キャラクターランキング

  • 1

    黒石みいな(黒姫) 魔女である。高校二年生である。だがチビである。

    しかし、その正体は世界進出中の悪魔組織BBWの日本総局長(実際は中間管理職)である。関西に乗り込んだ結果、もののけ屋と全面衝突することになる。

    45
  • 2

    ハンナ・ライチェ (ドイツ人) グライダー飛行の世界記録ホルダーであり人類で初めてのヘリコプター操縦の成功者であり世界的に有名な女性パイロット。ドイツ共和国の密命で、南十字義勇飛行隊の現地指揮官に任じられる。貴族の血を引くプロイセンの勇敢なる乙女。


    30

    3,453|作品名パシフィック フロント作者Jun-Hashimoto

  • 3

    ジャッキー・ソロール(南アフリカ生まれのイギリス人) 南アフリカ初の女性優良パイロットとしてイギリスに渡ったが、そこで侵略事件が始まり、英空軍に志願するが門前払いされ、南十字義勇飛行隊に飛び込む。じゃじゃ馬の代表のような女子であったが、戦場でその真価を見出され、周囲の評価が一変することになる。愛用のバイクを最前線まで連れて行く奇妙な面も持ち合わせている。
    18

    3,453|作品名パシフィック フロント作者Jun-Hashimoto

  • 4

    杏奈 俺さんのGF以上恋人未満な人
    17

    522|作品名走れヨタハチ作者adashino

  • 5

    神流宜麻奈 現在の実質的もののけ屋の経営者 行方不明の父と病気で寝込む母、勘当されてアメリカの国家機関に身売りした兄を持つ。社員には人間以外の方が明らかに多いもののけ屋を切り盛りする商魂たくましい京女だが、中身はかなりのアニオタである。
    16
  • 6

    作家:至道流星

    文芸第三出版部出身の作家でありながら、「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」の運営・サポート業務から企画提案までしてくださる頼れる実業家。

    15
  • 7

    冬美(ふゆみ)

    高校3年生。千夏のお姉ちゃん。


    実は妖怪「ろくろ首」。すぐ首が伸びる。

    首の伸び縮みのコントロールが出来てるようで出来ていない。


    おっとりした大人っぽい女性。

    と見せかけて、実はほんわか天然で、予想できない行動をしていつも千夏を焦らせる。



    15
  • 8

    講談社ラノベ文庫編集長:猪熊
    某月刊漫画誌の編集長を務めたのち、講談社ラノベ文庫、Kラノベブックスの編集長に。とても優しい。
    13
  • 9

    千夏(ちなつ)

    高校1年生。ろくろ首であるお姉ちゃんと二人暮らし。

    性格は明るく活発。


    のほほんとしているお姉ちゃんを常にサポートしている、つもり。

    13
  • 10

    編集者:須藤安寿(Anju Suto)

    共幻社編集BL担当

    BL・TL小説家 兼 編集者

    『永遠に咲く花のように』(竹書房タナトス文庫)でデビュー

    BL・TL小説のほか、ホラー作品のノベライズ執筆経験も有り

    チャットノベルでは『嘘つきでごめん』『ドラゴン・デリバリー ~魔導図書館騎竜配書課~』などを公開中

    12
  • 11

    編集長:上原尚子(Sho-ko Uehara)

    共幻社チャットノベル編集長

    1989年『くたばれ戦車商隊』(富士見ファンタジア文庫)で小説家デビュー

    雑誌編集・ライターのほか、小説・ゲームブック、アニメ・ゲームシナリオなどの執筆活動を行う

    チャットノベルでは『ジャングルに虎がいる』『迷宮当番りぷれい!』を公開中

    12
  • 12

    編集岡崎

     eruKIKAKU編集

    これまで多数のチャットノベルの制作と編集に関わっている

    丁寧な対応と熱意で、作家への業務メールが1万文字に達することも

    チャットノベルでは黒崎というPNでも活動

    11
  • 13

    編集者:高波一乱(Ichiran Takanami)

    eru KIKAKU 運営 

    共幻社代表 L-boom編集長

    〈お魚1号〉名義で第5回オーバーラップ文庫大賞特別賞を受賞

    『ちょっぴりエッチで変態なお姫さまは好きですか?』(オーバーラップ文庫)

    様々な企画を立ち上げ、クラウドファンディングを中心に活動中

    チャットノベルでは『ゴルフガールズ』を公開中

    11
  • 14

    【サタニャエル】(性別:???)

    ミカちゃん一人だと心配なので付いて来た。色んなことに詳しい黒猫。「サタニャエル」を名乗っているが、悪魔サタナエルと同一視されるかは謎。ビヨンデッタから「サマエル」と呼ばれてもおり、そうであれば楽園でイヴを誘惑した蛇であるとも言える。非常に好奇心旺盛で勉強熱心。たまに悪魔っぽいが、基本的には常識的。


    (うんちく)

    「猫に九生有り」のことわざは、高いところから落ちてもうまく着地してしぶとく生き残る、タフさから来ていると考えられる。何故「九生」なのかは定説は無いが、エジプト神話の猫頭の女神バステトが九つの魂を持っていたことに由来するのではないか、と言われる。そのようにしぶとい猫を殺すには「好奇心」が効果的であるとことわざは言う(「好奇心は猫を殺す」)。つまり人に知恵を与えたサマエルが、その罪によって神の罰を受けることの暗示として、サタニャエルというキャラクタは造られている。


    サマエルは「神の悪意」という意味を持つ。12枚の翼を持つことから、堕天使ルシファーとも同一視される。

    11

    532|作品名天使と悪魔の聖書漫談作者ashikabi

  • 15

    【ミカ】(性別:無性 時々 男性)

    神様の命令で人々を見守ることになった大天使ミカエル。サタニャエルくんに色々教えてもらう生徒役。ただ何も知らないお馬鹿ではなく、それなりに常識人。特に戦争に関することはなかなか詳しい。無意味な殺戮は嫌うが、戦争そのものは悪と見做さない。ビヨンデッタの作った「ケーキ」にトラウマがある。


    (うんちく)

    その名は「神に似たるものは誰か」という意味を持つ。ミカエルはMa-Ha-Elと分解され、「偉大なる神」の意味ともされる。天軍の総帥であり、右手に剣を持った姿で描かれる。


    聖書において天使の翼に関する記述は無い。その造形はギリシア神話における勝利の女神ニケ(Nike)が由来であると考えられている。


    ミカエル、最大の見せ場は新約聖書『ヨハネの黙示録』12である。そこには以下のような記載がある。

    「かくて天に戰爭おこれり、ミカエル及びその使たち龍とたたかふ。龍もその使たちも之と戰ひしが、勝つこと能はず、天には、はや其の居る所なかりき。かの大なる龍、すなわち惡魔と呼ばれ、サタンと呼ばれたる全世界をまどはす古き蛇は落され、地に落され、その使たちも共に落されたり。」

