作品数59
総合評価数21,536
総合PV数1,295,919

作者ブックマーク

成瀬川るるせさんのプロフィール

眠るのが大好きです。 読む小説は雑食です。 小説を書き続けることを、目標にしています。 その歩みは遅くとも、誰かの心に突き刺さるような小説を。

成瀬川るるせさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    円山町メルトダウン

    ファンタジー

    • 38

    • 367

    • 1

  • 一般小説

    虚数楼閣

    ミステリー

    • 40

    • 1,051

    • 3

  • チャット

    早退届

    創作論・評論

    • 119

    • 32,865

    • 0

  • 一般小説

    成瀬川るるせ短編手帖

    ファンタジー

    • 60

    • 7,152

    • 0

  • 一般小説

    密室灯籠

    学園・青春

    • 181

    • 38,548

    • 5

  • 一般小説

    百瀬探偵結社綺譚【述義】

    ミステリー

    • 231

    • 57,305

    • 7

  • 一般小説

    文芸部は眠らせない

    学園・青春

    • 3,392

    • 128,668

    • 149

  • 一般小説

    夢浮橋モダン天鵞絨

    SF

    • 52

    • 42,834

    • 7

  • 一般小説

    偽典・蘆屋探偵事務所録

    ミステリー

    • 9,210

    • 92,107

    • 22

  • チャット

    死神はいつも嘘を吐く

    学園・青春

    • 6,149

    • 324,646

    • 22

成瀬川るるせさんのアトリエ作品をもっと見る

ファンレター

  • 筒井康隆+『メフィスト』

    タイトルと理系ファンタジックな世界観がとにかくカッコいいです! 女の子たちのキャラもそれぞれ個性的で魅力があり、全体的にすごく『メフィスト』っぽい感じがしました。 「ほんわかと〇〇〇〇〇〇〇が発生するような声」など比喩もすごく巧みで、小説でしか味わえないイメージに溢れています。 しかも、こうした技術的なうまさに加え、作品の底から湧きあがるようなパワーがあります。筒井康隆作品の、あの破壊的なパワーを思い出しました。 メインタイトルとは別に小タイトルが付いていることから、もしかして将来的には ... 続きを見る

  • 背景の社会性がいいですよ!

    るるせさん、こんにちは。 「円山町メルトダウン」、拝読しました。 「虚数楼閣」の続編的な設定のようですが、これだけでもすっと入れるのは流石ですね。 馴染みの薄い難解な世界を出しておきながら、世の中をバッサリ切っていることを分からせる書きぶりも見事ですね。 面白かったです。そして登場人物の飛びっぷりも。 それと、 のえるのセリフだと「丸山町」になるのは何か意図がありますか? もし誤変換なら、と思い書いておきます。 有り難うございました!

  • 火宅二枚絵草子まで

    るるせさん、こんにちは。 半分を超えたところですが、唸っております。 故事、伝説の類をふんだんに使ったるるせさんの作風、これでもか! というパワーを感じますね。 こちらは、今まで拝読したもののなかではソフトな印象です。 それでも世相をしっかり取り込みつつの展開は流石です。 本作では作者がそのまま登場していますね。 「百瀬探偵結社綺譚」にはそれを踏襲されなかったのかあ、と思い、 気合のほどを垣間見ました! 蛇足ですが、かつて吉備津神社近くに住んでいたことがあり、鳴釜の神 ... 続きを見る

  • ようやく最新話に到達しました

    「狂気」について貴名作を拝読させて頂いて思ったのは選定としてヴィトゲンシュタン的な手法を用いている印象でした。 又、サドに関する記述もこれに関連していると感じました。一神教の絶対的主観から観ればサドの主張は「狂気」に通じるものもあります。 ただ、ここで自分達が気を付けなければいけないのは一神教の理論に盲目になりすぎてもいけない。相対的観点から視る必要性も改めて感じ取れました。 自分は宗教と科学は一致する立場をとっています。 しかし、信仰と思い込みが別ものであることを貴作から学べました。 ... 続きを見る

  • まだ少ししか拝読していませんが。

    失礼致します。 拝読させて頂いて山田さんに共感が……。 自分には何もない。でも、裏を返すと自分は何者にもなれます。何もないことは世界の全てを持ち、自由でもあるかも知れませんね。 聖書には神の最高の業は賢人ではなく無学な者が顕すことが出来ると描いてあります。 山田さんは可能性に満ちています。 まだ「狂気」の話まで行けてなくて失礼致しました。

  • 作家とはある意味狂気を持たないとなれないかも知れない

    一つのお題を描く為に狂気に身を委ねる。それは理屈や道徳をはねのけて一つの文学となる。成瀬川先生の作風がなぜ人を惹き付けるのか。その一端を見た気が致しました。文学とは先鋭的であることも要求されるのですね。

  • 贅沢なファンタジー

    おお、これは、民俗学×都市伝説×言霊×異能バトル×百合でしょうか……! 4人の可愛い女の子達のわちゃわちゃと、テンポよい会話が楽しくて、導入部からスクロールが止まりませんでした。〈〉内の強めのワードが世界観を強固にして、どっぷり浸れます。 サブタイトルが『虚数恋愛』なんですね。 虚数って2乗するとマイナスになる数、目に見えなかったものが2乗して初めて目に見える数(しかもマイナスとして)現れるものとウチの本棚に。 ラスト、言葉が意図的に見えなくて、でも2人抱き合ったことで、これから現れ ... 続きを見る

  • 初めまして

    佐藤子冬と申します。 人気はないのですが、一応最古参の一人です。 レターを書いているのにも結構緊張しています。 成瀬川先生の人気度を視て「もうプロフェッショナル作家なのかなあ?」と感じました。 「虚数楼閣 」を楽しく拝読させて頂きました。 気取らない自然体の文章でとても読みやすかったです。呪術的体系の学問を学んでいないので全ての論理の理解は難しかったですが、為にもなりました。 要領が悪い自分でも少し学べたかも知れません。 「虚数楼閣」を拝読させて頂いて思ったのは甲田学人先生の初期小 ... 続きを見る

  • 勉強になりました。

    卍 いつも、ありがとうございます。卍

  • みちくさ部

    なんだかうまく言えないですが、とても好きです。 みちくさ部があればいいなと思いました。 ありがとうございます。