転校したとです。

[学園・青春]

508

93,476

152件のファンレター

時は昭和後期。小学三年生男子の黒木龍太は、宮崎から東京の学校へ転校しました。東京の友達には宮崎弁が珍しく、からかわれてしまいます。が、龍太にはそれが納得できません。龍太が悩みながらも東京で成長していく過程を描いた物語です。
*******************
主な登場人物
黒木龍太…主人公
御手洗泰史…三年から同じクラス。野球チーム所属の問題児。 
杉田吾郎…野球チームを辞め、龍太と同じ進学塾に通う。
松本孝弘…野球チーム所属の同級生。野球が得意。
酒井 昭…野球チーム所属の同級生。当初は泰史の子分的存在だったが、、、
石黒洋一郎…泰史の子分的存在だった同級生。
佐々木晃司…龍太が転校後に初めてできた友達。五年のクラスは異なる。

山田陽子…五年で龍太と同じクラスになった。龍太が意識している女子。
鈴原真由美…クラスの中心的存在である女子。
井崎悠子…鈴原の取り巻き。実は山田陽子とも仲が良い。
中屋舗梓…鈴原の取り巻き
篠山由紀子…龍太とは別の進学塾に通う優等生
河田あゆみ…真面目だが成績はいまいちなクラスメイト
松野倫子…龍太、吾郎と同じ塾に通う女子。学校のクラスは違う。
山崎花子…三年時、龍太と同じクラスだった女子。足にハンデをかかえている。

里田…一つ上の学年。野球チームにいたが、シニアチームには誘われない。

(随時追加・更新します)
*******************
作者の一言「あの頃の 苦い記憶を アレンジし」
*時々手直ししています。
*5日、15日、25日の更新を目標にしています。
★しばらくの間、1回1話の更新にします。よろしくお願いいたします。(2022.6.14)

ファンレター

92話~100話

村山さん、こんにちは。
92話を読んで、何となく異性、男の子、女の子が気になり始めました。
97、98話ではお父さん、お母さんのことが。(94話のワトソン吾郎にはホッとしました)
クラスの中でも家庭の中でも、龍太をはじめ男の子組と、井崎さん山田さん女の子組、井戸端会議的なお母さん達とそうでないお父さん達というふうに、読みながらその男女の違い?のようなものが、どうしてか印象に残りました。

泰史の問題についても、女子達と男子達ではどこかスタンス、温度差?が違うような…。
父親の存在って何なんだろうな、とも改めて思いました。何か家庭の中では存在が薄そうだけれども、何か存在感がある存在。
「大人に頼ろう」と言った龍太、でもその大人って何なんだろう、担任の先生でもないし、母親父親でもないような… 龍太と一緒にここは考えざるを得ないです。

仲間外れとか、それぞれのクラスでの立ち位置… 村山さん、これほんとに難しいテーマですよ。子どもどうしの人間関係。いじめ。
自分には龍太と同じ学齢の頃、そういった体験がないので… こちらの作品を読んでその穴を埋められたら、という思いも持ちつつ、読み進めています。

返信(1)

かめさん、「転校したとです。」を引き続き読んでいただき感謝致します。
龍太たちは小学五年生。男女の違いというものを意識していますし、性別でまずは集団が分かれます。
もうちょっと早い子たちもいますが、このぐらいまで行くとジェンダーの虜になっているタイミングではないでしょうか。
令和の今はちょっと変わってきているかもしれませんが、小学生の頃は男のくせに、女のくせに、で自己暗示をかけてしまったりした記憶がありますよね?
その辺も踏まえて話を進めているつもりですので、かめさんにここでそのように感じていただけるのは作者的に嬉しいです。

なんとかあの頃の出来ごとや気持ちを表現しよう、というのがこの作品の主眼なので、この先も続けていきます。
おそらく誰もが経験した、世間との出会い。

今後ともよろしくお願い致します。