釜石ラーメン

作者 TamTam2021

[社会・思想]

8

288

1件のファンレター

ラーメンというものにこれほど心を惹かれるのはなぜでしょうか。今や無数のラーメンがあり、まさに日本人のソウルフードとなりました。その中でも「締めのラーメン」として最もふさわしいのが釜石ラーメンでしょう。あっさりしょうゆ味の細麺で、とてもシンプルですが味わい深い逸品です。映画『釜石ラーメン物語』の風景の美しさも堪能しました。また、あのラーメンが食べたい!

目次

完結 全1話

2024年06月09日 21:47 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ラーメンの向こうに

釜石ラーメン、食べてみたくなりました。シンプルなラーメンが一番のご馳走なのかも知れませんね。日本人は何故、ラーメンが大好きなのでしょう。B級グルメから豪華なラーメンまで様々ですが、自分が一番好きな味にまだ出会えていない人も多いような気がします。TamTam2021さんは、帰郷して友人と食べる締めのラーメンの湯気の向こうに、懐かしい故郷の思い出を見ているのだと感じました。古いアルバムを開くように、味の記憶は食べる人を瞬時にあの頃に連れ戻し、今も変わらぬ味で優しく包みこみ、お帰りと言ってくれているよ ... 続きを見る

返信(0)

小説情報

釜石ラーメン

TamTam2021

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
社会・思想
タグ
詩, エッセイ, 現代詩
総文字数
1,108文字
公開日
2024年06月08日 16:49
最終更新日
2024年06月09日 21:47
ファンレター数
1