ファンレター一覧

  • アイロニー

    スポ根を土台にした代理戦争という「風刺もの」って側面からも読めますけど、私は逆に戦争なんてこんなにつまらないものなんだ、というメッセージにも感じました。 決して、スポーツ競技をつまらないもの、と軽視する意味ではないです。 究極のところ、ジャンケンで勝敗を決めたらいいじゃん、ってレベルのくだらないいざこざの為に、国の威信や名誉、民族の歴史、宗教観、プライド……などを大義名分にすり替え、本音はエネルギーや食糧や土地などの利欲の為に人と人が殺し合うのが戦争。 そういった行為へのアイロニーとして、 ... 続きを見る

    スマッシュ!村山 健壱

    かめさん、mikaさんと共同のテーマで書きます。 「戦争について考える」 フィクションです。 オムニバスで何話か続けるかもしれませんが、一応一話完結です。 よろしくお願いします。 *戦争について考えたのは、他に 『対話』(チャットノベル) 『置き換えて考える』(チャットノベル) 『無味拾遺物語』中の「嘘つき」 『ズレズレ草』中の「テトリス」 です。そちらも読んでいただければ、幸いです。

    ジャンル:その他

  • 風刺

    『風刺』という表現は私は絶対にできないなぁと村山さんの作品を拝読していつも思います。 知識や表現力がものをいう表現で、村山さんが得意とされる分野だと読ませていただいて思いました。(村山さんが「日常」を扱われた作品も大好きです) 「戦争」をテーマにみなさんで取り組まれているのですね。 こういうことこそ、今しなければならないことだと思いました。 でもやっぱり尻込みしてしまいます。意気地なしです。 バドミントンの白熱した試合風景にわくわくしました。 バドミントン、プレイヤーだったご経験 ... 続きを見る

    スマッシュ!村山 健壱

    かめさん、mikaさんと共同のテーマで書きます。 「戦争について考える」 フィクションです。 オムニバスで何話か続けるかもしれませんが、一応一話完結です。 よろしくお願いします。 *戦争について考えたのは、他に 『対話』(チャットノベル) 『置き換えて考える』(チャットノベル) 『無味拾遺物語』中の「嘘つき」 『ズレズレ草』中の「テトリス」 です。そちらも読んでいただければ、幸いです。

    ジャンル:その他

  • いま、起きていること

    台北市長選挙レポート(一)、(二)、(三)と、台湾統一地方選挙レポート 拝読しました。 もう私のアレレなおつむでは、理解というのはもう…授業中に、決して勉強がきらいなわけではないのに勉強にきらわれているようで窓の外の雲を眺める……ようなそんな政治や歴史のお話を、三奈乃さんがやさしく親しみやすくお話してくださっていて…。興味深く読ませていただきました。 まず陳時中さんの人間性のすばらしさ…。デキる人というのは実在するのだなぁと…。そして「不怒面威」。尊い言葉ですね…。中身なんてまさに「草が詰 ... 続きを見る

    台灣懶惰日記~其の貳~南ノ三奈乃

    「台灣懶惰日記」第2弾です。 表紙が新しくなりましたが、内容は相変わらず、あまり役に立ちそうもないことを、だらだらと書いていくつもりです。

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • バドミントンの話でありつつもちろん寓意であり。

    「こ、これは『機動武闘伝Gガンダム』や!!」と、オタクの僕は唸ったのでした。wikiからベタ貼りすると「各国を代表する格闘家がガンダムを用いて世界の覇権を格闘技大会「ガンダムファイト」で争うという、少年漫画や当時流行していた『ストリートファイターII』などの対戦型格闘ゲーム的要素を取り入れた設定になっており」と、ある。それはともかく、オリンピア(オリンピック)の最初の掲げていた目標としては、芸術としてのスポーツと平和だから、スポーツで決める設定、それもラケット競技ってのが(いろいろと)スパイスが ... 続きを見る

    スマッシュ!村山 健壱

    かめさん、mikaさんと共同のテーマで書きます。 「戦争について考える」 フィクションです。 オムニバスで何話か続けるかもしれませんが、一応一話完結です。 よろしくお願いします。 *戦争について考えたのは、他に 『対話』(チャットノベル) 『置き換えて考える』(チャットノベル) 『無味拾遺物語』中の「嘘つき」 『ズレズレ草』中の「テトリス」 です。そちらも読んでいただければ、幸いです。

