天使と悪魔の聖書漫談

10.士師エフタの悲劇

エピソードの総文字数=1,118文字

エフタは娼婦の子であるがゆえにギレアドを追われた。

ギレアドがアンモンの子らに攻められた時、エフタは指揮官になるよう請われた。

しかしエフタは「何故今さら」と話を退けた。

いらん言うて放り出したんを、都合ええ時に戻れとか。

そら誰でも断るやろ。

まして命がけのことやったらな。

町を追われたエフタは外でならず者たちとつるんでいた。

要するに彼は、乱暴な連中をたばねるだけの力があったわけだ。

エフタはギレアドの頭(かしら)になるように求められた。

彼はギレアドに戻ることにした。

あら、意外にあっさり戻るのね。
さらっと読み流すとそう見えてしまうよね。

実は「指揮官」と「頭」では大きく意味が違ってくる。

「指揮官」はあくまで戦時における長なんだ。

けれど「頭」は平時における長となる。

つまりギレアドはエフタに全権を委ねたってわけ。

それくらい追い詰められとったっちゅうことやろ。

逆に言うたらエフタにとっては火中の栗。

それを取りに行くくらいに自信があったんやろか。

勝利のためエフタは神様に誓った。

「戦のあと家に戻り、迎えに出る者を神様への生贄にする」と。

エフタはアンモンの子らの町を徹底的に打ち破った。

アンモンの子らはイスラエルの子らに屈服した。

あらあら。

下手に約束などして大丈夫かしら。

神様との約束は悪魔よりも恐ろしいのよ。

勝利で一件落着、とはいかんのやろなあ。

ビヨンデッタの言う通りやろ。

いらん伏線はられてる気ぃしかせえへんわ。

エフタが家に帰ると、何と彼の娘がタンバリンを鳴らし、踊りながら彼を迎えに出た。
あかん……。

悲劇的やのに妙にコミカルで笑いそうになってまう。

気持ちは分かるよ。

そもそも、勝って帰ったら娘が出迎えるとか想像つくだろって思うよね。

だからこれは悲劇じみているけれど、はなから娘を生贄とする気だったんじゃないかな。

そうでなくても誰か大事な人にはなる。

まさか戦争で勝って帰って来たところを、奴隷や家畜が出迎えるはずもない。

蠅にでも出迎えさせれば万事解決でしたのに!
それはさすがに神も怒るでしょ。
娘はエフタに二ヶ月待つよう願った。

己が処女であることを悲しむためである。

二ヵ月後に戻り、エフタは娘を神様に捧げた。

ここで言う「処女」とは「未婚」という意味だね。

古代日本でもかつて「処女」は「未婚」というくらいの意味だった。

経験の有無は問われていない。

とは言え、イスラエル人にとって婚前交渉はタブーだったからね。

いずれにせよ同じことだったのさ。

その後、エフタは別の町と対立するもこれを撃破。

6年間、イスラエルの士師として働いた。

その後、イブツァン、エロン、アブドンと士師が続いた。
だいぶ士師も出揃った感あるな。
次は士師記に登場する最後の士師、サムソンだよ。

TOP