抹茶のごとく緑

 妖艶な妻の茶道教室が経営の危機に陥った。生徒を呼び戻すためには「幻夢茶」を探すしかない。幻のお茶を探しに行かされた俺は小生意気な通訳兼道案内のティタとともに肉食恐竜のいるジャングルに分け入った。
 小説家になろうより転載(PN 鳥野 新)

目次

完結 全2話

2020年10月18日 09:16 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

海乃さん、お読みいただきありがとうございました

 劣化した情けない元イケオジが書きたかったので、○パンとみたいだと言っていただき光栄です。今回はひどい目にあったティタですが、大金を手にして強く生きていく事と思います。将来こんなオヤジ好きにならなければ良いのですが……。

エロ親父、最後に囁かに復讐しよる

ティタちゃんの気の毒なこと(笑) そして終始、妻でエロ妄想するおじさん 恐竜まで出てきて、こ気味良いテンポで進むコメディです。まるで○パンのような性格のおっちゃんが、最後きっちりお色気奥様にやり返すまでがセットでオチも好き ティタちゃんが貧乏くじな気もするが、そこは気にしない(笑)

小説情報

抹茶のごとく緑

不二原 光菓  Mika-Hujiwara

執筆状況
完結
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
恐竜, 抹茶, 微エロ, 冒険, コメディ
総文字数
16,331文字
公開日
2020年10月17日 02:37
最終更新日
2020年10月18日 09:16
ファンレター数
2