天使と悪魔の聖書漫談

9.バアルの預言者たち

エピソードの総文字数=1,059文字

何故、神は旱魃を起こしたのか。

それはバアルが雷神であることに起因する。

もしバアルが真に力のある神ならば雨を降らせるはずだ。

しかし旱魃はエリヤが再び現れるまで終わらなかった。

すなわち、主である神こそが唯一、天候を司る神であると示したんだ。
そんで、イスラエルがええ加減干上がったところに登場っちゅうわけやな。
アハブはエリヤに対し「イスラエルを悩ます者」と言った。

エリヤはアハブこそがイスラエルを悩ませているのだと反論した。

イゼベルに従うバアルの預言者たちは450人もいる。

また、アシェラの預言者たちは400人もいる。

エリヤは異教の預言者たちを集め、神の力を競わせることにした。

450人の預言者ですって?

そんなに祈られても、ひとつひとつ聞き分けられるわけないでしょう。

聖徳太子でもあるまいし。

いや、さすがにその数は厩戸皇子(うまやどのみこ)でも無理なんじゃないかな。
この画像は Free Bible images からの借り物だよ。
バアルの預言者たちは祭壇の周りを踊りまわった。

それで一所懸命に叫ぶけれど、バアルは全く応じない。

さらに彼らは剣で自らの身体を傷つける。

血を流して午前から夕方までわめき続けたけれど、何も起こらなかった。

応じるわけないでしょう。

こんな小汚い連中に呼ばれたって嬉しくないわ。

わたくしの声が聞きたければ、特大のケーキをご用意なさい。
ビヨンデッタの特大ケーキか……。
あれ?

涙が……。

エリヤは「バアルは旅に出ているのか」とあざけった。

そしてイスラエルの民を集め、捧げ物の儀式を行った。

すると主の火が下り、捧げ物、薪、石、塵を焼いた。

民はひれ伏して主こそが神であると言った。

目の前で奇跡を起こされて、民はバアルではなく主こそが神だと理解した。

具体的な何かを見せられないと、なかなか人は信仰を抱けない。

逆に言えば、具体的な奇跡さえあれば人は簡単に信じるということ。

純粋無垢であることは僕に言わせれば罪だね。

エリヤはバアルの預言者たちを捕らえるよう民に命じた。

そして彼らをキション川に連れて行って殺した。

悪魔が罪を語るんか。

さすが不遜やな、サタニャエルくん。

褒めても何も出ないよ?
この顛末をアハブは見てたんやろか。
そうだね。

エリヤはアハブにカルメル山に登って食事をするように言った。

それから従者に山頂で海を見ることを7回繰り返させた。

7回か。

確か、ゲマトリアと呼ばれるユダヤの数秘術では「完成」を表すんやったな。

まさしく。

7回目に従者は小さな雲が海から上るのを見た。

そして大雨となり、飢饉は終わりを告げたんだ。

TOP