    おそらくは翼の生えた勝利の女神と、戦争における戦士の姿とが融合され、現代におけるミカエルのイメージを形作ったのであろう。

    11

    532|作品名天使と悪魔の聖書漫談作者ashikabi

  • 16

    講談社タイガ編集長:河北
    講談社文芸第三出版部にて、講談社タイガや、講談社ノベルス、講談社BOX、単行本、雑誌「メフィスト」、メフィスト賞などの選考に携わる。座談会でのレスが長くなりがち。
    11
  • 17

    【ビヨンデッタ】(性別:男性 or 女性)

    ミカを「お姉さま」と慕う悪魔の少女。その正体はソロモン72柱序列第1位ともされる魔王ベルゼブブ。ニーチェを好み、強き者が強くある世界こそが最も美しいと考えている。人間を「草」と呼び、その愚鈍さを嘲笑する。


    (うんちく)

    作中にあるように、ベルゼブブの由来はウガリット神話における豊穣の神バアル・ゼブル。バアルの信仰は旧約聖書において偶像崇拝として忌み嫌われ、度々敵対した。バアル・ゼブルをバアル・ゼブブと読み替えることで、その意味を「気高き主」から「蠅の王」へと貶めた。


    「ビヨンデッタ」の名前は幻想小説の父J・カゾットの『悪魔の恋』に由来する。主人公のアルヴァーレは知的好奇心により悪魔ベルゼブブを呼び寄せ、そのベルゼブブは「ビヨンデット」という名の少年として彼に仕えた。やがて「ビヨンデット」は「ビヨンデッタ」という少女となり、アルヴァーレに強く愛を語る。そしてアルヴァーレは苦悩の末にビヨンデッタを愛してしまう。あまりにあっけない結末についてはここで語らない。


    ウィリアム・ゴールディングの『蠅の王』は死の象徴として蠅が描かれる。また、理性を凌駕する闘争心は豚の首として表れた。作中でビヨンデッタが豚肉を好んでいるのも、そうした背景による。

    10

    532|作品名天使と悪魔の聖書漫談作者ashikabi

  • 18

    御先 九兵衛(おさき きゅうべえ)

    通称「きゅうべえ」


    きつね。本人曰く数百年続く由緒ある妖狐。

    9つの尾っぽを持っているが、特に役には立っていない。

    大人の女性(70歳以上限定)に目がなく紳士的な態度をとる。


    千夏に言わせると「小学生並みのアホ」。

    9
  • 19

    茶釜 ポン太郎(ちゃがま ぽんたろう)

    通称「ポン太郎」


    たぬき。普段はうどん屋の店前で陶器の姿でいる。


    志が高く常にワンランク上のたぬきを目指しているが、

    千夏に言わせると「小学生並みのアホ」。

    9
  • 20

    どんぶり大盛り白米くん。


    新潟県産最高級コシヒカリ。

    手足がないデザインなのでホバー飛行する。じめんわざは無効。

    9
  • 21

    名前 伊吹 遊馬(いぶきあすま)

    年齢 19歳

    身長 179㌢

    体重 63㌔

    趣味 弓道、スノボ、漫画、小説


    本編の主人公。

    極度な霊感体質な事から、有りとあらゆる百鬼から命を狙われている。

    それ故に、物事を諦める思考のある性格。

    レンに興味を持ち始める。

    8

    450|作品名百鬼夜行 作者あんこ ebisumaru78

  • 22

    名前 櫻井 蓮(さくらいれん)

    年齢 19歳

    身長 150㌢

    体重 内緒

    趣味 お寺巡り、お経早口言葉、御詠歌


    本編のヒロイン 

    実家はお祓い家業を営んでいる。

    アスマを助ける為に自らを犠牲にするが、犠牲とは全く思っていない根っからのお人好し。

    8

    450|作品名百鬼夜行 作者あんこ ebisumaru78

  • 23

    名前 伊吹 悠人(いぶきはると)

    年齢 35歳

    身長 183㌢

    体重 68㌔

    趣味 カクテルの調合、アンティーク収集、ドリ車の改造


    アスマの叔父【para ti 】のオーナー

    自分の息子のようにアスマを可愛がっている。

    女性関係には少々だらしなく、それ故に婚期を逃して未だに独身。

    8

    450|作品名百鬼夜行 作者あんこ ebisumaru78

  • 24

    名前 宮琵 曄子(きゅうびようこ)

    年齢 ???

    身長 165㌢

    体重 秘密

    趣味 七変化、レンの子守


    レンの親友

    レンとは相当親しい間柄で、学校ではいつも一緒に過ごしている。

    その正体は謎に包まれており誰も知らない。

    8

    450|作品名百鬼夜行 作者あんこ ebisumaru78

  • 25

    ■ファリック・ベクアドルド

    初登場:第二十七話 招かれざる客


     空から落ちてきた謎の少年、ミラとは親友関係にある。

     二丁の拳銃を使った射撃を得意とする。また獲物は骨董品の部類であるコルトパイソン。手入れと整備が行き届いている為本来の性能を十二分に発揮できる。


     性格は人見知りでおとなしめ、ただしミトやミラが危険に晒されたと感じた時迷いなく引き金を引くであろう仲間思いではある。

    8
  • 26

    ■ミラ・メーベ

    初登場:第二十七話 招かれざる客


     空から降ってきた謎の少年、ミトとは姉弟であり弟である。本作品メインショタ。


     槍と複数の攻撃法術を得意とする。槍術は中々だが主として扱うのは法術で、雷と風の多重属性を持つ。法術については現状メンバーの中ではレイ以上の使い手になる。


     性格は天真爛漫であり、興味があることは首を突っ込まずにはいられない。そんな性格がミトからすれば目の上のたん瘤であり悩みどころなのだとか。つまりトラブルメーカーである。

     しかし、元気な事は良い。元気があれば何でもできる!

