キャラクターランキング

  • 1

    山田太郎

    元道具屋の店主。高レベルな魔法の腕を持っているが、

    なぜか関西弁の守銭奴とやけに現代的な性格。

    「ドカベンって呼んでもええで」と言ったり、

    偽名で岩鬼正美を名乗るなど、某野球漫画に謎のこだわりあり。

    12

    264|作品名ドカベン魔法使いとの金汚い冒険作者dog_mag

  • 2

    【餅から】

    面白い書き出しは非常に重要ですよね。

    皆さんの作品に期待しつつ、

    1位を狙うぜおらー! おらおらー!

    12
  • 3

    名前:コリン・レトエラ




    性別:女性(5歳)


     生まれてすぐ両親を亡くし、修道院に引き取られた少女。「努力することが好き」という性格で、凄まじい集中力を持つ。一度やりたいと思ったことは周りが引くほど努力し、必ず習得してしまう。そのため、まだ5歳にもかかわらず聖書のすべてを暗記している。


     自分の名前の由来となった『コリントの信徒への手紙』に、著者が伝道のため「ユダヤ人に対してはユダヤ人のように、弱い人に対しては弱い人のように、すべての人に対してすべてのものになった」と書き記していることから、「自分もどんな人にもなりきって、みんなに神様のことを伝えるんだ!」と決心したところ、魔人として覚醒した。


     魔人になってからは、教会から頼まれた様々な事件の解決に勤しんでいた。その依頼の一つに「悪魔の使い」と噂される黒猫ペンタの討伐があったが、彼女はペンタに会った瞬間一目惚れしてしまう。「自分が飼い主になるからペンタの討伐を取り下げて!」と教会に頼み込み、要求を通してからというもの、どこへ行くにもペンタを連れて回る日々を送っている。




    能力名:ミラクル・コピー・アクター


     自分が出会った人に成りきることができる能力。その人の容姿、能力、仕草、声など、どれでも全て再現することができる。すなわち、相手が魔法を使うなら魔法を使えるように、馬鹿力を振るうなら馬鹿力を振るえるようになる。


        ただし、自分が初めて成りきる相手については、最初数分しか能力を維持できない。繰り返し能力を使用することでだんだんと「成り切り時間」が伸びていく。また、容姿についてはコリン自身がまだ子どもであるためか、ロリの姿しか再現できない。きっとコリンの成長と共に再現できる姿も豊富になることだろう。




    戦う動機:「みんなに神様のことを伝えて、ペンタと幸せに暮らすの!」


    イラスト:『CHARATぷち』


    作者 : ヤドナシ

    11
  • 4


    「拙者の名前は半額侍!

     小数点以下――斬り捨て御免!!」



    デフレーションの侍

    ○小太刀 半蔵(こだち はんぞう)



    この世の中に不満を持ち、

    全てを等しく半分にしようと目論んでいる青年。

    毎晩の食事も自分で用意しなければならないぐらい極貧かつ特殊な家庭に生まれ育ち、お金を持つことも使うことも贅沢だと考えるようになる。

    それが両親が殺害され組織に引き取られるまでの、15年間。


    15歳からは魔人候補生と呼ばれる孤児の少年少女と、

    施設での集団生活をさせられるようになる。

    スーパーでバイトを始め、一般的な価値観を学んでいった。

    初めて手にするお金の重み――彼は少しずつ人間に近づいていく。

    だが、すぐに物価の高さに辟易を覚えてしまう。

    低賃金で働かされ、買いたいものを諦めたときの悔しさ。


    もしも物価が半分になったら、今あるお金を2倍使えるのでは――。


    そのことを施設長に話すと、男は嬉しそうに笑い、目一杯褒めた。

    そして17歳の誕生日、彼は一振りの真剣をプレゼントされる。

    「さぁ、これを使え。そして世界をぶった斬るのだ」

    彼はありったけの不満を籠めて、斬撃を放った。

    その日、世界の物価が半分に変わる――。


    それから彼は半額侍を名乗るようになると、

    不満あるものを片っ端から半分にすることにした。




    能力名:半額斬《Half is Beautiful》

    あらゆるものを半分に変えることのできる能力。

    完熟卵を半熟に。

    20才の女性を10才に。

    富士山の標高も半分に。

    こんにゃくだって、真っ二つ。

    地球の直径を半分にすることも――出来る。



    戦う動機:世界を創り直すため。




    イラスト:三日月アルペジオ様

    作者:如月真琴


    10
  • 5

    ○ゆるふわ侵略系堕天使 ヘリオス

    性別:女



    それは彼女がまだ天使だった頃――。

    「神様ー、地上の建築物って素晴らしいッスよね」

    「そうですね。彼らの文化の結晶ですからね」

    「特にトーテムポールとか最高ッスよね」

    「ごめん何言ってるか分からない。もう話しかけてこないで」

    美的センスの違いで堕天させられた。



    あれから長い年月が経って。

    薄暗い魔界に閉じ込められた彼女は、機が熟すのを待っていた。

    どうしてアレの魅力を分かってくれないのだろう――。

    愛らしいデザイン、そびえ立つ間抜け面、民族感。


    十分に力を蓄えた彼女は地上へと飛び立った。

    かつてアレを否定した神に一泡吹かせるため。

    ――トーテムポールで地上を支配するのだ。




    能力名:パンデミック・トーテムポール

    周囲にトーテムポールを生やし、景観を台無しにする能力。

    すさまじい繁殖速度で生え続け、

    10時間もしないうちに地上はトーテムポール一色に染まる。

    一度発動したら最後、地上がトーテムポールで埋め尽くされるか、

    彼女が死ぬまで能力は終わらない。

    雑木林の如くトーテムポールが立ち並び、

    それに触れた者もトーテムポールに変わる。

    普通にえげつない。




    戦う動機:神にトーテムポールの素晴らしさを認めてもらうため。




    イラスト:ゆうひな様

    作者:如月真琴

    10
  • 6

    「たとえ何があろうとも、私はマスターのために……」


    名前:桜花(おうか)


    性別:女(6才くらいの外見)


    特殊能力:

    『その輝きは、マスターがくれた生命の灯火

    (ウィッシュオブドール)』

    魔人になった時に得た力を消費して、望む結果を得る能力。

    ただし、消費した力を回復する術はない。

    消費する力の量は、願いの大きさによって変わる。

    力を完全に使い果たした時、人の姿を保てなくなり死を迎える。

    普段は、肉体の維持・動作以上に力を消費することを極力避けている。


    設定:

    元々は捨てられていたお人形。

    意識が生まれた時には、すでにゴミ捨て場に居た。

    このまま消えていくと思っていたところをマスター(現持ち主)に拾われた。

    なので、マスターに報いたいという思いから魔人の力に目覚めた。

    マスターが望むならば、どんなことであろうと行う。

    能力使用をなるべく控えるため、普段は日本刀で戦う。


    動機:マスターのため



    作成者:しゃりおっと


    備考:

    マスターについては、書く方に一任します。

    アイコンは、公式のファンタジー/動物の人形をベースにきゃらふとで作成しました。

    10
  • 7

    名前:翼


    性別:


    特殊能力:はえる。


    キャラクター設定:純白。でっかい。日常生活に支障が出るでかさ。


    相手を倒したい理由:気がついたらはえていた。特に自我らしきものは感じられない。






    画像 いらすとやhttp://www.irasutoya.com/2016/06/blog-post_679.html?m=1

    作者:木家

    9
  • 8

    須磨楓子(すまかえでこ)

    紅月のもう一人の親友。
    国立光文学園高等部一年六組所属。16歳。
    紅月の「唯一」の親友を名乗っているため、銀太とは犬猿の仲。
    高飛車で傲慢だが、これは自分の実力への自信の表れである。実際に普通科クラスの中ではトップクラスの成績を誇る。
    学園封鎖後はショッピングモールにて幹部の一人になっている。

    シンボル:皮手袋
    コンプレックス:『茹でた隠元豆のある柔らかい構造(内乱の予感)』
     シンボルをつけた拳で殴られた人間はその部位を認識できなくなる。攻撃された部位は透明に見え、同時にその機能も失う。
    9

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 9

    「ここどこ……ひうっ!?」


    名前:フィーア


    性別:女(5才)


    特殊能力:こ、来ないで……

     彼女を中心とした直径1メートルから3メートルの空間(茹で玉子の白身みたいな範囲)にある対象を任意の方向・速度で弾き飛ばす。

     一部分でも範囲内にあれば、人でも物でも光や魔法でも対象にとれる。

     空間の強度は、攻撃特化魔人の本気の一撃でなんとか貫ける程度。

     ただし、無理矢理壊されるとその反動で心も壊れる。


    設定:

     とにかく人見知りで臆病な女の子。

     迷子になり、その心細さと恐怖から魔人化した。

     人が近づいてきたり話しかけられたりすると、必死で逃げる。

     魔人の脚力で逃げるので、さらに迷子になるという負のスパイラル中。

     追い付かれると、能力を乱発する。 


    動機:近づいてくるから


    作者:しゃりおっと

    9
  • 10

    『ごめんなさい。それでも私は、死ぬわけにはいかないんです……』


    咲理(さくり)

    性別:女

    10才のまま不老


    その昔、鬼が村に天災を起こした。

    それを抑えるために彼女が生贄としてささげられた。

    しかし、鬼は彼女の体を乗っ取り村で暴れまわった。

    なんとか村を守りたいという思いから魔人化して、その能力で鬼を封印していた。


    能力名:人身御供の封印術

    自身の体を憑代にして、対象を封印する力。

    何かを封印している間は、自身も永い眠りにつく。

    しかし、最近の力を抑えきれなくなり目が覚めた。


    戦いにおいての能力としては、鬼の妖術を使わされる。

    天災を起こす能力・火がメイン


    戦う動機:鬼の力を抑えきれなくなって、時々周りに被害が出る。

    自分が死ぬと封印が完全に解けてしまうため、襲ってくる相手から身を守る。


    きゃらふと・しゃりおっと作


    9
  • 11

    【名前】

    夕陽トモ/ともちゃん


    【能力内容】

    厨二詠唱(チューニ・アリア)


    中学二年生の時、魔人に目覚めた少女。当時、厨二病であった彼女は、厨二病的詠唱によって、それっぽい攻撃を現実世界に具現化できるようになった。具現化される攻撃は「詠唱内容」に左右され、詠唱の「厨二病度」に比例して攻撃が強くなる。

    しかし、高校生となった彼女にとって、厨二病は黒歴史であり、厨二病的詠唱とともに激しい羞恥感に襲われる。「その羞恥を上回る羞恥で相殺すればチャラになる」という血迷った理論により、攻撃後は卑猥な言葉を連呼するのだが、側から見ればただの恥の上塗りである。


    【戦う動機】

    オシャレで今時な普通の女子高生になりたい。戦いたくない。

    魔人に戦いを挑まれる度に普通から遠ざかり、泣きながら帰っている。


    イラスト:駒澤 零さん

    https://twitter.com/ren_ren0824


    作者:戌井猫太郎

    8
  • 12

    名前:元興寺 月山(がんこうじ がっさん)


    性別:男


    設定:

    希望崎学園に通う学生魔人。はちきれんばかりの筋肉を薄汚れた学ランで覆い、ボロボロの学生帽を身に着け、プリーツスカートを履き、口には猫じゃらしを咥えている眼光鋭き男。その姿はまさに"番長"と呼ぶに相応しい出で立ちだが、番長グループに所属しているわけではなく、独立勢力【苦労婆婦威留怒(読み:クローバーフィールド)】として活動している。学ランから覗く赤Tシャツは喧嘩相手の血が目立たないようにしているという噂だが、事実は不明。

    見た目が厳ついため周囲の生徒からは怖がられ避けられる傾向にあるが、実際は温厚な性格。だが強者とのギリギリの勝負は大好き。

    趣味は武者修行を兼ねた旅行。




    能力:

    『メクルリ・フワート』


     意識を集中することでスカートをめくることができる能力。めくり幅はかなり応用が効き、背後から気づかれないようにそっとめくるも良し、前方を勢いよく大胆にめくり上げるも良し。横でも斜めでも壁越しでも対応できる。10メートル離れた場所から女子高生のスカートをめくり上げ、通りすがりの魔人が泣きながら警察に連れて行かれたのも遠い昔の思い出。

     能力に対応しているスカートも多く、一般的なロングスカートからミニスカート、女子高生のスカート。エリマキトカゲのエリでもめくることができるし、スコットランドの民族衣装であるキルトのように男性が履いていても問題ない。(余談だが、スコットランドは元々スカートランドと呼ばれていたほどのスカート大国である)

     また同時に複数のスカートをめくることもでき、スカートの気配(俗に言うスカトニウム)を感じることができれば数百のスカートを一度にめくることができる。実際、月山は授業中に全校生徒のスカートを一度にめくり上げて停学処分されたこともある。



    戦う動機:巨大なスカトニウムを感じたから


    イラスト:いらすとや(+少し加工)


    作者:餅から

    8
  • 13

    鹿島 春男(かしま はるお)

      

    性別:男性

     

    大学生。

    バイトで貯めた金をすぐに趣味の自殺に使ってしまうためいつも金欠。

    高層ビルの屋上から飛び降りるのが最高にエキサイティングらしい。

    ただ趣味を共有できる仲間がいないのがちょっと寂しい。

    最近は特に困窮していて気軽に死ねないため鬱憤が溜まっている。

    復活時に全快する特性を活かして、餓死で食費を浮かせられないかと画策中。

     

    能力名:安い命

    1080円を支払うことでひとつ命を増やせる。

    10800円で11個のお得なパックもある。

     

    戦う動機:遊ぶ金欲しさに

     

    作者:qaz

    8
  • 14

    「エモーションソード『恐怖』!」


    名前:ふぃる


    性別:女(10歳)


    特殊能力:エモーションソード

     自身の感情を刀剣に変える能力

     込める感情の強さや純粋さによって、刀身の大きさや強度が変わる。

     この刀で斬られると、相手はその感情に支配される。(肉体的ダメージはない)

     代償は「何かを斬るたびに、自身の中のその感情が消えていく」こと

     刀身として使う感情の変更は自由


    設定:

     自身の感情から武器を生み出せるため、都合のいい人型兵器

     彼女自身はそのことを嫌だと思っているが、その感情さえも刀身として消費している。

     恋愛感情は、まだ生まれていない。


    動機:上の命令


    作成者:しゃりおっと

    8
  • 15

    大室銀太(おおむろぎんた)

    第一部の主人公。
    国立光文学園高等部一年八組所属。15歳。
    中性的な顔立ちで少女と間違えられることもあるが、性格は偏執的かつ執念深い。
    これまで一般市民として生きてきたために戦闘の経験が一切ない。それゆえ学園の封鎖を乗り切るための戦闘では変則的な戦法に頼らざるを得ない。

    シンボル:鋏
    第一のコンプレックス:『緑の家』
     シンボルの鋏はその強度に関係なく物体を切断する。そのとき物体の連続性は保たれたままになる。切断面を合わせれば、分断したものは再び接合する。
    第二のコンプレックス:『石蹴り遊び』
     『緑の家』によって切断した異なる物質を接合する。接合された物体は元の二つの物質の性質が混ざり合う。時間の経過とともに、物質は元の物質のどちらかの性質へと帰着する。
    第三のコンプレックス:『百年の孤独』
     シンボルである鋏に「意思」を与える。鋏はその意思を遂行するように自動駆動するようになる。あくまで鋏は意思を与えられただけであり、生物化していたり、能力者が操作したりしているわけではない。
     鋏の移動のさいは床や壁など、物体を切り裂きながらでなければならない。
    8

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 16

    名前:根来 忍太郎(ねごろ にんたろう)

    性別:男


    いっけなーい、遅刻遅刻でござるー!

