戦時下にて

作者 かめ

[日記・個人ブログ]

482

35,767

12件のファンレター

やっぱり、書こうと思った。

目次

連載中 全196話

2023年02月03日 10:40 更新

  1. 第1話 今という時2022年03月18日
  2. 第2話 考えられること2022年03月19日
  3. 第3話 やっぱり考える2022年03月22日
  4. 第4話 小旅行記(1)2022年03月29日
  5. 第5話 小旅行記(2)2022年03月29日
  6. 第6話 小旅行記(3)2022年04月06日
  7. 第7話 友人たち2022年03月30日
  8. 第8話 三年目2022年04月01日
  9. 第9話 鹿とヒト2022年04月01日
  10. 第10話 認められたい願望2022年04月04日
  11. 第11話 サクラ、散リ始メ。2022年04月06日
  12. 第12話 2022年04月11日
  13. 第13話 山川方夫の世界2022年04月15日
  14. 第14話 「平和ボケ」をつくるもの 2022年04月19日
  15. 第15話 存在を支えるもの2022年04月30日
  16. 第16話 前向きに(1)2022年04月30日
  17. 第17話 前向きに(2)2022年04月30日
  18. 第18話 ゴールデン・ウィーク2022年05月03日
  19. 第19話 ココロとカラダ2022年05月10日
  20. 第20話 ボノ…2022年05月13日
  21. 第21話 数日間2022年05月13日
  22. 第22話 二つの文学賞に応募して2022年05月16日
  23. 第23話 自然治癒力2022年05月25日
  24. 第24話2022年05月22日
  25. 第25話 「さいご」のことば2022年05月24日
  26. 第26話 あるイメージ(1)2022年05月25日
  27. 第27話 あるイメージ(2)2022年05月26日
  28. 第28話 こども2022年05月27日
  29. 第29話 歩調2022年05月27日
  30. 第30話 マインドフルネス2022年06月04日
  31. 第31話 伝書鳩2022年06月01日
  32. 第32話 鹿さん2022年06月02日
  33. 第33話 山川さん2022年06月03日
  34. 第34話 「夫婦の仲」2022年06月07日
  35. 第35話 「狂う」ということ2022年06月07日
  36. 第36話2022年06月10日
  37. 第37話 この頃2022年06月19日
  38. 第38話 「陽のあたる翼」2022年06月13日
  39. 第39話 ふしぎなこころ2022年06月15日
  40. 第40話 ふしぎなこころ(二)2022年06月15日
  41. 第41話 忘れないためにつけたタイトル2022年06月16日
  42. 第42話 心の作用2022年06月17日
  43. 第43話 いや~2022年06月23日
  44. 第44話 暑い。2022年06月25日
  45. 第45話 「文章」と「作品」2022年06月28日
  46. 第46話 浮かぶこと、まにまに2022年06月29日
  47. 第47話 木を切る2022年06月30日
  48. 第48話 植物の「強さ」2022年07月03日
  49. 第49話2022年07月02日
  50. 第50話 戻り梅雨2022年07月03日
  51. 第51話 期日前投票2022年07月06日
  52. 第52話 ブッダのこと2022年07月07日
  53. 第53話2022年07月09日
  54. 第54話 手前のこと2022年07月09日
  55. 第55話 雨宿り2022年07月10日
  56. 第56話 自分にとっての「文学賞」は2022年07月11日
  57. 第57話 雑木のよさ2022年07月15日
  58. 第58話 ランキングなんて2022年07月16日
  59. 第59話 言葉の紡ぐもの2022年07月17日
  60. 第60話 出せない手紙2022年07月20日
  61. 第61話 ロビタの苦悩2022年08月02日
  62. 第62話 本を手に取り2022年07月25日
  63. 第63話 モーパッサン2022年07月27日
  64. 第64話 モーパッサン 22022年07月31日
  65. 第65話 小説と哲学2022年08月02日
  66. 第66話 たとえばこんな小・小説。2022年08月04日
  67. 第67話 疑問しか言えない2022年08月05日
  68. 第68話 八月六日2022年08月06日
  69. 第69話 ワカメをおもう2022年08月07日
  70. 第70話 地震2022年08月11日
  71. 第71話 初志不貫徹?2022年08月15日
  72. 第72話 整体院に行って2022年08月15日
  73. 第73話 一日がすぎて2022年08月18日
  74. 第74話 書けること、書けないこと2022年08月19日
  75. 第75話2022年08月19日
  76. 第76話 詰まる (残酷な描写あり)2022年08月20日
  77. 第77話 アニミズムを作るもの2022年09月01日
  78. 第78話 一週間ぶりのインターネット2022年09月01日
  79. 第79話 未来へ帰る2022年09月01日
  80. 第80話 コロナへの態度として2022年09月03日
  81. 第81話 夢の中の写真2022年09月04日
  82. 第82話 夢に出てきた大谷翔平2022年09月09日
  83. 第83話 また夏が…2022年09月14日
  84. 第84話 存在しないもののように存在するということ2022年09月17日
  85. 第85話 文体がおかしな理由2022年09月17日
  86. 第86話 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」のこと2022年09月16日
  87. 第87話 鈴虫2022年09月16日
  88. 第88話 生きてる意味2022年09月17日
  89. 第89話 無ければ無いで…2022年09月18日
  90. 第90話 人生は苦しみなのだと2022年09月22日
  91. 第91話 眼2022年09月27日
  92. 第92話 自分の理念に凝り固まると…2022年10月06日
  93. 第93話 関東滞在記2022年10月06日
  94. 第94話 晩年2022年10月04日
  95. 第95話2022年10月05日
  96. 第96話 ふるさと2022年10月05日
  97. 第97話 フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニ2022年10月06日
  98. 第98話 宗教のこと2022年10月06日
  99. 第99話 取り越し苦労2022年10月08日
  100. 第100話2022年10月09日
  101. 第101話 吉田秀和さんの時代2022年10月10日
  102. 第102話 晴れた空2022年10月11日
  103. 第103話 「ラジオ深夜便」2022年10月13日
  104. 第104話2022年10月13日
  105. 第105話 かけっこ2022年10月13日
  106. 第106話 モグラくん2022年10月14日
  107. ───────────────