    8
  • 27

    ■ミト・メーベ

    初登場:第二十七話 招かれざる客


     空から落ちてきた謎の少女、桃色の長い髪の毛に全身真っ白なローブを羽織っている。

     本作品メインヒロイン。

     杖を使った打撃攻撃と、若干の攻撃法術が使える。


     性格は温厚……と言いたいが実は少しおてんばであり、レイとは異なり割とサバサバしているところがある。また身体的特徴を弄られると怒りだすところも有り、ガズルが懲りずに怒られていたりする。

     

    8
  • 28

    ■炎の厄災『イゴール・バスカヴィル』

    初登場:第十四話 剣聖結界 ―蒼い風と炎の厄災―


     過去に起こった最悪の厄災の一つ。人と魔族の間に生まれた魔人で人間を目の敵にする。 

     全身が真っ黒に焦げていて所々が脆く崩れそうになっている。顔には真っ白な丸い目らしきものが二つと大きく避けた口の様な物が見える。

    8
  • 29

    ■カルナック・コンチェルト

    初登場:第八話 語り継がれたおとぎ話―幻魔大戦―


     中央大陸に住む生きる伝説でレイとアデルの師匠にあたる。富は無いが数ある名声をほしいままに取得してきた。

     彼が取得した称号は剣聖、エレメンタルマスター、バトルマスター、舞踏剣士、一騎当千等々。生きる伝説と言われる由縁は現存する剣帝四人の師匠であること。過去に一度帝国を一晩のうちにたった一人で壊滅寸前まで追い詰めた。剣術、法術に優れていて現存の剣帝が四人で挑んでも勝てるかどうか。

    8
  • 30

    ■ギズー・ガンガゾン

    初登場:第七話 希望の光とギズー・ガンガゾン


     ガズル同様天才、医学に精通していて薬の調合が出来る。身長149cm、体重49kg、年齢13歳。目つきが悪く口も悪い。

     出身は中央大陸西部で一族の家業は裏社会の殺し屋である。彼もガンガゾン一族の訓練を積んできている為、並の冒険者では彼に太刀打ちはできない。右手にシフトパーソル、左手にロングソードを持つ。これが基本装備であり、腰につけてるポシェットの中には幾つもの銃火器が幻聖石と融合してしまわれている。

    8
  • 31

    ■アリス・キリエンタ

    初登場:第四話 東大陸―グリーンズグリーン―


     アデルとガズルを助けた東大陸の孤児、気が強く何事も大体一人でこなしてしまう少女。

     年齢14歳、150cmと同年代の女子と比べてやや小柄である。体重は非公開。鼻の上にそばかすがあって本人は若干気にしている。黒髪のロングストレート、小型のシフトパーソルを携帯している。

    8
  • 32

    ■メルリス・ミリアレンスト

    初登場:第四話 東大陸―グリーンズグリーン―


     水髪の少女、レイとは知り合いである。

     偶然レイが立ち寄った街で知り合った少女で、愛称はメル。

     中央大陸北部のノーズフィップ出身。メルは両親を探して世界中を旅して回って居る途中、偶然にもレイと知り合う。そして二ヶ月の間一緒に旅を続けていた。

     白い前開きのパーカーの下にセーターを着こみ、ロングスカートにブーツを着用している。身長は130㎝、体重29キロ、13歳と小柄で幼い。

    8
  • 33

    ■レイ・フォワード

    初登場:第一話 レイ・フォワード


    ■全体イラスト■ ■設定画■(用意中)


     本作の主人公。

     青髪に青い目、青いジャンバーを羽織った少し気弱そうな少年。身長よりはるかに大きな大剣を振り回す。

     とある事情により各地を旅をしている少年、年齢は12歳。身長155㎝、体重41㎏。

    レイが持つ剣は特殊な素材で出来ていて本人以外が扱おうとすると重くて持ち上がらない程。ただしレイ本人が使用するときは非常に軽くなる。


     強靭な身体能力と剣術、法術は師匠譲り、過酷な修行の元習得した物である。

    8
  • 34

    ■アデル・ロード

    初登場:第二話 黒衣の焔とその右腕


    ■全体イラスト■ ■設定画■


     長く綺麗な黒髪を持つ軍服を着た少年、トレードマークは少し大きめな帽子。右目の上に切れ込みが入っている。両手に一本ずつ剣を持つ双剣使い。二つ名は「黒衣の焔」
     レイと同じ師を持つ二刀流の法術剣士。身に纏うは現帝国の軍服であり、これは師からもらったもの。帽子は師が昔に使っていたものを貰い、幼少期より愛用している。
     年齢は14歳、身長166㎝、体重53㎏、同年代の男の子と比べると身長は高い。
     右手に持つ曲刀は「グルブエレス」、左手に持つ直剣は「ツインシグナル」という。双方ともに師から譲り受けた物だが、後にアデルによって色々とカスタマイズされている。
    8
  • 35

    ■ガズル・E・バーズン

    初登場:第二話 黒衣の焔とその右腕


    ■全体イラスト■ ■設定画■


     天才的な頭脳の持ち主、左目に傷を持つ少年。
    重力波と磁力を操り武器を使わないで打撃で攻撃する。
     アデルの右腕として常に付き添ってきた少年、視力は両目とも悪い。顔には不愛想な大き目の眼鏡をかけている。
     知識は力なり、様々な方面に探求力が強く一度見たものは忘れない程の記憶力を持つ。またIQが高く義賊の中では右腕と言うよりは博識の参謀として慕われていた。
     年齢は13歳、身長160㎝、体重49㎏。同年代の男の子と比べると身長は比較的高い。
    8
  • 36

    名前 ???

    年齢 ???

    身長 ·············

    体重 ·············

    趣味 ???


    飼い猫のようだが·····?

    7

    450|作品名百鬼夜行 作者あんこ ebisumaru78

  • 37

    名前 黒崎 陵(くろさきりょう)  

    年齢 35歳

    身長 175㌢

    体重 65㌔

    趣味 野良猫の保護と世話、読書、創作料理


    黒猫マートの店長

    スーパーの様な品揃えでありながら、実は24時間営業のコンビニ店長。

    猫が大好きでとにかく優しい。何事も猫優先のため彼女が出来ない。

    7

    450|作品名百鬼夜行 作者あんこ ebisumaru78

  • 38

    名前 碓井(うすい)

    年齢 33歳

    身長 185㌢

    体重 75㌔

    趣味 車、バイク、バギー、


    【Para ti 】のバーテンダー

    見た目はヤバいく、口調も荒いが

    実は紳士。

    特にも女性には優しく、執事より人気が高い。アスマの事も可愛がっている。

    7

    450|作品名百鬼夜行 作者あんこ ebisumaru78

  • 39

    名前 湊(みなと)

