天使と悪魔の聖書漫談

14.ヨシヤの宗教改革

エピソードの総文字数=1,601文字

ユダ王マナセは偶像崇拝を行い、主の預言者たちを殺した。

彼の息子アモンも同様の政治を行ったが、家来たちの謀反によって死んでしまった。

しかし謀反を起こした家来たちは王になれなかった。

他の国民に殺されてしまったらしい。

そしてアモンの子ヨシヤが新たな王となった。

驚くことに、彼は「主が正しいと思う」政治を行ったと言われる。

ユダの王ヨシヤは神殿の修復に取り掛かった。

その際に大祭司ヒルキヤが「律法の書」を発見した。

書記官シャファンをそれを読み上げると、王は感極まって衣を引き裂いた。

ドイツ人画家、ユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルト。

19世紀初頭にキリスト教美術を再興しようとした「ナザレ派」、らしいよ。

これは本の挿絵かな。

まさにヨシアが服を引き裂こうとする場面だね。

引き裂くっちゅうか……。

なんか胸のあたりをもぞもぞさせてるだけな気ぃするんやけど。

ひげのせいか、年寄りにも見えますわね。

時期的にまだ20代ですのに。

細かいことよりも、ユダ王としての威厳を優先させたんだよ。

……たぶん。

モーセの『申命記』は、いつの間にか失われていた。

11世紀フランスのユダヤ人学者ラシによれば、ユダ王アハズが原典を隠したと言う。

それがようやくお出ましってことか。

服を切り裂くほどに感極まるのも無理ないで。

この事件について、ヨシヤは神に伺いを立てることにした。

その時に頼ったのは女預言者のフルダだった。

あら。

久しぶりに女の預言者がお出ましね。

ユダヤでは伝統的に7人の女預言者がいるとされる。

アブラハムの妻サラ、モーセの姉ミリアム、士師デボラ。

預言者サムエルの母ハンナ、ダビデの3人目の妻アビゲイル。

ペルシア王クセルクセスの妻エステルと、今回の預言者フルダ。

特にデボラとフルダは他の5人と違って預言者であることを公言している。

デボラは「蜜蜂」という意味の名だったね。

フルダは「イタチ」「モグラ」という意味だそうだ。

ステンドグラスか。

左がデボラで、真ん中がフルダやな。

フルダは律法の書を熱心に読んでるんやろか。

19世紀イギリスの美術家サー・エドワード・コーリー・バーン=ジョーンズ。

デザインは彼の手による。

実際に製作したのは、モーリス・アンド・コーという制作会社だろうと言われている。

ステンドグラスは一人ではなく、複数の職人の手によって作成される。

だから残念なことに職人一人一人の名前は残らない。

作品そのものはリーク英国国教会に飾られているよ。

右の女は誰ですの?

剣なんか持って、物々しいですわね。

彼女はユディト。

預言者ではないけれど、『ユディト記』の主役さ。

なかなか面白い展開になるから、乞うご期待だ。

主の言葉を聞きヨシヤは契約を復活させた。

偶像崇拝を破壊し、神殿売春を取り締まった。

祭司ヒルキヤが発見した律法の書に従い、それを忠実に実行した。

しかし、神は先々代の王マナセの行いを許しはしなかった。
今さら良い子ちゃんにしても、もう遅い。

そういうわけやな。

そしてヨシヤほど神に忠実な王はもう現れない。

その前にユダ王国が先に滅びてしまう。

それはさて置き、ヨシヤの最期はあっけないものだった。
エジプト王ファラオ・ネコがアッシリアへと進軍した。

ユダ王ヨシヤはそれを迎え撃つべく出撃した。

両軍はメギドで激突し、ヨシヤは戦死した。


ユダ王国がアッシリアのために出撃を?
実は関係性が大きく変わっている。

当時のアッシリア王国は崩壊寸前で、新たな帝国、新バビロニアが台頭しつつあった。

ややこし過ぎるやろ、古代中東情勢。
ファラオ・ネコ2世の進軍はむしろアッシリアを支援する目的だった。

そしてその途上でユダ王国と戦い、これを討ったわけだ。

結果、ユダ王国はしばらくエジプトへの貢納国となってしまったのさ。
弱小国家ゆえに、大国の動きに簡単に翻弄される。

哀れなものですわね。

イスラエル自体、元々おった先住民を追い払って出来た国や。

歴史は繰り返すってことやな。

TOP