天使と悪魔の聖書漫談

5.ソロモンの誕生

エピソードの総文字数=1,089文字

おっぱい出しとるけど、どなたさんやろ。
使いの者から手紙を受け取り、侍女に髪をゆわせる。

高貴な身分の女性であることは確かでしてよ。

よく見ると左上に人影があるだろう?

実はダビデがこの女性の行水を屋上から覗いているところなんだ。

この絵を描いたのはフランドルの画家、ピーテル・パウル・ルーベンス。

ルネサンスの後、古典復興の時代であるバロック期に描かれたものだね。

そして絵の中心となる人物はバト・シェバ。

彼女こそダビデの子、ソロモンの母となる人物なんだ。

また嫁さん貰うんか。

一夫多妻の世で一国の王ともなれば仕方ないんやろけど。

罪深いことに、バト・シェバは人妻だけどね。
なん……やて……。
あらあら。

略奪愛とは、さすがはイスラエルの王。

彼女の夫はヘト人のウリヤ。

名高い勇士だった。

これはイスラエルの兵たちがアモン人と戦っている際に起きたことだ。
ダビデはバト・シェバと床を共にした。

彼女は身籠った。

ダビデは彼女の夫ウリヤを激戦地に送り、死なせた。

しかしダビデの行為は主のみ心にかなわなかった。

しっかりクズに成長しとったな。

略奪どころか、相手の夫を意図的に死なせるとか。

神様が許すわけあらへん。

まったくですわ。

自分の手を汚さずに死地に送るなど。

正々堂々と勝負なさいな。

微妙に二人の意見がズレてる気がするけど……。

まあ、いいか。

こんな風にしてダビデはバト・シェバを自分の妻とした。

預言者ナタンはダビデの行為を強く叱責した。

ダビデは罪を認めたために主の裁きを免れたが、生まれる子供は死ぬことになった。

バト・シェバの子は重い病にかかった。

ダビデは断食をして神様に祈ったが、七日目に子は死んだ。

この子がソロモンではなかったのね。
これは想像だけれど、不倫の罪を洗い流したんじゃないかな。
どういうことや?
この後、バト・シェバはまた妊娠する。

その子こそがソロモンなのさ。

不倫の末に生まれた子が王になる……。

そういうのは外聞が悪いだろうからね。

つまりあれか。

ほんまはバト・シェバの子は死んでなんかおらへん。

せやけど死んだことにして、不倫の罰は済んだ話にしたんやな。

ほんできちんと結婚した後に生まれた子なら、王様になってもかまへん。

そういう筋書きっちゅうわけか。

証拠も何もない単なる邪推。
それもまた一つの楽しみ方でしょうよ。
こういう想像の仕方はよく注意しないと危ないけどね。

かちっと何かがはまった感覚は麻薬なのさ。

そのうち、それこそが真実としか思えなくなる。

「真実」を知ってしまえば、人はかたくなになる。

それを突き崩すのが「知恵」だと僕は思うよ。

さすが、どこかで誰かに知恵を求めさせた悪魔は言うことが違いますわね。

TOP