    拙者は由緒正しき根来衆の魔人忍者、根来忍太郎!ちょっと寝坊して関が原に遅参しそうなところでござる!

    急いで走っていた拙者はつい足を滑らせて意識を失い……気がついたら、えーっ!ここは異人の言葉でいうところの2017年の日本でござるかー!?

    拙者、異人の言うところのタイムスリップしちゃったでござるー!?

    しちゃったものはしかたないでござる。豊臣も徳川も滅んだし、異人の言葉でいうところの太平の世ライフを満喫するでござる!

    えぇっ!?この世界の人間は戦も無くて平和ボケしてるんでござるか!?それじゃあ拙者、忍術で無双できるじゃないでござるかー!

    そういうわけで、拙者はヤバめの暗殺依頼とかを受けて金子を稼ぎ、太平の世ライフを満喫しているでござる。

    どれどれ、次の偉人の言葉でいうところのターゲットは誰でござるかなー?……



    能力名:アルティメット魔人忍法

    戦国仕込みの魔人忍法。分身したり消えたり水の上を走ったりその他忍術っぽいことが色々できる。

    手裏剣も投げられる。


    戦う動機:


    イラスト:いらすとやさんよりお借りしました(http://www.irasutoya.com/)

    作者:不祝誕生日

    8
  • 17

    偽りの国のアリス

    性別:女



    かつて7つの童話を滅ぼした災厄の魔女。

    その起源は「純粋な心持ちのアリス」と共に生まれ、

    童話に選ばれることの無かったもう一人のアリスだった。

    醜い風貌から主人公になりそこねたアリスの友人の成れの果てである。


    ある日、彼女は童話を作り変え、自在に世界を壊す力を手に入れた。

    誰よりも残忍で嫉妬深い魔女として、彼女は生まれ変わった。

    アリスを絞殺し、赤ずきんを撲殺し、白雪姫を毒殺し、

    シンデレラを呪殺し、人魚姫を溺殺し、七人の小人を殺戮した。

    異国のランプを叩き割り、千夜一夜を踏みにじった。

    彼女は誰一人許せなかった。だから彼らを殺して回ったのだ。

    やがて――自分がとても美しい姿をしていることに気付いた。


    だから彼女は、自分が童話の主人公になれるように世界を書き換えた。



    能力名:アリス・イン・ザ・ワールド

    童話の筋書きを改変することの出来る能力。

    既に発生している童話に干渉し、その童話を自在に操ることが出来る。

    その童話に対するメタ的理解力を必要とするが、

    それを補うための魔術書を妖精から授かっているため、

    あらゆる物語の前提知識を得ることが出来た。

    その力を応用して彼女は自分特権の童話で世界を染め上げた。


    ――ただし、長い時を得て、彼女の能力は衰えていた。

    そのことに未だ彼女自身は気付いていない。



    戦う動機:自分以外の主人公を殺すため。




    むかしむかし、あるところに美しい姫君がおりました。

    彼女は誰からも崇められ、讃えられ、男を魅了していきました。

    遠い国の王子様が毎晩のように訪れては、求婚していきます。

    けれど、彼女は決してその思いに応えず、王子様を殺しました。

    石造りの美しい城下町を見下ろし、彼女は今日もつぶやきます。

    「私を満たしてくれるアリスは現れないのか――」と。

    そんな偽りの国のアリスの前に、9人目の主人公が姿を見せます。

    それは、遠い世界からの来訪者でした――。




    イラスト:ゆうひな様

    作者:如月真琴

    8
  • 18

    名前、衣笠三笠


    性別、女


    年齢、22歳


    能力、アメニモマケズ

    傘を鉄のように硬くする能力。

    日笠は不幸体質で、よく雨に降られる。傘を常備はしていたのだが、その不幸体質が原因で壊れることが多かった。

    それを煩わしく思い続け、硬い傘が欲しいと願って生まれた能力。

    車に轢かれても壊れず、例え銃弾に撃たれようと壊れない傘になる。


    性格

    少し不幸体質な女性。

    その中でも、特に雨に降られることが多く、しかも傘が高確率で壊れることに嘆くくらいに普通の女性。

    なので、能力の発現時、日笠は泣いて喜んだ。しかし、傘があろうと、横風が強い雨の日など、濡れる時は濡れるという事、を思い出したのは次の嵐の日だった。

    現在は雨を楽しむ余裕も出て来ている。

    職業は天気予報士。出るとなかなかの確率で予報が外れてしまう、お天気お姉さんと本人からしたら不本意な形で人気を博している。

    また、魔人なので生放送中にほかの魔人に襲われることもあるのだが、軒並み返り討ちにするくらいに戦闘力はある。(あくまで不幸体質なだけであり、ドジではない

    それも名物コーナーとなってしまい、上には視聴率が取れると喜ばれているが、本人はなかなか深刻になやんでいる。


    作者:knavery

    7
  • 19

    せんせい(先生)

    主に答える側

    7
  • 20

    久恵里(くえり)

    主に質問する側

    7
  • 21

    ◾カワイ姫(1019歳/♀)

    異世界のとある小国、レッドブック家の姫様。一応天使。

    異能力総合学院を目指す受験生。

    ガリ勉風だが999年浪人中。

    自信家かつ傲慢なドM。


    ただでさえM気質ではあるが、真価が発揮されるのは難問に直面した時。試験問題を脳内擬人化し、問題を解くことができない自分を問題が責めてくるという妄想をして最大限興奮するという奇特すぎる性癖を持つ。


    彼女が眼鏡を外した時、何かが起こる……ような起こらないような。

    7
  • 22


    「またのご来館をお待ちしておりますにゃ」



    リピーターの途絶えた旅館女将

    ○山猫 名子(やまねこ なご)

    性別:女



    秘境にそびえるちっぽけな温泉旅館、山猫館の末代女将。

    ここに泊まるものは極上のサービスが受けられるという噂。

    ――けれど、誰もここがどんな旅館であるか語るものの居ないという、曰く付きの旅館であった。

    そんなミステリアスな曰くも口コミに乗りつつ、

    怖いもの見たさに人々は訪れようとする。

    もっとも、旅館は深い霧に包まれ、簡単には辿り着けない仕組みなのだが。


    山猫家は見ての通り、ネコ娘の一族である。

    一族代々女しか生まれず、人間の男と結婚しても必ずネコ娘の女しか生まれないという、独特の血が流れ継がれていた。


    獣耳を持つもの、人と関わり持つことなかれ――。

    先祖様の古い教えに従い、山奥の集落でひっそりと暮らしてきた由緒正しい猫一族であった。

    子孫繁栄以外に人間の手を借りることなく、

    一度結婚した人間ともすぐ縁を切るほど人間を毛嫌いしている。


    ――そのはずだったが、母は本気で人間に恋をしてしまい、

    慣習を破って人間と関わりを持つようになってしまう。

    旦那の力も借りて温泉旅館を建てると、人間のために尽くしはじめる。

    名子は物心がつくまで、二人が幸せだと信じていた。


    ある日、母が命を落とした。旦那の暴力によって。

    彼女は日頃脅され、無理やり働かされていたのだ。

    「おい、名子。バカな母の代わりに働きやがれ」

    吐き捨てる父の喉元を、名子は強く噛み千切った。


    一人になった名子は、山猫館の主を襲名するようになる。

    人間を幸せにする代わりに、彼らを生きて帰さない――。

    それが、山猫名子に与えられた復讐だった。




    能力名:注文の多い温泉旅館

    自分が対象に尽くす代わりに、対象を自分の言いなりにする能力。

    催眠術の一種。相手が一番求めているものを探ることも出来る。

    ギブアンドテイク。お代は命で結構。




    戦う動機:人間に一矢報いるため。




    イラスト:ジュエルセイバーFREE様

    作者:如月真琴


    7
  • 23

    カイカ

    冒険者の戦士。腕前に自信があったので難関ダンジョンに挑戦してみたものの、準備不足で傷薬がなくなりピンチに陥るちょっとしたマヌケ。腕は確からしいが、コミュ力がないと山田にディスられている。

    7

    264|作品名ドカベン魔法使いとの金汚い冒険作者dog_mag

  • 24

    「愛で世界を救っちゃいます!」



    愛と勇気の無敵女神

    ○ジルハルコン・メイプルシロップ

    性別:女



    いつも天上を騒がせている、生命の誕生を司るおてんば女神。

    愛が満ちるとき世界から争いが無くなると本気で思っている。


    世界各地で「ジルちゃん様」の愛称で信仰されている、れっきとした神柱の一本。

    よく下界に降りては愛の布教と称した握手会を行い、

    ファンを増やして帰っていくが、ちゃんとした女神。

    たまに吟遊詩人と間違われても女神。

    お酒が大好きジルちゃん様。

    村の酒場で騒いでいる姿も目撃されている。


    魔王が現れ世界に闇が満ちたとき、

    彼女はその動向を注意深く見守っていた。

    他の神々から止められているため彼女自身が動くことは出来なかったが、勇者や魔王が争いの果てに傷つくことは無いか心配だった。

    どちらが死ぬことも許してはおけなかった。


    しかし――待てども待てども魔王に立ち向かう者が現れない。

    この世界の住民は臆病だった。謂れのない憎しみに怯えていた。

    やがて痺れを切らした彼女は神々の静止を振り払い、再び下界に降り立つ。


    魔王と民が平和に暮らせるその日まで、ジルちゃん様が世界を救う!!




    能力名:アイ・シールド・インフィニティ

    愛する者からの一切の攻撃を無効化する能力。

    彼女が愛することに決めた対象からの

    あらゆる殺傷や魔法などの悪い影響を受けなくなる。


    また、彼女の攻撃で傷ついたあらゆる生物を任意で再生させることも出来る。

    すでに死んでいる魂さえ、即時に蘇生される。

    愛さえあれば誰も傷つくことのない――彼女の望んだ世界の叶え方。




    戦う動機:魔王と一杯交わすため。




    イラスト:ジュエルセイバーFREE様

    作者:如月真琴

    7
  • 25

    名前:山添 涼(やまぞえ りょう)




    性別:男




    特殊能力:愛の検閲者


    涼に対しての色恋沙汰が絡んだ発言、行動、文字等全てに自動発動し、涼自身が最も自然と感じるノイズに変換される。


    要するに告白やそれを仄めかす情報が全てシャットアウトされ、風の音とかになってしまう。泣かせた女は星の数。




    キャラクター設定:両親の仕事の都合で引っ越してきた高校二年生で、やや幼い印象の残る美少年。誰に対しても分け隔てなく優しくに接するが、今までに特別な相手がいたことはない。




    動機:当然、恋に意図などない。

    7
  • 26

    【名前】

    裏御坂 宇良(うらみさか うら)


    【性別】女性

    家族を魔人に嬲り殺しにされたことから、存在するすべての魔人を憎むようになる。

    なにも出来ない一般人である自分を歯がゆく思っているうちに、忌まわしき魔人の能力に目覚めた。


    【能力名】報復絶倒の支援

    ある特定の魔人を恨んでいる人間(魔人でも可)に、相手を倒すことに特化した能力を与える。

    力を得た者は、怨みの対象である魔人を殺したあと、まもなく死亡する。


    【戦う動機】

    この能力を使ってすべての魔人を滅ぼし、最後に自分も死のうと考えている。


    【アイコン】

     トークメーカー公式より女の子の1ページ目


    【作者】

    高波一乱

    7
  • 27

    【名前】松野 馳夫(まつの はせお)

    【性別】男性
    幼い頃、バナナの皮に滑って全治三週間の怪我を負って以来、バナナの持つ攻撃力に着目し、バナナ武術の完成に努めてきた男……今では全国バナナ武術連盟の会長にして、世界でも五つの指に入るバナナユーザーの一人である。もとはただのバナナユーザーであったが、知られざるバナナの活用法について真剣に考えているうちに魔人となった。

    【能力名】イエローシップオペレーション
    一度手にしたバナナであれば、自由自在に操ることができる。バナナのみに働く念力操作のようなもの。バナナの皮、実、果汁などを使って、あらゆる攻撃を繰り出すことができる。松野は常に数本のバナナを身につけている他、自宅にも大量のバナナをストックしている。有事の際には、それらのバナナを遠隔操作で呼び出すのだ。

    【戦う動機】「私はバナナを極めし者……戦いなら、いつだって受けて立ちますよ」

    【作者】ヤドナシ

    7
  • 28

    【名前】椎野加奈


    【性別】女性


    人形やぬいぐるみを作るのが好きな女の子。ある時、通り魔に刺されてしまうが、たまたま持ち歩いていた人形がクッションになって死なずに済んだ。それからは「人形が自分を守ってくれる」と思うようになり、気がついたら魔人能力が覚醒していた。


    【能力名】スケープドール


    持ち歩いてる人形を自分の身代わりにできる能力。人形を持ち歩いてる間は、事故や怪我をしそうになっても代わりにダメージを受けてもらえる。人形と認識できるものなら何でも良い。


    【戦う動機】死にたくないから。


    【作者】ヤドナシ

    7
  • 29

    埜切秋姫(のぎりあきひめ)

    綴のクラスメートであり、親友。銀太とは初めて会ったときから友達以上、恋人未満の関係。
    国立光文学園高等部二年十二組(芸術科クラス)所属。16歳。
    気弱な性格であり、自分の意見をなかなか出せない。この性格は自分のコンプレックスが他人のものよりも実用性に欠けることと無関係ではない。
    癖毛を気にしており、外出するときは必ず帽子を被る。そのために帽子集めも趣味になっている。

    シンボル:???
    コンプレックス:『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
     手で触れた小さな傷を塞ぐ。
    7

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 30

    大室綴(おおむろつづり)

    銀太の姉。紅月にとっても姉貴分である。
    国立光文学園高等部二年十二組(芸術科クラス)所属。17歳。
    自分にも他人にも甘く、銀太と紅月の二人を溺愛している。
    一人称が「お姉ちゃん」。
    文学に精通しており、編纂者を志している。

    シンボル:豆本
    コンプレックス:『バベルの図書館』
     シンボルの豆本は無限の頁を持ち、際限なく情報を書き込める。文章の記入・消去は念写により行う。このコンプレックスはあくまで「無限に情報を記録する」能力であり、「頁を入れ替えて情報を整理する」能力はない。
    7

