ここで会ったが百年目

[日記・個人ブログ]

312

55,340

108件のファンレター

 この冷めた時代、ポジティブな感動が難しくなってしまった気はしませんか?
 だからこそ、感動のありかを探してみたいと思いました。今まで、私は何に感動しながら生きてきたんだっけ? 自分でも忘れかけているので、あちこち再発掘を試みます。

 日々の雑記帳ではありますが、ブックレビュー多めになるかも? なるべく本気で感動したものだけを取り上げていこうと思います。かつてあった「ときめき」を思い出しながら。

※表紙イラストは、なっちゃん~様のフリー素材を使用させて頂きました。

目次

連載中 全43話

2024年06月05日 16:02 更新

  1. 第1話 冷めた時代だから 公開日: 2021/08/01
  2. 第2話 人生最強の『1812年』 公開日: 2021/08/01
  3. 第3話 反撃コメント『蜜蜂と遠雷』 公開日: 2021/08/03
  4. 第4話 スポーツがくれる感動『陸王』 公開日: 2021/08/05
  5. 第6話 読み聞かせのあれこれ 公開日: 2021/08/13
  6. 第5話 プレゼントに絵本はどう? 公開日: 2021/08/09
  7. 第7話 子どもが喜ぶ絵本って? 公開日: 2021/08/14
  8. 第8話 「本命」となった絵本 公開日: 2021/08/16
  9. 第10話 読書感想文はムズかしい 公開日: 2021/08/25
  10. 第9話 アルゼンチン料理!? 公開日: 2021/08/22
  11. 第11話 ブックトークっていいよ『ハリスおばさんパリへ行く』 公開日: 2021/08/30
  12. 第12話 突然ですが、私の執筆歴 公開日: 2021/09/02
  13. 第13話 修行道場?な『NOVEL DAYS』 公開日: 2021/09/06
  14. 第14話 鎮魂の思いとともに『綱渡りの男』 公開日: 2021/09/11
  15. 第15話 毎日の相棒 公開日: 2021/09/16
  16. 第16話 小説のヒントになる? オペラについて 公開日: 2021/09/18
  17. 第17話 『怖いクラシックコンサート』 公開日: 2021/09/23
  18. 第18話 一番のお気に入り・METの『カルメン』 公開日: 2021/09/27
  19. 第19話 カルメン登場の、あの曲 公開日: 2021/10/01
  20. 第20話 清楚で可憐! ゲオルギューの『椿姫』 公開日: 2021/10/06
  21. 第21話 おしゃれでセクシー! ネトレプコの『椿姫』 公開日: 2021/10/10
  22. 第22話 歴史小説の様式美って? 公開日: 2021/10/18
  23. 第23話 これが海賊のロマンだ!『海狼伝』 公開日: 2021/10/24
  24. 第24話 「オール讀物新人賞」が変わってた 公開日: 2021/10/28
  25. 第25話 プロジェクトXな『火天の城』 公開日: 2021/10/30
  26. 第26話 懐石料理みたい⁉『利休にたずねよ』 公開日: 2021/11/25
  27. 第27話 歴史時代短編講座に参加して 公開日: 2021/12/16
  28. 第28話 すさまじい緊張『宇喜多の捨て嫁』 公開日: 2022/01/18
  29. 第29話 清冽なる大傑作『蝉しぐれ』 公開日: 2022/03/20
  30. 第30話 腐らずコツコツ…『高瀬庄左衛門御留書』 公開日: 2022/04/02
  31. 第31話 おっかなびっくりPTA改革① 公開日: 2022/04/17
  32. 第32話 おっかなびっくりPTA改革② 公開日: 2022/04/19
  33. 第33話 おっかなびっくりPTA改革③ 公開日: 2022/04/25
  34. 第34話 おっかなびっくりPTA改革④ 公開日: 2022/05/20
  35. 第35話 おっかなびっくりPTA改革⑤ 公開日: 2022/05/24
  36. 第36話 戦国リアルな『清須会議』 公開日: 2022/06/06
  37. 第37話 デュトワが来たー!! 公開日: 2022/06/10
  38. 第38話 歴史時代小説書き方講座・受講報告 公開日: 2022/06/12
  39. 第39話 美術鑑賞の親子 公開日: 2022/06/27
  40. 第40話 カルミナ・ブラーナ万歳 公開日: 2022/07/16
  41. 第41話 ご報告・PTA改革のその後① 公開日: 2024/06/05
  42. 第42話 ご報告・PTA改革のその後② 公開日: 2024/06/05
  43. 第43話 ご報告・PTA改革のその後③ 公開日: 2024/06/05

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

二年待った「その後」のお話!

第41話~第43話、一気読みさせていただきました! 面白かったです~♬ いや、「面白かった」という表現はよくないかもしれないですよね……確かに、ここに書かれているのはうんざりするような〈人間関係〉のお話なのですが、つばめさんが書かれる時代小説の女性たちと同じく、「語り手」(つばめさんご自身)の言動に一本芯が通っているため、安心して読んでいられますし、読後感は不思議にさわやかなのです。ですから、やっぱり「面白かった」と書かせていただきたいと思います^^ まったく……「ジョヴァンニ」のリア ... 続きを見る

返信(1)

第10話

つばめさん、こんにちは! 第10話、読書感想文はムズかしい… ほんとにそうだなぁ、と思います。 発達障害、医学的なことはよく分からないけど、自分も発達障害なのではないかと思います(軽々しく言ってはいけないのかもしれません、すみません) 「あんたはどうしたい?」「どう感じた?」、ぼくも、「わかんないよ」が本当で…。 少なくとも、「定型発達」ではないんだろうなと自分で感じます…。 ほんとに「正解」って、無いんだろうと思います。でも、何だか、「正解」を求めてしまうわけで…。 ... 続きを見る

返信(2)

第38話

以前NHKのテレビでエッセイスト(?)の杉浦 日向子さんが「お江戸でござる」とかいう番組で、江戸についてあれこれ楽しそうに解説していたのを思い出しました。 何か江戸って、面白そうな時代に見えるのかもしれないですね、現代から見ると。 やっぱり企画を出して、編集者さんといろいろやらんといかんのですよね… 「人間を書こうよ」って、いい言葉ですね、そう言われてそうしようとする素直さ。 素直、大事ですね、仕事では特に、人の意見をきく素直さが大切になってくると思います。 (いろんな人の言う ... 続きを見る

返信(1)

カルミナ・ブラーナ万歳!

