新着応援コメント一覧

  • 共同でラストレターに出す

    コラボノベルだと確かに利権が面倒ですね。 短編連作も字数制限があるから難しい。 できるとすれば、同一のプロットを作り、それぞれの作品を書く、くらいですかね。 学生時代、習作の一環で友人とプロットを交換し、執筆していました。 ガチガチにプロットを固めても、意外にまったく別の作品ができるんですよね。

    「ラストレター」を考察してみた星崎梓 hosiazuazu

    「ラストレター」にコラボノベルで応募という暴挙に出ようかと思ったけれど、やめたわ。 でも誰かがやってくれるのなら、それもありだと思うの もっと冒険しよう! 私が言いたいのは、そういう話よ! え? これは手紙なのかって? 手紙よ! 「コラボノベル」も立派な手紙なんだから!!

    ジャンル:創作論・評論

  • 怖いよお

    君みたいな人は現実世界にいてはいけない! 今すぐ異世界に帰るんだ!

    最期の言葉は誰が為に兜海老 kbt-ebi

    超短編コンテスト応募作です。 超気軽に書きましたので、お気軽にどうぞ。 明日自分が消え去ると知った、男と少女の物語。 彼は果たして、自分の想いを残せるのか……

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • 仮想現実の未来

    インターネットはユートピアにはなり得ませんでした。 なので次の次の次あたりの仮想現実世界には人々の脳内は検閲され、 心の汚い人間はパージされるのではないかと思ってます。

    THE セミニヒリストと学ぶ『低需要情報』秋照 akiteru

    仕事だけで社会貢献なんて時代遅れだ! 職業なんて知らん! 俺は俺が信じる社会貢献を行う! と躍起になった著者がいろいろなことを試してくれる。 言ってしまえば……人柱……

    ジャンル:その他

  • いや、何年も食べてないけど

    母の実家は寺泊がワリと近くて、子どもの頃はお盆に食べたりしたんだよね(^_^;)(それほど蟹に思い入れがないので、バイキングとかで置いてあってもまず食べないw) タラバ蟹は鱈の漁場でとれる蟹、と言われながら、その実ヤドカリの仲間です(笑)

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • じゅるり。

    タラバガニが蟹じゃないだってー!! さすがゴージャスなだけある!! ていうかタラバガニ食べたいですよー!! 

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • タラバ蟹も

    蟹じゃないんだよ。

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • トリビアの泉

    コメントありがとうございます❤️ 「生きていく上で何の役にも立たない無駄な知識、しかしつい人に教えたくなってしまうようなトリビアの泉~♪ のコーナーです(^v^)✨ 「1へぇ」につき、お星様を募集中☆

    親愛なる魔法使いへ 【小話】旭山リサ ASAHI28

    ✿ NOVELDAYS・セルバンテスにて【小説:親愛なる魔法使いへ】シリーズを公開中。 ✿ こちらの「チャットノベル」では、物語の【紹介・解説】をいたします。  こちらのチャットでは、主に…  ❀ 国際警察インターポール  ❀ 魔法・錬金術  ❀ 心理学の夢解釈  などについて、キャラクターと自由に語っていきたいと思います。  追記:「いいね!」「お気に入り登録」「ご感想」ありがとうございます(*^▽^*)                          ... 続きを見る

    ジャンル:ファンタジー

  • 魔都にて。

    tanutanuさん、コメントありがとうございます。まず、承認欲求の話から。ひきこもり研究の第一人者で臨床科医である斎藤環先生の本のタイトルに『承認をめぐる病』というのがあります。そのままの意味です。承認を得たくても得られないと(いや、得られても)心の調子を崩すことは多くありますね。でも、『地下室からのコナトゥス』は、ぼかして書いてしまったからわかりづらいのですが、セクシャル・マイノリティであるジュディス・バトラーが、世間から差別を受け続け、差別に負けずに生き続けるにはどういう考え方をすればいい ... 続きを見る

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • もっと評価されるべき

    ここで得られる知識は人生において役に立たない。 生活を豊かにもしない。 そういう無駄な知識を摂取することはとても贅沢で楽しい。 可愛いキャラクタと、巧みなテンポ。 疲れない程度におさめた解説が楽しいです。

    親愛なる魔法使いへ 【小話】旭山リサ ASAHI28

    ✿ NOVELDAYS・セルバンテスにて【小説:親愛なる魔法使いへ】シリーズを公開中。 ✿ こちらの「チャットノベル」では、物語の【紹介・解説】をいたします。  こちらのチャットでは、主に…  ❀ 国際警察インターポール  ❀ 魔法・錬金術  ❀ 心理学の夢解釈  などについて、キャラクターと自由に語っていきたいと思います。  追記:「いいね!」「お気に入り登録」「ご感想」ありがとうございます(*^▽^*)                          ... 続きを見る

    ジャンル:ファンタジー

  • 作者より

    お言葉をいただきまして、ありがとうございます。ひとりでモニターに向かっていますと、ときどきとても孤独で寂しく感じることがありますが、そのように言っていただけますと、書き続けることへの励みになります。

    太平洋戦争ミステリー『彷徨える零戦』西田充潤 nomadologie

    『永遠のゼロ』に影響を受けて、書きました。 ただ、『永遠のゼロ』が「ゼロ」に「永遠の」という冠をつけることで、ぴったりと額縁のようなものに収めてしまうことに、いわゆるアドルノ的な「同一性」の違和感を抱きました。 私は逆に「彷徨える」という冠をつけることで、収まりきらない、着地点の見えない、「非同一性」の物語として描きたいと思います。