  108. 第107話 死があるから生がある2022年10月14日
  109. 第108話2022年10月15日
  110. 第109話2022年10月15日
  111. 第110話 自分勝手2022年10月16日
  112. 第111話 野球のクライマックスシリーズ2022年10月16日
  113. 第112話 みんな誰でも2022年10月17日
  114. 第113話2022年10月17日
  115. 第114話2022年10月17日
  116. 第115話2022年10月17日
  117. 第116話2022年10月17日
  118. 第117話 「みんなと違う」意識が2022年10月20日
  119. 第118話 何となく2022年10月20日
  120. 第119話2022年10月20日
  121. 第120話 飛蚊症にはパイナップル?2022年10月22日
  122. 第121話 作家というもの2022年10月22日
  123. 第122話2022年10月23日
  124. 第123話2022年10月23日
  125. 第124話2022年10月23日
  126. 第125話2022年10月24日
  127. 第126話2022年10月24日
  128. 第127話2022年10月25日
  129. 第128話(小休止)2022年10月25日
  130. 第129話2022年10月27日
  131. 第130話 心構え2022年10月27日
  132. 第131話2022年10月29日
  133. 第132話2022年10月29日
  134. 第133話2022年10月30日
  135. 第134話 「災い」転じて…2022年10月30日
  136. 第135話 戦争についてのこと2022年11月02日
  137. 第136話2022年11月03日
  138. 第137話2022年11月04日
  139. 第138話2022年11月04日
  140. 第139話 山2022年11月05日
  141. 第140話2022年11月05日
  142. 第141話 ラジオ2022年11月06日
  143. 第142話 習慣2022年11月06日
  144. 第143話2022年11月06日
  145. 第144話 小々旅行?2022年11月07日
  146. 第145話2022年11月08日
  147. 第146話 年齢について2022年11月08日
  148. 第147話 夢うつつ2022年11月09日
  149. 第148話 後悔について2022年11月10日
  150. 第149話 多数決をしない学校2022年11月11日
  151. 第150話 飛蚊症、その後2022年11月11日
  152. 第151話2022年11月13日
  153. 第152話 残酷さについて2022年11月14日
  154. 第153話 自分が否定されたような気になる時2022年11月15日
  155. 第154話2022年11月15日
  156. 第155話2022年11月16日
  157. 第156話 曖昧な言葉2022年11月16日
  158. 第157話 遺品2022年11月16日
  159. 第158話2022年11月17日
  160. 第159話2022年11月18日
  161. 第160話 レターの緊張2022年11月19日
  162. 第161話 隠者2022年11月19日
  163. 第162話 とにかく、楽しく。2022年11月26日
  164. 第163話2022年11月26日
  165. 第164話 一日一善?2022年11月26日
  166. 第165話 ある嘆き2022年11月26日
  167. 第166話 不謹慎マン2022年11月28日
  168. 第167話 ネットによる誹謗中傷2022年11月29日
  169. 第168話 モーツァルトの自由2022年11月30日
  170. 第169話 「個」と「集」を思う2022年12月02日
  171. 第170話2022年12月02日
  172. 第171話 彼と彼のこと2022年12月03日
  173. 第172話 句読点2022年12月04日
  174. 第173話 悩みがなければ2022年12月05日
  175. 第174話 男と女の声がする2022年12月07日
  176. 第175話2022年12月06日
  177. 第176話 完全なる美2022年12月07日
  178. 第177話 整体の考え方2022年12月07日
  179. 第178話 町を歩けば2022年12月07日
  180. 第179話 知識2022年12月10日
  181. 第180話 電気の怖さ2022年12月11日
  182. 第181話2022年12月11日
  183. 第182話2022年12月11日
  184. 第183話 「書きたい、書きたくない」2022年12月12日
  185. 第184話 雑感2022年12月13日
  186. 第185話 創作動機2022年12月15日
  187. 第186話2022年12月17日
  188. 第187話 自分の場合は、を書けば2022年12月18日
  189. 第188話 ラジオ深夜便2022年12月18日
  190. 第189話2022年12月22日
  191. 第190話 マイッタ、マイッタ2023年01月07日
  192. 第191話2023年01月08日
  193. 第192話 意識2023年01月11日
  194. 第193話 「何も考えないで書く」2023年01月11日
  195. 第194話 やっぱり違うなァ2023年01月12日
  196. 第195話 何か信じられない2023年01月31日
  197. 第196話 この頃の雑感2023年02月03日