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 31

    瀧川紅月(たきがわべにづき)

    第一部のメインヒロイン。
    大室姉弟の幼馴染。
    七人しか在籍していない特別科クラスに唯一の一年生として所属している。生徒会庶務兼任。16歳。
    男勝りで、非常に野蛮な言動が目立つ。その反面、緊急事態でも冷静に対処するだけの胆力と機知を持ち合わせている。

    シンボル:ハンドベル
    第一のコンプレックス:『太陽の塔』
     能力の範囲内にある最も速度の速い物体を爆破する。このとき、能力の対象には能力者自身も含まれる。
    第二のコンプレックス:『明日の神話』
     能力の範囲内にある一定の速度の超えたすべての物体を爆破する。この一定の速度はスペクトルによって設定される。
    7

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 32

    ○葵 りんご(あおい りんご)

    性別:女


    恋に恋する年頃の女の子。小学2年生。

    目に見えるもの全てに恋してしまう困った癖がある。

    「あの蜘蛛さんが将来の伴侶なら」なんて妄想に明け暮れていた。


    12姉妹の末っ子として出生。

    たくさんの姉に囲まれながら、誰とも結ばれないもどかしさ。

    ついに妄想を溜め込みすぎた彼女は、魔人能力を発症してしまう。


    それからの人生は彼女にとって幸せそのものだった。

    欲しいもの全ては思うままに。虫も、花も、人の心も。

    ――みんな相思相愛で楽しい夢のよう。

    ――11人の姉と両親に愛され、選り取りみどり。

    ――目に映る全てに恋されてしまう困った体質。




    翌朝、彼女の目に映ったのは11人の死体だった。

    虫も花も人間も。何もかもが横たわる悪夢の中。

    現在は孤児院に預けられ、新しい恋の相手を探している。

    その果実には、毒が詰まっていた。



    能力名:禁断の果実

    対象と相思相愛になる能力。

    恋したもの全てに愛される、幼くもえげつない理想の押しつけ。

    相手は徐々に心を蝕まれ、記憶や理性を失いながら彼女に恋していく。

    能力が全身を食い尽くしたとき、対象は例外なく死ぬ。



    戦う動機:次の恋人を探すため。




    イラスト:ジュエルセイバーFREE様

    作者:如月真琴

    7
  • 33

    「犯人はあなたで……えっ、違うの? ごめんなさ~いっ!?」


    名前:心菜(しんな)


    性別:女(7才)


    特殊能力:三度目の正直

     三回目に指摘した人は必ず真犯人という能力。


     彼女の推理は基本めちゃくちゃ(本人としては大真面目)だが、三回目に指摘する犯人だけは絶対に正解している。

     ただし、動機や証拠は相変わらずめちゃくちゃ。

     この能力に気付いている人はほとんどいない(本人も気づいていない)



    設定:

     アニメを見てて探偵に憧れた女の子。

     メチャクチャな推理をしては、そのたびに怒られる。

     能力と偶然によって奇跡的に正しい推理をしたとしても、信じてもらえることは少ない。

     周りの評価は「探偵としてはダメダメだが、根は素直でいい子」

     ちなみに、彼女が本格的な事件に関わったことは一度もない。



    動機:なんか、まきこまれた

    作者:しゃりおっと

    7
  • 34

    「おかしくれるの? わーい!」

    名前:まあや

    性別:女(6才)

    特殊能力:「みーんなわすれて、いっしょにあそぼ?」
     話してる相手に幸せと安らぎを与える能力(無自覚)
     彼女と話す人間は、彼女と一緒に遊びたくなる
     彼女と遊んでいる内に、嫌な記憶からどんどん忘れていく
     最終的には「幸せ」以外がなくなる

    設定:

     お菓子に釣られて誰かにホイホイ着いていくような、ものすごく危なっかしい子。
     なのでよく誘拐される……のだが、能力のせいで誘拐犯が廃人になる。
     まぁ彼女は遊んでもらったとしか思わないし、誘拐犯もある意味幸せになったのでwin-winなのかもしれない

    動機:あそんでくれるの?


    作者:しゃりおっと

    7
  • 35

    サイッコラ愛花(さいっこら あいか)

    嗣業学園高等学校の女子生徒であり、熱心なペンテコステ派キリスト教徒。

    世間で言うところのキリスト教原理主義者<ファンダメンタリスト>であり、嗣業学園の聖書科の授業内容に反発する。

    7

    208|作品名天の国の猛騎兵(ハッカペル)作者ho_poneros

  • 36

    【しゃりおっと】

    それを読むかどうかはヒロインが魅力的かどうかで7割がた決める人

    だからかわいい女の子が書きたい

    7
  • 37

    世界の指圧師シリーズその17


    名前:秀堂指音

    性別:男

    年齢:32歳

    設定:

     近頃評判の指圧師。都内に店を構えている。携帯はガラケー。


     マッサージテクニックは極めて高い。自身が考案した独自の技法を用いる。彼のマッサージ施術を受けた者は心も体も元気になる。


     その効能は血流の促進や、筋肉のもみほぐし、体内バランスの整調、リラックスによる精神の安定化など多岐に渡る。

     (ちなみにマッサージ自体は死ぬほど痛い。)


     ツボ刺激による血流操作である程度傷の回復を早めることも出来るが、これはあくまで湯治のような現実的な範囲で、である。

     彼の技術は独学の研究の成果であり、魔人能力ではない。


     そんな彼の人となりについては謎が多く、私生活を知る者はほとんど存在しない。

     だが周囲の人々はこれを「仕事と私生活をハッキリ区別する美点」と捉えている。


     実際は患者の健康を心から願ってやまない、優しい指圧師である。

     マッサージが痛いのもあくまで健康のためである。


     そんな彼なのだから、魔人能力も指圧師特有のものに違いないだろう。


     


    能力:『死に至る元気』


     強力な幻術。

     マッサージ中の患者の脳内に自身のマッサージテクニック動画を直接配信する。


     この動画を配信された人間は次第に現実との区別がつかなくなる。

     動画の内容もだんだん不条理な精神攻撃の様相を呈す。

     廃人となるリスクを抱える。


     マッサージで極度のリラックス状態に陥れば動画から抜け出すことは困難。

     途中で寝てしまうと、逃れる術は無くなる。


     原理は睡眠中に見る夢のしくみに似ている。


     マッサージをさせないのが唯一有効な対処法。

     ただし夢の原理に似ていることから、一度マッサージが終わると、攻撃を受けていた事実を忘れてしまう。




    相手を倒したい理由:

     多忙な日々を送る対戦相手は、疲れから、友人の勧める指圧師の施術を受けることに。

     当初はごく普通の指圧だったが、次第に過激さを増してゆき…!?


     大人気の幻術指圧編に待望の新作が登場!!


    作者:東山ききん☆

    7
  • 38

    †漆黒の堕天使†(だがー しっこくのだてんし だがーとじ)

    別名:黒翼 流知不(こくよく るしふ)

    性別:男



    ゲームの上手いお兄さん。

    アクションMMORPG『ドラゴン・マスターズ』などなど、

    数々のゲームランキングで全国1位を維持している伝説のゲーマー。

    卓越したプレイ技術と才能を持ちながらプロへの招待を断っている。

    はじめてオフ会に姿を見せた際、

    ゲーマーとは思えない美貌の持ち主として一躍注目を浴びた。

    甘いルックスを活かした笑顔を貼り付けているが、

    内面はかなり攻撃的。

    特に自分を叩こうとする輩には

    罵詈雑言を並び立てて噛み付く癖がある。



    その正体は異世界から召喚された堕天使張本人である。

    元々大天使として成果を上げていた彼だったが、

    神に謀反を企て堕天させられる。

    それは弟のミカエルを天使長にするための演技だった。

    その後は地獄で悪魔と仲良くやりつつ、天界を監視していた。

    (中略)

    神に対抗する手段として少女を味方に加えた彼だったが、

    熾天使の卑劣な罠にかかり2人は異世界送りにされる。

    元の世界に帰れなくなった彼は、

    黒翼流知不という偽名を得て庶民に扮すると、

    人間らしい生活を謳歌するようになった。

    特にゲームというものに心酔すると、あり得ない速さで極めていった。


    元の世界で極めていた全属性魔法は全く通用しないが、

    相手の心を折る最も穏便な手段としてゲーム勝負を武器とする。

    小説、漫画、テレビ、歴史書、ゲーム――他にも彼の興味を惹くものは尽きない。

    一緒に異世界召喚された少女が唯一真面目に働き、家計を支えている。

    いつか元の世界に帰れる日が来るのだろうか――。




    能力名:†神に挑む者†

    時間を逆行して1日を何度でもやり直せる能力。

    異世界送りにされてから、やりたいことの多い彼が自力で得た魔人能力。

    しかも質量のある残像を生み出すことで、

    リセットされるまでの行動を再現することもできる。

    彼が満足するまで同じ24時間が繰り返される。

    やり直すほど、残像も増えていく。


    複数の作業を1日で極め、

    全てのゲームでランキング1位を維持できるのはそのためである。



    戦う動機:沸点がとても低いのですぐ戦う。

    とりわけ、神や天使に対しては容赦しない。



    原案:紫陽花様

    イラスト:三日月アルペジオ様

    作者:如月真琴

    7
  • 39

    「本日はお日柄も良く、絶好の執筆日和と――」



    好奇心から来る怪奇現象

    ○雪見 大往生(ゆきみ だいおうじょう)

    性別:女




    同人ADVサークル『病みつきアイスクリーム』のシナリオ担当。

    フリーランス、シナリオライター。

    笑いと恐怖を得意とする芸風から、「コミカルホラー作家」と呼ばれることが多い。

    経歴から性別まで全く公表していないが、文体から知的な男性というイメージが定着しているとか。

    仲間内からして『正体が掴めない奴』と言われる、謎多き女性作家。

    成人済にも拘わらず小柄な体型が愛嬌でありコンプレックスでもある。



    大人数に混ざることが苦手なので、単独行動を好む。

    ひとりのときはよく笑い、泣き、誰にともなく怒り、よく食べてよく寝る。

    一日に三冊の読書を欠かさず行い、休日には映画鑑賞と事務作業を並行して行う。

    睡眠時間、起床時間ともに一分のズレも許さず、規則正しい生活を徹底している。

    ――そんな几帳面な変人だったので、当然作品も変態性を極めていた。



    晴れたら散歩に出かけよう。雨が降ったら音楽を聴こう。

    規則正しい生活に飽きてきた彼女は、一転してランダムを求めた。

    はじめに引っ越しを行い、朝食を自炊、昼食を買い物、夕食を外食と定めた。

    小説の代わりに雑誌を読み漁り、映画の代わりに落語を聞くことにした。

    ――やがて彼女は、何をやっても満足しないことに気付きはじめる。



    月曜、魔法陣を描き。

    火曜、神社へ。

    水曜、飛行機に乗って海外へ。

    木曜、ミステリーサークルを写真に収め。

    金曜、帰国。そのまま爆睡。

    土曜、サークル仲間と一緒に創作談義。

    日曜、一日中グーグルを走らせ、満たされぬ知識欲を満たす。



    次の月曜――――魔法陣は白く輝き、全ての願いが大成された。

    彼女はただの作家であることを辞め、魔人作家へとジョブチェンジしたのだった。

    もう二度と退屈しない日々が、彼女の前に現れる――。

    全ては素晴らしき次作の為に。




    能力名:"事実は小説より奇なりや?"

    身の回りで『面白いこと』が次々と起こる能力。

    彼女が望んだ能力の、最も正しく不規則な発症。

    三軒向かいの末っ子が魔法少女になったり、近所の家が秘密組織のアジトに選ばれたりする。

    自分自身を変化させることなく、身近な世界の色んな出来事が活発になる変わった力。


    彼女自身の観測が無ければ意味が無いので、遠い場所まで変化させることは無い。

    基本的に1日1事件ぐらいのペースで何かが起こるが、それ以上の何かが起こらないとも限らない。

    この能力を動かしているのは彼女ではなく、尽きぬ好奇心なのだから。

    どんな怪作にも負けない、世にも奇妙な不可思議をここに。



    戦う動機:次作のネタ探し。





    イラスト:らぬきの立ち絵保管庫様

    作者:如月真琴

    6
  • 40

    只野 続太郎(ただの ぞくたろう)


    性別:男

    年齢:24歳(フリーター)


    特殊能力:【アナライズ】

     万物の内面を『可視化』させる能力。

     例えば、剣と魔法のファンタジーにおいて、冒険者Aを対象に能力を使用すると……


    ※使用例(あくまで一例なので、この表記に従う必要はない)

    〈名前〉

    エリ・クスノキ(冒険者A)


    〈性別・種族・ジョブ〉

    女性・人間族(転生者)・魔法剣士


    〈ステータス〉

    HP(体力):95

    MP(魔力):110

    ATK(攻撃):9999?

