転校したとです。

[学園・青春]

339

33,143

99件のファンレター

時は昭和後期。小学三年生男子の黒木龍太は、宮崎から東京の学校へ転校しました。東京の友達には宮崎弁が珍しく、からかわれてしまいます。が、龍太にはそれが納得できません。龍太が悩みながらも東京で成長していく過程を描いた物語です。
*******************
主な登場人物
黒木龍太…主人公
御手洗泰史…三年から同じクラス。野球チーム所属の問題児。 
杉田吾郎…野球チームを辞め、龍太と同じ進学塾に通う。
松本孝弘…野球チーム所属の同級生。野球が得意。
酒井 昭…野球チーム所属の同級生。当初は泰史の子分的存在だったが、、、
石黒洋一郎…泰史の子分的存在だった同級生。
佐々木晃司…龍太が転校後に初めてできた友達。五年のクラスは異なる。

山田陽子…五年で龍太と同じクラスになった。龍太が意識している女子。
鈴原真由美…クラスの中心的存在である女子。
井崎悠子…鈴原の取り巻き。実は山田陽子とも仲が良い。
篠山由紀子…龍太とは別の進学塾に通う優等生
松野倫子…龍太、吾郎と同じ塾に通う女子。学校のクラスは違う。
山崎花子…三年時、龍太と同じクラスだった女子。足にハンデをかかえている。
(随時追加・更新します)
*******************
作者の一言「あの頃の 苦い記憶を アレンジし」
*時々手直ししています。
*5日、15日、25日の更新を目標にしています。
★しばらくの間、1回1話の更新にします。よろしくお願いいたします。(2022.6.14)

目次

連載中 全71話

2022年08月15日 12:00 更新

  1. 第一章 三年生

  2. 第1話2021年10月02日
  3. 第2話2021年10月02日
  4. 第3話2021年10月02日
  5. 第4話2021年10月02日
  6. 第二章 五年生 一学期

  7. 第5話2021年06月15日
  8. 第6話2021年06月18日
  9. 第7話2021年04月25日
  10. 第8話2021年06月15日
  11. 第9話2021年05月19日
  12. 第10話2021年05月25日
  13. 第11話2021年06月15日
  14. 第三章 五年生 林間学校

  15. 第12話2021年06月23日
  16. 第13話2021年06月25日
  17. 第14話2021年07月05日
  18. 第15話2021年07月15日
  19. 第16話2021年09月05日
  20. 第17話2021年08月05日
  21. 第18話2021年08月15日
  22. 第19話2021年09月03日
  23. 第20話2021年08月25日
  24. 第21話2021年09月05日
  25. 第22話2021年09月15日
  26. 第23話2021年09月25日
  27. 第24話2021年10月05日
  28. 第四章 五年生 二学期①(九月)

  29. 第25話2021年10月15日
  30. 第26話2021年10月29日
  31. 第27話2021年11月12日
  32. 第28話2021年11月17日
  33. 第29話2021年11月25日
  34. 第30話2021年12月05日
  35. 第31話2021年12月15日
  36. 第32話2021年12月25日
  37. 第33話2021年12月25日
  38. 第34話2022年01月05日
  39. 第35話2022年01月06日
  40. 第36話2022年01月15日
  41. 第37話2022年01月25日
  42. 第38話2022年01月25日
  43. 第39話2022年02月05日
  44. 第40話2022年04月21日
  45. 第41話2022年02月15日
  46. 第42話2022年02月15日
  47. 第43話2022年02月25日
  48. 第44話2022年02月25日
  49. 第45話2022年03月05日
  50. 第46話2022年03月05日
  51. 第47話2022年03月15日
  52. 第48話2022年03月15日
  53. 第49話2022年03月25日
  54. 第50話2022年03月25日
  55. 第51話2022年04月05日
  56. 第52話2022年04月05日
  57. 第五章 五年生 二学期②(十月)

  58. 第53話2022年04月15日
  59. 第54話2022年04月15日
  60. 第55話2022年04月25日
  61. 第56話2022年04月25日
  62. 第57話2022年05月05日
  63. 第58話2022年05月05日
  64. 第59話2022年05月15日
  65. 第60話2022年05月15日
  66. 第61話2022年05月25日
  67. 第62話2022年05月25日
  68. 第63話2022年06月05日
  69. 第64話2022年06月05日
  70. 第65話2022年06月15日
  71. 第66話2022年06月25日
  72. 第67話2022年07月25日
  73. 第68話2022年07月31日
  74. 第69話2022年07月31日
  75. 第70話2022年08月06日
  76. 第71話2022年08月15日

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

71話

う~む、山田さんと鈴原さんが何を喋っていたのかが気になりますね。鈴原真由美が昭派だということからも。 あ~でも、泰史が休んでいたのは一概に孝弘と昭のせいだとは言えないかも。野球サボって一緒にいた上級生のからみかも、といろいろ思案を巡らしています。

返信(1)