    年齢 30歳

    身長 177㌢

    体重 62㌔

    趣味 コース料理やスイーツの試作、海外で食べ歩き、彼女募集中


    【Para ti 】のシェフ&パティシエ

    基本的に落ち着いていて物静か。

    生まれてこの方、怒った事が無い。

    常に食材の事を考えている為、彼女にフラれる事が多い。

    7

    450|作品名百鬼夜行 作者あんこ ebisumaru78

  • 40

    名前、衣笠三笠


    性別、女


    年齢、22歳


    能力、アメニモマケズ

    傘を鉄のように硬くする能力。

    日笠は不幸体質で、よく雨に降られる。傘を常備はしていたのだが、その不幸体質が原因で壊れることが多かった。

    それを煩わしく思い続け、硬い傘が欲しいと願って生まれた能力。

    車に轢かれても壊れず、例え銃弾に撃たれようと壊れない傘になる。


    性格

    少し不幸体質な女性。

    その中でも、特に雨に降られることが多く、しかも傘が高確率で壊れることに嘆くくらいに普通の女性。

    なので、能力の発現時、日笠は泣いて喜んだ。しかし、傘があろうと、横風が強い雨の日など、濡れる時は濡れるという事、を思い出したのは次の嵐の日だった。

    現在は雨を楽しむ余裕も出て来ている。

    職業は天気予報士。出るとなかなかの確率で予報が外れてしまう、お天気お姉さんと本人からしたら不本意な形で人気を博している。

    また、魔人なので生放送中にほかの魔人に襲われることもあるのだが、軒並み返り討ちにするくらいに戦闘力はある。(あくまで不幸体質なだけであり、ドジではない

    それも名物コーナーとなってしまい、上には視聴率が取れると喜ばれているが、本人はなかなか深刻になやんでいる。


    作者:knavery

    7
  • 41

    名前 櫻井 梗(さくらいきょう)

    年齢 26歳

    身長 178㌢

    体重 59㌔

    趣味 酒を飲む、自然の中で小説を読む、使い魔を従える


    レンの兄

    お祓い家業を営みつつ、神社の神主を勤めている。霊力が強く百鬼は近づこうともしない。一応彼女がいるらしい。

    6

    450|作品名百鬼夜行 作者あんこ ebisumaru78

  • 42

    今岡英二(天使)


    最近「小説のキャラよりキャラが立っている」といわれる、同コラボノベルの作者。

    無駄に行動力だけはある。

    なお、この絵は作者がバンド活動をしていたとき、知り合いのイラストレーターが作成してくれたお気に入りの一枚。現在はバンド活動から離れ、体重が増加したため、ここまでかっこよくはない。


    「上京して十数年経つが、広島弁が抜けりゃあせんのう(笑)」とは本人の弁。


    6
  • 43

    黒嶺 結弦葉 (くろみね ゆづは)

    21歳

    田舎生まれ田舎育ち

    魔法少女歴10年のベテラン

    跡継ぎ問題に悩まされている

    6
  • 44

    馬淵蝶子 (日本人) かつて松本キクと満州の新京への飛行を競い一日差で敗れたライバル。飛行事故で半身不随になった親友長山きよ子を伴い松本キクを口説き落とし、南十字義勇飛行隊に志願する。日本人女性としては高身長で170センチ近い。

    女性世界最高高度記録保持者マリー・ヒルズと姉妹の様に仲が良く、義勇軍ではマリーの僚機を務める。


    6

    3,453|作品名パシフィック フロント作者Jun-Hashimoto

  • 45

    小椋孝太郎 あらゆる不幸を呼び寄せるという特異能力があるがためにもののけ屋にリクルートされた、全く何の役にも立ってないとしか思えない主人公。
    6
  • 46

    「本日はお日柄も良く、絶好の執筆日和と――」



    好奇心から来る怪奇現象

    ○雪見 大往生(ゆきみ だいおうじょう)

    性別:女




    同人ADVサークル『病みつきアイスクリーム』のシナリオ担当。

    フリーランス、シナリオライター。

    笑いと恐怖を得意とする芸風から、「コミカルホラー作家」と呼ばれることが多い。

    経歴から性別まで全く公表していないが、文体から知的な男性というイメージが定着しているとか。

    仲間内からして『正体が掴めない奴』と言われる、謎多き女性作家。

    成人済にも拘わらず小柄な体型が愛嬌でありコンプレックスでもある。



    大人数に混ざることが苦手なので、単独行動を好む。

    ひとりのときはよく笑い、泣き、誰にともなく怒り、よく食べてよく寝る。

    一日に三冊の読書を欠かさず行い、休日には映画鑑賞と事務作業を並行して行う。

    睡眠時間、起床時間ともに一分のズレも許さず、規則正しい生活を徹底している。

    ――そんな几帳面な変人だったので、当然作品も変態性を極めていた。



    晴れたら散歩に出かけよう。雨が降ったら音楽を聴こう。

    規則正しい生活に飽きてきた彼女は、一転してランダムを求めた。

    はじめに引っ越しを行い、朝食を自炊、昼食を買い物、夕食を外食と定めた。

    小説の代わりに雑誌を読み漁り、映画の代わりに落語を聞くことにした。

    ――やがて彼女は、何をやっても満足しないことに気付きはじめる。



    月曜、魔法陣を描き。

    火曜、神社へ。

    水曜、飛行機に乗って海外へ。

    木曜、ミステリーサークルを写真に収め。

    金曜、帰国。そのまま爆睡。

    土曜、サークル仲間と一緒に創作談義。

    日曜、一日中グーグルを走らせ、満たされぬ知識欲を満たす。



    次の月曜――――魔法陣は白く輝き、全ての願いが大成された。

    彼女はただの作家であることを辞め、魔人作家へとジョブチェンジしたのだった。

    もう二度と退屈しない日々が、彼女の前に現れる――。

    全ては素晴らしき次作の為に。




    能力名:"事実は小説より奇なりや?"

    身の回りで『面白いこと』が次々と起こる能力。

    彼女が望んだ能力の、最も正しく不規則な発症。

    三軒向かいの末っ子が魔法少女になったり、近所の家が秘密組織のアジトに選ばれたりする。

    自分自身を変化させることなく、身近な世界の色んな出来事が活発になる変わった力。


    彼女自身の観測が無ければ意味が無いので、遠い場所まで変化させることは無い。

    基本的に1日1事件ぐらいのペースで何かが起こるが、それ以上の何かが起こらないとも限らない。

    この能力を動かしているのは彼女ではなく、尽きぬ好奇心なのだから。

    どんな怪作にも負けない、世にも奇妙な不可思議をここに。



    戦う動機:次作のネタ探し。





    イラスト:らぬきの立ち絵保管庫様

    作者:如月真琴

    6
  • 47

    只野 続太郎(ただの ぞくたろう)


    性別:男

    年齢:24歳(フリーター)


    特殊能力:【アナライズ】

     万物の内面を『可視化』させる能力。

     例えば、剣と魔法のファンタジーにおいて、冒険者Aを対象に能力を使用すると……


    ※使用例(あくまで一例なので、この表記に従う必要はない)

    〈名前〉

    エリ・クスノキ(冒険者A)


    〈性別・種族・ジョブ〉

    女性・人間族(転生者)・魔法剣士


    〈ステータス〉

    HP(体力):95

    MP(魔力):110

    ATK(攻撃):9999?

