作品数32
総合評価数1,515
総合PV数82,627

作者ブックマーク

村山 健壱さんのプロフィール

読んで、書いて、読んで、書いて、、、
失礼もあろうかと思いますが、よろしくお願いいたします。

表紙イラストの多くは、https://www.ac-illust.com/ から使用しています。
その他の場合は、出典を明記します。プロフィール写真は、自分で撮ったものです。

基本、自己満足投稿ですが、できるだけ皆さんの作品も味わいたいと思っています。
ランキングがあるから、他人への「いいね」や「ファンレター」はちょっと躊躇するって?
いえいえ、皆で高めあいましょう。攻撃は無しでね。

ということで、「いいね」「作品お気に入り」「ファンレター」を比較的気軽に使用します。
全くためらいがない訳ではありませんが……。

楽しくやりましょう~

村山 健壱さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    転校したとです。

    学園・青春

    • 174

    • 11,784

    • 47

  • 一般小説

    イワン・イリイチの死因

    健康・医療

    • 78

    • 2,575

    • 10

  • 一般小説

    エコロジー

    科学

    • 41

    • 3,013

    • 1

  • 一般小説

    ハコニワ

    日記・個人ブログ

    • 163

    • 10,003

    • 30

  • 一般小説

    ああ、日常

    現代ドラマ・社会派

    • 225

    • 21,002

    • 80

  • 一般小説

    王冠に屈す

    健康・医療

    • 28

    • 960

    • 3

  • 一般小説

    コンビニ診察

    健康・医療

    • 28

    • 1,037

    • 4

  • 一般小説

    泣き止まないんです。

    健康・医療

    • 28

    • 1,199

    • 4

  • 一般小説

    2020年4月20日<コロナ暇>

    現代ドラマ・社会派

    • 27

    • 1,256

    • 2

  • 一般小説

    夢を追う男

    現代ドラマ・社会派

    • 53

    • 1,270

    • 4

村山 健壱さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2021年 11月30日|コメント(0)

2021年 11月25日|コメント(0)

2021年 10月26日|コメント(0)

2021年 10月11日|コメント(0)

2021年 09月28日|コメント(0)

ファンレター

  • 堂々の完結

    余韻ある最終話でした。 文中の「それはそれで、新しい問題も生まれるのだけど」が心に迫りましたね。仕事でも私生活でも、問題が片付けばまた別の問題がやってくるもの。(或いは問題は片付いていなくて、ただ単に古くなったり慣れてしまっただけかもしれないけど) レイアウトは計画的に作られたと思いますが、村山さんの無意識はそこかしこに滲んでいますよね。だって「ハコニワ」ですから。単身赴任中、「ハコニワ」に没頭できたことは心のリフレッシュに繋がったと、読んできて感じました。そしてそれを殊更に美化したりせず、 ... 続きを見る

  • 11~15話まで

    ユーモアあふれる文章のお陰で、終始ニヤニヤしながら読み進めました(笑)。 どれだけ細部にこだわって作られたかが、本当によく伝わってきます。そうそう、「ブラタモリ」のお陰で私も地形に目が行くようになりました。水の流れって町の形成にも大きく影響しているものですね。今は暗渠化されていても、ここに川があったと想像すると、一気に土地の高低差の理由が見えてきて、さらには昔の風景が見えてくることもあります。 しかし、それをレイアウト作りにまで応用していく村山さんはすごいです。お子さんたちとの交流の場面も、 ... 続きを見る

  • 救ったのは、おけいちゃんだけではない

    今回はこちらを拝読させていただきました。 プロットだけにしておくのはもったいないので、作品として完成して欲しいです。 救うのがおけいちゃんだけではないのが、本作ならではのオチになっていますね。 大口開発を説得したいきさつも気になります。 純くんの他のエピソードも読みたいと思いました。

  • 身につまされる

    これは身につまされる話ですね。私自身は深刻な病気をしたことがないのですが、何か「宣告」された日にはこうなるんだろうなあと思いましたし、実際、息子が「発達障害」らしいと感じ始めた時には藁にも縋る思いでネット検索しまくり……結果、何も解決せず、ただ疲れただけでした(笑)。 イリイチ氏は妙な商法に引っかからなかったので、そこは賢明だったかもしれませんね。「患者力」などという言葉もあるそうですが、昔からそうだったんだなあと感じ入った次第です。次も楽しみにしていますね!

