(ID:TamTam2021)

作品数72
総合評価数626
総合PV数57,199

作者ブックマーク

TamTam2021さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    もし あなたが本当に

    社会・思想

    • 7

    • 71

    • 1

  • 一般小説

    祝 日

    社会・思想

    • 7

    • 170

    • 1

  • 一般小説

    詩集のある風景

    社会・思想

    • 7

    • 269

    • 1

  • 一般小説

    大谷翔平とオセロゲーム

    社会・思想

    • 7

    • 301

    • 1

  • 一般小説

    落選者の亡霊が彷徨っている

    社会・思想

    • 7

    • 344

    • 1

  • 一般小説

    がんばれ 神田さん

    社会・思想

    • 8

    • 317

    • 1

  • 一般小説

    ネコ神社

    社会・思想

    • 7

    • 409

    • 1

  • 一般小説

    リーダーの顔が見えない

    社会・思想

    • 7

    • 422

    • 1

  • 一般小説

    最大多数の最大幸福

    社会・思想

    • 7

    • 411

    • 2

  • 一般小説

    元日の悪夢

    社会・思想

    • 8

    • 455

    • 1

TamTam2021さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 神は嘆いている

    ロシアによるウクライナ侵攻から2年が経ちました。相変わらず終戦が見えて来ません。この2年間で他の国々でも酷い戦争が起きてしまいました。これらの国々には立派な宗教があり、信心深い人々は自分達の神様を毎日拝んでいることでしょう。それなのに神の教えに背いて、殺戮や奪い合いを繰り返しています。このことを神様が見ていて、嘆き悲しんでいることでしょう。慈悲深い神もいつかはこの醜い人間に愛想を尽かし、天罰を下す日が来るかも知れません。それは人類が滅ぶことだと思います。そうならないためにも今すぐ争いは辞めなくて ... 続きを見る

  • 皆に祝日を

    氷雨が絶えず降り、とても寒い祝日でしたね。こんな日は何処にも出掛けず、家で猫のように丸くなっていたいものです。カレンダー通りに休める勤め人は幸せですよね。販売、飲食、観光業、公務員でも出勤しなければならない方は大勢いらっしゃいます。多くの方々のお陰で土日祝を快適に楽しく過ごせることに気付かされました。旗日とは懐かしい。今の若い世代の人達はわかるでしょうか?国民こぞって休める特別な日だと子どもの頃は思っていました。しかしアルバイトが出来る年齢になってみるとそうではないことに気付かされ、いい歳になっ ... 続きを見る

  • 詩とは心身のリトマス紙

    同じ詩集を手にしても、その時々の心身状態によって、スッと心に入り込む時もあれば、色褪せてつまらなく感じる時もある…まるで心模様を映す鏡のようですね。心身のリトマス紙と表現されている所がとても上手で的を得ていると思いました。その空間に詩集があるだけで、雑然とした部屋がまるで違って見え、鈍色に輝き始める…そんな光景が目に浮かびました。詩とは恋にも似ている。そして絵本にも似ている…確かにそう思います。その詩集全体が持つ佇まいと詩の中にキラリと光る、ある言葉の群れにときめき心を捕まれる恋にも似た思い。そ ... 続きを見る

  • 光と影は背中合わせ

    白から黒。栄光の頂点からの奈落行き。マスコミの必殺手のひら返しをオセロゲームに例えた表現が秀逸だと思いました。大谷翔平選手は枚挙に暇がなく、非の打ち所がない英雄として持ち上げられていますね。日本人がアメリカに対して抱いているコンプレックスを跳ね返してくれる存在です。大谷翔平選手は本当に素晴らしい選手なので、これからもずっと応援して行きたいです。しかしどんなに素晴らしく優秀な人でも体力の衰えや歳には抗えず、退化してしまうのが世の常です。そして完璧な人間は存在しませんね。かつて大活躍したスポーツ選手 ... 続きを見る

