キャラクターランキング

  • 1

    △名前:ロギュア

    〇所属:フランバージュ


    リーダー、アレドシア率いるフランバージュの一員。

    メンバーの中ではグラッツと仲良しで

    任務を行う時も常にセットで動いてる事が多々ある。

    大の大人なのに、ほんの些細な事で

    失敗してしまうちょっとお茶目な一面も。

    2
  • 2

    △名前:ブルーノ


    忍(しのび)ばっかりが住むシノヴァシアの関係者で

    普段は子供っぽい表情で接するけれど、一段落着くと大人の口調に変貌する。

    彼はちょっと"とある事情"にて、シルドラにちょっとした

    試練を与える事に。少し謎が残るキャラクターでもある。

    3
  • 3

    その他の登場人物(準備中) ※五十音順


    〈ヴィルジット〉 重役員のネイドルによって、リラに与えられた偽名。冒険者協会の証書には剣士とある。


    〈チャドリ〉   学舎の厨房において食材庫の管理を任されている。ものぐさだが、料理長の信頼は厚い。


    〈ベルカ〉    アマダと共に、歴史研究に従事している学者。思慮の欠ける室長に詰め寄ることがある。


    〈ポロイ〉    二千年前の災厄にて大船団を率い、滅亡寸前まで追い込まれた人類を新大陸へと導いた。

    1

    193|作品名黒衣のリラ作者nopos480808

  • 4

    名前:ルルカ

    初登場:6話

    メインで活躍するお話:????編


    西の大陸にある学園都市「クロノス」出身の少女。

    学園の卒業生で、アンデットなどのモンスターを従わせるネクロマンサー。

    性格はツンツンしていて、スケベな男に対しては厳しい。

    大人嫌いでもあり、グラリオやゴワスなどには突拍子もないあだ名をつけることもしばしば。

    ジャックと出会ってからは「ルルカ様」として君臨。

    1
  • 5

    おもな登場人物 ※五十音順


    〈アマダ〉【二章 五章】
    リラが所属する〈第三・古代史研究室〉のすこし太った室長。「うだつの上がらない、あばら家の亭主」と揶揄されている。気さくで人懐っこそうな顔をしているが、がさつで繊細さなど持ち合わせてはいない。彼の衝動的な行動で研究員たちは振り回され、たびたび危険な目にあわされている。生まれは港町の裕福な商家だが、わけあって学者になる道を選んだ。

    〈ジュナン〉【二章 三章】
    冒険者の一団に属する駆け出しの剣士。魔物退治のあと、しばらくリラと行動を共にする。一人前だと認められたいがために護衛の役目を不服がったり、戦いを前に緊張した表情を見せたりするなど、初々しさの抜けない彼女だが、どこで身につけたのか、洗練された剣の腕をもつ。また、ドラゴンに襲われて生き延びたのだから、強運の持ち主というほかない。

    〈ネイドル〉【一章 三章 四章】
    カンタベルの運営に関わっている重役員だが、魔術や学問への造詣は深くない。厄介な小娘を呼びつけて威圧的な態度で書物奪還を指示した。腹いせのために〈成金趣味のむっつり顔〉と名付けられていることを本人は知る由もない。貴族会という目の上のこぶとエルトランの事件に悩まされているが、彼の関心はもっぱら、美術品の収集や美食に向けられている。

    〈フルミド〉【三章 五章】
    学院に雇われて半年となる初老の用務係。役員の遣いでリラの研究室を訪れ、本部中央棟への呼び出しを告げた。生気に乏しい風貌からは想像できない、器用さと気配りの細やかさをもち合わせている。噂話が好きで人間観察を趣味とするため、リラに助言したり、そのうろたえる姿を見て楽しんだり。さらには、任務に向けた足掛かりをリラに与えることとなる。

    〈ボナルティ〉【一章 三章 四章】
    いつもネイドルの背後に控えている丸眼鏡の小男。彼も同じく役員の地位にあるが、金切り声でわめき立てる姿は、まるで口うるさい官吏だ。リラが、単なる腰巾着だろう、と見て油断したのも無理はない。彼の言い分はこうだ。ただ飯を食わしてやっているのだから恩を返せ。さらに返済金の免除と帰郷の許しという甘美な言葉で、リラの反抗心を完全にくじいた。

    〈マレッタ・トウヤ〉【六章】
    カンタベル学院に勤めて二十余年、学生食堂の厨房を仕切る調理人である。口達者で腕っ節が強く、たとえ貴族の子弟であろうが容赦せずに叱りつけるため、学生たちに恐れられていた。容姿についての表記は少ないが、大勢からの求婚を受けたことがあり、力強い人間性とも相まって魅力的な人物のようだ。我が子と同年代のリラとは、固い友情で結ばれている。