    DEF(防御):100

    INT(知力):50

    AGI(敏捷):90

    DEX(命中):85

    (※続太郎のステータス平均がALL100程度とした時)


    〈保有スキル〉

    パッシブスキル

    【闘争心Lv.10】……ATK値を上昇させる

    【成長補正Ex】……獲得経験値+1000%


    アクティブスキル

    【十字斬りLv.10】

    【エクスプロージョンLv.5】


    〈好きな食べ物〉

    ベンガルオオトカゲとサラマンダーのパンケーキ

    可愛い女の子


    〈パンツの色〉


    〈バストサイズ〉

    けっこうデカイ


     ゲームのステータス画面のように、視界上に能力が表示される。集中すると、相手の健康状態や性格なども可視化することが出来る。

     ただし、集中出来ない状況下では、能力の精度が著しく低下する。

     能力の使い方としては、相手の弱点などを見極め、それを自分の出来る範囲内で実行し対処することなど。「一般的に運動神経が良い」程度の身体能力なので、発火とか発電とかそういった人間離れした能力には弱い。

     スキルの表示形式は、続太郎自身が「分かりやすい」と思ったものとなる。『可視化』の情報が見えるのは自分だけ。


    設定:

     男女構わず少しでも好意を抱いた相手のことはとことん知りたいと思うタイプの性格。人の良い部分をどんどん知りたいという良い性格の反面、私生活にまで踏み込んで調査をするため、ストーカー扱いをされることが多々ある。

     魔人としての特殊能力は、その強い願望によるところが大きな要因の一つとなっている。

     大学生時代に一際強い恋愛感情を抱いた女性に対しては、通報されるところまで拒絶されてしまう。それを機に能力を使ったり、ストーカー行為をしたりすることをやめてしまう。

     ストーカーとしての必須スキルは一通り身についており、空間把握や人間観察などを得意としている。

     高学歴で頭は良い方なのだが、変態に変わりは無い。他人の下着の色やスリーサイズまで、何でも知りたがり。調べものをするために常に最新のスマホを持ち歩いている。

     やろうと思えば暗殺・読唇術・拷問何でもござれの天才青年だったりもするが、用途が残念過ぎる……。

     魔人に関しての知識は何となく知っている程度。何度かそういった存在を【アナライズ】で『可視化』したことがある。


    戦う動機:

     いつものブラックバイト帰り、何もない在り来たりな日常の中で、衝撃的な出会いをすることになる――。

    「我慢していたが、もうダメだ……。もっと……もっとだ! 俺は全てを知りたい……っ!」

    6
  • 48

    〇名前:ルト

    〇登場エピソード:きつねっ娘とお菓子屋の話


    きつねっ娘とお菓子屋の話の主人公。

    怠け者でテキトー、わがままな妖狐。

    しばらくぐーたらな生活を続けるが、後に全エピソードに登場する「忘却の古戦場」の武器の1つ、「桜花」の使い手となる。

    口調が「〜じゃ」「〜かの?」など特徴的。

    ココの作る料理が好き。


    6
  • 49

    名前 黒鉄(くろがね)

    年齢 630歳

    身長 190㌢

    体重 78㌔

    趣味 佐助の守護、佐助と散歩、佐助と昼寝


    佐助の飼い猫(人型バージョン)

    630年の時を経て、佐助(黒崎陵)との再開を果たし、今を幸せに暮らしている猫又。超級百鬼であり、百鬼の中でも敵はいない程の強さを持っている。


    5

    450|作品名百鬼夜行 作者あんこ ebisumaru78

  • 50

    今岡英二(悪魔)


    悪魔イラストの割りに、天使と対立しているわけでもない。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、近年カープが人気しすぎて、年一回の帰省でも現地で野球が見れないのが最近の悩み。


    「ええんじゃ。昔の貧乏な頃のカープに比べりゃあのう。みんなが見に来てくれて、潤うようになったカープがありゃあ、それだけでええんじゃ……」とは作者のコメント。

    5
  • 51

    「それは、本当に嘘かな?信じられないだけじゃなくて?」

    名前:大神 羊一

    性別:男

    年齢:18

    能力:虚実混淆(きょじつこんこう)

    嘘を半分の確率で真実にする能力

    例えば「そこに落とし穴がある」と言えば落とし穴ができる…かもしれない。

    運が良ければ物凄く強いし、運が悪ければなにもできない能力。

    制限として、同じ嘘を同じ場所で付くことができない。

    また、その嘘が実現するときに相手の意識(視界)の外から発生すること(相手の視界内に百万円が落ちてると言っても実現しない)。この時、自分の意識(視界)は考慮しない。

    また、影響を及ぼそうとしている相手に聞こえること(自分以外の一人に聞こえればよい)。ただし、周りに人がおらず聞く人がいない場合は呟くだけでいい。

    更に、嘘を相手が認識すればよいので紙に書いた嘘を相手に見せて読んだ時点でも判定が行われる。

    嘘が実現したかは何となく分かる。


    設定:子供の頃から嘘を吐いていて誰にも信用されなくなった自業自得ボッチ。

    それでも嘘を吐くことをやめず、開き直って笑顔で嘘を振り撒くようになった結果、こんな能力を手に入れた。

    羊一自身は嘘の信憑性が高まったと喜んでいる。

    一応、真面目な時に嘘を吐くことはないが、そんなことは周りが信じていないため意味がない。

    常にニコニコ、よっぽどの事がない限り人好きのする笑顔を忘れることはない。

    地味にメンタルオバケ。

    ふざけているようで真面目、真面目なようでふざけてるようなやつ。

    なお、演技力だけは異常に高いため、将来は嘘と演技力を行かして営業にでも行ってみたいと思っている。


    作者:さんま定食

    5
  • 52

    【栄クリス / Chris Sakae】
    東海ミリオンのトップに君臨する18歳のアイドル。今世紀で一番の逸材と言われているが、数々の名誉に飽きることなく更なる高みを目指そうとする努力と策略の神。
    5
  • 53

    【金山チクサ / Chikusa Kanayama】
    東海ミリオンで活躍していた16歳のアイドル。亡き母に聞かされて育った数世紀前のアイドル「レナちゃん」の物語に憧れ、本物のアイドルを目指している。頑なな黒髪派。大人しい性格ではあるが芸能活動への熱意は人一倍強く、東海ミリオン在籍中は歌唱やダンスの特訓を必死に積んできた。
    5
  • 54

    「血の果てまで飲み干してやる!」


    黒を宿し、朱に染まる断罪鬼

    ○空ノ音 葬(そらのね ほむら)