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

空と大地と水と。

かめさん、おはようございます。思うに作家とは、農業と通じるところが多分にしてあるような気がします。作物を育てるという点で、それは一致します。作家もまた、農業と同じく、長期的スパンで物事を考え、研鑽を積むことが求められますし、その日の食いぶちを繋がなくてもならない。土に養分がないと作物は育たないし、手入れも日ごろ行わなくてはなりません。恵みの雨が降らなくてはならないし、かといって天候が崩れすぎる異常気象などでのトラブルは、予測出来ない。空と大地と水と。僕はそんな風にも、考えています。

返信(1)

どろどろと溶解しているこころは熱く。

こんにちは! 今朝はエアリプを送ってしまいすみませんでした!! 最新話152話。「残酷さについて」、読ませる文章です。僕、残酷性って、鋭利な刃物のようなものだと思っているのですが、この152話から感じ取るのは、鋭利なものではなく、流れ出すマグマのような「情念」でした。残酷さ、特に子供の残酷さって理解や了承を越えた不条理だと思うのですよ。それを「今」語るかめさんの感情は、不条理ではない、了解は取れるかもしれない、でも理性では片づかない、煮えたぎるものなのだと思いました。「残酷性を丸めこみ」という言 ... 続きを見る

返信(1)

135話

かめさん、こんばんは。 早速の135話、流石ですね。今からこんなこと書いたら、ちょっと何なんですけど、根本的な答えはやっぱり無いんだと思います。 人類がこれだけ長く悩んできているのに、結局繰り返されるのです。 というところであっても、無理、もう無理だからといって諦めるのはやはりよろしくないんだと思うんですよね。 だからここで書かれている、「今」。まあこれって先延ばししましょう、ということで。 時に良くないこととして扱われるのですが、実のところ先延ばししておくからこそ、争わないで済んだ。 ... 続きを見る

返信(1)