    ジャンル:その他

  • ポゴレリッチ事件

    アルゲリッチが世界的なアーティストとして名を博していたので(追従したスコダも名ピアニスト!)、アルゲリッチの言動ばかり取り上げられていますが、実は1stラウンドで逆の意味で審査員を辞任した人もいましたね。 「彼が2ndステージに進むなら私は辞める。美的基準が異なっている」と言い残して。 ナポリ在住時、ポゴレリッチのコンサートを担当したことがあります。 事件のおかげで一流ピアニストの仲間入りを果たした彼ですが、元々未来を嘱望され結果も残していましたし、超個性的な解釈とパフォーマンスは、シ ... 続きを見る

    わたしのお気に入りchaconne

    『作品の中の音楽』『色褪せない音楽』の続編です。クラシック、昭和歌謡、ロック、フォーク、映画音楽等々。YouTubeを観て聴いていると連想ゲームのように次々貼り付けてしまいます。自分でも知らなかった歌手やエピソードを発見してます。

    ジャンル:その他

  • 「ペンギンの憂鬱」と「何が残るのか」

    mikaさん、こんばんは。 アンドレイ・クルコフ「ペンギンの憂鬱」についてのmikaさんの作品読了後、「ロシアがウクライナへ侵攻した後、何が残るのか?」を読ませて頂きました。 クルコフという作家さん、全く知らなかったので、こういう方もいらっしゃるんだ、と知ることができました。ありがとうございます。 「ペンギンの憂鬱」、すごい可愛いんだけど、淋しそうな後ろ姿の… 素敵なタイトルです、笑。 やっぱり傷跡、こどもの頃の心の傷みたいなものが… 大なり小なり、誰にでもある、とはいえ、やはり戦争 ... 続きを見る

    【ブックガイド】人生は、断片的なものでできているmika

    皆さまに、ぜひとも読んでもらいたい! と思う作品を紹介しています。 ノーベル文学賞受賞作が気になるけど、難しそうで読むのをためらう…そんなあなたに、受賞作の中身も2000字程度で解説。 現在、お題企画「戦争について考える」に参加中です。 表題は『断片的なものの社会学』(岸政彦)のオマージュです。 ※表紙はAdobe StockからFranzi Drawsさまの作品を使用させていただきました。

    ジャンル:創作論・評論

  • 80話

    鈴木さん、80話 第七章まで拝読しました。 ここまで人数が減ってしまい、果たしてどうまとめるのか、と読者的にも作者的な視点でもワクワクします。 紅平はちょっと怪しいと思っていたのですが、うーん、これは……! そろそろ佳境ですか? と、思わせておくのが、作者の? 引き続き楽しみにしております!

    イノセント・ゲーム鈴木浩一郎改め、鈴木浩二郎

     システムエンジニアの東條隆之は、法事のために実家のある千葉の田舎へ帰省していた。  彼は謎のメールを受信し、偶然出会った飯島明日香と名乗る女性と一緒に指定された映画館へ向かう。  そこには同じ境遇と思われる男女が集められ、「イノセント・ゲーム」と呼ばれる殺人ゲームが開始された。  あまりの理不尽さに憤りを憶える東條だったが、すでに映画館は封鎖され、完全に閉じ込められてしまう。  混乱の渦中、ひとりの男性が死体となって発見された……。    果たして東條たちの運命は?   イノセン ... 続きを見る

    ジャンル:ミステリー

  • 寛解ってのは決して普通の人になることではない。

    こんにちは!! 僕が思うにとよねさんは勇気があるひとです。例えば、手を差し伸べることをしないひとは優しさがないかというとそうじゃなくて、あったとしても手を差し伸べる勇気が出ない(優しさや手を差し伸べる、伸べられないは、共有とは関係ない概念だと思う。優しさは他人からの尺度で見るから本当はここで優しさという言葉を出すのはためらわれるけど、ほかの言葉だと話が先に進まないので)。親と絶縁することに関しても、絶縁して悩むひとと同じくらい、「泣き寝入る」ひとが多いのはこのエッセイにも書いてある通り。介護職の ... 続きを見る