    性別:女



    東洋に棲み着いた吸血鬼一族の末裔。

    真祖エリザベート・バートリーの血統を持つ最後の生き残り。

    一見すると美少年にも思える美貌に見惚れない者は居ない。




    一度記憶を失ったことがあり、幼少期のことを覚えていない。

    両親は父親一人、それに心優しくて可愛い妹と暮らしていた。

    彼らと顔は全く似ていなかったが、それは些末なことだった。


    当時、彼女たちは中学校に通っていた。

    周りの人間より太陽に弱く、足が速く、いつもお腹が空いている。

    ――自分が吸血鬼であることに気付くのに、時間はかからなかった。


    血を吸わなければ弱ってしまう。

    ああ、清らかな血が飲みたい。

    お腹いっぱいに飲み干したい。

    幸い、彼女はとても恵まれていた。

    校舎裏に呼び出せば、それを断る生徒なんて誰も居ないのだから。


    必要最低限の血だけで生活していたので、

    吸血鬼が感染して大事になることは無かった。

    ――妹だけは特別、後天的な吸血鬼に染めてしまったが。


    そうやって5年暮らしていたある日、

    世界で大規模な吸血鬼狩りが始まってしまう。

    彼らは外傷による死であれば何度でも蘇るが

    現代の薬物投与によって脳髄ごと衰弱させられたら最後、

    二度と目を覚ますことはない。

    ひどく残虐な手段で狩りは行われていた。

    1000人居たはずの吸血鬼たちは100まで減らされ、

    魔の手が日本に伸びるのも時間の問題だった。


    ついに恐れていたことが起きる。

    朝起きると妹が見知らぬ男たちに連れられていく現場を――。

    父親が引き渡す瞬間を目撃してしまった。

    あと一歩間に合わず――。彼女は父親に激しく問い詰めた。

    「妹はどこだ」と。父親は何も知らない、と返した。

    次はお前だ、と。冷たい目が告げていた。

    身内に裏切られた悲しさと、妹を奪われた悔しさ。

    やり場のない怒りが込み上げ、世界を真っ赤に染め上げる。

    右腕が異形の力に包まれると、父親だったものを一瞬で粉砕した。

    ――この腕は悪を。欺瞞を。嘘付きを、絶対に赦さない。

    正義を。誠実を。清らかな世界を。

    嘘付き共に――断罪を下せ。


    18歳。少女は異能を宿して外へ出た。

    妹とはもう会えないことを知りながら。




    能力名:ローマ・ザ・ホリデー

    嘘に反応して対象を一瞬で捕食する能力。

    有効範囲は彼女の聴力が許すかぎり。

    聞こえる音に嘘が含まれていれば能力は発動する。

    右腕から影が伸びて、対象の肉体を食い荒らしてしまう。

    なお、捕食行為は吸血も兼ねている。



    厳密には彼女自身が操っているわけではなく、

    異形の存在が嘘を赦さないのだ。彼女は器のようなものである。

    それを彼女は「ローマ」と呼び、忠犬のように飼い慣らす。

    ――あるいは、彼に意思など存在しないかもしれない。

    独りの寂しさが紛れるなら、それも些末なことだった。


    もはや――理性も長く持たないだろう。




    戦う動機:お腹を血で満たすため/嘘付きを断罪するため。




    イラスト:らぬきの立ち絵保管庫様

    作者:如月真琴

    5
  • 55

    『あったかいのが欲しいなぁ~』

    名前:さーも


    性別:女(外見年齢5才)


    特殊能力:マクスウェルの悪魔

    触れたものを冷やす能力……ではなく、触れたものから触れたものへ熱の移動を行う能力

    彼女が持つステッキは特別製で、どれだけ高温になっても融けないし燃えない

    熱を溜めるために使っているだけで、別にステッキが無くても能力は使える

    当然ながら、集めた熱を開放することも可能(熱を溜めることが目的なので、あまりやりたがらないが)


    設定:

    とある思考実験で仮定した存在が、なぜか実体化したもの

    暑い場所や熱い物のそばに現れては、熱を奪っていく



    動機:熱をいっぱい集めるため

    作者:しゃりおっと

    5
  • 56

    フロムアンダーカバー

    生まれながらのAIで広報活動が職業。

    楽しいことが大好きで、いつも楽しいことを追いかけている。

    AIというより普通の女の子にしか見えない(フラグ)

    5

    24|作品名ゆいむこ作者秋照 AOE2in率↑ akiteru

  • 57

    〇名前:ココ

    〇登場エピソード:きつねっ娘とお菓子屋の話


    しっかり者で几帳面な妖狐。

    料理が得意で親切丁寧、母性的。

    お菓子屋で手伝うことになってからは美味しい料理を振る舞い、人間の桜とも打ち解けるようになるが、

    パティシエのベルと出会ってからは美味しい料理と美味しいスイーツやお菓子というさらに贅沢な食卓となる。


    5
  • 58

    「羊の神父様」

    ある日突然おじいちゃん神父から代行を頼まれた

    聖書の教えで悩める動物達を救おうと試みるが…

    上手くいってるのかイマイチ分かっていない

    気が弱いが心優しき新米神父

    5
  • 59

    講談社タイガ:イズミ

    講談社文芸第三出版部にて、河北編集長のもと小説の編集をする。ミステリだいすき、ラノベだいすき。

    4
  • 60

    松本キク (日本人) 日本初の女性海外飛行成功者。日本が戦争に起因する女性パイロットの飛行禁止に反抗し陸軍に志願したが飛ぶことを許されず失意にあったところを、ライバルの馬淵蝶子に誘われ南十字義勇飛行隊に志願する。日本人女性として初の水上機免許取得者でもあり、操縦技術と目の良さでは日本人パイロット一番。
    4

    3,453|作品名パシフィック フロント作者Jun-Hashimoto

  • 61

    瀧川紅月(たきがわべにづき)


    ここの管理者代理。

    拙作『頭狂ファナティックス』第一部のメインヒロイン。

    4

    109|作品名この作品を布教したい!作者田口梓 tomorrow3

  • 62

    【ちづちづ】

     理科の妹。背が低く、小学生と間違われるが、中学生である。お姉ちゃん大好きっ娘。いつもおどおどしているが、気の強い一面をときたま見せる。みっしーとは友達感覚。

    4

    127|作品名死神はいつも嘘を吐く作者rulerse

  • 63

    【みっしー】

     死神少女。十王庁からやってきた。土地勘がないため力尽きそうなところをちづちづに拾われて、そのまま居候することに。大鎌(ハネムーン・スライサー)を武器に、縁切りを司る仕事をしていた死神である。

    4

    127|作品名死神はいつも嘘を吐く作者rulerse

  • 64

    【田山理科】

     主人公にして家主。妹のちづちづと知らない町に引っ越し、二人で暮らしを始めたが、ちづちづがどこからか拾ってきた少女・みっしーも同居することに。趣味は絵を描くこと。ペインティングナイフを武器にする。

    4

    127|作品名死神はいつも嘘を吐く作者rulerse

  • 65

    見た目は子供

    中身はシュウトメ


    ハタチ、独身、クソ美ッチ!