    DEF(防御):100

    INT(知力):50

    AGI(敏捷):90

    DEX(命中):85

    (※続太郎のステータス平均がALL100程度とした時)


    〈保有スキル〉

    パッシブスキル

    【闘争心Lv.10】……ATK値を上昇させる

    【成長補正Ex】……獲得経験値+1000%


    アクティブスキル

    【十字斬りLv.10】

    【エクスプロージョンLv.5】


    〈好きな食べ物〉

    ベンガルオオトカゲとサラマンダーのパンケーキ

    可愛い女の子


    〈パンツの色〉


    〈バストサイズ〉

    けっこうデカイ


     ゲームのステータス画面のように、視界上に能力が表示される。集中すると、相手の健康状態や性格なども可視化することが出来る。

     ただし、集中出来ない状況下では、能力の精度が著しく低下する。

     能力の使い方としては、相手の弱点などを見極め、それを自分の出来る範囲内で実行し対処することなど。「一般的に運動神経が良い」程度の身体能力なので、発火とか発電とかそういった人間離れした能力には弱い。

     スキルの表示形式は、続太郎自身が「分かりやすい」と思ったものとなる。『可視化』の情報が見えるのは自分だけ。


    設定:

     男女構わず少しでも好意を抱いた相手のことはとことん知りたいと思うタイプの性格。人の良い部分をどんどん知りたいという良い性格の反面、私生活にまで踏み込んで調査をするため、ストーカー扱いをされることが多々ある。

     魔人としての特殊能力は、その強い願望によるところが大きな要因の一つとなっている。

     大学生時代に一際強い恋愛感情を抱いた女性に対しては、通報されるところまで拒絶されてしまう。それを機に能力を使ったり、ストーカー行為をしたりすることをやめてしまう。

     ストーカーとしての必須スキルは一通り身についており、空間把握や人間観察などを得意としている。

     高学歴で頭は良い方なのだが、変態に変わりは無い。他人の下着の色やスリーサイズまで、何でも知りたがり。調べものをするために常に最新のスマホを持ち歩いている。

     やろうと思えば暗殺・読唇術・拷問何でもござれの天才青年だったりもするが、用途が残念過ぎる……。

     魔人に関しての知識は何となく知っている程度。何度かそういった存在を【アナライズ】で『可視化』したことがある。


    戦う動機:

     いつものブラックバイト帰り、何もない在り来たりな日常の中で、衝撃的な出会いをすることになる――。

    「我慢していたが、もうダメだ……。もっと……もっとだ! 俺は全てを知りたい……っ!」

    6
  • 41

    「治療を開始します」



    天使にアンチテーゼを

    ○沙凪 繭(さなぎ まゆ)

    性別:女



    世界平和を夢見る薬剤師。

    魔人能力依存症の兄を持つ。

    そんな兄のことを想うあまり、自らも魔人になってしまう。

    彼女に与えられたのは「魔人を人間に戻す」能力。

    兄を苦しませる痛みを無くしたい――その祈りは届いた。


    その後、彼女はもっと多くの人間を救いたいと思うようになる。

    勉学に励み薬学部を卒業後、国家資格を取って薬剤師を営む。

    「魔人を人間に戻せる世界で唯一の薬剤師」という名目で

    世間から注目を浴びるようになったのは、それから間もない事だった。


    なぜ、誰も私のような能力を得られないのか。

    なぜ、私だけが選ばれたのか。

    彼女の疑問は尽きない。

    泣いても笑っても、多忙の日々は続く――。

    今日も迫害から逃げてきた魔人が彼女を訪れるだろう。




    能力名:RIVERS

    魔人を人間に戻す錠剤Xを生成できる能力。

    1日1錠、食後に摂取すること。

    完治までにどれぐらいの時間を要するかは魔人によって異なる。

    その人物の「能力侵食率」が高いほど

    長い時間をかけて治療する必要がある。


    魔人能力によって得られた強靭な肉体も

    治療の過程で徐々に失われていき、

    最終的に普通の人間と変わらないレベルまで戻ってしまう。


    また、彼女自身が服用することで他者から受けた

    能力効果を打ち消す作用もある。

    自分の能力が薄れることは決して無い。




    戦う動機:全ての魔人を救済するため。



    イラスト:偽典オー様

    作者:如月真琴

    6
  • 42


    「世界の夜明けは見えている――!!」



    未来を撃ち抜く少女

    ○七ツ星 フーマ(ななつぼし ふーま)

    性別:女



    西暦22000年の日本からやってきた転生人。

    元の世界では魔人能力を人工的に植え付ける技術が完成しており、両親が望む能力を持って生まれる子供、通称『スーパーチルドレン』が国民の8割を占めていた。

    彼女もその一人で、当然能力者である。


    与えられたものは全ての正解が分かる慧眼。

    フーマは一切の迷いなく天才少女として歩み続けた。

    時には周囲の天才たちとの衝突もありがながら、

    決して負けることなく、淡々と――。


    そして17歳のとき、フーマは学校の屋上から飛び降りた。

    自分のやってきたことのツマラナさと、

    自分に与えられた罪の大きさに耐えきれず――この世を去った。

    最後、その瞳に映ったものは、未来ではなく――知らない世界だった。


    かくして、タイムスリップと異世界転生を同時に行った彼女は、

    呪いの眼と付き合いながら、異世界の旅を始めることにした――。


    その先に待っているのは、平和か、混沌か――。




    能力名:未来慧眼

    一番良い未来を得られる能力。

    あらゆる場面においても正解が分かってしまう忌々しい力。

    正しく使えば簡単に世界を変えられる強力な力だが、

    本人はあまり良く思っていない。

    目を閉じることで余計な情報を遮断できるが、

    普通に暮らしていても慧眼は発動してしまう。


    大魔法:アグレッシブ・フューチャー

    フーマが覚悟を決めたときに発動する最終奥義。

    時間の流れを遮断する結界を展開し、

    標的を七本のレーザー光線で撃ち抜いてしまう。

    まともに発動を許せば、圧倒的な手数で蹂躙されるだろう。



    戦う動機:人助けのためなら、仕方なく。




    イラスト:ゆうひな様

    作者:如月真琴


    6
  • 43

    ヨミド

    第19話より登場。ギルドのリーダーで、魔法使い。

    厳格な性格で、プライドが高いような発言が見受けられる。

    第一章の山田とカイカはヨミドと会うために旅をしているが、

    その役割を考えると、たぶん彼がメインヒロインなんだと思います。

    6

    264|作品名ドカベン魔法使いとの金汚い冒険作者dog_mag

  • 44

    師匠(アネア・エアクオウ)

    第9話より登場。凄腕の魔法使いで、山田の師匠。

    100年以上生きているらしいが若々しく、「魔女」らしい風貌。

    しかし魔法以外の事は99%忘れてしまうらしく、100年前どころか

    昨日のことすら記憶が怪しい。山田いわく「後期高齢者」

    6

    264|作品名ドカベン魔法使いとの金汚い冒険作者dog_mag

  • 45

    ハイロ・アナグレタ

    第3話より登場。酒場の看板娘らしい。

    たちの悪い冒険者に絡まれていたところを山田たちに助けてもらう。

    美人さんだが、なぜか「~っす」という語調で話す。

    6

    264|作品名ドカベン魔法使いとの金汚い冒険作者dog_mag

  • 46

    名前、内海絆(うつみばん)


    性別、男性


    能力、ノックアンドショット

    飛ばしたシャープペンシルの芯を弾丸に変える能力。弾丸の大きさは、そのシャー芯の大きさによって変化をする。

    飛ばしたシャー芯は弾丸に変化する際に少し補正がかかる模様。

    絆は最も勢いよくシャー芯を飛ばす研究を欠かさず、時に、その一撃は本物の銃弾以上の威力を持つ。


    人物

    ナイスミドルなおじ様。昔からカウボーイに憧れており、よく西部劇を見ていた。

    正義感の強い性格で、中学時代に虐められている友人を助けるために、銃が欲しいと願っていたのと、折れて勢いよく飛んで行くシャー芯が銃弾みたいだと思ったのがきっかけで、魔人に目覚めてしまった。

    元々は警察官だったが、警察官では事件の起きるあとに動くしかなく、守ることができないと退職。警備員やボディガードなどをしながら生計を立てている。



    戦う理由

    守るため


    作者:knavery

    6
  • 47


    【メイン】

    転生前の名前:天木(あまぎ)ふぶき

    転生後の名前:ハイド・フリードゲイン


    性別:男性


    設定:

    あらゆる分野において他者よりも優れた実力を発揮できる天才。あるいは世界のバグ。

    学業は当然のように全国模試一位。ピアノやヴァイオリンなどの楽器を練習がてら演奏してみれば各国の著名人から賞賛の嵐を受けるし、スポーツにおいても各ジャンルで次々と世界記録を樹立した。

    まさに神に愛された少年として生きていたが、十五歳の誕生日にトラックにはねられたことによってあえなく死亡。

    その後は神によってさらなる能力を与えられた上で『バース』と呼ばれる異世界に転生。没落貴族フリードゲイン家の四男として再度の生を受けた。

    剣と魔法と魔物と魔王が蔓延るファンタジー異世界にて当然のように勇者としての才能を覚醒しつつ古から伝わる大賢者の魔法も習得。超人的な魔力を内包しながらも燃費が悪いドジっ子ツンデレ美少女ヒロインや、手懐けた伝説のブラックドラゴンの幼生と一緒に魔王討伐の旅をしている。


    能力:

    【インベイジョン・ハート】

    惚れた相手の望みを叶える能力。

    ハイドが相手に惚れることで、相手が求める行為、思考、趣味趣向、好きな食べ物etcを理解し、実行することが可能となる。

    能力の発動に自分の意思が介入できない分強力であり、現実的に不可能なことでも可能としてしまう。


    戦う動機:好きだから


    イラスト:トークメーカー公式アイコン


    作者:餅から


    6
  • 48

    名前:千夜ミン


    性別:女


    特殊能力:ユーアーメリー

    電波に意識を載せて、自由に移動できる。電波の濃い場所なら具現化もできるが、電波の薄い場所(山や海)などには行けず、意識が薄れてしまう。本格的に電波のない場所に出たらどうなるかは自分にもわからない(勝手に体に戻るだけ)。また、PC、スマホには意識のみで在住できる。



    設定:魔人学園に通う高校二年生。低血圧で、さらにあまり体が丈夫でないことから、寝て過ごすことが多かった。本人も基本めんどくさがりなのでそれでいいと思っていたのだが、やはり同じ景色というものは飽きるので、少しでも外の景色を見たい、自分も外を自由に動き回りたいという思いが能力を生んだ。という設定にしているが、ただ寂しかったので、誰かのそばにいたかっただけで、誰もが持っているケータイに入れば一緒にいられると思ったから。

    病弱ゆえに甘やかされて育ったので、少し我儘なところがある。

    魔人に目覚めたことで、多少体は丈夫になったが、めんどくさがりなところは変わらないので、電波に乗って意識だけで授業に出席するなど、能力をずる賢く使っている。



    相手を倒したい動機:そばにいて欲しいから


    作者:knavery

    6
  • 49

    【名前】多々良 矢九(たたら やく)
    【性別】男性
     落し物を見つけると持ち主が分かるまで探し続けてしまう高校二年生。小さい頃から様々な落し物を見つけては持ち主のところへ返してきた。そのため、いつの間にかみんなから探偵のように頼られるようになった。しかし、本人は親切心ではなく「落し物の持ち主が誰なのか気になって仕方がない」という理由から行動している。なぜ、こんなにも落し物の持ち主が気になるのか、彼自身にも分からない……そういう性分なのだとしか言いようがない。
     魔人になったのは三年前の中学二年生……彼が下校していた途中である。道端に落ちていた白い靴を見て、「なぜこんなところに靴が?」「落とした人は裸足で帰ったのか?」と気になってしまい、「このまま靴が持ち主の所まで案内してくれたらいいのに……」と願ってしまった。その瞬間、彼の願いどおり靴は勝手に進み始めたのだ。ズズッ……ズズズッ……と。やがて、矢九は持ち主のもとへ行き着くが、その後何があったのか今は思い出すことができない。
    【能力名】ピックアップターン
     拾った落し物を持ち主のところへ帰らせる能力。発動すると、落し物は勝手に持ち主のところへ帰り始める。
    【戦う動機】「気になるんだ……この落し物が誰のものか」
    【作者】ヤドナシ
    6
  • 50

    名前:ギャグおじさん

    本名・藁田草生(わらたくさお)
    低レベルなギャグと爆発オチをこよなく愛する、お笑い好きの魔人。
    国際指名手配を受けている無差別テロリスト。

    能力1:ギャグ補正
    ギャグおじさんが展開するギャグ空間の中では、どんな攻撃にもギャグ補正がかかり「ほんま死ぬかとおもたわ!」で済まされてしまう。
    ギャグおじさんが苦手なシリアス展開になると、ギャグ補正が切れる。

    能力2:爆発オチ
    ギャグおじさんのネタに突っ込んでしまうと、その突っ込みの激しさに比例して爆発が起こり、相手はダメージを受ける。

    動機:自分のネタで相手を爆発させることが楽しくてしかたない。

    アイコン:トークメーカー公式 男性キャラ 最新の画像


    作者:高波一乱

    6
  • 51

    「私は……どうすればいいの……?」

    名前:ラーレ

    性別:女(見た目10才くらい)


    特殊能力:告白の勇気

    お互いに気づいていなかった両想いなどを成就させる力

    ……が、堕天したときに「告白したら必ず成功させる」能力に変化した

    彼女の能力を受けて告白をすると、相手がどう思っていようと成功する

    自分のために使うことも可能だが、もし使ったら能力は消滅し二度と天界には戻れなくなる。


    設定:

    自身が恋愛感情を持ってしまったことで堕天した、元「恋の天使」

    天界に戻るためには、他者の恋愛を成就させなければならない

    自身の恋愛感情と、帰りたいという思いの間で揺れている


    動機:好きになってしまったから


    作者:しゃりおっと

    6
  • 52

    蕾太夫 武仁(らいだゆう たけひと)

     

    性別:女性

     

    元はごく普通の青年であったが、世界美少女化計画を掲げる闇の組織ショジョッカーに拐われ美少女に改造されてしまう。

    しかし仕上げの脳改造手術を受ける直前、組織内部でトラブルが発生。騒ぎに便乗して脱出に成功した。

    正義感の強い彼は、もはや男に戻れない悲しみを背負いながらも、これ以上の被害を食い止めるためにショジョッカーと闘うことを決意。

    危険を承知でショジョッカーの主催する女子会に潜入し、日々美少女共を相手にする武仁であった!

    趣味はバイクと虫捕り。

    正体を隠したい時は仁武(じんぶ)つぼみと名乗っている。

     

    能力名:色男タイマー

    ショジョッカーの美少女に対抗するのは並大抵のことではない。

    思い詰めた彼は激しい特訓の末、ついに魔人能力を身に付けるに至った。

    それは女の身のままに3分間だけ自らのイケメンオーラを極限まで高める能力。

    これによりショジョッカーの美少女に対しても互角以上に渡り合うことができるようになった。

    ただし効果が切れると反動でしばらくの間美少女以上の女の子メンタルになってしまうため、3分以内に決着をつけないととてもまずいことになる。


    今回の相手にはショジョッカーと何らかの関わりがあるかもしれないという噂も……?


    作者:qaz

    6
  • 53

    【名前】真鶴恋(まなづるれん)
    【性別】男性
    【年齢】27歳

    【能力に目覚めた理由】
    高校時代、いじめられていたクラスメイト(女子)を助けたことで、同じくいじめの対象になる。
    ある日、クラスメイトの掘った落とし穴に落とされた。そこには彼が助けた女子もいた。上から大量のゴミを投げ込まれ、その際、魔人の能力に目覚めた。

    【能力名】
    万物の消毒《 浄化》(Disinfection of all things)
    有効範囲:1メートル。
    彼が汚いと感じたあらゆるものを消し去ることができる能力。

    【人物像】
    彼・は極度の潔癖症である。
    他人と触れ合うのも汚らわしいと考えているので、一生まともな恋愛はできない、と考えている。
    また、人(魔人)との接触を嫌い、魔人同士のバトルにも関りを持たない。
    そんな彼はマンションの一室に引きこもりの生活をしている。

    【後悔】
    かつて、落とし穴に落とされた際、彼はゴミを消し去ることにより、難を逃れた。だが、万物の浄化の適用範囲は1メートルで、そこにいた女子を助けることはできなかった。魔人の能力が己の妄想を具現化するものだと知り、彼は、なぜあの時、クラスメイト(女子)を救うことも考えなかったのだろうという後悔を抱いており、そのことを能力を使う度に思い出す。従って、よほどの必要に迫られない限り、能力を使うことはないだろう。

    【その他】
    バーチャルアプリで性処理をしている。


    【作者】

    岡崎庸道

    6
  • 54

    柴咲 ななぴす


    設定:女装してる人

    美少女ハンター

    二次元も三次元も美少女大好き 

    よくありがちな設定、姉の制服借りて女子高に潜入した女子高生


    能力:おおきくすって、せーのっ!

