天使と悪魔の聖書漫談

6.ソドムとゴモラ

エピソードの総文字数=850文字

二人のみ使いは夕方ソドムに着き、ロト(アブラハムの甥)の家に立ち寄った。

ソドムの町の男たち、若いのも年寄りもこぞってロトの家を取り囲んで言った。

「お前の家に来た人々を渡せ。セッ○スがしたい」

なかなか大胆な男たちやな。

嫌いちゃうで。

正確に言うとここでは「セッ○ス」ではなく「知る」という表現なんだ。

「知る」というのは結婚による性行為を意味しているらしい。

ここでは男たちが取り囲んでいるから、同性愛の意味だね。

しかしいくらなんでも、旅で来たばかりの男を取り囲むのはあかんやろ。

もうちょっとロマンチックに言い寄るべきちゃうか?

ロトは男たちに向かって言った。

「娘をあなたたちに渡しますから、好きなようにしてください」

しかし彼らは言った。

「そこをどけ」

完全に女には興味無しか。

娘差し出して「好きなようにしてください」も大概やけど。

なんか、倫理もへったくれもあらへんな。

「二人のみ使い」というのは神様の使いで、町の品定めをしていたんだ。

神様はソドムとゴモラの町を滅ぼすつもりだけど、もし町に多少の善人がいればやめておこうと。

それで二人のみ使いが来たわけだけれど、来て早々ひどい目に遭って思っただろうね。

滅ぼすしかないって。

まあ、その気持ちは理解できんこともないけどな。
神様がソドムとゴモラの町を滅ぼすことに決めたので、ロトは家族を連れて町を出た。

硫黄と火をソドムとゴモラの町に降り注ぎ、全住民と草木を滅ぼした。

ロトの妻は(振り返ってはならないという、み使いとの約束を破り)振り返り、塩の柱となった。

やっぱり滅ぼされてもうたか。

せやけど、何で奥さん、塩の柱になってもうたんや?

ソドムとゴモラの町は死海沿岸にあったらしいんだけど、塩は死海の象徴だね。

振り返ってはいけないという約束を破った時点で、ソドムとゴモラと同等にされてしまったんだ。

けれど、塩自体は腐敗を防ぐ神聖なものだから、禊の意味もあったかもしれない。
奥さんは残念やったけど、娘二人を連れて逃げ出せたんやな。
その娘二人は父ロトの子を産むことになる。
マジか。

TOP