転校したとです。

[学園・青春]

508

93,476

152件のファンレター

時は昭和後期。小学三年生男子の黒木龍太は、宮崎から東京の学校へ転校しました。東京の友達には宮崎弁が珍しく、からかわれてしまいます。が、龍太にはそれが納得できません。龍太が悩みながらも東京で成長していく過程を描いた物語です。
*******************
主な登場人物
黒木龍太…主人公
御手洗泰史…三年から同じクラス。野球チーム所属の問題児。 
杉田吾郎…野球チームを辞め、龍太と同じ進学塾に通う。
松本孝弘…野球チーム所属の同級生。野球が得意。
酒井 昭…野球チーム所属の同級生。当初は泰史の子分的存在だったが、、、
石黒洋一郎…泰史の子分的存在だった同級生。
佐々木晃司…龍太が転校後に初めてできた友達。五年のクラスは異なる。

山田陽子…五年で龍太と同じクラスになった。龍太が意識している女子。
鈴原真由美…クラスの中心的存在である女子。
井崎悠子…鈴原の取り巻き。実は山田陽子とも仲が良い。
中屋舗梓…鈴原の取り巻き
篠山由紀子…龍太とは別の進学塾に通う優等生
河田あゆみ…真面目だが成績はいまいちなクラスメイト
松野倫子…龍太、吾郎と同じ塾に通う女子。学校のクラスは違う。
山崎花子…三年時、龍太と同じクラスだった女子。足にハンデをかかえている。

里田…一つ上の学年。野球チームにいたが、シニアチームには誘われない。

(随時追加・更新します)
*******************
作者の一言「あの頃の 苦い記憶を アレンジし」
*時々手直ししています。
*5日、15日、25日の更新を目標にしています。
★しばらくの間、1回1話の更新にします。よろしくお願いいたします。(2022.6.14)

ファンレター

101話~107話

村山さん、こんにちは!
101話、ほんとに龍太は山田さんが好きなんだなあ、と読んでいて微笑みました。
心に残ったのは102話の空気感です。緊張しながら読ませて頂きました。

やっぱり自分と照らして読んでしまいますね、不登校の真っ最中の時、「学校に来ない?」という誘いの言葉、キツいんですよね…
言われた泰史の、「変えた」というよりも「消した」と言う方が正しいかもしれない、という村山さんの描写、まさにそう、消えちゃうんですよ。

でも103話で洋一郎の天然の言動がいいですね、こういうタイプの子は頼もしい時もあるし、疎ましい時もあるような存在だけど、マイペースで強いです、笑。
洋一郎の呑気さが、泰史の心を開かせたのだろうか──、その通りだと思います。

でも龍太の優しい気遣い、細かい気配りが、こういう時… こうして客観的に読んでいると、つらいですね。

104話、やっぱり席替えって一大イベントなんですね!
給食の時間、席替えの直後のぎこちなさ。こうやって「社会性」を身につけていくのかな、と思いながら読み進め… 昭と篠山さんと、これから龍太がどうコミュニケーションしていくのかなと、楽しみになります。

自分にとって読み応えのある話が続いていました。どうもありがとうございます。

返信(1)

かめさん、引き続き「転校したとです。」を読んでいただき有り難うございます。
こういう表現がよいかわかりませんが、泰史サイドの経験があるかめさんに「まさにそう」と感じていただけるのは作者として有り難いです。
一緒に遊んでいる分にはいいんですが、もう一歩踏み込んできてほしくない。そういう気持ち、壁。書いていきたいです。
龍太、吾郎、洋一郎の三人がそれぞれのキャラを無理せず出して、何らかの方向を見いだせるといいのですが。
席替えはやっぱりビッグイベントです。あのドキドキは今も思い出します(笑)。
今後ともよろしくお長居いたします。