    かわいい女の子を飲み込む。それはもう大きな口を開けたら掃除機みたいに吸い込まれて女の子が入ってくる。飲み込むには警戒を解かせる必要があり、二人っきりの場合しか出来ない。

    飲み込んでより完璧な女の子に近づく。

    今はバストAカップだけど、飲み込むことで、バストがあがる。それは胸の大きな子を飲むと適用され、肌のきれいな子だと肌のステータスが上がり、飲む相手に影響する。

    男を飲むと……男子力があがります。

    お腹の中はブラックホール

    そこから出るには殺すしかない。


    戦う理由:美少女力を上げるためだぜ!


    製作:南雲あや

    6
  • 55

    滑山 英雪(なめらやま ひでゆき)

     

    性別:男性

     

    27歳。

    学生時代、非魔人スキーヤーとして国内では有名な選手であった。

    しかし初のオリンピック出場を目前に、競技中の事故で足に大怪我を負う。

    その後、歩けるくらいには回復したものの、医師からもう一生スキーはできないという宣告を受ける。

    魔人能力はこの一番絶望していた時期に身に着けたものである。

    現在は精神的に安定しているが、スキーに対する未練は残っているらしく、スポーツショップとロッジの運営を生業としている。

     

    能力名:片すトロフィ

    彼が棚に飾ってある過去のスキー大会のトロフィの数々。

    これを押し入れに片付けてしまうと、その瞬間世界が終わる。

     

    恋したい理由:「俺に……スキーを忘れさせてくれ……」

     

    作者:qaz

    6
  • 56

    【名前】照美 照坊(てるみ てるぼう)


    【性別】男性


    若者をからかうのが好きな紳士っぽいおじさん。高齢者とは思えないほど身のこなしが軽い。若い頃あまりにも晴れ男として有名になったため、「俺って天気操れるんじゃね?」と妄想するようになった。その結果、晴天以外にも様々な天候を操れる魔人となった。


    【能力名】ウェザートリック


    半径25メートル以内の気象を操る能力。気温や気圧を変化させ、雨や風、雪などの諸現象を起こすことができる。


    【戦う動機】からかうのが好きだから。


    【作者】ヤドナシ

    6
  • 57

    守門恒明(しゅもんつねあき)

    七人いる特別科クラスの一人。生徒会書記兼任。学年は二学年に当たる。17歳。
    綴に一目惚れして以来、告白を繰り返している。そのために銀太からは目の仇にされている。
    お坊ちゃんであり、物腰が柔らかい反面、ナルシストな言動が目立つ。しかし特別科クラスに所属している以上、頭脳や戦闘の実力は折り紙つき。

    シンボル:金平糖
    コンプレックス:『重力の虹』
     空中に浮いている物体を垂直に落下させる。このときの落下の速度は少なからず銃弾の速度を超える。
    6

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 58

    名前:朝倉 真琴 (あさくら まこと)

    性別:女

    特殊能力:『魔法少女ラブ☆デストロイヤー!』


    朝倉 真琴は魔法少女である!

    彼女は自作の祭壇に向かい、リア充、悪党、あとなんか自分の気に入らない諸々に対して毎朝天誅が下る事を祈り続けてたら、ある日本当に破壊神様が降りてきた!

    破壊神様は真琴の持つ嫉妬、妬み、恨み、怒り、日々の鬱憤、イライラ、世の中への不満などをエネルギーに変換する能力を持っている!

    朝倉 真琴は破壊神様と一体化することで、魔法少女ラブ☆デストロイヤー!となり、日々自分の気に入らない悪と戦うのだ!


    設定:


    破壊神を信仰している女子高生。16歳。

    基本的に黙っていれば美少女なのだが、思い込んだら一直線で単細胞気質なところがあり、割と騒がしいので全く周囲にはそんな風には思われない。

    加えて、自分より幸福たっぷりかつ世の中舐めてそうなリア充と悪党が大嫌いで、それらへの怒りによって過激な口調や性格へとモードが変わる。

    武器はギター、趣味は破壊と憎しみを込めたロックソング。


    ※破壊神様


    朝倉 真琴の元にある日舞い降りてきた破壊神。

    朝倉 真琴の魔人能力によって生み出された存在なのだろうと思われるが、本人にも実は自分が破壊神であるらしいこと以外よくわかっていない。

    破壊神を名乗る割に常識的な性格であり、猪突猛進な真琴に対して突っ込みを入れるのがお約束となっている。


    相手を倒したい動機:あなたは悪ね!なら倒す!

    作者:スカーレット

    6
  • 59

    山野英司(やまの えいじ)
    大学生。大間団地出身。
    オンラインゲーム『ミノタウロスの迷宮』のプレイヤー。
    6
  • 60

    「 見えるわ……あなたの未来が…… 」


    名前:舞洲 未来 ( まいしま みらい )

    性別:女

    年齢:23歳

    職業:OL


    特徴:今まで恋をしたことない社会人の女性。学生時代は吹奏楽部でトロンボーンを吹いていた。占いが大好きで友達を占ったりしているが、内容が生々しかったり強烈な事が多かったりする。実家は神社だったりもする。


    能力:その瞳と眼鏡に映る未来

    眼鏡越しにその人の未来を見ることができる能力。能力発動時、目の色は青色になり、目の輝きが弱まる。この能力のおかげで色々な人の未来を開いてきたことをやや自慢に思っている。だいぶ昔に初恋の人を通り魔に殺害されたことによって覚醒した能力でもある。これ以上、悲しむ人を増やすまいと努力している。


    殺意の理由:初恋の人の仇をとる為


    作成者:鈴鹿歌音


    6
  • 61

    音坂 蒼(おとさか あおい)

    性別:男

    年齢:15歳

    職業:名門進学校特進クラス在籍・強豪吹奏楽部のホルン奏者


    特徴:音坂 琥珀の弟。兄が魔人である事を周りに隠しているが、自分も魔人であることを隠しとおしている。

    成績優秀・運動神経抜群。その為かいつの間にかファンクラブが出来てしまっている。当の本人はその事を知らない。

    強豪吹奏楽部のホルン奏者であり、その名を全国にも知られている程である。

    異性に間接キスとかキスされる事に慣れていない模様。

    恋愛には初である。


    能力:勇者のマズルカ

    音楽精神消耗系能力。

    ホルンを吹くことで自分のやる気・闘志などの能力を大幅にアップさせ、相手の攻撃力・闘志を大幅に下げる能力。時には、相手のやる気・気力・生命力を一気に下げる。

    欠点:異性と戦う時には、何故か慣れていないのか手を抜くこともある。


    殺意の理由:いきなり間接キスをされた為


    作成者:鈴鹿歌音

    6
  • 62

    常道・E・ミレ
    主人公。家族の仇を探して灰と塵の荒野をさすらう女子高生。転生トラックの天敵にして無慈悲な狩人。「来いよ、解体(バラ)してやる。鉄の一片、ネジの一本すら貴様の痕跡は残さん!」
    6
  • 63

    名前:新堂ほたる
    年齢:11歳
    性別:女
    設定:
     身長147cm、体重40kg。6月生まれの双子座で血液型はA型。
     ごく平均的な小学生女子であったが、10歳の夏に魔人能力と共に人類を救済するという使命に目覚める。その後驚くほどの短期間で大学院の博士課程を修了し、現在では不治の病の治療に関する研究に携わっている。
     インドア派だが健康のために通信教育で拳法を学んでおり、魔人の体力も相まって徒手空拳での格闘もそれなりにできる。
     血圧は低め。
     好きな食べ物はロリポップ、嫌いな食べ物は昆虫。

    能力名:平穏な慈愛の波動
     宝具「平穏と慈愛の杖」を触媒として精霊と交信することで波の概念を操る能力。海に翳せば津波を、地に突き立てれば地震を呼ぶことができるだけのポテンシャルを持つが、その名の通り人類の平穏に反する破壊行為には使用できないという制約がある。
     人類を守るという大儀があればこの限りではない。
     応用の幅は広く、体内に波動を流し込むことで血流や細胞を活性化させ体調を回復することも可能。一方で能力の使用は脳に負担を与えるため、あまりにも大きな物理的干渉を行うと命の危険がある。
     現象を引き起こすのはあくまで彼女の能力によるものであり、宝具自体は家電量販店などで1,000円前後で購入できる。

    戦う動機:人類の未来のため。

    イラスト:きゃらふと様
    作者:妖怪腐れ佐藤

    6
  • 64

    水野陽太(みずの ようた)

    嗣業学園高等学校の男子生徒。

    入学してからというものの、クラスには馴染めず、部活にも入れず、鬱々とした日々を送っている。ある日突然、愛華の「嗣業リバイバル」に巻き込まれてしまう。

    6

    208|作品名天の国の猛騎兵(ハッカペル)作者ho_poneros

  • 65

    緋色英雄


    男、24歳


    能力;アイアムアヒーロー

    自分がスーパーマンのようなヒーローに憧れた結果身についた能力で、マスクをつけると、防御壁を張れるようになる。

    大きさは自分の体くらいが限界だが、ダイヤモンド並みの硬さをほこり、さらに、英雄の気持ち次第でさらに固くなったり、柔らかくなったりと、応用もきく。


    人物

    魔人専門高等学校の教師をしている青年で、正義感の強い熱血漢。子供のころからヒーローというものに強いあこがれをもっており、ヒーローになりたいという願望の元に魔人に目覚めた。

    仕事が終わると、仮面をつけて正義の味方、マスク魔人として活躍しているが、仮面をつけているだけなので、同僚や生徒たち、近所の方々にはバレバレで、本人がばれてないつもりでいるのを面白がっている節がないわけではないが、英雄の人柄もあってか誰もその正体について言及しない。

    生徒や保護者からの評判も良い。しかし、思い込みが激しいのが玉に瑕。


    殺意の理由

    相手を修正するため


    作者:knavery

    6
  • 66

    「それは、本当に嘘かな?信じられないだけじゃなくて?」

    名前:大神 羊一

    性別:男

    年齢:18

    能力:虚実混淆(きょじつこんこう)

    嘘を半分の確率で真実にする能力

    例えば「そこに落とし穴がある」と言えば落とし穴ができる…かもしれない。

    運が良ければ物凄く強いし、運が悪ければなにもできない能力。

    制限として、同じ嘘を同じ場所で付くことができない。

    また、その嘘が実現するときに相手の意識(視界)の外から発生すること(相手の視界内に百万円が落ちてると言っても実現しない)。この時、自分の意識(視界)は考慮しない。

    また、影響を及ぼそうとしている相手に聞こえること(自分以外の一人に聞こえればよい)。ただし、周りに人がおらず聞く人がいない場合は呟くだけでいい。

    更に、嘘を相手が認識すればよいので紙に書いた嘘を相手に見せて読んだ時点でも判定が行われる。

    嘘が実現したかは何となく分かる。


    設定:子供の頃から嘘を吐いていて誰にも信用されなくなった自業自得ボッチ。

    それでも嘘を吐くことをやめず、開き直って笑顔で嘘を振り撒くようになった結果、こんな能力を手に入れた。

    羊一自身は嘘の信憑性が高まったと喜んでいる。

    一応、真面目な時に嘘を吐くことはないが、そんなことは周りが信じていないため意味がない。

    常にニコニコ、よっぽどの事がない限り人好きのする笑顔を忘れることはない。

    地味にメンタルオバケ。

    ふざけているようで真面目、真面目なようでふざけてるようなやつ。

    なお、演技力だけは異常に高いため、将来は嘘と演技力を行かして営業にでも行ってみたいと思っている。


    作者:さんま定食

    5
  • 67

    【栄クリス / Chris Sakae】
    東海ミリオンのトップに君臨する18歳のアイドル。今世紀で一番の逸材と言われているが、数々の名誉に飽きることなく更なる高みを目指そうとする努力と策略の神。
    5
  • 68

    【金山チクサ / Chikusa Kanayama】
    東海ミリオンで活躍していた16歳のアイドル。亡き母に聞かされて育った数世紀前のアイドル「レナちゃん」の物語に憧れ、本物のアイドルを目指している。頑なな黒髪派。大人しい性格ではあるが芸能活動への熱意は人一倍強く、東海ミリオン在籍中は歌唱やダンスの特訓を必死に積んできた。
    5
  • 69

    「血の果てまで飲み干してやる!」


    黒を宿し、朱に染まる断罪鬼

    ○空ノ音 葬(そらのね ほむら)

    性別:女



    東洋に棲み着いた吸血鬼一族の末裔。

    真祖エリザベート・バートリーの血統を持つ最後の生き残り。

    一見すると美少年にも思える美貌に見惚れない者は居ない。




    一度記憶を失ったことがあり、幼少期のことを覚えていない。

    両親は父親一人、それに心優しくて可愛い妹と暮らしていた。

    彼らと顔は全く似ていなかったが、それは些末なことだった。


    当時、彼女たちは中学校に通っていた。

    周りの人間より太陽に弱く、足が速く、いつもお腹が空いている。

    ――自分が吸血鬼であることに気付くのに、時間はかからなかった。


    血を吸わなければ弱ってしまう。

    ああ、清らかな血が飲みたい。

    お腹いっぱいに飲み干したい。

    幸い、彼女はとても恵まれていた。

    校舎裏に呼び出せば、それを断る生徒なんて誰も居ないのだから。


    必要最低限の血だけで生活していたので、

    吸血鬼が感染して大事になることは無かった。

    ――妹だけは特別、後天的な吸血鬼に染めてしまったが。


    そうやって5年暮らしていたある日、

    世界で大規模な吸血鬼狩りが始まってしまう。

    彼らは外傷による死であれば何度でも蘇るが

    現代の薬物投与によって脳髄ごと衰弱させられたら最後、

    二度と目を覚ますことはない。

    ひどく残虐な手段で狩りは行われていた。

    1000人居たはずの吸血鬼たちは100まで減らされ、

    魔の手が日本に伸びるのも時間の問題だった。


    ついに恐れていたことが起きる。

    朝起きると妹が見知らぬ男たちに連れられていく現場を――。

    父親が引き渡す瞬間を目撃してしまった。

    あと一歩間に合わず――。彼女は父親に激しく問い詰めた。

    「妹はどこだ」と。父親は何も知らない、と返した。

    次はお前だ、と。冷たい目が告げていた。

    身内に裏切られた悲しさと、妹を奪われた悔しさ。

    やり場のない怒りが込み上げ、世界を真っ赤に染め上げる。

    右腕が異形の力に包まれると、父親だったものを一瞬で粉砕した。

    ――この腕は悪を。欺瞞を。嘘付きを、絶対に赦さない。

    正義を。誠実を。清らかな世界を。

    嘘付き共に――断罪を下せ。


    18歳。少女は異能を宿して外へ出た。

    妹とはもう会えないことを知りながら。




    能力名:ローマ・ザ・ホリデー

    嘘に反応して対象を一瞬で捕食する能力。

    有効範囲は彼女の聴力が許すかぎり。

    聞こえる音に嘘が含まれていれば能力は発動する。

    右腕から影が伸びて、対象の肉体を食い荒らしてしまう。

    なお、捕食行為は吸血も兼ねている。



    厳密には彼女自身が操っているわけではなく、

    異形の存在が嘘を赦さないのだ。彼女は器のようなものである。

    それを彼女は「ローマ」と呼び、忠犬のように飼い慣らす。

    ――あるいは、彼に意思など存在しないかもしれない。

    独りの寂しさが紛れるなら、それも些末なことだった。


    もはや――理性も長く持たないだろう。




    戦う動機:お腹を血で満たすため/嘘付きを断罪するため。




    イラスト:らぬきの立ち絵保管庫様

    作者:如月真琴

    5
  • 70

    『あったかいのが欲しいなぁ~』

    名前:さーも


    性別:女(外見年齢5才)