    〈リラ〉【序章~】    
    カンタベル学院で歴史研究に従事する魔術師。険しい山に囲まれたクルルの里で生まれ育つが、放浪の老魔術師に才能を見出されたことから山を下り、同学院において魔術を学んだ。故郷の山道で鍛えられた俊敏性と、丈夫な体をもつ。本人は慎重派だと主張するが、根っからの研究者体質で、とかく興味が先走るため、周囲の見解は必ずしも一致するとは限らない。

    〈ロウマン〉【序章 二章 五章】
    放浪の果て、クルルの里にやってきた老魔術師。山での厳しい暮らしを送る人々の支えとなるべく里の外れに住み着いた。そこで出会った少女の才能を見出し、弟子に迎える。医術にも長けているが、魔術しかり「世の中には万能なものなど存在しない」と弟子を諭す。また、学院で魔術師範を務めるアトワーズとは、過去のいくさにおいて生死を共にした仲だった。

    〈ロスロー〉【四章】

    立派な体格をした、学院でも屈指の実力をもつ魔術師。攻撃魔術の達人であり、学院内外で立てた功績によって称号を授与されている。貴族の出身であることを誇示しないなど、自らには徹底した実力主義を課すいっぽう、伝統や格式を重んじる傾向は強い。最近、酒館で朝まで飲む姿が目撃されている。ふだん堅物なだけあって、酒が入ると面倒な人物に違いない。

    1

    193|作品名黒衣のリラ作者nopos480808

  • 6

    百合好きJK……おえかき荘の住人。百合漫画を描いている。タバコが大好きなヘビースモーカー。28歳。

    1
  • 7

    石坂愛(いしざかあい)……おえかき荘の大家兼住人。高校生のプロ絵師で、かなりのストイック。ほとんど寝ておらず、クマができている。


    1
  • 8

    牧野(まきの)めろん……月刊連載中の漫画家。エロ系が得意。おえかき荘の住人。多忙を極めるため肌荒れが悩み。24歳。


    1
  • 9

    笹塚(ささづか)はじめ……『おえかき荘』の住人。高校生だがプロのイラストレーター。まりものことが好きで、隼人のことを異常なほど敵視する。
    1
  • 10

    マキナ……おえかき荘の住人。絵師。主にラノベの挿絵を仕事としている。明るい子。21歳。
    1
  • 11

    遠藤隼人(えんどうはやと)……本作の主人公。過去友人ができたことがなく、嫌われることを極度に恐れる。まりもが好きだが、彼女に想いを伝えることが怖い。ある日突然まりもの心の声が聞こえるようになる。


    1
  • 12

    犬見(いぬみ)まりも……高校では内緒だが、今をときめく神絵師、みつる本人。破天荒で明るい性格。主人公、隼人のことが好き。


    1
  • 13

    ラベンダー……年齢の話題はタブー。紀元前から生きている。ニンゲンを嫌っている。アロマ連合のマスターで、クレープは自分が発明したといいふらしている。


    Lavender: you mustn't ask her age! She has been living since BC and dislikes ningain - ningain: the dirtiest word for discrimination to human. She has been working as master at the United Nations of Aroma. Her habit is boasting out how she invented the cuisine, crepe in the Humanworld.

    1
  • 14

    米田求政:家臣


    肥後熊本藩の家老米田家の祖となる人

    米田はコメダと読む

    通称は源三郎


    史実よりも早く細川藤孝に仕え

    傅役の立場にあり主人公からは

    源三郎の兄貴と親しみを持って呼ばれる


    現代でも売られている伝統の胃腸薬「三光丸」を作る

    米田一族の出身で医薬に造詣が深い


    淡路細川家では新兵を鍛える鬼軍曹役でもある

    1
  • 15

    細川藤孝:主人公


    従五位下兵部大輔に叙位任官され

    作中では兵部大輔や与一郎と呼ばれることも多い


    戦国武将としては最高級の教養人と知られ

    肥後熊本藩52万石の藩祖となる


    現代では歴史マニアであったおっさんが転生している

    ヒロインの義藤さまに拾われ、義藤さまを助けるために

    室町幕府を再興しようとしている


    室町幕府の奉公衆である淡路守護細川家に養子入りしている

    義父は細川晴広、実父は三淵晴員

    1
  • 16

    足利義藤:ヒロイン


    いわゆる足利義輝で、室町幕府の第13代征夷大将軍なのだが

    なぜか可愛い女の子である

    (なぜ女の子なのかはそのうち本編で明かされる)