    晩年片想いのあの人に…

    ついつい意地ワルを説戒♪

    4
  • 66

    わたなべ はるま

    渡辺春馬

    一条家庭師。優しく穏やか。瑠璃仁の世話をよく担当している。

    4

    179|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 67

    いちじょう りょうや

    一条椋谷

    一条家使用人で下働きをしている。勝己達に対し仕事中にもタメ口が黙認されている。

    4

    179|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 68

    やとり あきら

    矢取 暁

    一条家に代々仕える矢取家の長男。勝己を慕っている。プライドが高い。

    4

    179|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 69

    みなみ そうた

    南 颯太

    愛長医科大学病院精神科外来唯一の「白衣の天使」。白夜の「強さ」に憧れている。
    4

    179|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 70

    いちじょう いお

    一条伊桜

    「不明熱」患者。小学校六年生。春には卒業を控えている。一条家末っ子令嬢。

    4

    179|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 71

    はりま りく

    針間俐久

    愛長医大に勤務する精神科医だが、情け容赦のない鬼として医療従事者や患者からは恐れられている。

    4

    179|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 72

    いちじょう るりひと

    一条瑠璃仁

    「境界失調症」患者。精神科医が邸に往診している。数学書を読んでいる時だけ幻聴がきこえない。

    4

    179|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 73

    かとう はくや

    加藤白夜

    一条家の専属看護師に転職。理想の看護師になるため、愛長医大を去った。

    4

    179|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 74

    【キタガワ / Kitagawa】
    国内最大級の男性芸能プロダクション「JDC(ジュニア・ドリーム・カンパニー)」の中京ブランチ支社長。数百年にわたって男性芸能人の業界を支配してきた経営者一族の御曹司であり、父親の急逝により若くして「キタガワ」のビジネスネームを襲名している。若者の夢を応援することが一族の天命と信じている。
    4
  • 75

    【江坂ミクニ / Mikuni Esaka】
    関西ミリオンから東海ミリオンに移籍してきた14歳の中学生アイドル。遺伝子操作で欧米人のような金髪を与えられて生まれてきた。エリート候補生を自負しているが、未だに人気投票4ケタ台の壁を抜け出せない自分に苛立ちを感じてもいる。
    4
  • 76

    【小牧カスガ / Kasuga Komaki】
    東海ミリオンの現役アイドル。チクサと同い年の16歳で、チクサとはルームメイトとして3年間寝食をともにした仲。流行に従って髪を赤に染めている。性格上、チクサのお姉さん役に回っていたが、本当は誰よりアイドル精神に燃えるチクサに憧れの気持ちを抱いていた。
    4
  • 77

    【前津ヒサヤ / Hisaya Maezu】
    ツルマの6歳上の兄。中京第二首都(セカンド・キャピタル)のトップ大学で多趣味な学生生活を送る天才青年。卓上端末(インターフェース)の自作、自動車のマニュアル運転、音楽、ゲーム開発など手を出したことのある趣味は20以上に及ぶと豪語している。
    4
  • 78

    【前津ツルマ / Tsuruma Maezu】
    中京第二首都(セカンド・キャピタル)の私立高校に通う少年。小学校からの幼馴染であったアイドルの金山チクサを応援しているが、勉強への専念を両親に厳しく強いられていたため、中学時代の3年間はライブや握手会などのイベントに一度も行くことができなかった。
    4
  • 79

    「私の戦う意味とは?……」



    名前:天音(あまね)



    性別:女



    特殊能力:「土生金の一閃」



    天音の最大の妖力を薙刀に込めて攻撃する。光を帯びた薙刀の先から光の光線が発射され、邪を祓う、薙刀って何だろうと思わせる一撃。



    妖力を薙刀に込めるのに1分ほど時間がかかる上、使うと暫くの間動けなくなってしまうため基本的には己の武術で戦う。



     



    設定:



    ・角が生えているため鬼の類だと思われがちだが、実は神の使い。というより天女。人々を悪霊や妖怪から守るために各地を転々としているが、その見た目のせいか討伐をしても「化け物、化け物」と人間に罵られてきた。今は般若のお面を被り、角を隠して薙刀を手に取っている。



    ・人々から全く感謝されない戦いに疑問を持ちつつも神の命令に従い今日も行く



    作者:菅部享天楽


    4
  • 80

    『むにゃむにゃ……すぴー』

    名前:ねいむ

    性別:女(10才)


    特殊能力:嗜眠性魔術素養

     大賢者クラスの魔法を簡単に使うことができるようになる。

     ただし、代償として常にとてつもない眠気に苛まれる。

     よく、眠ったまま魔法を暴発させる。


    設定:

     元々は、異世界で生まれた魔法使い

     時空系の魔法が使えるくらいには優秀

     無意識に発動した転移魔法によって、この世界に飛んできた

     能力の代償……が無くなったとしても、多分ずっと寝ている

     眠ることは、もはや生きがい

     寝ながら魔法をぽんぽん打ちまくるところ以外は、割と寝相がいい。


    動機:能力による無意識の攻撃。もしくは起こされたか。


    作者:しゃりおっと

    4
  • 81

    〇名前:桜

    〇登場エピソード:きつねっ娘とお菓子屋の話


    お菓子屋を経営する姉妹の妹。

    モンスターを怖がっている。

    4
  • 82

    〇名前:楓

    〇登場エピソード:きつねっ娘とお菓子屋の話


    お菓子屋を経営する姉妹の姉。

    客がモンスターでも気さくに話す。

    4
  • 83

    ■バハムート(2500歳/♀)

    見た目ビッチ、中身もビッチなフェロモン剥き出しの邪悪竜。

    カワイ姫と同じく異能力総合学院を目指す受験生。

    勉強と掛け合わせた性癖があるらしいが詳細は謎に包まれている。第8話あたりで明らかになりそうな気配。


    村一帯を燃やし尽くす威力を持つ【メガフレア】を吐くことをライフワークの一つとしている。

    4
  • 84

    山田太郎

    元道具屋の店主。高レベルな魔法の腕を持っているが、

    なぜか関西弁の守銭奴とやけに現代的な性格。

    「ドカベンって呼んでもええで」と言ったり、

    偽名で岩鬼正美を名乗るなど、某野球漫画に謎のこだわりあり。

    12

    216|作品名ドカベン魔法使いとの金汚い冒険作者dog_mag

  • 85

    ◾カワイ姫(1019歳/♀)

    異世界のとある小国、レッドブック家の姫様。一応天使。

    異能力総合学院を目指す受験生。

    ガリ勉風だが999年浪人中。

    自信家かつ傲慢なドM。


    ただでさえM気質ではあるが、真価が発揮されるのは難問に直面した時。試験問題を脳内擬人化し、問題を解くことができない自分を問題が責めてくるという妄想をして最大限興奮するという奇特すぎる性癖を持つ。


    彼女が眼鏡を外した時、何かが起こる……ような起こらないような。

    7
  • 86

    水野実治(みずの さねはる)

    小晴の従兄弟。小晴からは「実ちゃん」と呼ばれている。23歳。

    「ハル」という芸名で、ファッションモデルとして活動中。

    ゲイであり、現在、モデルの恋人がいるらしいのだが……?

