん春野さんも素敵でしたよ~。

    フレイグラント・オーキッズ!~香蘭の乙女たち~南ノ三奈乃

    時は昭和十一年春、所は横浜の名門基督教女学校――香蘭女学校。 一年生の春野こず枝は、五年生の小野寺房子さまが級友の林鏡華さんと〈エス〉の関係――つまり、〈姉妹〉の契りを結ぼうとする現場を目撃してしまう……。 フレイグラント・オーキッズ(Fragrant Orchids)――香り高き蘭の乙女たちの物語。 ※表紙のイラストは、あままつ様のフリーアイコンを使用させていただきました。 ※〈エス〉というのは、〈シスター(Sister)〉の頭文字で、戦前の女学校風俗の一つです。 ※本作品は不定期連 ... 続きを見る

    ジャンル:学園・青春