月とガーネット[下]

 西暦2093年、東京──。

 その70年前にオーストラリア全域を壊滅させる巨大隕石が落下、地球内部のスピネル層が化学変化を起こし、厖大な特殊鉱脈が発見された。

 人類は採取した鉱石をシールド状に改良し、上空を全て覆い尽くす。

 隕石衝突で乱れた気流は『ムーン・シールド』によって安定し、世界は急速に発展を遂げた。


 一方何もかもが上手くいかず、クサクサとしながらふらつく繁華街で、小学生時代のクラスメイトと偶然再会したクウヤ。

 「今夜は懐が温かいんだ」と誘われたナイトクラブで豪遊する中、隣の美女から贈られるブラッディ・メアリー。

 飲んだ途端激しい衝撃にのたうちまわり、クウヤは彼女のウィスキーに手を出してしまう。

 その透明な液体に纏われていた物とは・・・?


 舞台は東京からアジア、そしてヨーロッパへ。

 突如事件に巻き込まれ、不本意ながらも美女に連れ去られるクウヤと共に、ハードな空の旅をお楽しみください☆彡


◆キャラクターのイメージ画がある各話には、サブタイトルにキャラのイニシャルが入った〈 〉がございます。

◆サブタイトルに「*」のある回には、イメージ画像がございます。

 ただ飽くまでも作者自身の生きる「現代」の画像を利用しておりますので、70年後である本作では多少変わっているかと思われますf^_^;

 何卒ご了承くださいませ m(_ _)m



[上巻]を未読でお越しくださいました貴重な皆様♡

 大変お手数ですが完結済の『月とガーネット』[上]を是非お目通しくださいませ(^人^)

 第2~4話まで多少説明の多い回が続きますが、解説文は話半分くらいのご理解で十分ですのでご安心くださいm(_ _)m

 関連のある展開に入りましたら、その都度説明させていただきます(=゚ω゚)ノ

 クウヤと冷血顔面w美女のドタバタな空の旅に、是非ともお付き合いを☆

 (^人^)どうぞ宜しくお願い申し上げます(^人^)


登場人物

◆キャラクターの詳細は『月とガーネット』上巻の「登場人物」欄を是非ご覧ください◆

ファンレター

WITHOUT GARNET三話

バスローブを見つけたクウヤがちょっとはしゃいでいるようで可愛かったです(笑) 声の主もいなくなり、静かな家屋に一人きり。メリルの右手をずっと大事に持っているの、絵面はかなりシュールなはずなんですが、本当幼子がぬいぐるみを離さないみたいで……。 手から出てきたカプセルは何だったのでしょう。きっとヒントになるはずですが、すぐに忘れてしまわないよう気を付けておきます! 散策の末、出くわした人物。まったく想像がつかない…!! 次の展開が気になりすぎます!! また楽しみにお待ちしてますね~!!

返信(1)

WITHOUT GARNET二話

やっと首謀者がわかるかと思いきや……そう簡単に謎が解けるはずもないですね……! 私もクウヤと同じく、カーテンの向こうに誰かいると信じて疑わなかったので。 K氏は意外に早い退場でした。疑ってはいるけれど、居なくなるとそれはそれで寂しい、不思議な存在です。発端のイタズラも、いったいどこまでがイタズラで思惑なのか……まだまだわからない奴です~。

返信(1)

WITHOUT GARNET 一話

とうとう始まりました、下!! お待ちしておりました~!! クライマックスで上が終わりましたのでね、続きが気になって気になって!! そしてこの章タイトル、気になります。ガーネットの……(WITHOUTが何と訳したらしっくりくるのかさっぱり忘れてしまいました(汗) まさかミスターKの登場!! お、お前!! 味方だって言ってるけど、クウヤもけっこう安心しちゃってますけど(そりゃあメリルに関してよい情報があるのですから信じたくもなりますし、まあそこは信じますが)私はまだ疑ってますよ!(笑) メリル ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

月とガーネット[下]

雨音 礼韻  amane-rain

執筆状況
連載中
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
近未来, SF, アンドロイド, 美女, 恋愛, アクション, 逃亡, ミステリー, 隕石, 鉱物
総文字数
13,343文字
公開日
2024年07月08日 14:45
最終更新日
2024年07月10日 05:11
ファンレター数
3