  • 彷徨える落選者

    『落選者の亡霊が彷徨っている』という衝撃的なタイトルにハッとさせられました。斬新な発想ですが、なるほど、そうだなと共感しました。京アニの被告のような激しい怒りや危険な思考はありませんが、落選した者の気持ちはわかります。私もたまにイラストや文章を書いて賞に応募するのですが、落選する方が多いです。これは絶対に受かると自信があったものが、箸にも棒にもかからずという結果に不満を持ち、間違いではないのか?今週発表ではなくて来週だったかな?と自分に都合が良い解釈をしてしまいます。そしてやはり落選したのだと確 ... 続きを見る

  • がんばれ 世界中のお父さん

    神田さんがテレビに戻って来ました。私も心配していた1人です。何年か前に録画した「旅サラダ」の神田さんと比べると最近の神田さんは、痩せて白髪頭の小さくなってしまったおじいさんのようです。何か悪い病気ではないかと気になっていましたが、昨日の番組に復帰されてホッとしました。娘さんの死は耐え難いものであると想像していますが、どうかこれからもお身体を大切になさってお仕事を頑張って下さいと伝えたい気持ちで一杯です。ハリウッド映画をはじめ、父親が娘を救うために荒唐無稽に、無茶苦茶に闘う映画は多々ありますね。そ ... 続きを見る

  • お猫様の長閑な社

    新春のお社に柔らかな春風が吹くような詩に心が和みました。神社に猫がのんびりと寛ぎ、参拝者も愛らしい猫を撫で、自然と笑顔になる…幸せな光景が目に浮かぶようです。何気ない初春のひとときに、不思議な神の領域に入り込んだようですね。そこはまるでファンタジーの世界です。いつか見たあどけなさが残る、ネズミの代わりにご挨拶をしてくれた猫が、立派な風格のある猫に成長し、再びお出ましになられたのでしょうか。「よし、少しだけ撫でてもいいぞ」と言い出しそうですね。そして恋みくじの箱の中には、恋占いの巫女と化した立派な ... 続きを見る

  • 本当に必要なリーダーとは

    元日の夕刻に石川県を中心とした大地震が起きてから8日、今日で三連休を終えようとしています。確かに本当に必要なリーダーは、非常時にこそ力を発揮出来る人だと思いました。すぐに的確な判断と指示、行動が出来ること。そして辛く悲しい気持ちで途方に暮れている人々に寄り添い、慰め、励ますことが出来る真のリーダーを待っています。そして私達が出来ることは何かを考え、少しでも力になれるように、被災された方々の声に真剣に耳を傾けて行きたいと思います。

  • 生きることの基本です

    くう ねる あそぶ…懐かしいフレーズですね。他にも色々とありそうですが、人が生きることの基本です。そして案外忘れがちなのは、確かに「出す」ことですね。排泄の話はお下品で、特に食事中などにこの話題に触れることはタブーです。小さい子どもがふざけて連呼し、お母さんに叱られている所も時折見かけます。正月休みなど、普段とは違うゆったりと流れる時間の中では、喰う、寝る、出すを繰り返していることに気付かされますね。これらが何の支障もなく自然に出来ることは、とてもありがたいことです。身体の機能が悪い。災害時 ... 続きを見る

  • 地震の巣の上で

    昨日の大地震から1日経ちました。テレビの画面をみる度に胸が痛みます。どうか1日も早い復旧を、そして被災地の皆様が無事でありますようにと願っています。東日本大震災の恐怖が脳裏を過りました。大津波、そして多数ある原発のどれか1つでも爆発したらどうしよう。狙ったように原発のある地域に震度7の揺れがあり、元日から地獄に突き落とされたような気分になりました。今回は何とかその悪夢の再来を回避出来たようですが、地雷の上に原発が多数あることに変わりがなく、いつも恐怖に怯えています。こんな地震大国の日本で、原発を ... 続きを見る