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • 本格的な脚本になっていますね

    場面提示とト書きの的確さ。 無駄のないセリフ運び。 本格的な脚本になっていると、感嘆しています。

    太平洋戦争ミステリー『彷徨える零戦』西田充潤 nomadologie

    『永遠のゼロ』に影響を受けて、書きました。 ただ、『永遠のゼロ』が「ゼロ」に「永遠の」という冠をつけることで、ぴったりと額縁のようなものに収めてしまうことに、いわゆるアドルノ的な「同一性」の違和感を抱きました。 私は逆に「彷徨える」という冠をつけることで、収まりきらない、着地点の見えない、「非同一性」の物語として描きたいと思います。

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • 本格的な脚本になっていますね

    場面提示とト書きの的確さ。 無駄のないセリフ運び。 本格的な脚本になっていると、感嘆しています。

    太平洋戦争ミステリー『彷徨える零戦』西田充潤 nomadologie

    『永遠のゼロ』に影響を受けて、書きました。 ただ、『永遠のゼロ』が「ゼロ」に「永遠の」という冠をつけることで、ぴったりと額縁のようなものに収めてしまうことに、いわゆるアドルノ的な「同一性」の違和感を抱きました。 私は逆に「彷徨える」という冠をつけることで、収まりきらない、着地点の見えない、「非同一性」の物語として描きたいと思います。

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • ごめんwww

    全然、関係ないんだけど、『ゴドー』連呼に笑いを抑えられなくてw(私、『ゴドーをナンチャラ』タイトルも全く知らなかったから、なおさらwww それにしても、必要なんだろうけど、同時に厄介なのは『承認欲求』……。

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • あ、なるほど

    それぞれに、それぞれの神が宿る、じゃないんだ( ̄∀ ̄;) つまり、日本の神道とも、エジプトとも、さらに宗教ではないけどギリシャ神話や北欧神話の考え方とも違う、ってことなんですね。 ありがとうございます。

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • 本文に出てくるのは「神学」の文脈です。

    tanutanuさん、コメントありがとうございます! 『汎神論』のことですね。哲学の文脈ではあるんですが、僕が読んだり聞いたりしたなかでは、スピノザは『神学』として捉えているひとが多かったように思います。スピノザは哲学、神学の考え方の一種としてそう考えた(けど無神論者と見做されたし、今もそう思ってるひとはいる)のですが、この、『神学』っていう言葉は通常の使い方だとキリスト教神学を指します。文脈上、日本の神道の話では、ないです。ですが、神道と一口に言ってもいろんな考え方が、本当にたくさんあるので、 ... 続きを見る

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • 日本

    古事記とか日本書紀とか、神道的なものもこれ? 万物に宿る、八百万の神々、って。

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • tanutanuさんのお話は、鏡像界段階と去勢の話に置き換えられます!

     tanutanuさん、コメントありがとうございます。tanutanuさんのおっしゃるのは、ジャック・ラカンが言うところの『鏡像界段階』から「想像界・象徴界・現実界」に段階を経るはずが、そうならなかった話と置き換えられます(「去勢失敗」と言います)。鏡像界の話ってのはどんなのかというと、「鏡に映る自己の姿を見ることにより、自分の身体を認識し、自己を同定していく。この鏡とは、まぎれもなく他者のことでもある。つまり、人は、他者を鏡にすることにより、他者の中に自己像を見出す(この自己像が「自我」となる ... 続きを見る

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • 難しいけどw

    これは、乱暴にざっくりと言うと(産まれた時からの子は除くけど)、小さい子が『ごっこ遊び』をするようになって、なりきったりする過程を経て、普通はやがてそこから抜けて行くべきところを却って泥沼にハマったみたいになって、現実との境がわからなくなる、みたいな状況もこの中のひとつに含まれる感じ? ってことです?

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • >柚木沙耶香さん

    コメントありがとうございます。聖書と同じく、じゃんじゃん読むのは疲れるかと思いますw サブタイで何か気になったのがあれば、ちら見していただければ幸いです。今後ともよろしくお願いします。

    天使と悪魔の聖書漫談アシェラ ashikabi

    エデンでぬくぬくと日々を過ごしていたミカちゃん。 しかし人間が知恵の実を食べて追い出されてしまい、それを観察することになってしまう。 友達のサタニャエルくんはミカちゃんが心配でついて行く。 また、ミカちゃんのことが大好きな悪魔のビヨンデッタも参加して……。 『創世記』から始まる聖書の世界を古今東西のあれこれ含めて眺めてみる。 お気楽だけれど、ガチな聖書読本です。 「聖書ラノベ新人賞2」佳作 キャラアイコンは、もちみるさんに描いていただきました。 ↓ご依頼の際はこちらに! ... 続きを見る

    ジャンル:歴史

  • 引っ越しました(進出しました)

    こちらにアカウントがなくて応援できませんでしたが、知人の勧めでアカウントを取りました。 ちょこっと時間がないので、じゃんじゃんお読みすることも、書くことも出来ませんが、暫し、皆様の応援をさせて頂こうかと思い、日頃お世話になっている方々にご挨拶しております! よろしくお願いします(^ー゚)ノ

    天使と悪魔の聖書漫談アシェラ ashikabi

    エデンでぬくぬくと日々を過ごしていたミカちゃん。 しかし人間が知恵の実を食べて追い出されてしまい、それを観察することになってしまう。 友達のサタニャエルくんはミカちゃんが心配でついて行く。 また、ミカちゃんのことが大好きな悪魔のビヨンデッタも参加して……。 『創世記』から始まる聖書の世界を古今東西のあれこれ含めて眺めてみる。 お気楽だけれど、ガチな聖書読本です。 「聖書ラノベ新人賞2」佳作 キャラアイコンは、もちみるさんに描いていただきました。 ↓ご依頼の際はこちらに! ... 続きを見る

    ジャンル:歴史

TOP