天使と悪魔の聖書漫談

11.士師記における受胎告知

エピソードの総文字数=1,429文字

一般に「受胎告知」と言えば「処女懐胎」というイメージがある。

けれど実はもっと広い意味で、要は天使が妊娠を告げることなんだ。

サムソンの父マノア、彼の妻の妊娠もその一つ。

彼女は長く不妊だったけれど、天使に妊娠を告げられた。

妻は主の使いの言葉をマノアに伝えた。

「お前は身籠って男の子を産む」

「ぶどう酒や強い飲み物を飲まないように」

「けがれた食べ物をいっさい食べないように」

妊婦が酒飲むんは週にいっぺん、グラス一杯くらいなら平気らしいけどな。

毎日何杯も飲んどったら赤ん坊に悪影響なんや。

そのへんを注意してくれる親切な天使さんやな。

誰のことやろ。

名前聞いたら知ってると思うねんけど。

イエスの母マリアの「処女懐胎」ならガブリエルだね。
ああ、ガブりんか。

最近会うてへんけど元気やろか。

天使をそのへんの小鬼みたいに呼ぶのはどうかと思うよ。
ゴブリン、殺すべし!

慈悲は無い。

ビヨンデッタも色々混ぜない。

怒られるから。

とにかく。

ここでは天使はただ天使として現れた。

彼はマノアに名前を聞かれても答えなかった。

(日本語)リビングバイブル

「なぜ名前など尋ねるのか。それは知らされるべきではない。」


(日本語)フランシスコ会聖書研究所

「なぜわたしの名を尋ねるのか。わたしの名は不思議だ」


(英語)欽定訳聖書/ジェイムズ王訳

“Why askest thou thus after my name, seeing it is secret?”

→secret:秘密


(英語)新国際版聖書

“Why do you ask my name? It is beyond understanding.”

→beyond understanding:人知の及ばぬ


(ドイツ語)シュラクタ

Warum fragst du nach meinem Namen? Er ist ja wunderbar!

→wunderbar:不思議


(ラテン語)ヴルガータ

Cur quaeris nomen meum, quod est mirabile? 

→mirabile:不思議

な、なんや急に。
まあ、ここらで聖書の翻訳について触れておこうと思ってね。

聖書は世界一翻訳された書物だけれど、それは一つの言語においてすらなんだ。

日本語訳、英語訳、それだけでも何十という訳がなされている。

英語でも欽定訳聖書は読みにくいだろう?

荘厳で格調高いと言われるもので、今でも愛読者がいる。

日本人が明治らへんの文豪を読むような感覚かな。

『ツァラトゥストラかく語りき』

こちらの方が『ツァラトゥストラはこう言った』よりも重みがありますものね。

あえて読みにくい方を選ぶ気持ち、分かりますわ。

そしてこれだけ訳があると、訳者にも色々な思惑が出てくる。

読者への分かりやすさを志向すれば、本意から外れることもある。

上で言えば「知らされるべきではない」の部分なんかがそうだね。

訳によってバラバラになってしまっている。

分かりやすさは時に元のニュアンスを破壊する。

ユダヤ人がヘブライ語にこだわる理由だよ。

まあ確かに翻訳はそのへん難しいわな。

犬は英語でDogやけど、それがほんまに同じかっちゅうことやろ。

犬で思い浮かぶんは柴とか秋田で、Dogやとハスキーみたいな。

神様の言葉を正しく伝えたい。

神を恐れぬ僕らだけど、その必死の思いは尊いと感じるね。

うちは天使やで?
存じておりますわ。
ともあれ、天使は自らを「不思議」とだけ言って去った。

その後、マノアの妻は男の子、サムソンを産んだ。

TOP