作品数41
総合評価数739
総合PV数171,033

作者ブックマーク

かめさんのプロフィール

荘子、モンテーニュ、椎名麟三、大江健三郎…太宰、漱石、ドストエフスキーなどが本棚にあります。
どうやって生きて行こう、とずっと考え、どうもせず、来てしまった感あり。

かめさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    創作と投稿についての覚書

    創作論・評論

    • 99

    • 4,807

    • 4

  • 一般小説

    私の学校拒否体験

    ノンフィクション

    • 78

    • 4,667

    • 8

  • 一般小説

    出社拒否体験

    ノンフィクション

    • 7

    • 2,286

    • 0

  • 一般小説

    生きる意味に関する小品

    その他

    • 20

    • 800

    • 1

  • 一般小説

    自分のために書く

    創作論・評論

    • 45

    • 3,225

    • 1

  • 一般小説

    認知症の詩

    社会・思想

    • 10

    • 1,481

    • 1

  • 一般小説

    ホントウに愛するということ

    恋愛論・結婚

    • 15

    • 1,256

    • 0

  • 一般小説

    結婚生活

    恋愛論・結婚

    • 7

    • 475

    • 0

  • 一般小説

    童話、ふたつ。

    その他

    • 7

    • 300

    • 0

  • 一般小説

    恋愛と結婚について

    恋愛論・結婚

    • 35

    • 4,045

    • 3

かめさんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2021年 08月15日|コメント(0)

2021年 06月28日|コメント(0)

ファンレター

  • 哲学的!

    かめさん、こんばんは。 これはいいですね。人間関係を、恋をしっかり洞察し、哲学していると思います。 今日の第三話は、特に心に響きました。 いじめ問題になんらかのヒントが与えられそうな。 有り難うございました。

  • 完結

    かめさん、こんばんは。 帰宅しようと思ったら最終話を見かけました。 「ざる」というのは、含蓄がありますね。かめさんは認知症に関しても考察が深いので、余計にそう感じます。 この主人公が一貫して、達しているような、そうなりきれていないような曖昧な姿勢であることに気付きつつも それに抗うこともない状態を保ち続けているところに、共感というか憧れを抱きました。 有り難うございました!

  • 5話

    かめさん、こんにちは。 子どもをお風呂に入れるところなどで、ほっこり感を出しておきながらの文末……。 これは必然的に続きが気になりますね! 有り難うございました。

  • 3話まで

    かめさん、こんにちは。 2話、3話と確かに、かめさんにとっての新しい世界に踏み込んでいっている印象を受けました。 おやじギャクの痛々しさも良い効果を生んでいると思います。 どんな話が進んでいくのか、楽しみが増えました。 有り難うございます。

  • ちからを感じる

    こんばんは。 「学校拒否体験」などを拝読しているせいか、既読感があります。が、しかし。作者の力の注ぎ方が異なっていると感じます。力強さと、繊細さがうまく配合され、かつ無駄がないという印象です。読み応えを感じます! 引き続き、読ませていただきます。有り難うございました。

  • 歩こう!

    かめさん、お疲れ様です。 「歩こう」、いいじゃないですか。目的というのは、多分、いや大部分? 後付けだと僕は思います。 他人と競う部分があるのも、仕方がないです。 でもやっぱり、素直な心情の吐露をする場というのはあった方がよくて、その手段が文章だという人にとっては このようなサイトが凄く、物凄く役立っていると思います。 もちろんそのせいで、かえって荒むこともあるでしょうが、ある種の解脱的な心境にもなり得るので。 僕はそういう、素直なところがかめさんの魅力だと思っています。 ... 続きを見る

  • 1298話

    かめさん、お元気でしょうか? この子どもの質問は、深いですね。本人は素直に聞いているのでしょうが。 お父さんの答え、かめさんの答え、そして読者の答え。 想いと考えがつながっていくお話でした。 有り難うございました。

  • 92話 鳥籠

    おはようございます。鳥籠に注目した朝です。朝はインコもよく鳴きます。 いい例えだなあ、と思いましたが、結婚の一つの目的というか、真実を短く指摘されていますよね。 僕は頻回ではないですが子どもの頃引っ越しがあり、自分が実家を出た後も、両親が引っ越し。 自分自身も落ち着きがないのですが、その分帰るところに憧れがあり。 結婚して、妻実家が地元に根差しているので、今は心が安定しています。僕も鳥籠に入ったのだろうなあ。 地理的な話にしてしまいましたが、仕事面でも精神的にも、同じことが言えると ... 続きを見る

  • 震災

    かめさん、こんばんは。 思い出します。僕も被災地の住人ではなかったこともあり、同じような心持ちになったはずです。思い出しました。 有り難うございます。

  • 90話

    かめさん、こんにちは。 月と地球との関係が大変よく分かりました。中学受験生には難しいかもしれません(笑)。