新着応援コメント一覧

  • 本格的な脚本になっていますね

    場面提示とト書きの的確さ。 無駄のないセリフ運び。 本格的な脚本になっていると、感嘆しています。

    太平洋戦争ミステリー『彷徨える零戦』西田充潤 nomadologie

    『永遠のゼロ』に影響を受けて、書きました。 ただ、『永遠のゼロ』が「ゼロ」に「永遠の」という冠をつけることで、ぴったりと額縁のようなものに収めてしまうことに、いわゆるアドルノ的な「同一性」の違和感を抱きました。 私は逆に「彷徨える」という冠をつけることで、収まりきらない、着地点の見えない、「非同一性」の物語として描きたいと思います。

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • 本格的な脚本になっていますね

    場面提示とト書きの的確さ。 無駄のないセリフ運び。 本格的な脚本になっていると、感嘆しています。

    太平洋戦争ミステリー『彷徨える零戦』西田充潤 nomadologie

    『永遠のゼロ』に影響を受けて、書きました。 ただ、『永遠のゼロ』が「ゼロ」に「永遠の」という冠をつけることで、ぴったりと額縁のようなものに収めてしまうことに、いわゆるアドルノ的な「同一性」の違和感を抱きました。 私は逆に「彷徨える」という冠をつけることで、収まりきらない、着地点の見えない、「非同一性」の物語として描きたいと思います。

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • ごめんwww

    全然、関係ないんだけど、『ゴドー』連呼に笑いを抑えられなくてw(私、『ゴドーをナンチャラ』タイトルも全く知らなかったから、なおさらwww それにしても、必要なんだろうけど、同時に厄介なのは『承認欲求』……。

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • 「白線の外側」

    何度読んでもジンと来ますね。

    シリーズ『高校野球』鏡湖 mirror-lake

    舞台は高校野球―― 青春真っ只中の高校生と、躍動感あふれるチームプレー、その組み合わせに魅了される高校野球。 また、グラウンドを離れても目を引くその礼儀正しさ。 きっと、少年野球から引き継がれたものでしょう。 今この時も、ひたむきに汗を流している球児たちと、彼らを支える周囲の人たちに思いを馳せて……

    ジャンル:学園・青春

  • 崩壊世界に残された絶望と希望

    現代の延長線上のポストアポカリプス世界を舞台にしたSF小説です。 絶望的な世界観でありながら、わずかな希望を感じさせる物語に惹きこまれ、また疾走感ある戦闘シーンと小気味良い文章が合わさり、読み応えと読みやすさを兼ね備えたバランスの良い作品だと思います。 専門用語も散見されますが、簡潔かつ分かりやすい解説によって補足されるため、つまづくことなく読み進められました。 崩壊以前の文明を知るヒューマロイドのリアと、原始同然の生活しか知らない人間のノーリィの、ときに面白みを、ときに緊張を ... 続きを見る

    ラストオーダー ~ひとりぼっちの百年戦争~matsubo2019

    ーー国が滅び、世界が終わり、人が人でなくなろうと、機械の少女は〝最後の命令〟を守り続けた。 機械の少女、リアは記憶断片の整理をする中で夢を見ていた。 遠く、温かな過去の夢ーーそれは人間の友達との平和な時代の夢だった。 銃を抱いたまま目を覚ました彼女は、今が戦争中であり自身が兵士であることを思い出す。 「救援部隊到着までこの都市を死守せよ」ーーそれが、彼女に与えられた〝最後の命令《ラストオーダー》〟だった。 リアは任務開始から百年経っても終わることのない孤独の戦争を、廃墟 ... 続きを見る

    ジャンル:SF

  • 抜群のリーダビリティで描く復活の物語

    ラノベを読み慣れない自分にも読み心地抜群でした。 キャラ全員の書き分けが明確で、全セリフ誰の発言か考えずに分かるから、スイスイ読み進められます。 うらぶれた居酒屋飲み女子会も、痛さより笑いとキャラの輪郭を深めていて良い。 4人が闘うことが、ぎりぎりご都合でなく問題を解決する仕掛けになっていました。 リデビュー小説賞に相応しい、復活と再生の物語。

    クアトロプリンセス進藤尚典 shindohtakanori

    人気女児向けアニメ「クアトロプリンセス」の声優として一斉を風靡した4人は、今はすっかり落ちぶれていた。 4人はあるとき「クアトロプリンセス」のアニメの世界に入ってしまう。 4人はアニメの世界で、迫る敵と闘いながら、原因を究明し、元の世界へ戻ろうとする。

