天使と悪魔の聖書漫談

3.士師エフド

エピソードの総文字数=1,104文字

イスラエルの子らはまた神様の目に悪と思われることを行った。

神様は怒り、イスラエルの子らはモアブの王エグロンの圧政に敷かれた。

ひょっとしてイスラエル人て……。
アホなんかなあ。
決して聖書に書かれていることが事実というわけではないからね。

力の至らなさを自分たちなりの仕方で反省しているんだとは思うよ。

イスラエルの子らが叫ぶと、神様は一人の解放者を起こした。

左利きの士師エフドである。

左利き、とわざわざ言うのであれば、何か意味があるのかしら。
ああ。

この物語の肝だね。

エフドは剣を右腿に縛りつけ、エグロンに貢物をささげた。

エグロンはすごいデブだった。

この描写いる?
だ、大事なところだよ。
デブであることもそうだけど、右腿に剣を隠したってことも大事だね。

大抵の人は右利きだから、普段は左に剣を下げるんだ。

ここで左利きのメリットが出てくる。

相手の死角をつくことが出来るってことさ。

あらあら、暗殺のお話?

そういうの、とっても好みでしてよ。

エフドはエグロンに神様のお告げを持ってきたと言った。

そして油断したエグロンに近づき、彼の腹を刺した。

剣は柄まで刺さったが、エグロンはデブだったので脂肪が刃をふさいだ。

エフドは小窓から外に出て、廊下から屋上の部屋の戸を閉じ、鍵をかけた。

この絵はまさにエフドがエグロンを殺そうとする場面だね。

フォード・マドックス・ブラウンという19世紀イギリスの画家が描いたんだ。

右手を天に向けることで注意を逸らし、左手で右腿の剣に手をかけている。

まるで奇術師のような手口だこと。
ちゅうか、エフドの方が悪そうな顔しとるやんけ。
そして王の僕(しもべ)たちは鍵のかかった部屋を見てこう思うんだ。

「王様はうんこ中に違いない」と。

がばがば警備。
エフドはイスラエルの民を率いてモアブを征服した。

その後、士師シャムガルが現れ、牛の突き棒でペリシテ人600人を殺した。

ん?

なんか急に変な奴出てきたけど。

シャムガルも士師に数えられるんだけどね。

彼の出番はほんの2~3行で、牛の突き棒でペリシテ人を殺したってことだけなんだ。

素直に読めば、戦争で活躍した人物ってことなんだと思うよ。
この牛の突き棒というのは何ですの?
農具の一種さ。

牛を突っついて、行きたい方向に歩かせるためのね。

2006年の書籍『All things in the Bible』でこの突き棒についての考察がある。

これは人々の心に「釘を刺す」ものだったのではないかという。

要するに、怠け者のイスラエル人に刺さるメタファーっちゅうわけやな。

お前らちゃんと働けよって。

う……、なんか辛くなってきた。
お姉さまは働かずとも、このビヨンデッタが永遠に面倒見て差し上げますわ。

TOP