作品数36
総合評価数19,374
総合PV数299,904

作者ブックマーク

成瀬川るるせさんのプロフィール

眠るのが大好きです。 読む小説は雑食です。 小説を書き続けることを、目標にしています。 その歩みは遅くとも、誰かの心に突き刺さるような小説を。

成瀬川るるせさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    ピュアラブNTR

    ミステリー

    • 30

    • 727

    • 6

  • 一般小説

    オーディカル・ナイトメア【短編集】

    SF

    • 24

    • 511

    • 0

  • 一般小説

    文芸部は眠らせない

    学園・青春

    • 3,055

    • 28,791

    • 84

  • 一般小説

    パイナップルサンド

    学園・青春

    • 58

    • 3,772

    • 7

  • 一般小説

    珈琲フロート・ダークリー【アーカイヴ】

    日記・個人ブログ

    • 21

    • 6,502

    • 0

  • 一般小説

    夢浮橋モダン天鵞絨

    SF

    • 46

    • 12,024

    • 7

  • 一般小説

    偽典・蘆屋探偵事務所録

    ミステリー

    • 9,121

    • 55,870

    • 24

  • チャット

    死神はいつも嘘を吐く

    学園・青春

    • 6,166

    • 124,971

    • 20

  • 一般小説

    バタフライ・エフェクト

    ミステリー

    • 91

    • 8,855

    • 4

  • 一般小説

    おねショート

    恋愛・ラブコメ

    • 32

    • 1,704

    • 3

成瀬川るるせさんのアトリエ作品をもっと見る

ファンレター

  • 人生を詰めて書いています!!

    時野みゆさん、迅速なレスポンスありがとうございます!! 『文芸部は眠らせない』には、僕の人生が詰まっています(ほかの小説も命削って書いていますが)。楽しみにしていてください。ストーリーはこれからもどんどん奥へ奥へと進んでいく予定です。基本的には一話完結式を採用しているので、現段階で10万文字ですが、内容的にはそれ以上のボリュームがあるように感じられると思います。少しずつ読み進めるのにも対応している書き方ですので、ゆっくりお読みいただければ幸いです。

  • 奥の深そうな文芸論&創作論

    おお、「文芸部は眠らせない」は奥の深そうな文芸論&創作論のようですね。楽しみです♪ 確かに文芸部で名前が「春樹」というのは辛い……(-_-;)

  • 海千山千まで至りたい(笑)

    時野みゆさん、こちらこそ、楽しかったです。ありがとうございます。本編も読ませていただきますねー。住んでいるところは海にも近いし海運と関わりのある土地に住んでいますが、(主に仕事の関係で)ヤマの暮らしを調べることが多い僕なのです。海のことを知らない。それは、僕は大海を知らないという意味でもありますが。『文芸部は眠らせない』をお読みくださるとのこと、感謝です。第一部は数年前に書いたものです。第二部からが、去年の年末から書き紡いでいるものです。文学論や創作論をベースに、そのうち違う要素が紛れ込んでいく ... 続きを見る

  • 山と海

    成瀬川るるせ様 「海の民の娘」を読了くださり、またコメントをいただき、ありがとうございました。山と海、合言葉のようですね(笑) 本編もお読みくださるとのこと、感激です。 私も以前から気になっていた「文芸部は眠らせない」、少しずつ読ませていただきますね♪ では、ご自愛しつつ、執筆がんばってください(^^♪

  • 楽しみながら、書く。

    おはようございます。……執筆。僕は遅筆なので、なかなか作品が書けないのでした。だいたい、小説などのトレンドがわからないひとなので、どちらかというと自分が書きたいものを書いている感じではあります。この『ピュアラブNTR』にしても、好きに楽しんで書いてる。自分が楽しめるのが一番だ、という言い方もできますが。

  • 七瀬川るるせさん。おはようございます。

    ご返信ありがとうございます。 白いスープと雲の街をお読み下さりありがとうございます♪ ミステリーを書こうとしたら、何故かホラーと融合していました笑 実は71作品を書いていますが、白いスープと雲の街はその中でもだいぶ不思議な部類になります。 私はミステリーも好きです♪ 執筆のお時間が作れたらいいですね。こっちは雪がだいぶ溶けてきました♪

  • 本編で書くべき話をちょっとしてみます。

    昨日、仕事で接客したんですが、元高校の校長先生の方が質問をしてきたので応えたのですが「その方、校長先生だぞ……?」と、職場の方に言われました。前にも人が出払っていて僕が接客したときに米国の方が話を聞きたいとおっしゃるので焼夷弾爆撃と艦砲射撃を受けなかった地域とその理由を話したんですよ。冷静に考えたら僕、失礼極まりない上に、あとで職場の偉い人に「その方は某大学の教授だぞ……?」と怒られました。傍若無人極まりない僕なのでした。「えらいひとたちを敬うこころ」は必要ですね。それはともかく、某サイトでデビ ... 続きを見る

  • 抜け殻は語る。

    孤立したり孤独だったりと。うん。疲れるよね。話者は山田くんなんだけど、代弁してもらいました。 ストレートな心情吐露、よく言えば心理描写。僕は中学生のとき、詩をずっと書いていたんです。この小説、描写がほぼないってのもあって、昔に戻った気分で、詩を書く気持ちになってこの回を書きました。 哲学は「対話」がソクラテスのときからの伝統だけど、詩もまた、哲学に通じるんですよね。 たまにはこういうお話が挟まってもいいかなぁ、という思いで書いた挿話でした。

  • そうなんだ。

    小説はがち縦社会なのか。 実践あるのみ。すごく、実感します。(T_T)

  • 情熱の抜け殻

    哲学的ですね。はぁ~。わかる。孤独立し、疲れるよね。