作品数24
総合評価数405
総合PV数78,759

作者ブックマーク

天海 諷さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    うらみ恋

    恋愛・ラブコメ

    • 78

    • 24,433

    • 62

  • 一般小説

    手紙 vs 口語

    恋愛・ラブコメ

    • 13

    • 1,819

    • 1

  • 一般小説

    活字中毒

    恋愛論・結婚

    • 23

    • 2,469

    • 6

  • 一般小説

    宇宙は摩訶不思議で満ちている

    SF

    • 7

    • 575

    • 0

  • 一般小説

    ジェラシー

    恋愛・ラブコメ

    • 9

    • 746

    • 0

  • 一般小説

    十円で行く旅

    日記・個人ブログ

    • 6

    • 848

    • 1

  • 一般小説

    デザートは華やかに

    ミステリー

    • 19

    • 5,503

    • 7

  • 一般小説

    夢の南極ツアー

    その他

    • 13

    • 1,862

    • 3

  • 一般小説

    課長の放課後

    恋愛・ラブコメ

    • 17

    • 3,891

    • 5

  • 一般小説

    叶願望即変身機

    SF

    • 13

    • 1,855

    • 2

天海 諷さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 64話、65話

    天海さん、こんばんは。64話の更新を見逃していました。 この2話分で歩夢くんの状況と心境とが大きく動いていますね。 美沙さんはどうしているだろうかとおじさんはやきもきしました。 それでも若いころの、まだなんとで変えることができる、みたいな身軽さを感じられ、自分も若返ったように思いました(笑)。 倍賞専務もなかなかいいキャラだなあ、とここにきて思います。 あと、やっぱり石原さん、この人には会ってみたいです。 続編お待ちしております。

  • 63話

    天海さん、こんばんは。 歩夢くん、ウキウキですね。人生、順調なときというのもあるので、今はそういう時かな? しかしそう続かないもの人生。 まずは石原さん、というところですね。さあ、ここからどう動くのか。 続きもお待ちしております。有り難うございました。

  • 揺れる思い

    天海さん、こんばんは。更新を見逃しておりました。 石原さんの件、大変気になる伏線ですね。 それを含めても、ちょっと歩夢くん、揺れすぎだよなあ、と思い始めました。 まあでも、結婚する前だし、大いに悩んで試せばいいのかなあ、とも思います。 もし彼が部下や後輩で、すべてを相談されたらどうしよう…… と思い勝手に悶えています(笑)。 続きをお待ちしております!

  • 第61話

    天海さん、こんばんは! 61話、拝読しました。一人暮らしを再び選択するときの感情、そしてその後の心境。 すごくよく分かります。まだ決めきれないから距離をおく。 女性にももちろんある選択だと思いますが、男子的には是非取りたい行動ですね。羨ましい? しかしこういう時、だいたい女性側は怪しんだり怒ったりするのがステレオタイプ的なセオリーかと思うのですが、 美沙さんの行動は理想的です。もっとも女性は、男から見ると我慢し続けてため込んでから爆発させるのもステレオタイプ的に描かれそう なので、 ... 続きを見る

  • 59-60話

    天海さん、こんばんは。60話まで拝読しました。 複雑な思いをいだきながらも、美沙さん、受け入れたんですね。 もうすこし抵抗するなり、わがままいうなりがあるかと思いましたが、その後の流れも含め、大人になってますね。 いや、これはもしかすると、疑念? いや、それはない、ことになっていますか。 歩夢くんもボロがでる? ようには今のところなりませんでしたが、ちょっとドキドキしますね。 引き続き楽しみにしております!!

  • 58話

    天海さん、こんにちは。58話、拝読しました。 書けない時の心の動き、しっかり伝わります。 そういう時に、生活を巡る心情も確かに変わってきますよね。 美沙さんは美沙さんで、いろいろ考えているのがこれまでの話でも読者は分かっているので、 かけ違いが起きそうでドキドキします。 有り難うございました!

  • 57話

    天海さん、こんばんは。57話、拝読しました。歩夢くん回になりましたね。 歩夢くんの発想は素直な感じがしていいですね。いろいろ勘繰って心配してしまう美沙さんが可哀想になりました。 が、男女は概ねこういう感じの心理的戦い(?)を毎日しているんだろうな、と思いました。 交換や案内となれば、これは美沙さんも黙っていない!? 最後のコーヒーがいいですね。 続きも楽しみにしております。有り難うございました。 追伸:「ペンネームを摂る」は誤字だと思います。ご確認ください!

  • 56話

    天海さん、こんばんは。56話、美沙さん回を拝読しました。 美沙さん、感付いても黙っておく。でも、つい口にする。ああ、なんだかすごく分かります。 そしてその場面の時にも思ったのですが、歩夢君の「あいつ」ですね。これ、やりますね。ああ、分かり過ぎます。 話の展開としては、書店の石原さんですね。これは一体どういうことでしょうか? ま、まさかの? 次回も楽しみです。有り難うございました。

  • 55話

    天海さん、こんにちは。再開の55話、拝読しました。 まず新部長の真実、騙されましたね~。まだ明かされていない重要事項があるものと推察しますが、まずは一本取られました。 そして美沙さん回な訳ですが、動き出してしまいましたね。 ここ、じっくり検討されて作られただけあって、心理的な動きがリアルなのではないか、と思います。 そのリアルさを実感できないので、僕が女性でないのが残念です(笑)。 さあ、歩夢くんの反応はいかに? 僕だったら……というのは簡単に想像できますが!! 有り難うご ... 続きを見る

  • ラストは、ホラーか!?

    天海さん、「活字中毒」完結お疲れさまでした。 語り手にかわいらしいさを感じながらの最終話でしたが、うーん、やはり僕の立場で読むと、怖い! です。 最終話で一気に転結を持ってきたような大波を味わいましたが、 ラストのラストでやはり可愛げを感じることができてほっとしました。 夫氏におかれましては、この先も文学の世界を旅しながら、指を使って奥様を…… 有り難うございました!