    ジャンル:ファンタジー

  • 少年読みました。

    締め方がいいなと感じました! こう、きゅっとしまっていて雰囲気もたるんでないところが好きです。

    詩集「サイコリック」あたの実 nagi_tsubasa

     たぶんこのサイトには合わないと思うんですが、まぁ、はい。詩集です。

    ジャンル:その他

  • nashikiさま

    ご感想ありがとうございました。励みになるお言葉、嬉しかったです。 まだ、性懲りもなく書いていくことが出来そうです。

    地図屋の少女の冒険譚「九十九の黎明」那識あきら nashiki

    その知識は、本来お前が持つべきものではない―― 筆写師見習いの傍ら、地図制作を請け負うウネン。領主の依頼で仲の悪い隣領との境界を測量することになった彼女は、護衛を探すために訪れた酒場で一人の旅の剣士と出会う。 ウネンが過去に作った地図を手に「測量技術を誰から教わった?」と詰め寄る剣士は、三年前に失踪したウネンの師匠を咎人だと断じて探していた。 師の犯した罪とは何なのか。門外不出の知識とはどのようなものなのか。 真実を求めてウネンの旅が始まる。 ――見た目ちびっ子な地図屋の少 ... 続きを見る

    ジャンル:ファンタジー

  • 楽しく読んでいます!

    お兄さんがカワイイ……。 私まで成仏してしまいそうですw

    麗しき迷宮 ~お嬢さまと銀の密偵~鷹守イサヤ lunaticmaze

    18世紀フランス。太陽王の崩御により即位した幼きルイ15世に替わって政務を取る摂政公フィリップの時代。密偵を務める青年ユーグは摂政公より〈すみれの王冠〉なる宝石を探し出せと命じられ困惑する。一方、由緒正しき貧乏貴族の娘クロエは日々の家計に汲々としていた……。

    ジャンル:ミステリー

  • あ、なるほど

    それぞれに、それぞれの神が宿る、じゃないんだ( ̄∀ ̄;) つまり、日本の神道とも、エジプトとも、さらに宗教ではないけどギリシャ神話や北欧神話の考え方とも違う、ってことなんですね。 ありがとうございます。

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • 本文に出てくるのは「神学」の文脈です。

    tanutanuさん、コメントありがとうございます! 『汎神論』のことですね。哲学の文脈ではあるんですが、僕が読んだり聞いたりしたなかでは、スピノザは『神学』として捉えているひとが多かったように思います。スピノザは哲学、神学の考え方の一種としてそう考えた(けど無神論者と見做されたし、今もそう思ってるひとはいる)のですが、この、『神学』っていう言葉は通常の使い方だとキリスト教神学を指します。文脈上、日本の神道の話では、ないです。ですが、神道と一口に言ってもいろんな考え方が、本当にたくさんあるので、 ... 続きを見る

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • 日本

    古事記とか日本書紀とか、神道的なものもこれ? 万物に宿る、八百万の神々、って。

    死神はいつも嘘を吐く成瀬川るるせ rulerse

    今日もまったりライフの、田山姉妹と居候の死神少女が織りなす一幕劇。忍び寄る影には評論のチカラで立ち向かえ。死神少女たちの青春×思想を、抹茶ラテのように混ぜた日常ファンタジー。

    ジャンル:学園・青春

  • 読み始めたら止まりませんでした

    タイトルに惹かれて、用事の合間に一話だけでも、と軽い気持ちで読み始めて、あれよあれよという間に最後まで一気に読み通してしまいました。満ち欠けする〈月〉も、箱庭のような世界も、魔術師という存在もとても印象的で素敵です。ラスト近く、「彼」が「彼」らしからぬ行動に出てからのシーン、筆致は依然として穏やかなのに各人の想いが怒濤のごとく胸に迫ってくるのが、もう堪らなかったです。この物語が読めて良かったです!

    月語り土井紀和 kaohiko5987

    ジャンル:ファンタジー

  • 黒姫様最高

    主人公の影がメチャクチャ薄いので周りのキャラが全部濃いwww

    君の不幸は蜜の味(京都七条もののけ屋事件簿)橋本 純 Jun-Hashimoto

    800年以上前に京都に誕生した由緒正しき化け物使いの店もののけ屋は、平成30年を迎え危機に瀕していた。 深刻な化け物使い不足で仕事が熟せなくなる寸前だったのだ。 そこでリクルートされたのが、不幸を呼び寄せるという特異体質を持つ小椋孝太郎だった。 おりしも、関西に西洋悪魔の息が掛かった魔女集団が進出してきていた。新人化け物使いとなった孝太郎は、まったく意図しないまま彼女たちとの戦いに放り込まれるのであった。 (11月12日 より読みやすくするために、全編改行直し、ルビ打ち、部分加筆。更 ... 続きを見る

    ジャンル:ファンタジー

  • 今後の展開に期待

    まだ導入部だけしか読んでいないのですが、この子がどんな運命を辿っていくのかが気になりました。 今から徹夜で読んできます!(笑

    ラストオーダー ~ひとりぼっちの百年戦争~matsubo2019

    ーー国が滅び、世界が終わり、人が人でなくなろうと、機械の少女は〝最後の命令〟を守り続けた。 機械の少女、リアは記憶断片の整理をする中で夢を見ていた。 遠く、温かな過去の夢ーーそれは人間の友達との平和な時代の夢だった。 銃を抱いたまま目を覚ました彼女は、今が戦争中であり自身が兵士であることを思い出す。 「救援部隊到着までこの都市を死守せよ」ーーそれが、彼女に与えられた〝最後の命令《ラストオーダー》〟だった。 リアは任務開始から百年経っても終わることのない孤独の戦争を、廃墟 ... 続きを見る

    ジャンル:SF

  • この先に期待!