小休止まで

かめさん、こんばんは。 自分に向かって書く。いいと思います。いや、「いい」ではないですね。きっとそういうものなんだと思います。 これは多くのことに当てはまると思うのですが、内から来るものとは別に、こうしたらウケる、いいね!がもらえる、売れる…… と意識してしまうと、多分読者にも分かるんですよね。その菲薄化した作品、行動、文章が。 それで、面白くなくなった、と評価され、忘れられていく。 でもそこに至るまでには、面白くないけど売れる(ウケる)時期があるんですよね。 それが「名前」だっ ... 続きを見る

返信(5)

女の一生はファンキーさで決まるぞアイムファンキーモーパッサン

かめさん、こんばんわ!! 僕、成瀬川るるせはこの作品の中に何度も登場するモーパッサンと誕生日が一緒の8月5日です(どーん)!! 僕の好きな日本のロックバンドにGRAPEVINEというのがあるのですが、そのバンドの楽曲『マダカレークッテナイデショー』の歌詞は、モーパッサンのことを〈ファンキー〉に語った歌詞です。書き出してみると「脂肪の塊取るカラクリだ。ピエールとジャンはイカレたアフロだ。だからこうやってファンキーな短編を残すのだ。ベラミから始まるモーレツな苦悩!!」といった具合。良かったら聴いて、 ... 続きを見る

返信(1)

つきなみなるふだん

かめさん、おはようございます。とりあえず、10話まで読んで、これを書いています。なんで10話までで(時事を扱っているのに)感想を書いてしまったか。それは、かめさんが作品冒頭の方で「ただ僕が云いたいのは、結局月並みなことだ」と書いていたことと、かめさんが活動報告で「キルケゴールを読解したい」旨を書いていたことによります。実存主義哲学といえば、ハイデガー、サルトル、ヤスパース、そしてキルケゴールの四大巨頭がいるのはご存知の通り。で、ハイデガーが〈現存在(ダーザイン)〉の〈平均的日常性〉を〈つきなみな ... 続きを見る

返信(1)

85話

かめさん、こんばんは。85話、いい話だなあ、と思いました。 外国語の翻訳文ということもあって、難しさはより引き立つのかもしれないとも思いますが、 分からん! と思いながら何度も読み返すような作業もやはり「思索」なのかなあ、と考えたりもします。 自省も含め、分かりやすいものへ流れ過ぎていて、良いところももちろん沢山あるし嬉しいのですが、 それでホントウに鍛えられているのか? 自分の糧になっているのか、というところですよね。 まあ、何言ってるのか分からんド下手な文章と紙一重なのかもしれ ... 続きを見る

返信(1)

53,54

かめさん、こんばんは。 地元での事件、衝撃だったと思います。 その中での54話が心にぐっときました。ああ、かめさん、乗り越えようとしておられる…… かめさんがよく書かれている、作者その人が分かる文章。54話は、僕にそれを感じさせてくれました。 この表現が適切かは分かりませんが、頑張りましょう! 有り難うございました。

返信(1)

今度はこちらを

以前に「哲学エッセイ」なんて偉そうに申し上げてしまったけれど、かめさんの文章はもっと素直に心に入ってくる感じがします。かめさんが本当に、ご自身の言葉で語っていらっしゃるからですね。 流れ、うつろう日常の中で、反戦だけは堅持していらっしゃる姿勢にも共感します。疲れた時にこそ読みたい、優しい文章。また読みに来ます!

返信(1)

山川方夫

かめさん、こんにちは。 山川方夫『夏の葬列』(集英社文庫)を読みました! これには「他人の夏」が収録されています。 かめさんが書かれているところ、大変よく分かりました。 そしてカメさんの作風といいますか、おそらく理想形でしょうか、それを感じ取りました。 カタカナを使う所とか。やっぱり憧れってありますね。 『夏の葬列』の中では、もちろん甲乙つけがたい訳ですが 「待っている女」「一人ぼっちのプレゼント」が僕は好きですね。 引き続き、よろしくお願いいたします!

返信(1)

小説情報

戦時下にて

かめ  soyogo0305

執筆状況
連載中
エピソード
196話
種類
一般小説
ジャンル
日記・個人ブログ
タグ
社会・思想, 日常
総文字数
236,781文字
公開日
2022年03月18日 15:04
最終更新日
2023年02月03日 10:40
ファンレター数
12