作品数9
総合評価数724
総合PV数34,564

作者ブックマーク

不二原 光菓さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    忍夜鯉曲者(しのびよるこいはくせもの)

    ファンタジー

    • 25

    • 217

    • 3

  • 一般小説

    おのれ! 魔手麻呂

    ファンタジー

    • 37

    • 607

    • 3

  • 一般小説

    酔仙譚

    ファンタジー

    • 56

    • 1,401

    • 7

  • 一般小説

    青銀の風

    ファンタジー

    • 368

    • 24,661

    • 29

  • 一般小説

    サヨナラはいつもの場所で

    SF

    • 80

    • 2,622

    • 14

  • 一般小説

    運知訓

    ファンタジー

    • 19

    • 133

    • 0

  • 一般小説

    抹茶のごとく緑

    SF

    • 62

    • 1,958

    • 8

  • 一般小説

    白と黒のロンド

    恋愛・ラブコメ

    • 45

    • 2,059

    • 7

  • 一般小説

    俺をどうするつもりだ!

    ファンタジー

    • 32

    • 906

    • 3

不二原 光菓さんのアトリエ作品をもっと見る

ファンレター

  • 学院編読み終わりました

    大らかで計算をしない芸術家主人公や職人気質のキャラが闊歩するなか、金の話が好きな私は「瑠貝」推し。(笑)単なる算盤ずくではなく、相場師のような先見がいいですね~。物語の面白さは間違いなく、縦も横も見事に織りなしていると感服してしまいます。そして不二原さんは船や大弓などの造型、地形についても、きっちり資料で詳細に調べあげた上で描写されていますよね。どんな小さいことでも。それが物語世界を確固たるものにしていて、読んでいて無理なく映像が立ち上がるのです。

  • 面白かったです!

    めくるめく展開に心躍らせて読みました。ドーナツ状になって飛んでいく真鯉の姿など、映像として浮かんだものがいろいろ。ほんと、不二原さんの作品は面白い! 私も歌舞伎にはあまり詳しくないのですが、滝夜叉姫の方があやかしで、色っぽい踊りをするという感じですか? スペクタクルな舞台芸術、コロナ禍に負けずに再開して欲しいものですね。

  • 『おのれ!玲斗』(笑)

    34話まで読みました。イジワル玲斗にやきもき。牢獄編よりひどいよ~どうなっちゃうの、と我慢できなくなり、ついつい、「学院編あらすじ」を読んでしまいました。(^^;)……え?どこでどうしたらそんなことに?ますます本編をじっくり読まねば!と思いましたよ。 そして渋い男達の群像の中に差し込まれる、美しい顔料が物語に効いています。昔々、中学のとき部活で日本画をやったことがあるので、色を脳内で再生しています。顔料って色が平坦ではなく、こっくりとした深みがありますよね。(ウットリ)物語も絵の描写も迫力と深 ... 続きを見る

  • とっても楽しい!

    不二原ワールド全開って感じで、存分に楽しませていただきました! 高貴な血を引きながら、勉強嫌いの滝江ちゃん可愛い! あと、かっこよく登場するわりには役に立たない妖蝦蟇も大好きです。四六の蝦蟇の油売りネタでピンチになるところとか最高! 歌舞伎の演目とか江戸時代の文芸とかの、タイトルはもっともらしい漢字(漢文もどき)になっているのに、ルビは思い切り俗っぽい内容にするやり方って、江戸時代人のセンスを良さを感じさせますよね。それにしても元ネタの「忍夜●曲者」が「鯉曲者」になっちゃうなんて、さすが「 ... 続きを見る

  • GWのプレゼント

    ボケも突っ込みも両方こなす、主人公のおとぼけ振りが可愛い!怪異もお供も脱力系というのが新鮮で好きです。後編に登場した緋鯉の口上が滑らかですごく気持ちよくて、掛け合いの呼吸と人情味が不二原さんの真骨頂ですね。ラスト、「おお~」と思わず声が。(笑) 私は相変わらずの無知で元の歌舞伎『忍夜恋曲者』を知らないのですが、とても楽しめました。面白かったです。(*^-^*)

  • 題名もジワジワ可笑しい

    陰陽師とか式神とか鬼門とか眷属とか、私の好物が目白押しじゃないですか! そして最後の仕返しがすごくよかった。やっぱり不二原さんの作品は映像的でテンポがいいんですよね。続編が読みたい。このキャラ達ならどんな舞台(例えば現代とか)でもすぐ動き出しそう。安定の面白さでした。(*^-^*)

  • 魅力的な平安ファンタジー!

    面白かったです!魔手麻呂のキャラが立っていて、しかも起こる事件が奇想天外!個性的な式神のアクションも印象的でした。機智に富んだ事件解決の後に、行を開けて記されたラストの一行も決まっていますね!また魔手麻呂や青電鬼たちの活躍を読みたい~(*^^*)。ぜひシリーズ化を!

  • 『牢獄編』読み終わりました

    読みやすくて、後から後から事件勃発で一気に読んでしまいました。思い切って言っちゃうと、漫画「キングダム」を彷彿させる王道スケールと生き生きと躍動するキャラ達。そこにステルス系イケメンや、金髪碧眼、チラチラする美少女の影など少女漫画の要素もあって、華やかなんですよね。それにしても不二原さん、主人公をいじめすぎ~!そして主人公もお人好し過ぎ~(ハラハラ)

  • 平安ファンタジー!

    陰陽師の世界も、不二原さんの手にかかるとここまでコメディになるわけで(笑)! 他の作品に劣らず面白かったです。 マシュマロに「せいでんき」に「ひらいしん」。ネーミングがいいですね。 ラストのオチも効いていました!

  • すごい作品!

    すごい作品を読ませていただきました! 前編のノスタルジックな、原っぱでの男の子たちの熱い戦い。それが後編の途中から、いきなり「ええ?」という感じで(私は読む前にあまりタブを見ないので、衝撃でした!)、あとは一気にラストまで!まさにあの源義経の戦法そのもののような鮮やかな読後感でした。 とにかく、最初から見せ場、見せ場の連続で、そのままラストまで息もつかせぬ展開。ストリーテラーとしての不二原さんの手腕を堪能させていただくと同時に、「僕」と「碧」のあの関係!きゃー、素敵(うっとり(*^^*))。 ... 続きを見る