    ふたつのキリスト教とよね

    エッセイ初挑戦。 きたないキリスト教徒が見たり聞いたりしたことを、等身大の言葉で書いていきたいです。

    ジャンル:ノンフィクション

  • 殿痛(笑)

    村山さん、読ませて頂きました! たしかにサッカーのW杯も「国と国の戦争」みたいに言われていた時もあって、それを地で行く、ホントの代理戦争の試合なんですね。 これなら、一般市民が巻き添えになることもなく、兵隊さんが行くこともなく。平和な決着がつきそうです。代表選手は、たまったもんじゃないけど(笑)、文字通り「国を背負って」戦うわけですね。スポーツ庁が、すごい位置づけになる(笑) 鳥、炉、羽の三国の名前には、何か意味があるのでしょうか、炉はロ、鳥はウの頭文字の国、羽はハ(ワ)、倭国、日本… ... 続きを見る

    スマッシュ!村山 健壱

    かめさん、mikaさんと共同のテーマで書きます。 「戦争について考える」 フィクションです。 オムニバスで何話か続けるかもしれませんが、一応一話完結です。 よろしくお願いします。 *戦争について考えたのは、他に 『対話』(チャットノベル) 『置き換えて考える』(チャットノベル) 『無味拾遺物語』中の「嘘つき」 『ズレズレ草』中の「テトリス」 です。そちらも読んでいただければ、幸いです。

    ジャンル:その他

  • ものすごい皮肉

    村山さん新作読みました。バドミントンの白熱したラリーのシーンは汗と熱気が感じられるほどの臨場感で、代理戦争という緊迫感が伝わりました。 ウクライナ侵攻は多くの命が失われながら、さまざまな思惑を持った人間に動かされているところに闇を感じ、恐怖です。村山さんはこの争いの解決策としてバドミントンの勝負という爽やかさを用いながら、戦争が孕む愚かな欲望を皮肉を持って表現されたのだと感じました。主義思想、政治的解決策などの言葉の影で必ず欲望を満たす輩は存在する。主人公達4人がスポーツマンシップに則って戦え ... 続きを見る

    スマッシュ!村山 健壱

    かめさん、mikaさんと共同のテーマで書きます。 「戦争について考える」 フィクションです。 オムニバスで何話か続けるかもしれませんが、一応一話完結です。 よろしくお願いします。 *戦争について考えたのは、他に 『対話』(チャットノベル) 『置き換えて考える』(チャットノベル) 『無味拾遺物語』中の「嘘つき」 『ズレズレ草』中の「テトリス」 です。そちらも読んでいただければ、幸いです。

    ジャンル:その他

  • W.C. 羽国頑張れ。

    村山さん、おはようございます。 前に国間の争いをさせないためには、宇宙人が地球に攻めてくることにする、云々を読みました。今回のも面白いですね。 ところで、試合に勝つとどうなるのかな? 負けると領土を割譲するとか? そうなったら大変だ。各国みな国を挙げて選手育成に取り込むでしょう。それが軍備になるとか。 コーリャ、カーチャって名前、ウ国にもあるのですね。 一つ、「トウェンティーンオール」は「トウェンティーオール」でないでしょうか。

    スマッシュ!村山 健壱

    かめさん、mikaさんと共同のテーマで書きます。 「戦争について考える」 フィクションです。 オムニバスで何話か続けるかもしれませんが、一応一話完結です。 よろしくお願いします。 *戦争について考えたのは、他に 『対話』(チャットノベル) 『置き換えて考える』(チャットノベル) 『無味拾遺物語』中の「嘘つき」 『ズレズレ草』中の「テトリス」 です。そちらも読んでいただければ、幸いです。

    ジャンル:その他

  • クレヨン王国の向こうより

    aoi33554さん、はじめまして。上野 空という者です。 先日、熱海の「クレヨン王国ワールド展示会」に参加した折、参加者がメッセージを書くことのできるノートに、あなたのメッセージを見つけました。児童書作家になるという熱い決意をかためられたものでした。実は私も、大学生で、小説家を目指していますTwitterで、140字小説を登校したりしております。 あなたの名前を調べてノベルデイズに辿り着き、あなたの作品のあらすじにクレヨン王国の風を感じて、このようにファンレターを書くに至りました。 同じ ... 続きを見る