    拾った細川藤孝を気に入り側に置いている

    細川藤孝には「食いしん坊将軍」と呼ばれ

    美味しい物を貢がれて餌付けされている


    作中では義藤さまや公方様、大樹と呼ばれる


    ちなみに胸は貧乳である

    1
  • 17

    名前:鈴原カオル

    年齢:17歳

    職業:高校生

    血液型:O型

    星座:みずがめ座


    水原ルカの彼氏。

    SNSの使い方に厳しい。

    常識人だが、甘い言葉に翻弄されやすい性格。

    1
  • 18

    名前:水原ルカ

    年齢:16歳

    職業:高校生

    血液型:AB型

    星座:さそり座

    趣味・特技:SNSの乱用

    将来の夢:起業してTwitter社を買収すること

    好きな食べ物:人の金で食べる焼肉

    好きな言葉:「5000兆円欲しい!」

    好きな虫:エメラルドゴキブリバチ


    鈴原カオルの彼女。

    SNSの使い方がおかしい。

    普段は無口で大人しいが、ぶっとんだ行動をする一面も持ち合わせている。

    1
  • 19

    走耳:スリをして服役中、麗射と知り合う。いつもいるか居ないかわからない存在感の無い男だが、神がかった運動神経を持つ。孤高を保ち誰のことも信じない。茶色の髪と茶色の目。

    1

    275|作品名青銀の風作者Mika-Hujiwara

  • 20

    イラム:麗射と泉で出会った謎を秘めた少女。金髪、青い目。
    1

    275|作品名青銀の風作者Mika-Hujiwara

  • 21

    麗射:「青銀の風」の主人公。絵師を目指して砂漠の真ん中にある「美術工芸研鑽学院(美術工芸院)」にやってくる。砂漠で隊商に見限られたり、ラクダに逃げられたり、艱難辛苦の果てにたどり着いた美術工芸院だが、入試受付は前日で締め切られていた。おおざっぱだが、打たれ強く男気のある性格。常に前向きな彼の周りには、いつの間にか仲間が寄ってくる。黒目、黒髪、肌はやや褐色。
    1

    275|作品名青銀の風作者Mika-Hujiwara

  • 22

    Ardy

    アーティフィシャル・アーザー・ボディ(Artificial other body / Ardy)、通称アーディ

    鉛色に光る金属の身体をした人型の分身体

    1
  • 23

    Claudia mitchell
    1
  • 24

    Chris Farrell
    1
  • 25

    Set
    1
  • 26

    Osiris
    1
  • 27

    △名前:ヴァル=バーンズ


    ティブルエイド編、超重要人物の狼族。

    禁じられた場所 "シノヴァシア" と関わりがあり

    シルドラの両親とも触れ合った過去がある。今は "とある人物" により

    フェルマータ城で幽閉されていて、処刑されようとしている。

    1
  • 28

    アウレリア:

     東ガリア王国の第一王女、グレーデン公爵夫人、フォルクハルトの異母姉。

     グレーデン公爵との間に子がないため、年の離れた弟のフォルクハルトを我が子のように溺愛している。

    1

    170|作品名【連載中】DEUS EX MACHINA作者kei_satsukihara

  • 29

    王后:

     東ガリア国王の第一夫人。アウレリアの実母。フォルクハルト、およびその妹2人の養母。

     政治に口を出すことはないが、その権威は国王を凌ぐとも噂されている。

     フォルクハルトとアウレリアとの間にわだかまる王位継承問題については、これまで一度も自身の立場や意見を公式にも非公式にも表明したことはない。それゆえに様々な波紋を王宮内に投げかけ、憶測が飛び交う原因となっている。

    1

    170|作品名【連載中】DEUS EX MACHINA作者kei_satsukihara

  • 30

    タイス:

     ダニエルの付き人。

    1

    170|作品名【連載中】DEUS EX MACHINA作者kei_satsukihara

  • 31

    イザーク:

     傭兵団〈灰猫〉の団長

    1

    170|作品名【連載中】DEUS EX MACHINA作者kei_satsukihara

  • 32

    ウド・ジークムント・フォン・オーレンドルフ:

     オーレンドルフ家長男。色を好みすぎて実家からは勘当されている。

     フォルクハルトの右腕を自称しているが当のフォルクハルトには煙たがられており、願わくば消えてくれと思われている。

    1

    170|作品名【連載中】DEUS EX MACHINA作者kei_satsukihara

  • 33

    ダニエル・ド・ワロキエ:

     西ゴール王国の王弟。呪われた王弟として東西ガリア中にその名が知れ渡っている。

    1

    170|作品名【連載中】DEUS EX MACHINA作者kei_satsukihara

  • 34

    フォルクハルト・フォン・ツアミューレン:

     東ガリア王国の王太子。王都にはほとんど寄り付かずに戦場を駆け巡る日々を過ごしている。

     とにもかくにも死にたがりで、周囲をやきもきとさせている。

    1

    170|作品名【連載中】DEUS EX MACHINA作者kei_satsukihara