    特殊能力:マクスウェルの悪魔

    触れたものを冷やす能力……ではなく、触れたものから触れたものへ熱の移動を行う能力

    彼女が持つステッキは特別製で、どれだけ高温になっても融けないし燃えない

    熱を溜めるために使っているだけで、別にステッキが無くても能力は使える

    当然ながら、集めた熱を開放することも可能(熱を溜めることが目的なので、あまりやりたがらないが)


    設定:

    とある思考実験で仮定した存在が、なぜか実体化したもの

    暑い場所や熱い物のそばに現れては、熱を奪っていく



    動機:熱をいっぱい集めるため

    作者:しゃりおっと

    5
  • 71

    フロムアンダーカバー

    生まれながらのAIで広報活動が職業。

    楽しいことが大好きで、いつも楽しいことを追いかけている。

    AIというより普通の女の子にしか見えない(フラグ)

    5
  • 72

    「羊の神父様」

    ある日突然おじいちゃん神父から代行を頼まれた

    聖書の教えで悩める動物達を救おうと試みるが…

    上手くいってるのかイマイチ分かっていない

    気が弱いが心優しき新米神父

    5
  • 73

    忍谷夕吉(しのびたにゆうきち)
    第二部の主人公。
    賭博師を生業としている。コンプレックスを保持していない無能力者。26歳。
    千ヶ谷千陰と組んで、封鎖された東京で成り上がることを計画している。
    性格は皮肉屋だが、実業的。
    職業柄、変わった特技を多く隠し持っている。
    5

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 74

    ◾サトル(29歳/♂)

    異能力総合学院予備門の講師。

    地球でも塾講師をしていた。

    ある罪状の免罪のため、予備門の講師にされてしまった。

    丁寧かつ控え目なドS。


    彼の眼が開かれた時、何かが起こる……ような起こらないような。

    5
  • 75

    水野実治(みずの さねはる)

    小晴の従兄弟。小晴からは「実ちゃん」と呼ばれている。23歳。

    「ハル」という芸名で、ファッションモデルとして活動中。

    ゲイであり、現在、モデルの恋人がいるらしいのだが……?

    負けず嫌いで、ややワガママなところがある。

    5
  • 76

    AIco(アイコ)

     

    性別:女性型

     

    とある大学の工学部と文学部の共同研究で生まれた恋愛相談専用アンドロイド。

    無数の恋愛相談を受けるうちに、恋愛をくだらないものとして認識するようになった。

    一方でエッチな相談は大好き。

    彼女自身はセクサロイドではないので「そういう」機能は一切無いが、だからこそ興味津々なのか、やたら突っ込んで聞きたがる。

    おへその下のカバーを開けるとドリルが出てくる。工学部員の誰かが趣味で仕込んだ。恥ずかしながら1回だけ使ってみたことがある。

    オフの日はよくバーに行って1人でウイスキーを飲んでいる。

     

    能力名:別(わか)レーティング

    膨大なシミュレーションを行い恋人同士が別れる確率を弾き出す。

    お互いの名前、生年月日、血液型、手相、引いたカード、星の運行など様々な条件を指定することによって精度が上がる。

     

    恋愛の動機:恋愛に対する失望感を取り払うため。

     

    作者:qaz

    5
  • 77

    名前:レジェンド・マジシャン


    性別:男性


    特殊能力:『種も仕掛けも』


    古今東西、多種多様な手品を操る。


    トリックなのか、魔人能力なのか。それを知るのは彼自身のみ。




    キャラクター設定:多くのファンがいるにも関わらず、現在まで名前すら判明していないマジシャン。分かっている特徴は、若い男性であることと、黒いタキシードに身を包み、胸元に蝶ネクタイをつけているということ。


    不定期で「マジックショー」を開催し、そのフィナーレとして「レジェンドマジシャンvsイカれた魔人」というマッチングを行う。ショーのチケットは高値で取引されている。



    相手を倒したい理由:「It’s show time!」


    作者:木家

    5
  • 78

    名前:勝野勝男


    性別:男


    特殊能力:モンスターコール

    カード(絵)に描いたモンスターを具現化する能力。能力は言ったもん勝ちという感じで、その場のノリで決めるものも多い。が、基本的にぶっ飛んだ能力は出てこない。というか、騎士が出しても斬る。ドラゴン出しても炎を吐かせる、飛翔させる、踏み付けさせるなど、単純な行動しかとらせることができず、数発攻撃を食らうと消えてしまう。モンスターが自分の半径15m以上離れても消えるので、モンスターを出している間は、基本的にモンスターと共にしか行動できない。というか、彼は自分からモンスターとともに戦いに行く。もちろん、モンスターが攻撃を食らったら自分もダメージを受ける。最悪死ぬ。けど仕方がない、カードゲームだからね!

    あくまで使用、召喚できるのはモンスターに限る。


    設定:子供の頃からカードゲームを愛し、いつか自分も自分でカードゲームを作って、カードのモンスターとともに戦いたいと考えていたら、自分で作ったカードを具現化できるようになってしまった美大の学生。精神年齢は厨二歳

    最近の美少女文化に物申したいらしくあまり描かない(描けないとは言ってないし、嫌いとも言っていない)。ドラゴンや騎士というワードが大好きで、中世風のイラストばかり描いては周りにあきれられ、漫画学校に行けと言われているが、本人が作りたいのはM〇Gのような世界観のカードゲームなので気にしていない。

    しかし、デザインは考えられてもルールを考えられていないので、いつまでも企画の段階で止まっている。


    動機:カードゲームを世に広めるため


    作者:knavery

    5
  • 79

    天逆 姫(あまさか ひめ)

     

    性別:女性

     

    もともとは大人しい女子高生。

    通っている女子高で女の子に告白したのを言いふらされ苛められていたが、魔人能力に目覚めて以来立場が逆転。

    学園を恐怖で支配し百合ハーレムを築き上げた。

    反抗する女の子を能力の影響下に置く瞬間がたまらないという。

     

    能力名:スウィート・ポイズン・キッス

    能力発現以降の彼女とキスしたことのある人間は、一週間に一度は必ず彼女とキスしないと死ぬ。

    それ以外で精神・肉体に対する作用は一切無い。

     

    戦う動機:今の地位を奪われたくない

     

    作者:qaz

    5
  • 80

    【名前】

     樋口・稔(ヒグチ・ミノル)

    【性別】

     男


    【能力名】

     ホット・パッション(迸る熱い情熱)


    【能力詳細】

     己の乳首を摘まみ、捻ることにより、乳首からビームを放つことができる。

     強く摘まむほど威力が高まり、強く捻るほど勢いが増す。


     乳首のでかさは親指大だが、これはただの遺伝であり能力とは関係ない。


    【相手を倒したい動機】

     話の成り行きでやむを得ず。


    【作者】

    兜海老

    5
  • 81

    |高山里紗《たかやまりさ》


    病で苦しむクラスメイト

    学年:ミラージュ音楽学園高等部1年生

    楽器:クラリネット


    特徴:拙作『マジカルミュージック』の脇役。

    持病で苦しむ少女。薬を常に常備している。過去の失敗で信用と信頼を失ったことで弱気になってしまった。

    ソロを吹いたり、自分が目立つのを恐れており、目立たないようにしている。

    パート練習には、参加しない問題生徒。

    一人での練習や昴との練習には参加している。

    人が怖い、と思っている。

    朝比奈大河にいつも悪口を言われているので、彼を一番嫌っている。

    うつ病と発達障害に悩まされている。

    肉を好んで食べず、野菜ばかりを食べている。やや偏食気味。


    能力→潔癖の恋心

    誰にも恋心を見せさせない能力。結界のように心に膜が張られているため彼女に気がある人でも心の中まで気がつくことが出来ない。

    しかし、彼女が好きな人が出来ると……


    恋をする理由→過去の自分と決別するため


    制作者→鈴鹿歌音

    5
  • 82

    小野寺 花梨《おのでら かりん》

    性別:女性

    年齢:18歳

    職業:高校生


    特徴→華道部・生徒会書記・文化祭実行委員会に所属している女子生徒。花が大好き。今回、文化祭で能力を使用したセッションとアンサンブルのメンバーに選ばれる。


    能力→華道・フラワーアレンジメントの流儀

    生け花・ブーケに命が宿る能力。本気で使用したことがないのでどのような能力なのかは本人は理解していない。和風と洋風の花を取り入れたものを作り上げるのが得意。光の蝶や小動物が生み出された事もある。


    学園イベントに参加する理由→文化祭を成功させるため


    作成者→鈴鹿歌音

    5
  • 83

    赤藤梨音(あかふじりおん)

    ショッピングモールの住人の一人。地下倉庫(監房として用いている)の管理を担っている。
    国立光文学園高等部二年五組所属。17歳。
    幹部ではないが、貴重なコンプレックスを持っているために同等の発言権を持つ。本人曰く、人を閉じ込めるのに適したコンプレックス。
    間延びした口調のため、ややとろそうに見える。しかし七星や犬童への意見は鋭く、意外にも人をよく見ている。

    シンボル:鍵
    コンプレックス:『夏への扉』
     能力の範囲内にある、場所から場所を区切るもの(扉や窓など)に、可能な限り通行の妨害をさせる。
     具体的には、それらが固定されたように開きにくくなり、無理やりこじ開けても即座に閉まるようになる。
    5

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 84

    犬童影千代(いぬどうかげちよ)

    ショッピングモールの幹部の一人。医療品や生活用品の管理を担っている。
    国立光文学園高等部三年二組所属。18歳。
    物腰の柔らかい好青年。しかし七星がショッピングモール内で唯一コンプレックスを把握していない人間でもある。そのため七星からは「油断のならない男」として見られている。

    シンボル:水銀温度計
    コンプレックス:『パルプ・フィクション』
     自分よりも高いところにいる生物の体温を上げ、自分よりも低いところにいる生物の体温を下げる。
     このときの変化率は能力者との上下の距離が離れているほど大きくなる。
    5

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 85

    常盤七星(ときわななほし)

    特別科クラスの一人。生徒会会計兼任。学年は三学年に当たる。18歳。
    紅月と同様、生徒会の義務を放棄しているため、クラスメートからは問題児として見られている。
    学園封鎖とともにショッピングモールを制圧し、ここに篭城する。その後ショッピングモールの管理人として、学園内の物資と人材を独占している。

    シンボル:注射器
    コンプレックス:『美しき水車小屋の娘』
     自分の血液を混ぜた液体を操る。このとき、必要な血液の量は操る液体の体積に比例する。そのため、自分が貧血になるほどの量の液体は操ることができない。
    5

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 86

    片桐 相楽

    性別:男性

    年齢:21歳

    職業:医大生


    特徴:有名大学の医学部に所属している学生。彼女が出来ないのが悩みで友人たちに愚痴っていたが、その友人にも彼女が出来たことにより悩みが増えてしまった。


    能力:ラブ☆メーカー

    他人の恋愛を成功させる能力。自分の恋愛には役にたっていない。今回参加する恋愛ダンゲロスでは如何に役に立つのか……。自分に幸があるのか?


    参戦の理由:彼女を作るため


    作成者:鈴鹿歌音

    5
  • 87

    立畑照葉(たてはたてりは)

    特別科クラスの一人。生徒会副会長兼任。学年は三学年にあたる。17歳。
    端正な顔立ちだが、男口調であり、傍若無人な態度が目立つ。
    紅月と七星の死刑宣告の撤回を報告するために、銀太たちを訪ねてくる。
    見た目に合わず、作中でも珍しい、武術を極めた武闘派。

    技術:「炸空術」(さっくうじゅつ)
     手を打ち鳴らすことによって、空気を破裂させ、真空により対象を切断する。これはコンプレックスではなく、純粋な技術。銀太は剣術の系統に入る武術と見た。
    シンボル:モノクル
    コンプレックス:『鎖に繋がれた犬のダイナミズム』
     モノクルを嵌めた左目では、すべてのものが静止して見える。つまり能力者は左目で一瞬一瞬が止まった世界を見て、右目で流れている世界を見ていることになる。
    5

    263|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 88

    狭岐橋 瑠奈(さきばし るな)

    性別:女性

    高校1年生。
    勢いで生きているタイプ。
    面倒事にすぐ首を突っ込む。
    とはいえ大抵は何とかしちゃうので他人からの評価は意外に高い。
    それによってさらに調子に乗るという悪循環も同時に生み出しているが……。
    身内からは一度痛い目を見るべきだとの意見もある。

    夢見る乙女だが、好みがコロコロ変わるので彼氏ができる日は遠そうだ。


    能力名:ぼーそーもーそー

    理想のイケメン男性を召喚する。ただしバーサク状態で。
    3分経つと消滅する。なぜなら瑠奈の“理想”がそれくらいしかもたないからだ。


    戦う動機:従姉がVRのバトル大会に出場するのを見て自分も暴れたくなった。

    作者:qaz

    5
  • 89


    「よく効く睡眠薬を特別価格でご提供!

     安らかに死にたいなら今しかないよ!!」


    死を売る危険商人

    ○魂絢 サチ(たまあや さち)

    性別:女


    「安い早い怖くない」をモットーに死を有償提供する少女。

    その正体は、魔界第三冥府所属の三等死神(序列的には中間ぐらい)である。

    亡者の叩き上げにして、ユーモアセンス溢れる方法で命を刈り集めてきた実績を持ち、大悪魔様からも一目置かれている逸材。

    「彼らにとって最も身近な方法で死を受け入れてもらう」という師匠の教えを元に、遊び感覚で命を落とす便利グッズを数多く発明してきた。


    不定期で人間界に降り立ち、人間らしく遊びはしゃぎながら、

    死神らしく魂を回収するために即死グッズのセールスも行っている。

    彼女の軽快なトークを添えて繰り出される商品は飛ぶように売れ、

    呆気なく死んでいく購入者たち。その死亡率、もれなく100%。

    巻き込まれて死んだ人々も数知れず。

    お金も魂もたくさん手に入り、

    彼女だけが何一つ不自由ない人間界ライフを満喫している。


    「アイツが憎い」「早く死にたい」

    そんな声を聞きつけて颯爽と、

    さっちゃんがあなたの街にやってくる――。




    能力名:絶対安眠保証サービス(今ならポイント三倍!)

