一般小説作品詳細

偽典・蘆屋探偵事務所録

34|ミステリー|連載中|6話|19,184文字

伝奇, 変格ミステリ, 怪奇・幻想小説, 現代ファンタジー

1,131 views

余談だけどこの話は、蘆屋探偵事務所が本格的な設立をする前の物語。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

偽典・蘆屋探偵事務所録

成瀬川るるせ  rulerse

執筆状況
連載中
エピソード
6話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
伝奇, 変格ミステリ, 怪奇・幻想小説, 現代ファンタジー
総文字数
19,184文字
公開日
2019年04月02日 18:49
最終更新日
2019年04月07日 19:00
応援コメント数
4

応援コメント一覧

続きはしばらくお預けなんですかwww

住んでるのは隣の区ですけどね。

高校は世田谷小田急線沿い、短大は京王線沿いでしてので。 はい、楽しみにしてます(๑´∀`๑)

オムライス!オムライス!オムライス!

tanutanuさん、あの辺のひとでしたか。実は僕もあの辺に住んでいました。もうずっと昔のことですけどね。気に入っていただけて光栄です。とりあえずは今夜(4/7)更新分で、いったん、連載は休憩になります。『玉藻香炉(下)』は特に、かなりコアなつくりになっているので、ご堪能ください!

かなりどころか

めちゃめちゃ展開気になります! オムライスまで食べたくなってしまいましたwww 玉藻の前、とかツボ過ぎる!

作者プロフ

成瀬川るるせ  rulerse

眠るのが大好きです。 読む小説は雑食です。 小説を書き続けることを、目標にしています。 その歩みは遅くとも、誰かの心に突き刺さるような小説を。

この作者の他の作品

小説

54|ミステリー|連載中|22話|72,889文字

2019年05月20日 10:00 更新

シリアス, ガールズラブ, 百合, 純文学, クライムノベル, ピカレスク, ピカレスク・ロマン

2003年、11月。渋谷区丸山町でルームシェアをしている志乃加奈子と倉敷真奈美の2人が、その狂った時代の狂った街を駆け抜ける!

チャット

2472|学園・青春|連載中|76話|129,731文字

2019年05月18日 23:22 更新

死神, ガールズラブ, 百合, 社会・思想, まったりタイム, 現代ファンタジー, チャットノベル大賞, 宅飲み, 日常, 創作論・評論

今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想に、抹茶ラテを添えて綴る日常ファンタジー。

小説

20|ミステリー|完結|1話|4,802文字

2019年05月13日 15:45 更新

【名探偵】

付き合っていた男と別れた日、〈彼〉がわたしの前に現れ、消えた。〈彼〉を探してもらうため、わたしは蘆屋探偵事務所を訪れた……。【偽典・蘆屋探偵事務所録】外伝!

小説

16|創作論・評論|完結|1話|2,866文字

2019年05月10日 02:27 更新

【京極夏彦書評】

突然だが、インターネットにある『#モバマスの画像をアップすると近い構図の京極夏彦の画像が送られてくる』という企画、およびTogetterによるそのまとめをご存知だろうか。

小説

17|ミステリー|完結|1話|5,000文字

2019年05月06日 07:26 更新

【名探偵】

僕、成瀬川るるせは蘆屋アシェラさんの仕事の依頼で、ドラッグストアの店頭で客の呼び込みをすることになった。でも、それには訳があって……。【偽典・蘆屋探偵事務所録】外伝の幕が開ける!!

チャット

33|日記・個人ブログ|連載中|2話|1,611文字

2019年04月29日 16:21 更新

YouTube, 動画, DTM, 茶番劇

仮想空間へ放り込まれたるるせ。DTM(デスクトップ・ミュージック)を知る。 

小説

22|学園・青春|完結|1話|3,065文字

2019年04月23日 04:25 更新

【許せない】, 恋愛, バンド

「今度、ウェブ小説で、『あなただけは絶対に許せない』っていうお題で書け、っていう企画があるんですよ」

小説

34|ミステリー|連載中|6話|19,184文字

2019年04月07日 19:00 更新

伝奇, 変格ミステリ, 怪奇・幻想小説, 現代ファンタジー

余談だけどこの話は、蘆屋探偵事務所が本格的な設立をする前の物語。

小説

34|学園・青春|完結|7話|9,756文字

2019年03月28日 01:00 更新

シリアス, ガールズラブ, 百合, 学園異能, SFファンタジー, 学園百合

今日は卒業式。ひきこもりの金糸雀ラピスを叩き起こしに向かう朽葉コノコと佐原メダカの前に立ちはだかる敵として現れたのは? 【抹茶ラテの作法と実践(The Book of Matcha Latte)】シリーズ第三弾!

小説

20|SF|完結|1話|2,862文字

2019年03月27日 08:33 更新

【ラストレター】, ハードSF

終わらない始まりと、終わりの始まり。

TOP