天使と悪魔の聖書漫談

7.バアル神殿

エピソードの総文字数=963文字

北イスラエル王の系譜

・ヤロブアム:アシェラ像を造り、神様に怒られる

・ナダブ:ヤロブアムと同じ生き方をする

・バシャ:謀反を起こして王となるも、偶像崇拝は継続

・エラ:二年間王位にあったけれど、あっけなく謀反に散る

・ジムリ:謀反を起こしたけれど、七日間しか王になれなかった

・オムリ:ジムリを倒し、ティブニ派を倒して王となるも、偶像崇拝は継続


南ユダ王の系譜

・レハブアム:ソロモンの子、圧制を敷いて民に嫌われる

・アビヤム:レハブアムと同じ生き方をする

・アサ:母親がアシェラ像を造ったので太后(たいこう)の座から退けた


イスラエル王国、えらいことなっとるやん。

謀反に次ぐ謀反で王様、代わりばんこやで。

しかもジムリは七日間て。

こんなん王様に数えてもええんか?

戦国武将、明智光秀の「三日天下」よりはマシかしら?
「三日天下」は言うてるだけや。

ほんまは13日間くらい続いたんやで。

ではもっと短いジムリは、さしずめ「一夜天下」といったところですわね。
イスラエル王国は混乱が続いても偶像崇拝をやめることはなかった。

ウガリットの神々を祀り続けたわけだ。

はよやめたら良かったのに。

なんで偶像崇拝続けてもうたんやろなあ。

聖書ではもちろん唯一神を拝むことが絶対に正しい。

けれどそう思わない人は世界中にいるのさ。

彼らもまた、主が絶対とは思わなかった。

恵みをもたらす神々に必死の思いで願ったろうさ。

オムリの子アハブがイスラエルの王となった。

彼はシドン人の王エトバアルの娘イゼベルを娶り、進んでバアルに仕えた。

サマリアに建てたバアル神殿に祭壇を築いた。

また、アシェラ像も造った。

こうした行いは以前にも増して主の怒りに触れるものであった。

インド生まれのイギリス人画家、バイアン・ショーの絵だよ。

中央の女性はエトバアルの娘にしてアハブの妻、イゼベル。

いかにも悪い女という風に描かれていますわね。

これはきっと悲惨な結末が待っているに違いありません。

ビヨンデッタの期待には沿えるんじゃないかな。

でも彼女はバアル信仰の推進者だよ?

そんな人の不幸を願ってもいいのかい?

彼女の不幸がわたくしに何か関わりまして?

悪魔に何を求めるのかしら。

とは言え、わたくしは彼女をどうこういたしません。

それをなすのはあくまで草どもの意思。

混沌とした世の中をどう転がすか。

とく、眺めてさしあげますわ。

TOP