女の子は

ご無沙汰してます。村山さんはちゃんと更新されているようで良かったです! 私は最近、夏バテ気味で全然書けていません(笑)。 最新話、小学生女子のおませっぷりったらないですね。井崎さんもなかなかやるなあ。 こうまでされると、山田さんも龍太を意識せずにはいられないはず。クッキー、井崎さんにももう一枚(笑)! 泰史のお母さんのいたたまれない気持ちも、読んでいて沁みる部分でした。いじめ問題が解決に向かいますように。

返信(1)

第68話~

村山さん、こんにちは! この頃は、映画を観るように読むようになりました。 教室の中、休み時間のざわめき、図書室の中、主人公の家庭、塾、河川敷の野球チームの練習、映画の一コマ一コマとして頭のなかに浮かびますね。 子ども達のなかにも「社会」があること。大人になると、子どものことを「上から目線」で見がちだけど、りっぱな社会なんですよね。 学校に来ない子に、プリントとかを届けに行く龍太一行の場面が、ぼくには一つの見せ場でした。ぼくは届けられる側でしたが、読んでいて緊張しました。 お母さ ... 続きを見る

返信(1)

70話

お、龍太も動きましたね。優等生だから上手な言葉で伝えたことでしょう。 でも、泰史がその場で騒ぎもせず話を聞いているのはある意味龍太たちに期待しているのかな? 母親が泰史が学校に行きたがらないのを、今まで手をこまねいていたというのは、御手洗親子の方が心配です。まして「この先は大人の話にします」これがどうなるか不安と楽しみがよぎります。 「お昼を食べていきなさい、とは言われず、少しがっかり・・・」いやー子供らしくて、ふふと笑ってしまいました。いいですね。子供のこういう心理、村山さんにも何十年も前 ... 続きを見る

返信(1)

69話

泰史はいいとこの我儘なボクだったのか。 家での、母親への、我儘が学校では効かなくなってきたってことですね。 女子の山田さんと井崎さんはしっかりしていますね。 泰史も神妙になっているようだし。 う~、龍太の出番が無さそうな展開?

返信(1)

68話

村山さん、こんにちは。 泰史が問題を抱えているようですね。しかも前話までから危険な臭いがします。龍太は関わり合っているので動くでしょう。か? 左程深い付き合いはないようですが龍太と泰史はどの程度の友人なのでしょうか。単なるクラスメイトではないのか。 クライマックスが近いと読んでいます。

返信(2)

67話

この表現、とても上手いです。納得です。この年代の少女はそうなんですね。 「女子二人と一緒に歩く、というのは基本的に一人で歩いているのとあまり変わらない。」 そうか、泰史の家は大きな邸宅! なんか物語の向かう方向が三四方になりそう。分らなくなりました。 ところで、子供たち名前と名字と場面に応じて使い分けています。 ちょっと思い出しづらいこともあります。特に女子。いちいち前の話から探すのも面倒だし(失礼)。 新しいエピソードを登場人物(名字と名前だけでもいいです)を第一話の前にもっ ... 続きを見る

返信(1)

66話

あー、最後の一行、泰史のことに巻き込まれるのかな。放っておけばいいのにとも思うが……。 でも、意外と上手く解決する予感がします。それのキーマンは吾郎。 何故なら以下の分析をしたからです(笑) 吾郎について。初めは龍太を虐めていた仲間の一人。そのうち仲間からはずれにされる。勉強も劣っている。龍太と同じ塾へ通うことになる。起きる問題に対しては日和見的。でも龍太は吾郎を悪くは思っていない。しかも龍太にいない彼女はいる。女の子には人気があるようだ(その辺は解らないが?) で、66話では、龍太 ... 続きを見る

返信(1)

65話

山田さんとイイ感じになってきたぞと思ったら、彼女泰史の家へ上がりこむような仲なんだ! う~む。 龍太もなかなか策士だね。「金曜日には必ず図書室にいく、というサインを出しておくのは今後の為にも重要だとも考えた。」 「龍太は笑みがこぼれないように」この心理解らないでもないが、にっこり笑って振り向いたほうが感じいいよ、龍太くん。 ところで「恐怖の蟹」「ツッカケ三人組」は何の作品のパロディですか?

返信(1)

五年の頃

村山さん、拝読させていただきました。小学校五年生の頃。男の子はまだ幼く、女の子は少し大人びていく時期ですよね。龍太の泰史に対する心配と、山田さんのそれは重なっていますか?男の子の純粋な下心(?)は、見透かされているような気がします。孝弘を意識しすぎて、しくじりませんように。 中学校入るまで、一番背が高かったのは女の子でした。運動会の鼓笛隊で、その子は大太鼓、横に並んだ私はシンバルでトラック側。父兄の前を通った時の写真には、私は写っていませんでした。身体的にも男の子はおこちゃまだったような気 ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

転校したとです。

村山 健壱  eternal_traveler

執筆状況
連載中
エピソード
71話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
小学生, いじめ, 一話千字程度, 学校, 昭和, 方言, 初恋?, 中学受験
総文字数
77,016文字
公開日
2021年02月25日 17:26
最終更新日
2022年08月15日 12:00
ファンレター数
99