    商品購入者を好きなタイミングで殺すことのできる能力。

    彼女の息がかかった商品なら何でも、買った人の魂を回収できる。

    この能力は詐欺まがいの手段で人間に物を売りつけ、

    購入者の魂を刈り集めていたやり口の名残りである。


    いつしか「死」を連想させる商品の方が売れやすいことに気付き、

    能力を使わずとも購入者が自滅するパターンが多くなる。

    即死グッズを使う使わないに拘らず、購入者の死は確定事項。

    あわよくばたくさんの人を巻き込んでいって欲しい。






    戦う動機:皆様の笑顔のため。




    イラスト:ゆうひな様

    作者:如月真琴


    5
  • 90

    【名前】

    光巫女=ザッハトルテ=マルニー

    通称「ザッハちゃん」


    【性別】

    推定少女


    【年齢】

    たぶん未成年。

    誰も気にしたことが無いので本人すら知らないぞ☆


    【特殊能力】

    《調停者の生き血》

    自らの命を代償に、最も美しい結末を確実に引き起こす能力。

    魔人能力ではないが彼女の血に流れている呪いよりの奇跡。

    曰く、世界を脅かす存在が現れたとき、

    この血を捧げることによって平和がもたらされていた――。

    この効果はあらゆる能力によって妨げられることがない。


    【秘奥義】

    《キャラメルポップ銃》

    名前の通り、超速度でキャラメルポップコーンを発射する銃。

    このキャラメルポップコーンを口に入れられてしまった場合、

    過度な甘みが全身を駆け巡り、どんな生物でも死ぬという。

    しかし、残された弾丸は一発だけ。まさに最終兵器。


    【設定】

    アリスやムーちゃんと同じ世界からやってきた、異常の調停者。

    言語学者でもある彼女はロリロリ語に非常に堪能だが、

    田舎訛りが酷く、誰にも意味が通じない独特の派生言語で喋る。


    彼女はロリロリビーストによってもたらされるバグを直すため、

    身を捧げているいちごパスタ村一族の末裔である。

    だが、いちごパスタ村は『戦争』の際に黄金の巨龍が放った

    攻撃の余波で吹き飛んでしまい、事実上の滅亡を迎えた。

    たった一人残された彼女は、

    一族の仇を取るためにロリロリビーストを憎むようになる。


    いつか、この銃に込められたキャラメルポップコーンを

    アイツに突きつけられる日が来ると信じて――。


    【戦う動機】

    村を滅ぼした奴への復讐


    【イラスト】

    きゃらふと様


    【作者】

    如月真琴

    5
  • 91

    【名前】

    戦龍院=バハムート=エクステルミ

    因みに、ワタシが生まれた世界では名前の前後を苗字で挟むスタイルのフルネームを使うんだぞ♪WWWW


    【性別】

    見た目はロリだが、そもそも性別という概念が無いのだよワトソン君WWWWつまりポケモ○の禁止伝説みたいなものだWWWW


    【年齢】

    ヒ☆ミ☆ツWWWWに決まってんだろ?WWWW言わせんなよ恥ずかしいWWWW


    【特殊能力(?)】

    《龍皇無尽の神撃幼女》

    実際は【魔人能力】みたいな小賢しいインチキではなくワタシの肉体に宿る膨大な身体能力や体質そのもの。

    ありとあらゆる生物や神格などの存在、神外や概念などの存在外もひっくるめて、その中で実質的最強の肉体と身体能力を有した純粋な暴力の極地。

    その力を止める術は一切無く物理攻撃、魔法攻撃、精神攻撃、その他問わず全ての攻撃という攻撃を弾く。(わりとガチで)

    挙げ句の果てにはダンゲロスの【魔人能力】やアニメやラノベなどで見られる【特殊能力】、はたまたエブリスタの転生者達の間で出回る【チート能力】などの影響を全く受けず、更にはどんな能力も無視して相手を殴れる始末。これで無差別死刑冤罪裁判も怖くない!

    神すら恐れおののく一撃は本気で振るえば無限多次元宇宙(全異世界)が余波だけで消滅するとも語り継がれている。

    欠点を挙げるとすれば魔法や【特殊能力】を習得出来なくなり武器も装備出来ない(軽く振っただけで壊れる)縛りが付くのだが、こうなると素手で戦う他ないので、これ以上無い程に筋金入りの脳筋チックな力だったりする。

    つまり要約すると武器も魔法も能力も無い代わりに、どんな攻撃も能力も効かない状態で実質的に最強の膂力を活かして殴り付けるだけなので小細工無しで強い類いのキャラクターの延長線上ということだ。

    うぅえっWWWWこれ全部真面目に説明するのめっちゃダルいなぁWWWW


    【秘奥義】

    《Rise of Bahamut(ライズ オブ バハムート)》

    「この歌を幼女と犬に捧げます♪」

    可愛らしいロリ美少女じみた擬人化を解除して【神々の血肉を喰らいし暴龍(バハムート)】としての姿を解放する必殺技だぽんWWWW但し、この姿になると何故か人類滅亡規模の大爆発を引き起こして周辺の創造物を問答無用で破壊するらしく最終手段みたいなものだから無闇に使っちゃダメだぞ♪WWWWお姉ちゃんとの約束だWWWW


    【設定】

    愛称は「ムー」だから気軽に「ムーちゃん」とでも呼んでくれると嬉しいぞ♪WWWW

    さてさて、ワタシは皆さんご存知、神すら羽虫同然に蹴散らす系ドラゴンことバハムートの転生体なんだぽんWWWWつまりワタシもエブリスタとかでチートに酔いしれる俺TUEEEEE共同様に【転生者】って訳でつWWWWよろしくね!^^

    この時点で察している人も居るだろうけどワタシの正体は【魔人】ではなく、こことは違う遠い異世界から来た【ロリロリビースト】という極少数しか存在が確認されていない種族の内の一人なんだWWWW

    そんなワタシの好きなものは幼女様と娯楽全般とSMプレイとバトル(血を血で食べる殺し合い的な意味で)だ!WWWWそりゃもう大好物!WWWWご飯が進むねぇWWWW

    こう見えて昔は色んな世界を転々と廻って創造物が繁栄しすぎた世界は間引き感覚で大体半分くらいぶち壊すという破壊神に近い仕事をしていたんだがねぇWWWW周りの神々がそれを良く思わないみたいで、どいつもこいつも必死こいて止めに掛かるもんだからテキトーに相手している内にワタシも伝説の存在になっちまったのだWWWWその聖戦の末に、わざと封印されたフリをして神や天使の方々相手に拷問と称したSMプレイをしこたま楽しんだりしたもんだWWWWまあ、飽きたら勝手に抜け出すけどなWWWW

    因みにこの前のアニメでバハムートが赤い髪をしたアフロの男に封印されるフリをする話あったけどアレ、実はワタシですWWWWアーミラ嬢prpr(^q^)

    えっ?WWWW「お前ってドMなの?引くわー」だって?WWWWだってワタシって攻撃されたらダメージ受けずに代わりに回復して元気になっちゃう体質だからドMでも仕方ないよね♪WWWW特に美少女だったり幼女様の姿の天使や女神にあんなことやこんなことをされた時なんかは、もうたまらない!WWWWあ?野郎に攻められる趣味はねーぞWWWW烏賊臭い男子諸君は帰れ帰れWWWWって半ば脅して言ってみたら本当にワタシ専属の『お仕置き班』が女性陣だけになった!WWWWやったね!WWWW要するに可愛いは正義って事だWWWW(この世の法則)

    そんなワタシだが、随分前にアリス嬢というワタシの理想に限りなく近いつるぺた幼女様に拾われてなWWWW形式上は【主人(マスター)】と【使い魔(サーヴァント)】の関係だが今では実の姉妹のような仲睦まじい間柄だWWWW全国のロリコン諸君WWWW羨ましいだろぅ?^^

    とりまワタシが好きで好きでたまらないバトルの話になるけど、ワタシの武器は何といってもこの史上最強のボディ!WWWWそしてその膂力を活かした拳と拳のぶつかり合いなんかは最高だ!WWWWだが、それなのに最近の若者共はすぐに「やれ特殊能力だ」やら「やれ魔法だ」やら「やれアイテムだ」やら………すぐに奇跡の力に頼ろうとする!おっぱいぷるんぷるん!!WWWWいいか!拳も剣も振るわずに術に頼る軟弱者共!WWWW強者同士の闘いとは古より拳と拳のぶつかり合い!WWWWつまりレベルを上げて物理で殴れという事だ!!WWWW

    だがまあ、そんな中でも例外ってものがあってなぁWWWWマイマスター、アリス嬢の攻撃だけは魔法だろうと特殊能力だろうと全て愛する価値がある!WWWWあの子ほど快楽的で気持ちのいい攻撃を数多く持った幼女様はそういない!WWWWだからこそワタシがマスターに選んだのだWWWWあぁ^~思い出しただけで心も体もビックンビックンビックンビックンビクンビクン//////

    さて、そんなパーカーとホットパンツが似合う最強ロリ巨乳擬人化ドラゴンなワタシの自己紹介だったがWWWW「雑草(WWWW)がウザい」と思った画面の前の君!WWWW「口の中を雑草で満たしながらパンツを被って廊下に立ってなさい!WWWW」一見、変態じみた行動だが庭先やエブリスタで大量発生している雑草のありがたみがわかる筈だ!WWWW騙されたと思って変態に成りきりながらやってみるがよい!!WWWW

    (※訓練された変態以外は絶対にマネしないでください………最悪の場合雑草を喉に詰まらせて死にます^^)


    【戦う動機】

    マイマスター(アリス嬢)と共闘したいので^^


    【イラスト】

    きゃらふと様


    【作者】

    ダンゲロス界の最弱王!

    脳内☆ロリロリ楽園幻想

    5
  • 92

    ○徒然鳴 時雨(つれづれなき しぐれ)

    性別:男


    1000年を生き長らえた天狐。

    文化的な暮らしが好きで、人の多い場所を好んで生きている。

    イタズラも好きで人間、特に美人に化けて若者をからかうのが大好き。

    少し前までは狐の姿で暮らすこともあったが、

    最近は文明化著しい都会を安全に闊歩するため、

    人間の姿を維持している。



    人間社会に染まりすぎたせいか、非常に達筆である。

    即売会に紛れ込んで同人誌を売り捌いていたが、

    あれよという間に口コミで火が付き、出版社に拾われる。

    「遅咲きの文豪」と親しまれ現代に名を知らしめた。

    情緒あふれる繊細で写実的な表現に魅せられるファン多数。

    徒然鳴時雨とはその際のペンネームであり、特に本名は持たない主義。



    彼は主に翻弄される若人を題材にして執筆することが多い。

    そのためエロガッパの如く都会に出向いては、

    人間観察に目を光らせ、とびきりの不幸を待っている。

    曰く、「雨に濡れる君が見たい」。




    能力名:狐の嫁入りカタストロフィ

    上空に雨雲を生み出し、通り雨を降らせる能力。

    さらに力を使えばゲリラ豪雨を人為的に作ることも出来る。


    この雨に濡れた全てに不幸が溜まり、

    良くないことが立て続けに起きるようになる。

    街を往来する人々も車も、壁も床も、折り畳み傘にも不幸は溜まる。

    ひょっとしなくても大混乱を招くこと必至の凶悪な力。


    この能力を使っている間、彼は高いところから街を見下ろしている。

    大抵の人は傘なんか持っていないので不幸のドン底に落ちていく。

    もちろん彼自身も例外ではない。




    戦う動機:次回作のネタ探し。




    イラスト:三日月アルペジオ様

    作者:如月真琴

    5
  • 93

    【名前】

    多次元編集者ヨシダ

    性別:男


    二十代なかごろで、7次元出身。とりあえず「〜っス」って語尾につけるナメた敬語を使う。なぜなら若干アホだからだ。


    次元編集者たちは『この世の全てが物語』という考えで活動している。その物語をより良い作品にするために編集しているのが彼らだ。つまり彼らの仕事は、他人の人生を編集して見世物にすることである。


    ヨシダはその中でも下っ端で、編集長からの無茶振りで各次元へと分身を派遣している。その成績は、あまり芳しくない。


    【能力】スリップ・スルー・ディメンション


    下位次元への干渉を可能にする能力。


    多次元編集者であるヨシダは行動可能な次元全てに一人ずつ自分が存在している。そして、上位次元の都合に合わせて下位次元への干渉……すなわち『編集』を行う。


    『編集』とは基本的に、上位次元が下位次元に対して行うものである。

    しかし多次元編集者であるヨシダは、能力により直接その次元に潜入しての編集が可能。そしてその次元を編集するための道具を必ず持ち歩いている。


    なお分体を作るメカニズムは、下位次元に現れる自分の一部への干渉である。例えば三次元に直方体の箱があった場合、二次元には正方形として現れる。ヨシダたち多次元編集者はこれを利用し、下位次元の自分を編集することで分身を作り出している。


    【相手を倒したい動機】

    仕事だから。


    作者:マグロ3号

    5
  • 94

    名前:山田縷々(やまだるる)
    5
  • 95

    【名前】

    神魔=アリス=ナイトメア

    皆からは、よく「ガヴ○ールみたいな名前」って言われてるよwwww


    【性別】

    見た目はつるぺた幼女だけどワタシ達【ロリロリビースト】にはポ○モンの禁止伝説同様に性別の概念は無いみたいだねwwww


    【年齢】

    あなたは今まで被ったパンツの枚数を覚えているのか?wwww


    【特殊能力(?)】

    《異常の設定者・アリス》

    「全ての世界はワタシの見ている悪夢に過ぎない………だから望めば何でも叶う」

    ありとあらゆる事象を、まるで明晰夢の要領で【設定】するという実質上最強且つ最も欲深き自由のチカラ。

    全ての情報という情報はワタシの夢の中の【設定】の一部に過ぎず、それらを望んだ通りに幾らでも改変でき、その改変現象を【異常(バグ)】という。

    戦闘の際には能力の開花、昇華、譲渡。これらの流れを【設定】として【異常(バグ)】らせて戦う。

    更には過去、現在、未来を【異常(バグ)】らせることができ、現在で強くても過去、能力が開花する前や転生する前から【異常(バグ)】らせる事も出来てしまう。

    『どういう【設定】にしたい』と、言ったり思ったりすれば【異常(バグ)】らせられない【設定】は無い。

    万が一、存在や魂を概念ごと消滅しても、何をされても、どんな状況下に居ようとオートで使える。

    【設定】をあらかじめ【異常(バグ)】らせておくことで【デフォルト設定】を装備する事が出来る。

    『装備中の【デフォルト設定】』

    ・自分より強い奴を見た瞬間、力が敵が絶望するレベルまで跳ね上がる。

    ・魔法や能力的なチカラは自動的に効かない。

    ・攻撃してきた相手はゲームみたいに【フリーズ】する。


    【設定】(謎の多いキャラクターにしたいため、情報は控えめ)

    作者(ロリロリ)の脳内(楽園幻想)から生まれたやべーやつ。

    作者(ロリロリ)が理想の自分として投影した夢の中の自分で、とどまる事を知らないチート力は作者自身の過剰な自己防衛本能と膨大な欲望そのもの。

    作者自身が主役キャラになりきるという五千円札の人の名言、思想、はたまた作家達の風潮に反逆した罪深き禁忌のキャラクターでもある。

    語尾で雑草が蠢いているのは100%エブリスタの影響と言わざるを得ない(白目)

    チョコレートとチーズが大好物で、それを両方使ったチョコチーズケーキがマイブーム。


    【余談】

    イラストは黒髪だけど本来は半分白金色と半分極黒色の多色髪なので、きゃらふとさんきゃらふとさん………早く多色髪実装してください(切実)



    【戦う動機】

    ムーちゃんと戯れたいのでタックを組みましたとさ^^


    【イラスト】

    きゃらふと様


    【作者】

    ダンゲロス界の最弱王!