    負けず嫌いで、ややワガママなところがある。

    7
  • 87

    忍谷夕吉(しのびたにゆうきち)
    第二部の主人公。
    賭博師を生業としている。コンプレックスを保持していない無能力者。26歳。
    千ヶ谷千陰と組んで、封鎖された東京で成り上がることを計画している。
    性格は皮肉屋だが、実業的。

    職業柄、変わった特技を多く隠し持っている。

    源との最終決戦の直前にコンプレックスを発現する。


    シンボル:ポーカーチップ(黒)

    コンプレックス:???

     ???

    6

    249|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 tomorrow3

  • 88

    せんせい(先生)

    主に答える側

    7
  • 89

    久恵里(くえり)

    主に質問する側

    7
  • 90

    千寿(せんじゅ)

    宇部・有川家の当主・昌興の異母弟。人質として大内家に預けられ、大内義隆の寵童となっている。

    妾腹の三男で、しかも生母は身分の低い女人であったが、老いてから授かった子である故にか、父にも、年の離れた長兄にも溺愛されて育った。幼い頃から聡明で、容姿も愛らしく、次兄をのぞく家中すべてのものに愛され、自らもその事を自覚している。よって、陶隆房同様、自分以外すべてを無能と見下していたが、何故か隆房の事は特別視しており、神のように崇めている。

    能力値的にすべてにおいて高いが、特に知略がずば抜けていて、謀神・毛利元就クラス。

     https://picrew.me/share?cd=KXiFP3qfm5 #Picrew #美少年メーカー
    3

    97|作品名捏造大名家の野望作者harukata_35

  • 91

    田口梓(たぐちあずさ)


    ここの管理人。

    株式会社アウフェンギの代表取締役。

    しかし、酒を飲みながら仕事をするため、頻繁に社員からキレられる。

    口癖は「俺より駄目なやつに会いに行く」。

    慶應義塾大学理工学部物理学科を酒が原因で中退した。

    在学中はSF研究会とファンタジー研究会に所属。


    株式会社アウフェンギオフィシャルホームページ

    http://tomorrow3.info/aufengi/

    3
  • 92

    ●第五話で登場する妖怪/神仙

    虎人(こじん)


    いつもは普通の人間の姿をしているが、時と場合によって半虎半人の姿に変身してしまうという妖怪。元から虎人であった者は自由意志で変身できるが、呪い等によって後天的に虎人にされた者は、自らの意思では変身できないとされる。

    なお、中国の『太平広記(たいへいこうき)』『古今説海(ここんせつかい)』『唐人説薈(とうじんせつわい)』でその記述が見られるが、中国特有の妖怪というわけではなく、日本やインドを含め、アジア全域にそれと類似した話が残っている。また西洋でも「マン・タイガー」「ウェア・タイガー」の話が見られる。

    3

    208|作品名大宋退魔伝作者eijivocal23

  • 93

    ●第四話で登場する妖怪/神仙

    魍魎(もうりょう)


    元々は川に住み、亡者の肝を食べるという妖怪。また、川の妖怪の総称としても用いられる。山の妖怪のことを指す「魑魅」と合わせて、「魑魅魍魎=さまざまな妖怪・怪異」という語句で知られている。

    なお、中国では『淮南子(わいなんし)』『本草綱目(ほんぞうこうもく)』に記述が見られるほか、歴史書の代名詞的存在『史記(しき)』にも記述が見られる。また、日本では江戸期の『耳袋(みみぶくろ)』にもその存在が詳細に書かれている。

    3

    208|作品名大宋退魔伝作者eijivocal23

  • 94

    ●第三話で登場する妖怪/神仙

    仙人(せんにん)


    桃源郷に住む、外見若き仙人。見た目だけは若いが、仙人の年齢は見た目で計れるものではないため、実際の年齢は不詳。

    なお、桃源郷は中国の書物『桃花源記(とうかげんき)』が出処になっている。よく西洋の「理想郷(=ユートピア)」と混同されるが、理想郷が自らの意思で到達するべきところであるのに対し、桃源郷は「目的を持って追求したのでは到達できない場所」とされるので、定義的には正反対のものである。また、中国湖南省に「桃花源」という地名があり、ここが桃源郷のモデルともいわれている。


    3

    208|作品名大宋退魔伝作者eijivocal23

  • 95

    ●第二話で登場する妖怪/神仙

    攫猿(かくえん)


    女をさらって、子を産ませる猿の妖怪。人と同じほどの大きさで、二本足で歩き、人語を解するが、その全身は猿同様、毛で覆われているという。

    なお、中国の『捜神記(そうしんき)』『抱朴子(ほうぼくし)』『博物志(はくぶつし)』『夷堅志(いけんし)』『本草綱目(ほんぞうこうもく)』などにその記述が見られるが、日本でも『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』『享和雑記(きょうわざっき)』などにも同様の記述が見られる。

    3

    208|作品名大宋退魔伝作者eijivocal23

  • 96

    ●第一話で登場する妖怪/神仙

    骸妃(がいき)


    成人男性を祟り殺す女の幽霊。はたから見ればただの骸骨にしか見えないが、魅入られた相手にはそれが絶世の美女として映る。

    なお、中国の明の時代に書かれた『剪灯新話(せんとうしんわ)』の「牡丹灯記(ぼたんとうき)」の中に、男と夜な夜な逢瀬を重ね、ついには祟り殺すという幽霊が登場する。この話は江戸期の書物『御伽婢子(おとぎぼうこ)』でも紹介され、後に落語や歌舞伎の『怪談牡丹灯籠(かいだんぼたんどうろう)』となっている。

    3

    208|作品名大宋退魔伝作者eijivocal23

  • 97

    今岡英二(お守り)


    歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


    「なんでそんなことまで知っているんだ」「ふつうそこまで知りませんよ」とキャラにつっこまれても、「勉強したけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。

    3
  • 98

    ゼレット・カーディル
    ウェレス王に仕える伯爵。威張ったところがなく、平民たちとの距離も近いカーディル領主。その好みは幅広い。
    3

    328|作品名翡翠の宮殿作者y_ichieda

  • 99

    エイラ
    六十年に一度ある〈変異〉の年に、特殊な翡翠と関わることを定められた存在。魔術師のような力を持つが、厳密には魔術師ではない。
    3

    328|作品名翡翠の宮殿作者y_ichieda

  • 100

    シーヴ
    リャカラーダの幼名。王子として対応する必要がなければ、こちらを名乗る。
    3

    328|作品名翡翠の宮殿作者y_ichieda

TOP