    一気に読み進めました。 親からの虐待ではありませんが、子どもの頃の辛い思い出から気持ちを上手く出せなかったり、自分を守るために攻撃的な言葉を相手に投げかけたりする自分にも重なるものがありました。 育ち直しをしている雅さんがこの先どのように変化していくのかが気になります。

    ペルソナ三枚重ね小林ますみ trdpy132

    子供の頃に虐待されて育つと、人を信じられなくなるし、子供を持つことはもちろん結婚も怖くてできなくなると思う。 もしかしたら、今結婚や出産をちゅうちょしている人がいてその原因が不幸な子供時代にあるのなら、きっと大丈夫ということをまず伝えたいんです! 主人公雅のように、真っ暗で悪態をついていても、誰かがきっと見てくれて変わることができる。幸福な子供が沢山増えて、笑顔を振りまいていたら、きっと子供を持つのもいいなーと思う人も増えるのでは? それがもしかしたら一番の少子化改善対策になるんじゃないかな、 ... 続きを見る

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • ハリウッド映画みたいなストーリー展開ですよね

    エンターテイメントが前に出ているんでしょうか残酷さが薄く、わくわく感が強い気がしました。ほんとうに小説というより映画みたいな作りですね、それだけに敵の正体がわからないもやもや感は大きい気がします。あとがきを見ても、正体がはっきりすると書いていませんね、引っ張るのは何か意図があるのでしょうか。取り敢えず次作を楽しみに待たせてもらいます。

    パシフィック フロント橋本 純 Jun-Hashimoto

    1938年南太平洋に突如出現した謎の亀裂、そこから現れた正体不明の飛行物体。 彼らは接近する人類の兵器に圧倒的な力で攻撃を仕掛け、対応に当たった英軍を筆頭に出撃した各国軍はいずれも大敗を喫した。 そんな中、第一次大戦の敗戦国であるドイツは、世界規模のこの事件にも国際世論を睨み正式派兵を見送った。 だが、その裏では世界的名声を持つ女性パイロット、ハンナ・ライチェを隊長に任じ義勇空軍を結成、秘密裏に開発していた兵器を与え、世界中から民間人パイロットをかき集め部隊を作った。 そこには南アフリカ ... 続きを見る

    ジャンル:SF

  • うれぴー

    ありがとうございます! 小さな実績ですが、これをコツコツ積み重ねていきたいと思います!

    私は英語で日記を書きたいまきえ肴 kokoasan

    why do I wright at English diary? Why write a diary in English? It does output many many things. That's because we want to do a lot of output. So I wright an English diary every day. SO, I write a diary every day in English. I will do my b ... 続きを見る

    ジャンル:日記・個人ブログ

  • マフィンが嫌いになりそうです

    私ごとになりますが、若い頃、お友達とトルコに旅行にいきまして、その際、週に一度だしていた母への手紙を煩わしくて、一度怠りました。すると、遥か遠い日本から、トルコの安宿の電話番号を突き止め、母が国際電話を寄こしました。 あの気持ちの悪い心配の仕方をちょっと思い出し、世の中には、奇妙奇天烈な母親がまだまだほかにもいるんだなあと、改めて感じた次第です。 そして、一緒にいると、こちらが悪いような気にさせられたりもしますので、変だと気付いたら、このヒロインのようにチャンスを逃さず、家をでることを強くお ... 続きを見る

    消しごむの紐小林ますみ trdpy132

    狂っているのに誰も止められない母の考え、行動。そこまでする? 子供達への愛情と心配という名の過干渉。 怖すぎて、正視できない。これは、危うく自分の存在をも見失いそうになった明子の旅立ちのストーリー。 自分らしく生きていいんだよ、誰か言ってよ。でも、誰も言ってくれないならば、自ら立ち上がるのみ。 誰かのために生きるには、まず自分のために生きないとね。それを感じてくれたら、嬉しいです。家族によってもたら された全てのもやもやした生き辛さを抱える人に、贈ります。

    ジャンル:現代ドラマ・社会派

  • やりましたね!

    どこに書いたらいいか迷ったので、こっちに書きます。 おめでとうの ∠゚ワ^)☆かしこま!

    私は英語で日記を書きたいまきえ肴 kokoasan

    why do I wright at English diary? Why write a diary in English? It does output many many things. That's because we want to do a lot of output. So I wright an English diary every day. SO, I write a diary every day in English. I will do my b ... 続きを見る

    ジャンル:日記・個人ブログ

TOP