天使と悪魔の聖書漫談

2.イスラエルの民、出発する

エピソードの総文字数=766文字

モーセは義理の兄弟であるホバブに言った。

「どうか私たちと共に来てください」

しかしホバブは故郷に帰ると言う。

モーセはホバブに懇願した。

「どうか私たちを見捨てないでください」

モーセたちイスラエルの民はまだシナイ山にいるんだけど。

そこは右も左も荒野で、どう進めばいいか不慣れな人間には難しい場所。

地図も方位磁針も無い時代さ。

遠くに行くには案内人が絶対に必要だったろうね。

断られてるやん。

大丈夫なん?

モーセの懇願で、結局付いて来てくれるんだ。
これから数十年にわたる旅になるのに……。

めちゃくちゃいい人だよね。

イスラエルの民は出発した。

しかし泣き言を言い始めた。

それは神様にとって不快であった。

文句ばっかやからな。

神様が苛立つんも分かるわ。

神様は怒り、その怒りの火が燃え上がり、宿営の端を焼き尽くした。
いや、気ぃ短いな。
ほんのちょっとの不平不満ですら許さないぞという意思の表れだね。
マナ以外に食べるものもない。

そう言って民は氏族ごとに涙した。

モーセは神様に、民に肉を与えてほしいと懇願した。

神様は民に肉を与えることとした。

全知全能の神やからな。

お肉くらい、いつでも食わせたるわ。

ところがこれは悪い結果をもたらしてしまう。
風が起こり、海の方から鶉(うずら)が運ばれてきた。

民は立ち上がり、終日終夜、鶉を集めた。

その鶉を食べている最中に、神様の怒りが燃え、疫病で民は討たれた。

また民を殺している……。
お肉が食べたいだけなんや!

神はそれすらも罪と仰せられるんかー!

常識的な感覚で読むと、鶉に何かしら病原菌が含まれていたのかもしれないね。
キリスト教徒的に言えば、人の欲望を戒める、という解釈も成り立つ。
とは言え、マナ(たぶん虫のうんこ)だけで飢えを凌ぐ人たちに対して、

戒めるほどの欲望があるかどうかは疑問だけどね。

鶉かて、肉としてはえらい小さいしな。

TOP