天使と悪魔の聖書漫談

12.サウルの殺意

エピソードの総文字数=1,041文字

サウルはダビデを殺すようヨナタンに告げた。

しかしヨナタンはダビデを愛していた。

彼はダビデのために弁護し、サウルもその言葉を聞き入れた。

今までは自分の意思だけでダビデを殺そうとしてきた。

槍を投げたり、敵地に追いやったりね。

けれどついに周囲まで巻き込み始めたんだ。

せやけどヨナタンとダビデは愛し合う仲やからな。

殺せ言われて、はいそうですかとはならへんやろ。

まったくもって。

愛は何ものにも勝るのです。

しかしヨナタンに説得されたくらいでサウルの心は変わらない。

一時的に聞き入れても、またすぐに悪霊(あくれい)が彼に囁くのさ。

再び戦争があり、ダビデがペリシテ人を敗走させた。

またも神が遣わした悪霊(あくれい)がサウルに臨んだ。

サウルは槍でダビデを突き刺そうとした。

ダビデは逃げ、その夜は難を逃れた。

また神様がいらんことしよる。

この悪霊っちゅうのも、よう分からんな。

ムカムカデかな?
何でも妖怪のせいにしたらあかんで。
サウルがダビデを殺そうとするので、ダビデの妻ミカルはダビデを窓から逃がした。

そしてテラフィムを寝床に入れ、ダビデが病気で寝込んでいるように見せて時間を稼いだ。

テラフィムってのは何や?
英語では「Idol」や「Household deity」と訳される。

これをそのまま日本語にすれば偶像だね。

偶像?

それ、あかんやつやん。

けれどこの場面では特に問題にされない。

サウルはただダビデを逃がしたことだけを責める。

だからテラフィムがあること自体は普通のことなんだ。

実際のところ、テラフィムが何なのかは難しい。

オランダの学者、カレル・ヴァン・デル・トーン(Karel Van der Toorn)は、祖先の人形だったのではないかと言っている。

きっと何かの名残りでしょうね。

フェティシズムの匂いがいたしますわ。

ふぇっ!?
ミカちゃん。

フェティシズムというのは「呪物崇拝」という意味だよ。

これを「性的倒錯」の一種としたのは精神科医ジークムント・フロイトの罪だね。

人形を介して祖先の言葉を聞き、それを助言とする。

そのような行為がいつしか神の預言へと発展した。

そんな風に考えられたりする。

色々あって、むずいな。

よその神様を祀るのはアウトやけど、ご先祖様の像はセーフってことなんやろか。

そうかもしれないね。

時代の流れと共に人の意識も変わる。

断片的な情報で全てを断ずることは出来ないものさ。

結局、ダビデはサムエルのところに逃げて匿ってもらう。

サウルも追いかけてきたけれど、ダビデを捕まえることはできなかった。

TOP