あおぞらさんが第37話で「来月は私の大好きな『カルミナ・ブラーナ』の演奏会がある」と教えてくださったおかげで、トリフォニーホールの公演チケットを取ることができました。 おかげで、素晴らしい演奏をライブで聴くことができました♪ どうもありがとうございます!! 第1音が鳴る直前、たしかに「咳払いもできないような、緊張のひととき」でしたね。聴衆全員が最初の曲を心待ちにしているのが伝わってくるようでした。 爆発するようなエネルギーで始まった「おお、フォルトゥーナよ」。今回、気持ちテンポ早めでし ... 続きを見る

返信(1)

サントリーホール行きたい!

コロナ前は、年に一回ぐらいは新幹線に乗って、東京まで音楽を聴きに足を運んでいました。 やっぱり、近辺の雰囲気とかも全て含めて、私もサントリーが一番好きです。 新日フィル、二期会、イケメンのアルミンクさん(すみません、お名前は知ってますけど演奏は聴いたことないです)、でもって、サントリーホールでのカルミナ・ブラーナ! 滅多に組まれないプログラムですから、とても貴重で至福のひとときだったでしょうね! 羨ましい限りです。 この曲の「グルーヴ感」もすごくよく分かります! 大編成の生で聴く ... 続きを見る

返信(1)

PTA改革

つばめさん、こんばんは! 今日はこちらに。何となく気になっていたPTA改革。 脱学校みたいな活動をしていた自分には、とんと縁のない世界なのですが、つばめさんが書かれているということで拝読。 PTAって、伏魔殿のようなイメージがありました。何か真面目そうで、頭の固そうな怖い夫人が集まっているような…。 読んでみて、その構造、政治とか会社とかと特に変わらないんだな、という印象をもちました。 32話に書かれているように、コロナって、いろんなチャンスであったとも思いました。さくら茶なん ... 続きを見る

返信(1)

第39話を拝読しました

「第39話 美術館賞の親子」は、「本気で感動したものだけ」を取り上げるという、本作のエッセイにふさわしいお話だったと感じました。 あおぞらさんの目を通して、「絵を見る喜びというのが、いかに人生を素晴らしくするか」を、わたしも教えてもらいました。 わたしの知り合いにも、子どもの頃から(たぶん生まれつき)車いす生活のかたがいます。わたしが会うときはいつも、おじいさんが介助しておられました。 おじいさんがお孫さんのことを抱き上げて、車いすに乗せてあげていましたが、知り合ってもう十年以上になる ... 続きを見る

返信(1)

第39話

1300字程度の決して長くないこの文章、昨日と今日、繰り返して読みました。 こういう題材は、実は非常に書くのが難しいと思います。 それは、この出来事を透して、結局はそれを見るつばめさん自身を描くことになるからだと思うのです。 「反射的に」下を向いてしまったつばめさん、「胸がつぶれそうなほど、切ない気分にな」って、そして「圧倒され、立ちすく」んだつばめさん…。 私たちは、そうしたつばめさんの心を透してこの出来事を見るからこそ、感動できるのだと思いました^^ 折にふれ読み直したくなる作品で ... 続きを見る

返信(1)

ふつふつと怒りが…

つばめさま ご無沙汰しております。作品いつも拝読しております。 出遅れですが、ずっと書きたかった『おっかなびっくりPTA改革』について……。 その会長っ!! もう腹が立つのです。 仕事ができても、こういうふうに自分の弱さや甘さを誰かに委ねて満たそうとするアホ男!! そんなことしたらつばめさんが他の役員さんたちにどう思われるか、そのことによってどんな立場に立たされるか…カシコイ人ならそこに考えが及ばない訳がない。わかってるけど、まぁいいか、とつばめさんのやさしさに甘えてる…と、私は思い ... 続きを見る

返信(1)

38話

坂井希久子さんという作家は知らなかったので、ちょっとググってみました。 かなり異色の経歴…というか、デビュー時の職業にびっくりしました@@ でも、そういう方だから「技術」的なものをよく理解されていて、「文庫書下ろし時代小説」という特定の読者に特化したシリーズものでも、ちゃんと出版社の要望に答え、且つ読者を愉しませる作品が書けるのかな、と思いました^^ 講座も、きっと技術や秘訣満載のかなりお役立ちな内容だったんだろうなって想像しています^^ つばめさんのおかげで、私もちょびっと講座を覗かせ ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

ここで会ったが百年目

あおぞらつばめ  AOZORA-TSUBAME

執筆状況
連載中
エピソード
43話
種類
一般小説
ジャンル
日記・個人ブログ
タグ
お気に入り, エッセイ, 日常, 創作論もちょっと, 書評もちょっと, ブックレビュー, オペラ
総文字数
128,279文字
公開日
2021年08月01日 16:34
最終更新日
2024年06月05日 16:02
ファンレター数
108