    異世界間帝国崩壊の危機aoi33554

    人が世界を越えて移動することができるなら、いくつもの世界が統一された異世界間帝国を建国する英雄が現れるでしょう。その建国者亡きあとの時代は豪傑たちがあちこちの世界を駆け巡る乱世となる。従来の異世界ファンタジーを超える規模の世界観でドラマを展開する冒険ファンタジーとなります。

    ジャンル:ファンタジー

  • 台北市長選挙

    南ノさん、とんでもないことになりましたね。まさかコロナ対応で功績のある陳時中氏が敗退するとは。ちょっと不思議な気がします。 そして蔡英文総統が党主席を辞任表明… 今後、おかしな流れにならないことを祈ります。 それにしても、昼ドラもびっくりな政治を巡る複雑な人間ドラマ、読みごたえありました。 それをわかりやすい文章にされていて、さすが…です!(^-^)/

    台灣懶惰日記~其の貳~南ノ三奈乃

    「台灣懶惰日記」第2弾です。 表紙が新しくなりましたが、内容は相変わらず、あまり役に立ちそうもないことを、だらだらと書いていくつもりです。

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • 0の概念

    櫟さん、おはようございます。 「0の概念」を拝読しました。 音楽と数学、僕は中学校三年くらいの頃、結構悩みました。まず音楽が出来ません。学校のよくない部分ですが、やはり技術や知識量を数値化して序列化しますので、そこで出来ない、と意識付けられます。特にリズム感がないものだから、ますますコンプレックスです。大勢に合わせられないし、楽器の練習はきっと人の何倍もの時間がかかる。だから面倒でやらなくなるの悪循環。高校で一瞬バンドを組もうとしましたが、やはり無理。。。 しかし僕は見つけてしまっ ... 続きを見る

    ゼロビートよりも透明に櫟 茉莉花

    日記の感覚で書くことになるけれど、毎日書くわけでもないし、その日の出来事を書くわけでもない。 だから、日記と言い切れるものではない。 でも、エッセイとかコラムという程、格調高いものでもないし、キチンとした下調べもしないし、丁寧に書くこともない。 時々、何か感じたことや思うことがあった時、ダラダラと駄文を綴ってみます。 ※)2022/03/25 書影を変更しました。

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • 面白いです。

    ファンレターを失礼いたします。 第四話まで拝読しましたが、笑わせながら考えさせる内容、登場人物のキャラクターとそのモデルを作中で紹介してしまう手法など、実に面白いです。 ここまでは女の戦いで、男性批判を直接的にされていないところも、男性的には読みやすいです。いや、男性批判もあっていいし、読めますが、やっぱりつらくなるので。 引き続き読ませていただきます。 有り難うございました。

    京都市左京区下鴨女子寮へようこそ!親が毒でも彼氏がクソでも仲間がいれば大丈夫!鷲生智美

    「女の子に学歴があっても仕方ないでしょ」。西都大学に合格した美希は、新年度早々に退学するように毒母に命令される。「父親が癌になったのだから娘が看病しに東京の実家に戻ってくるのが当然」と。大学で退学手続きしようとした美希を、金髪でヒョウ柄のド派手な女性が見つけ、したたな京女の営む女子寮へ連れて行き……。京都で仲間と一緒に大学生活を送ることになった美希の解毒と成長を描く青春物語!後半はラブコメ風味です! エッセイ「『(略)下鴨女子寮へようこそ』へようこそ!」で、裏話、体験談、取材記などを書いて ... 続きを見る

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • 登場人物紹介でもワクワクします

    タイトル通りでワクワクしてます。長編になるとデフォルトの人物紹介だけだと、最新話と内容が全然違っちゃう可能性がありますからね。 とはいえ、ネタバレも出来ないので自分も「黒澤くん」では話の途中に入れる事にしてます。 人物紹介でもどこでも笑わせてくれるのでめちゃ楽しいです。 個人的に逢馬の両親がまた素敵になってて、初代からみてるとらじろうには嬉しいです。 そして最後のタマネギがもう……ダメすぎてたまりません。