  • 10話まで

    「ノロけながら話すお前は、模型仲間ではない」に爆笑しちゃいました。「自己肯定する自分が微笑ましい」、「計画性の高さを自らに誇る」といった表現も秀逸です。これはキレッキレの冴えた文章ですね。 そして模型の方も、すごい完成度の高さになりそうな予感。こだわりのポイントが出てくるたびに、なるほどと思いました。 模型店のレイアウト、私が見たものは線路以外の風景にはさほどこだわっていないものも少なくなかったです。縮尺やテイストがバラバラだったり、せっかく昭和の街並みを再現しているのに、町の真ん中に巨大な ... 続きを見る

  • 第10話まで読みました。

    こんばんは。『ハコニワ』、僕があまり知らない(まったく知らないわけではないけど)世界が描かれていて、その描写が丁寧で愛にあふれていて、気持ちよく読めました。やっぱNゲージなんだよなぁ、ってしみじみオタク心が揺さぶられました! 引き続き、読んでいきますね!!

  • 私も作りたい

    5話まで読ませて頂きました。私ももともと手作りが好きで、こういう文章を読むと作りたくてうずうずしてきちゃいます(笑)。 息子が小さい頃、やはり鉄道模型が好きで、ときどき「P」(←たぶん同じ系列だと思うのですが)ほか、いくつかの模型店に行き、レイアウトを借りて走らせていました(自宅に作るのはやっぱり躊躇があったので)。夫が付き添って行ってくれる時は良かったんですが、私が付き添いの時は「脱線」等のトラブルに対処できず、いちいちお店の人を呼ぶなど大騒ぎしまくり……「鉄オタ」のお兄さんたちは意外と紳士 ... 続きを見る

  • 有難うございました

    今晩は。また夜中に活動しています。 最後までタイトルがパロデイになっていて、本当に面白かったです。 私はこの作品が好きです。小学生の淡い恋愛からサラリーマンの悲哀まで、短い文章でも十分に表現されていて素晴らしいと思いました。笑ったり、身につまされたり。なかでも、『親戚の虚信』と『言わんの、バカ』が特に印象に残りました。光嶋さん達の物語は青春の香りがして、心惹かれます。いつか、また光嶋さんに会えたら嬉しいです! 有難うございました。

  • 今回のお話も素敵でした

    一冊の本ができあがるところを見ることができた というような気持ちになっています。 ファンとしてオタ心的に振り返ってみると、作者の方の遊び心と創意工夫、もじり、パロディー、それでも一つひとつの物語にしっかりストーリーがあって。 ふふっと笑ったり、なにっ?! とプンプン怒りたくなったり(本気で、ではありません。遊び心に乗らせていただいているような感覚で…)、懐かしい気持ちになったり、考えさせられたり、学ばせていただいたり……。 そんな作品が「日常」というテーマで結びついている、と ... 続きを見る

  • 「ああ、日常」に続き…

    第27話の、青ざめていた息子さんの、心やさしさに感じ入りました。そして最終回、心理療法であることは知っていましたが、村山さんの文を読んでいくうちに、「愛」というようなものに、唐突ですが、ハッと、気づかされました。 ギャラリーで、その精密さを見た影響もあるかもしれませんが、その後の最終話までを追っていくうちに、あ、この世界は愛おしい、愛すべき世界なんだ、と、確認するような気持ちになりました。 心理学のことはよく分かりませんが、現実に生きている世界に、大抵の人が「飲まれて」、人を恨んだり、妬んだ ... 続きを見る