    脳内☆ロリロリ楽園幻想

    5
  • 96

    ロリコン探偵

    ○小悪魔ルルゥ

    性別:女



    魔界出身の上級小悪魔。

    幼女が好きで、下心のために探偵活動も行っている。


    魔界に居た頃は聡明で冷徹な彼女だったが、下界でサディスティックな少女に召喚され使役されるようになり、家畜のような扱いを受け続けたことで性格が歪む。

    「感謝されることが至上の喜び」と教え込まれた彼女は、

    誰かから「ありがとう」と言われることだけを生きがいにしている。


    2年後、少女から解約されたので新しい飼い主を探しはじめる。

    厚い布で覆われた秘密を暴くことが大好きだった彼女は、

    人間の一番恥ずかしい部分を知るために探偵の看板を掲げる。

    もう一度――あの少女のような飼い主に出会えるだろうか。



    能力名:シークレット・スワップ

    自分と相手の一番恥ずかしい秘密を交換する能力。

    秘密を差し出すことで、相手の秘密を(無理やり)知ることが出来る。

    「当人が一番知られたくない、隠しておきたい記憶」のみが対象となり、お互いに何が流れているかは分からない。

    ルルゥの秘密は常人にとって刺激の強すぎるものが多いため、

    ちょっとした精神攻撃にもなる。

    不特定多数に能力を発動することも出来るので歩く破壊兵器とも。


    興味本位で能力を使っているが、

    得られた秘密が事件解決に繋がることもある。




    戦う動機:「ありがとう」と言われるため。




    イラスト:三日月アルペジオ様

    作者:如月真琴

    5
  • 97

    「たんてい? さんだよ~」

    名前:くえり

    性別:女(5才)

    特殊能力:おしえて……?

     二人っきりで彼女が質問すると、ついつい答えてしまう

     ただし、彼女はそれを覚えきれない

     伝言ゲームのように歪む情報を正しく読み取ってくれる人が……居たらいいなぁ。


    設定:

     姉の影響で探偵を名乗っている……が、探偵が何なのかは実はよく分かっていない。

     誰かの後ろをちょこちょこついてまわることが多く、自分でどっかに行ったりはあまりしない。

     はしゃぐことはあまりない。

     大人でも食べられないほど辛いものが好物。



    動機:なんか、まきこまれた


    備考:姉を誰にするかは、執筆者に任せます。

    作者:しゃりおっと

    5
  • 98

    【名前】

    神魔=アリス=ナイトメア

    皆からは、よく「ガヴ○ールみたいな名前」って言われてるよwwww


    【性別】

    見た目はつるぺた幼女だけどワタシ達【ロリロリビースト】にはポ○モンの禁止伝説同様に性別の概念は無いみたいだねwwww


    【年齢】

    あなたは今まで被ったパンツの枚数を覚えているのか?wwww


    【特殊能力(?)】

    《異常の設定者・アリス》

    「全ての世界はワタシの見ている悪夢に過ぎない………だから望めば何でも叶う」

    ありとあらゆる事象を、まるで明晰夢の要領で【設定】するという実質上最強且つ最も欲深き自由のチカラ。

    全ての情報という情報はワタシの夢の中の【設定】の一部に過ぎず、それらを望んだ通りに幾らでも改変でき、その改変現象を【異常(バグ)】という。

    戦闘の際には能力の開花、昇華、譲渡。これらの流れを【設定】として【異常(バグ)】らせて戦う。

    更には過去、現在、未来を【異常(バグ)】らせることができ、現在で強くても過去、能力が開花する前や転生する前から【異常(バグ)】らせる事も出来てしまう。

    『どういう【設定】にしたい』と、言ったり思ったりすれば【異常(バグ)】らせられない【設定】は無い。

    万が一、存在や魂を概念ごと消滅しても、何をされても、どんな状況下に居ようとオートで使える。

    【設定】をあらかじめ【異常(バグ)】らせておくことで【デフォルト設定】を装備する事が出来る。

    『装備中の【デフォルト設定】』

    ・自分より強い奴を見た瞬間、力が敵が絶望するレベルまで跳ね上がる。

    ・魔法や能力的なチカラは自動的に効かない。

    ・攻撃してきた相手はゲームみたいに【フリーズ】する。


    【設定】(謎の多いキャラクターにしたいため、情報は控えめ)

    作者(ロリロリ)の脳内(楽園幻想)から生まれたやべーやつ。

    作者(ロリロリ)が理想の自分として投影した夢の中の自分で、とどまる事を知らないチート力は作者自身の過剰な自己防衛本能と膨大な欲望そのもの。

    作者自身が主役キャラになりきるという五千円札の人の名言、思想、はたまた作家達の風潮に反逆した罪深き禁忌のキャラクターでもある。

    語尾で雑草が蠢いているのは100%エブリスタの影響と言わざるを得ない(白目)

    チョコレートとチーズが大好物で、それを両方使ったチョコチーズケーキがマイブーム。


    【余談】

    イラストは黒髪だけど本来は半分白金色と半分極黒色の多色髪なので、きゃらふとさんきゃらふとさん………早く多色髪実装してください(切実)



    【戦う動機】

    ムーちゃんと戯れたいのでタックを組みましたとさ^^


    【イラスト】

    きゃらふと様


    【作者】

    ダンゲロス界の最弱王!

    脳内☆ロリロリ楽園幻想

    5
  • 99

    「ウチが紅《くれない》の魔術師こと名庭ちゃんや。未解決事件は任してぇな。

     ただし――キミらの血液、ちょっといただくで」




    吸血探偵

    ○名庭 小椿(なにわ こはる)

    性別:女


    西のほうで知らない者は居ない魔人探偵。

    包帯の右目は怪物と契約したときの後遺症である。

    血を舐めることで持ち主の情報をインプットできる。

    行動力と洞察力を兼ね揃えた優秀な逸材。

    弱点は、生まれながらの関西弁がガラパゴス化して地元の人からヒンシュクを買っていることぐらいだろうか。あと見た目が幼くて人から信用されづらい。


    自身に芽生えた魔人能力は吸血鬼そのもので、定期的に自分以外の血を摂らないとフラストレーションが溜まった状態になり、暴力性が増していく。

    勘違いされやすいがウチは中二病とかじゃないんやで。




    能力名:真っ赤な真実

    血を舐めることで保有者の過去を知ることができる能力。

    容疑者の嘘を暴くことはもちろん、被害者の血を舐めれば死亡直前に何があったかを知ることも出来るという、探偵としてはかなり便利《チート》な能力。

    ただし知ることが出来る過去は最長で100日まで。あまり全てを知りすぎると頭がパンクしてまうんや。時効になる前に解決したいわな。

    探偵活動という建前で血液も摂取できて一石二鳥。




    戦う動機:誰かの役に立ちたいから。




    イラスト:ゆうひな様

    作者:如月真琴

    5
  • 100

    【名前】

    戦龍院=バハムート=エクステルミ

    因みに、ワタシが生まれた世界では名前の前後を苗字で挟むスタイルのフルネームを使うんだぞ♪WWWW


    【性別】

    見た目はロリだが、そもそも性別という概念が無いのだよワトソン君WWWWつまりポケモ○の禁止伝説みたいなものだWWWW


    【年齢】

    ヒ☆ミ☆ツWWWWに決まってんだろ?WWWW言わせんなよ恥ずかしいWWWW


    【特殊能力(?)】

    《龍皇無尽の神撃幼女》

    実際は【魔人能力】みたいな小賢しいインチキではなくワタシの肉体に宿る膨大な身体能力や体質そのもの。

    ありとあらゆる生物や神格などの存在、神外や概念などの存在外もひっくるめて、その中で実質的最強の肉体と身体能力を有した純粋な暴力の極地。

    その力を止める術は一切無く物理攻撃、魔法攻撃、精神攻撃、その他問わず全ての攻撃という攻撃を弾く。(わりとガチで)

    挙げ句の果てにはダンゲロスの【魔人能力】やアニメやラノベなどで見られる【特殊能力】、はたまたエブリスタの転生者達の間で出回る【チート能力】などの影響を全く受けず、更にはどんな能力も無視して相手を殴れる始末。これで無差別死刑冤罪裁判も怖くない!

    神すら恐れおののく一撃は本気で振るえば無限多次元宇宙(全異世界)が余波だけで消滅するとも語り継がれている。

    欠点を挙げるとすれば魔法や【特殊能力】を習得出来なくなり武器も装備出来ない(軽く振っただけで壊れる)縛りが付くのだが、こうなると素手で戦う他ないので、これ以上無い程に筋金入りの脳筋チックな力だったりする。

    つまり要約すると武器も魔法も能力も無い代わりに、どんな攻撃も能力も効かない状態で実質的に最強の膂力を活かして殴り付けるだけなので小細工無しで強い類いのキャラクターの延長線上ということだ。

    うぅえっWWWWこれ全部真面目に説明するのめっちゃダルいなぁWWWW


    【秘奥義】

    《Rise of Bahamut(ライズ オブ バハムート)》

    「この歌を幼女と犬に捧げます♪」

    可愛らしいロリ美少女じみた擬人化を解除して【神々の血肉を喰らいし暴龍(バハムート)】としての姿を解放する必殺技だぽんWWWW但し、この姿になると何故か人類滅亡規模の大爆発を引き起こして周辺の創造物を問答無用で破壊するらしく最終手段みたいなものだから無闇に使っちゃダメだぞ♪WWWWお姉ちゃんとの約束だWWWW


    【設定】

    愛称は「ムー」だから気軽に「ムーちゃん」とでも呼んでくれると嬉しいぞ♪WWWW

    さてさて、ワタシは皆さんご存知、神すら羽虫同然に蹴散らす系ドラゴンことバハムートの転生体なんだぽんWWWWつまりワタシもエブリスタとかでチートに酔いしれる俺TUEEEEE共同様に【転生者】って訳でつWWWWよろしくね!^^

    この時点で察している人も居るだろうけどワタシの正体は【魔人】ではなく、こことは違う遠い異世界から来た【ロリロリビースト】という極少数しか存在が確認されていない種族の内の一人なんだWWWW

    そんなワタシの好きなものは幼女様と娯楽全般とSMプレイとバトル(血を血で食べる殺し合い的な意味で)だ!WWWWそりゃもう大好物!WWWWご飯が進むねぇWWWW

    こう見えて昔は色んな世界を転々と廻って創造物が繁栄しすぎた世界は間引き感覚で大体半分くらいぶち壊すという破壊神に近い仕事をしていたんだがねぇWWWW周りの神々がそれを良く思わないみたいで、どいつもこいつも必死こいて止めに掛かるもんだからテキトーに相手している内にワタシも伝説の存在になっちまったのだWWWWその聖戦の末に、わざと封印されたフリをして神や天使の方々相手に拷問と称したSMプレイをしこたま楽しんだりしたもんだWWWWまあ、飽きたら勝手に抜け出すけどなWWWW

    因みにこの前のアニメでバハムートが赤い髪をしたアフロの男に封印されるフリをする話あったけどアレ、実はワタシですWWWWアーミラ嬢prpr(^q^)

    えっ?WWWW「お前ってドMなの?引くわー」だって?WWWWだってワタシって攻撃されたらダメージ受けずに代わりに回復して元気になっちゃう体質だからドMでも仕方ないよね♪WWWW特に美少女だったり幼女様の姿の天使や女神にあんなことやこんなことをされた時なんかは、もうたまらない!WWWWあ?野郎に攻められる趣味はねーぞWWWW烏賊臭い男子諸君は帰れ帰れWWWWって半ば脅して言ってみたら本当にワタシ専属の『お仕置き班』が女性陣だけになった!WWWWやったね!WWWW要するに可愛いは正義って事だWWWW(この世の法則)

    そんなワタシだが、随分前にアリス嬢というワタシの理想に限りなく近いつるぺた幼女様に拾われてなWWWW形式上は【主人(マスター)】と【使い魔(サーヴァント)】の関係だが今では実の姉妹のような仲睦まじい間柄だWWWW全国のロリコン諸君WWWW羨ましいだろぅ?^^

    とりまワタシが好きで好きでたまらないバトルの話になるけど、ワタシの武器は何といってもこの史上最強のボディ!WWWWそしてその膂力を活かした拳と拳のぶつかり合いなんかは最高だ!WWWWだが、それなのに最近の若者共はすぐに「やれ特殊能力だ」やら「やれ魔法だ」やら「やれアイテムだ」やら………すぐに奇跡の力に頼ろうとする!おっぱいぷるんぷるん!!WWWWいいか!拳も剣も振るわずに術に頼る軟弱者共!WWWW強者同士の闘いとは古より拳と拳のぶつかり合い!WWWWつまりレベルを上げて物理で殴れという事だ!!WWWW

    だがまあ、そんな中でも例外ってものがあってなぁWWWWマイマスター、アリス嬢の攻撃だけは魔法だろうと特殊能力だろうと全て愛する価値がある!WWWWあの子ほど快楽的で気持ちのいい攻撃を数多く持った幼女様はそういない!WWWWだからこそワタシがマスターに選んだのだWWWWあぁ^~思い出しただけで心も体もビックンビックンビックンビックンビクンビクン//////

    さて、そんなパーカーとホットパンツが似合う最強ロリ巨乳擬人化ドラゴンなワタシの自己紹介だったがWWWW「雑草(WWWW)がウザい」と思った画面の前の君!WWWW「口の中を雑草で満たしながらパンツを被って廊下に立ってなさい!WWWW」一見、変態じみた行動だが庭先やエブリスタで大量発生している雑草のありがたみがわかる筈だ!WWWW騙されたと思って変態に成りきりながらやってみるがよい!!WWWW

    (※訓練された変態以外は絶対にマネしないでください………最悪の場合雑草を喉に詰まらせて死にます^^)


    【戦う動機】

    幼女をモフモフ出来ると聞いて^^


    【イラスト】

    きゃらふと様


    【作者】

    ダンゲロス界の最弱王!

    脳内☆ロリロリ楽園幻想

    5

TOP