    『鬼狩りの鬼』あんこ

    何の変哲もない人生を歩んできた『姫城いろは』。そんな彼女が二十歳を迎えた頃、地元では30年に1度の祭り、【人魚祭】が開催される。その祭は豊年祭と称されているが、地元の選ばれた人間しか参加が許されておらず、参加者はその内容を他言無用とされていた為、集落の住民ですら祭りの内容などは知らされていなかった。 そんな最中、大学生のいろはの元に『人魚祭』への招待状が届く。 注意: 本作品には多少の残酷描写が含まれています(・´ω`・) 悩みましたが、苦手な方もおられるかと思いますので、一応R ... 続きを見る

    ジャンル:ファンタジー

  • なるほど、業果

    田辺さん、こんばんは。「業果」、最終話まで拝読しました。 静かな語り口でじわじわと締め上げていくような展開(褒めています)に引き込まれますね。 エストロゲン過剰は果たして本当か、分かりませんが、 タイトルと、「堕ちる」が見事に決まった歴史ものですね。 一気に読んで楽しめました。 有り難うございました!

    業果田辺すみ

    ハトゥン、と私は銀の皿を掲げもって言った。 コンスタンティノープルが堕ちたとのことです。 *物語はフィクションです。効果についてもフィクションですが、食用の際にはご注意下さい。

    ジャンル:その他

  • ああ、さてさて、信頼関係……

    かめさん、こんばんは。 「信頼関係」、拝読しました。 この悩めるテーマを素直に書き綴った印象の一話でした。 そもそも国家っていうのはどういうものなのか、をやっぱり考えないと進めないのかなあ、と思いました。 国境線を変える行為がダメ? いや、あんたらよそでずっとやってきておいて、何を今更…… と思ってしまいます。 引き続き考えましょう。 よろしくお願いいたします。

    戦争について考えるかめ

    ひょんなことから、「戦争について考える」というテーマで、NOVEL DAYSの作者さまと何か書き合おう、ということになりました。 この「ひょん」が、とてもいい感じでした。 どんな事が自分に書けるのか、暗中模索、五里霧中ですが、考えられる限りのことを、書いていけたらと思います。

    ジャンル:その他

  • わぁ(*´ω`*)✨

    お忙しい中での更新ありがとうございます! 終盤での人物紹介、とても深くて感慨深いです( ;∀;)✨✨ 本当、全員が魅力的だなぁって改めて感じてます。 廃炉さんのプロフィールにやにやして何回も読んでます(,,>᎑<,,)ヒャー✨✨ これからの行方も気になりますが、あんこさんのお身体が一番大事ですので!!美味しいもの沢山食べて暖かくしてお過ごしくださいね

    『鬼狩りの鬼』あんこ

    何の変哲もない人生を歩んできた『姫城いろは』。そんな彼女が二十歳を迎えた頃、地元では30年に1度の祭り、【人魚祭】が開催される。その祭は豊年祭と称されているが、地元の選ばれた人間しか参加が許されておらず、参加者はその内容を他言無用とされていた為、集落の住民ですら祭りの内容などは知らされていなかった。 そんな最中、大学生のいろはの元に『人魚祭』への招待状が届く。 注意: 本作品には多少の残酷描写が含まれています(・´ω`・) 悩みましたが、苦手な方もおられるかと思いますので、一応R ... 続きを見る

    ジャンル:ファンタジー

  • 台湾の統一地方選挙事情がよくわかりました。

     今、日本はワールドカップ初戦でドイツに勝った話題一色で、台湾で統一地方選挙が行われているなんて恥ずかしながら認識していませんでした。そう言えば蔡英文総統が演説している姿と、蒋介石のお孫さんが出るというニュース映像をちらりと見たような覚えがあり、その時「コロナ対策で~」という言葉が聞こえたのでオードリー・タンさんが何か選挙に出るのかな~。と大きな誤解をしておりました。このエッセイを読ませていただき統一地方選挙に出る三人の候補の背景がよくわかりました。このような話しかけて貰うような形で読ませていた ... 続きを見る

    台灣懶惰日記~其の貳~南ノ三奈乃

    「台灣懶惰日記」第2弾です。 表紙が新しくなりましたが、内容は相変わらず、あまり役に立ちそうもないことを、だらだらと書いていくつもりです。

    ジャンル:日記・個人ブログ